ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 楽しい旅


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



楽しい旅


2017/05/05[この記事のエリア] 札幌
札幌の長い桜並木
cherryblossom sun cherryblossom sun cherryblossom sun cherryblossom sun cherryblossom sun cherryblossom sun cherryblossom
CIMG3482.JPG
 手稲山を望む新川通りの桜並木 (写真は加工しています)
 
桜が見頃を迎えていますが、
みなさんは、新川桜並木をご存知ですか?
 
じつは、札幌市内を流れる新川の両岸には
10キロを超える桜の並木道があります。
 
なんと、この桜、
地域住民の植樹によるもので、
どうやら、来年で20周年になるようです。
 
           cherryblossom sun cherryblossom
 
新川橋から札幌駅のビル街
CIMG3469 - コピー - コピー.JPG
 
 
別の橋からの市街地
CIMG3497.JPG
 
毎年、ひとが集まる大輪
CIMG3490.JPG
 
青空に映える!
CIMG3506.JPG
 
 
CIMG3485.JPG
 
           cherryblossom sun cherryblossom
 
新川の表示
CIMG3495.JPG
マガモが可愛いですね
 
           cherryblossom sun cherryblossom
 
JR学園都市線、新川の高架
CIMG3517.JPG
八軒駅から新川駅への途中です
 
           cherryblossom sun cherryblossom
 
さいごは、オシドリのオス
CIMG3468.JPG
周囲にはメスとひな鳥も泳いでいました。
ほかのカモも数種類みられます。
 
           cherryblossom sun cherryblossom
 
今年の陽気で、
けっこう葉桜になってきました!
ご覧になりたい方は、お早めに!
 
 

2017/05/05 10:47札幌コメント(0)


2017/04/03[この記事のエリア] 函館・湯の川
函館お薦めの食事
club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club 
CIMG1764.JPG
                  ほたて貝のバター焼き
 
            club happy01 club 
 
函館で人気のお店や料理を紹介します。
 
            club happy01 club 
 
一件目は、
 函館朝市・どんぶり横丁内の食堂です。
 
ふだん、
 観光地の飲食店はあまり利用しませんが、
 
 ケータイの検索ワードを駆使して
 見つけ出したお店です。
 
 
  あ け ぼ の 食 堂 CIMG1771.JPG
メニューは、ほかの食堂と同じようですが、
 魚介の鮮度や調理がかなりのものです。
 
 
ほたて貝バター焼き定食
CIMG1763.JPG
ホタテ貝は、注文が入ってから
 殻からはずすので、
 加熱しても身締まりがいいです。
 
 
海鮮グルメ丼
CIMG1762.JPG
ウニは、ミョウバン漬けしていない海水ウニ、
 
 自家製のイクラと、むき立てで
 ぷりぷりホタテ貝もついています。
 
ふつう、繁盛店では、ホタテ貝はむき身で
 仕入れていると思います。
 
お店のみなさんは、
寡黙に仕事をこなしていました。
 
混雑するので朝食・昼食時間をはずして、
ご利用してみてはいかがでしょうか。
 
            club happy01 club 
 
  函館国際ホテル アゼリア  
CIMG0442.JPG
                 写真は加工しています
予約すると、
地元食材を使った薬膳料理が食べられます。
 
 
CIMG1532.JPG
                 薬膳・前菜の盛り合わせ
CIMG1547.JPG
                フカヒレとシイタケの煮物
 
薬膳料理の資格をお持ちの総料理長が
 メニューをご用意くださいます。
 
詳しくは、過去の記事、コチラコチラ
 
 
            club happy01 club 
 
函館国際ホテルの朝食バイキング
 
ご存知、人気の朝食ランキングで
全国4位のホテルです。
 
バイキングでは食べ過ぎないように
サラダ1~2品でスタートします。
 
CIMG1590.JPG
           北海道産チーズのサラダ
 
CIMG1592.JPG
            魚介類のポン酢サラダ
 
おかずの盛り合わせ
CIMG1594.JPG
 
 
中国風おかゆ
CIMG1603.JPG
 
ほかには、デザート盛り合わせも頂きました。
 
 
            club happy01 club 
 
函館のほかのお店は、
 過去の記事を見てください。
 
人気の寿司店はコチラ
道南の人気店はコチラ
 
 
次回は、新函館北斗駅前の人気店を紹介する予定です。
 
 

2017/04/03 17:10函館・湯の川コメント(0)


2017/03/27[この記事のエリア] 函館・湯の川
新幹線駅・木古内へ
leo shadow leo shadow leo shadow leo shadow leo shadow leo shadow leo
CIMG1736 - コピー.JPG
函館周辺のみなさんは、
乗用車などで木古内駅を訪ねると思いますが
 
札幌からの観光客も、
閑散期に、ぜひ、新幹線に乗ってみましょう。
 
           leo shadow leo
 
 
木古内の新幹線駅から道の駅へ
 

記念の証明印
CIMG1725.JPG
きっぷを検札機に通さず
 駅員のいる改札口に行きます。
 
少し歩き、目指すは大人気の
木古内・道の駅
CIMG1721 - コピー.JPG
 
途中で道南いさりび鉄道
の看板が見えます
CIMG1728.JPG
地域情報・発信列車「ながまれ号」などが
 注目の鉄道会社です。
 
 
駅ビルを降りると、
おしゃれなカラーリングの車両
CIMG1734.JPG
旅情の中にも
おしゃれな雰囲気が出されています。
 
 
道の駅みそぎの郷・きこないに到着
CIMG1735 - コピー.JPG
表示通りに歩けば、雨でもラクチン!
 
           leo shadow leo
 
道の駅の目当ては道南食材!
 
福島町の細切りコンブ
CIMG1737.JPG
水で戻してサラダにしたり、
 かき揚げにすると香ばしい香りです。
 

上ノ国町の圧搾ナタネ油
CIMG1738.JPG
昨年から、「無濾過」オイルもできて、
風味が向上しました。
 
お刺身に海水塩と無濾過ナタネ油を
 かけると道南風味です!
 
 
奥尻町の奥尻ワイン
CIMG1739.JPG
独特の海のミネラルを感じる奥尻ワイン。
 農場の一部は温泉の匂いも漂います。
 
 
七飯町の王様しいたけ
CIMG1741.JPG
軸は、刻んでバターで香ばしくソテーして
 ニンニクを加え、赤ワインで煮込みます。
 
笠は、1%の海水塩を振ってバターで
ステーキにして、味つけした赤ワインの
ソースをかけます。
 
奥尻の赤ワインと合わせると最高ですよ。
 
 
山形県の人気料理人が監修したレストラン
CIMG1744.JPG
 
 
みそぎの体験もできるようです
CIMG1745.JPG
 
 
木古内町の場所はコチラ
CIMG1752.JPG
場所を確認します。札幌の人は
あまりご存知ない方もいると思います。
 
 
           leo shadow leo
 
このルートは、札幌市民なら、
函館観光にプラス一日余裕を持たせます。
 
 
新函館北斗駅から木古内駅まで新幹線に乗り
木古内で買い物&ランチをして、
道南いさりび鉄道でのんびり函館まで。
 
 
このルート、道民は、早く体験しないと、
外国人客でいっぱいになって
しまうかもしれませんよ!
 
 
閑散期のご利用をおススメいたします!!

2017/03/27 09:40函館・湯の川コメント(0)


2017/03/27[この記事のエリア] 函館・湯の川
祝・道新幹線開業1周年
 
note soon note soon note soon note soon note soon note soon note
CIMG1667.JPG
3月26日、北海道に
新幹線が開業して1周年となりました。
 
予想以上の乗客数らしく、
ひと安心していますが、
 
札幌圏の道民は、
あまり、利用していないと思います。
 
まだの方は、
乗り方を参考にしてくださいね。
 *昨年9月に乗車しました。
 
            note soon note
 
北海道新幹線の乗り方
 
 
函館駅のプラレール
CIMG1609.JPG
みなさん、新幹線の駅は、「新函館北斗駅」です。
 
 
函館駅から、はこだてライナー
CIMG1622.JPG
札幌から向かうと、新函館北斗駅で降りるか
JR函館駅から、接続列車で
新幹線の始発駅に向かいます。
 
 
新函館北斗駅で乗り換え
CIMG1629.JPG
今回はひとつ隣の木古内駅まで片道2,380円
 
 
東京行きの、はやぶさに乗車
CIMG1632.JPG
 
 
横のラインがピンクのE5系
CIMG1669.JPGのサムネール画像
この車両は東北新幹線が乗り入れています。
 
北海道新幹線は、
横のラインが紫色のH5系
1日13往復中の2往復です。
 
 
客席は、こんな感じ
CIMG1681.JPG
 
 
きっぷは2枚あります
CIMG1686.JPG
 
 
            note soon note
 
車窓の風景
函館山と北斗市のセメント工場
CIMG1709.JPG
新函館北斗駅から木古内駅は約13分。
今までの列車とは
流れる景色の速さが違います!
 
貴重な車窓の風景です!?
 
 
窓からの景色は半分がトンネル
CIMG1712.JPG
 
残りの半分は塀
CIMG1693.JPG
 
残りの1/4が道南の風景です
CIMG1704.JPG
 
 
            note soon note
 
次のブログは、北海道内でもう一つある
新幹線駅の木古内駅周辺紹介します。
 
 

2017/03/27 09:19函館・湯の川コメント(0)


2016/12/05[この記事のエリア] 帯広・十勝
便利!札幌帯広格安タクシー
happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01
CIMG2454.JPG
到着時にお見送りしてくれた乗務員の高橋さん。
姿勢がよくて、安全運転の上、親切な対応でした!
 
            sun happy01 sun
 
 
先日、札幌と帯広をタクシーで往復しました。
 
ふつうなら、片道5~6万円するところを
片道7,900円で行ってきました。
 
            sun happy01 sun
 
これは、こばとハイヤー(十勝中央観光タクシー)
催行する事前予約制の乗り合いタクシーで
 
こばとシャトル便」といいます。
 
札幌駅か大通りと帯広間が
 約4時間で7,900円
 
新千歳空港から、帯広間が
 約3時間で6,900円
 
 などです。
 
もちろん、高速料金と消費税込みです。
*22時以降の予約は、割り増しがあります。
 
            sun happy01 sun
 
このシャトル便、
使い勝手がいいのは、次のようなところです。
 
*希望の時刻に出発できる
*1名から利用可能
*帯広は、出発到着とも
 だいたい好きな場所を指定できる
 
 *詳しくはご確認くださいね
 
            sun happy01 sun
 
8月の台風被害により、現在もJRは
トマム・帯広間でバス乗り換えとなっていますが、
 
札幌・帯広の高速バスが
予約を取りにくいことなどから、
今年の11月から急きょ、運行を始めたそうです。
 
短い準備期間で始業したため、
現在も、試行錯誤しているとのことでした。
 
帯広市民にも、まだあまり知られておらず、
「タクシーで来た!」というと驚かれることが多いです。
 
前回は、1名なのに、
ジャンボタクシーが来て、恐縮しました。
 
            sun happy01 sun
 
経路は、札幌駅から札幌北インターに入り、
占冠インターを一度、降りて休憩タイムです。
 
再び、占冠に入り高速清水で降りて
38号線で帯広に向かいます。
 
 
乗務員さんも、
親切な方が多くて、運転も安心です。
 
到着は、道路事情がよければ、
3時間半くらいで着くこともあり、
時間に余裕が持てるのもうれしいです。
 
            sun happy01 sun
 
問い合わせは、コチラ↓です。
 
まだ、ネット環境が整っていないようなので、
チラシを送ってくれます。
 
こばと表紙.jpg
 
こばとハイヤー帯広営業所
(十勝中央観光タクシー内)
 
電話0155-33-7700
 
裏表紙はコチラ↓
こばと裏表紙.jpg
 
 
            sun happy01 sun
 
「こばとシャトル便」のご担当者をお呼び出しください。
親切でわかりやすい女性の方もいらっしゃいます。
 
JRより、片道1400円ほど高いですが、
十分に、お薦めできます!
 
*今回は主催事業社の承諾を得て掲載しています!
 
 

2016/12/05 19:41帯広・十勝コメント(0)



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG