ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



新着記事


2016/05/22
札幌、蕎麦散歩

最近はあまり新規開拓していなかったのだが、ずっと気になっていた、ひさごに行ってみた。片倉さんの指導を受けた一茶庵系。蕎麦の香りがたった素晴らしい蕎麦でした。二枚頼んで大正解だった。

つゆが独特でちょっと変化球な感じだけれど、美味しゅうございましたー。

ロイトンの向かい側なので、江戸蕎麦が好きな方はぜひ!

ファイル 2016-05-22 11 46 41.jpeg

 

 

翌日は東本願寺の南、東屯田通りにある清の家へ。

ノボリには手打ち蕎麦とあったけれど、そうは思えないほどのきっちりそろった細切り。つゆがまた独特で、煮干しなのか鯖節なのか、カツオ節以外の魚の香り。悪くない!と思うのであった。

 

 

 

ファイル 2016-05-22 11 47 01.jpegのサムネール画像

2016/05/22 11:44コメント(0)


2016/05/03[この記事のエリア] 札幌
旧山鼻村住人のご近所散歩

IMG_5645.JPG

南14条西10丁目にある山鼻公園に、昨年、童謡「赤い靴」の歌碑ができた。
この童謡は、まさに山鼻に住んでた母親・岩崎かよの子・きみがモデルなのだとか。
明治時代に札幌の新聞社に勤めていた野口雨情はきみが宣教師に連れられて渡米したことを知り、
この詞を書いたのだ。


IMG_5648.JPG

IMG_5651.JPG

なんとなく、山鼻というと9条通りより南に思えていたのだが、
実は中央区区役所の南側から、碁盤の目がズレていて、ここから旧山鼻村の地域。
逍遙館のある南6西12も、まさに山鼻村だったのである。


というわけで、ご近所散策もなかなか楽しいのであった。
 

2016/05/03 16:21札幌コメント(0)


2016/04/19[この記事のエリア] 札幌
ポイントで義捐金を熊本へ届けませんか?

未曾有の大地震がまた起きてしまったわけですが、これは我々が生きてきた時代が希にみる地震が少ない周期であっただけであり、日本列島は常にこれくらいのリスクを抱えた陸地なのだということを我々は常に認識していなければいけなということだと、改めて痛感。
原発を廃止することはもちろんだが、避難体勢や医療支援、食糧支援など、まだまだたくさんの課題があることが浮き彫りになってわけで、政府や自治体がいかに東日本大震災の教訓を活かしていなかったかも十分わかったと思う。

さて、そんな状況ではありますが、我々は人として、なすべきことをしましょう。
支援の方法がいくつもありますが、一番簡単で素早くできるのは支援物資の購入代を負担すること。
そのなかでももっともすぐに、簡単にできるのはポイントを義捐金にすることだと思います。

スクリーンショット 2016-04-19 10.40.19.png

わたしはJALのマイルを義捐金にしました。


下記に、各社おポイントの義捐金サイトを貼り付けておきます。クリックしてください。
ぜひみなさん、ご協力を!

JAL    ANA   T-point  DoCoMo 楽天


 

2016/04/19 10:53札幌コメント(2)


2016/04/18[この記事のエリア] 札幌
回転寿司で北海道を食す

IMG_5634.JPG

 回らない寿司が食べたいと思いつつ、ところが寒々としている昨今‥…。
 やはりビクビクしないで食べられる回る寿司がメインになっているわけだが、
 今回は久しぶりに、まつりやに伺ってみると!

 おお! 小樽さん、ほっけではないか! 旨い!
 ついお代わりしてしまう。w


IMG_5637.JPG


 釧路ブルースリーと名付けられた青物三種。
 サバは金華産と食べ比べたけれど、なかなかいい勝負だった。

IMG_5639.JPG


最後に(ほかにもいろいろ食べたけど)、コマイのこっこ。
小樽の和楽でかじかのこっこがあって、北海道だなあ!と思ったものだが、
ここでコマイのこっこと出合えるとは!
やっぱり北海道だべさ!!


まつりや

2016/04/18 17:22札幌コメント(0)


2016/04/06[この記事のエリア] 札幌
道新夕刊で連載はじめます!

スキャン 2.jpeg


 北海道新聞夕刊の「おばんです」というコーナーは曜日によってテーマが違い、
 木曜日は「生きる」がテーマで、毎週違う書き手が「人生つれづれ」というエッセイを載せている。

 読者はシニア層を意識しているコーナーに見える。 
 書き手も人生経験豊富な作家やノンフィクション作家。 
 そのなかに、わたくのような若造がまじっていいのか?という戸惑いが、0.2ほどあったが、
 白くなったヒゲを見て「オレもシニアなんだなあ」と思ったのだった。
 
 そんなわけで、千石、人生語りはじめます。
 毎月、第四週の木曜の予定。
 お楽しみにに!

 

2016/04/06 12:16札幌コメント(2)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG