ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



新着記事


2016/11/27[この記事のエリア] 札幌
ホワイトイルミネーションのプロジェクションマッピング

IMG_9251.JPG

大通公園のホワイトイルミネーション。

今年から、ちょっとパワーアップしたというので、ジンギスカンクエストのあと、

ちょっとだけのぞいてみた。

 

IMG_9261.JPG

IMG_9318.JPGのサムネール画像

 

IMG_9286.JPG

IMG_9292.JPG

 

8丁目のプロジェクションマッピング、万華鏡のようで、すばらしい!

 

 

 

2016/11/27 08:50札幌コメント(0)


2016/11/20[この記事のエリア] 札幌
gentle treeのクリスマス

IMG_9093.JPGのサムネール画像

   南円山ジェントルツリー

   友人夫妻がやっている手作り家具と雑貨と、花とフラワーアレンジメント教室。

    生徒さんたちがクリスマスリースを製作しているシーズンなのだが、

    当然、雑貨もちょっとクリスマスチックになっていた。

 

IMG_9066.JPG

     会いたかった小鳥ちゃんに、やっと会えた。

     caraという名はケルト語の友達という意味なんだとか。

     なかなか友達にはなれそうにないけど、可愛い声でなくというので、

      ちょっとお話してみた。

      わたし、犬や猫だけでなく、小鳥とも話せるので。ww

       (個人的見解です。ww)

 

IMG_9080.JPG

2016/11/20 16:45札幌コメント(0)


2016/11/17[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
古平へ講演の旅‥...の前に新家寿司

 昨日は古平町文化会館で講演があった。
 小樽まで主催者の方が迎えに来てくださるということで、西11丁目の自転車置き場から、
 教文館の前まで歩き、高速おたる号に乗って小樽へ。
 ヨドバシ&ワイヤレスゲートの480simからDTIの5GBSMSプランにSIMを入れ替えたばかり。
 ついついバスのなかで繋いで楽しむという子供のような時間を過す。w
 

IMG_9027.JPG

予定より1本早く乗れたので、待ち合わせの小樽駅を散策。
小樽ゆき物語がはじまり、ガラスの街らしい駅になっていた。
まだ時間があるということでタルシェを除きにいったら、なんと迎えにきている渡邊さんと遭遇!
なにかお腹に入れるものを買おうかなあとも思っていたのだけれど、
すっかり忘れて、いざ古平へ!


IMG_9030.JPG

 道路には雪が残っていたり、忍路のあたりから、雪がチラついていたのだけれど、
 夕方でも混むこともなく、古平に早く入れたので、新家寿司に顔を出す。
 40分ほどあったので、ちょっとお話して・・・・と思ったら、 
「コーヒーでも飲んでいってください」
 といわれ、飲んでいると、あれれ? いつの間にか、お寿司が。w


IMG_9031.JPG    IMG_9034.JPG

IMG_9036.JPGのサムネール画像    IMG_9037.JPG

IMG_9039.JPG


 今回の講演は「子育てからはじまる町づくり」というテーマで、主に子育ての話をしたのだが、
 いま古平で懸案事項になっているらしいご当地グルメに関しても、
 町づくりに多いに関係しているので、お話させていただいた。

 講演の前に、新家寿司で話をしたり、聴いたりしたことも、とても参考になったことがある。
 消化しきれていないので、講演では話せないこともあったけれど、
 今後の古平には可能性があるなあ!と思うのだった。

 なんせ、古平には「たらこ」「ウニ」「ヒメマス」という飛び道具があるし、
 大きな漁港は札幌から一番近い一級の釣り場なのだから。

 ああ、それにしても、アワビのあぶり・・・・うまかったなあ。
 火の入れ方が絶妙で、コリコリ感がしっかりあって、周りが火を入れたことで甘味があって‥…。
 講演前じゃなかったら、絶対に「酒をくれ〜!」と言っていたはず。w


 新家寿司のご紹介‥…千石が書いた記事です。


IMG_9045.JPG

 小樽までおくっていただく途中、余市ゆき物語のイルミネーションを見学。
 「竹鶴とリタの夢」を執筆するために、何度も通った余市だけれど、暗くなってくるのははじめてかも?
 というわけで、家についたら、ニッカで一杯なのであった。

2016/11/17 10:27小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2016/11/04[この記事のエリア] 札幌
路地裏炉端 さわけんにて、ししゃも!

IMG_8924.JPG


 友人が最近、気に入っている店に連れて行ってくれるというので、お言葉に甘えて・・・
 路地裏炉端 さわけんへ。
 
 ししゃもの刺し身あるというので、「今年はまだ食べてなかった!」というわけで、すかさず注文。
 そいやマグロなども盛り合わせてくれた。どれもこれもうまい。

 

IMG_8929.JPG


 さわけんというのは、店主の姓と名の二文字ずつとってのこと。
 しかし、沢田研二じゃないのだ。w

IMG_8933.JPG

 ふわっとやわからいレバ串。 
 レバ刺しが食べられないご時世だけに、この硬くなくコクのあるレバ串は有り難い!
 プリン体を気にしつつ、美味しゅうございました。


 

2016/11/04 17:24札幌コメント(0)


2016/10/03[この記事のエリア] 札幌
「蕎麦 瑞祥庵」にて。

IMG_8477.JPG


 茨戸霊園に墓参りに行くご老体のお伴をしたあと、「さて、なにを食べようか」となり、 
 やはり大好きな蕎麦を食すことになったご老体一行。w

 当然だが、わたしはせいろ(大盛り)を頼んだわけだが、田舎か更科を選ぶシステム。
 わたしとしては、どっちでもなく、外一とか二八とかがいいのだが、 
 更科は基本的に食べない主義なので、田舎を注文。 出てきたのが、これである。
 世の中には、いろんな田舎蕎麦があるもので、これは永坂更科布屋太兵衛や更科堀井なんかでいうところの田舎とは
 ほど遠く、信州の上田とかにある蕎麦っぽい感じ。結構、好きなタイプ!

 つゆは江戸蕎麦っぽく、これもなかなか。
 ネギがこれでもか!というくらい多くて、小皿一面に敷かれていた。
 で、なにが凄いっていうと、そば湯が濃い!
 花粉(端粉)を混ぜているところは、結構あるけれど、これほど濃厚なのははじめて。
 どろっとしていて、これが旨いのだ。
 
 日常的に食べるなら、こういう蕎麦がいいなあ。値段もリーズナブルだし・・・
 と思うのだが、場所が場所だけに、またいつ行けるかはわからないのであった。
 

IMG_8479.JPG 
 

2016/10/03 18:06札幌コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG