ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



新着記事


2017/02/16[この記事のエリア] 札幌
逍遙館の雪あかり

IMG_0573.JPG

 

 建築後、30年や40年で取り壊しになる日本の住居。
 欧米なら、ちゃんと修理して100年単位でつかい続けるというのに、なにをやってるの、日本は!
 ということで、無帽にも賃貸で100年住宅を目指した逍遙館プロジェクト。
 いろんなことがあったけれど、素晴らしい住人の方々と、心温まる交流をしながら、もうすぐ7年目。
 
 今年は久しぶりに、ちょっとだけ雪あかりを。



IMG_0583.JPG
 

 オレンジ色の雪あかり。
 小樽の雪あかりの路には、到底かなわないけれど、逍遙館に帰ってきた住人の方々が、
 ちょっとでも、いいなあと思ってくれたら、それでいい。
 
 
 

2017/02/16 17:43札幌コメント(0)


2017/02/11[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
小樽雪あかりの路19 運河から旧手宮線へ

IMG_0429.JPGのサムネール画像


 19回を数える小樽雪あかりの路は、いまや北海道の冬の風物詩。
 札幌の雪まつりが、企業がスポンサーとなった大雪像とグルメとイベント中心のイベントになったいま、
 「小樽の雪あかりは、心が温まっていいよねえ」という札幌市民も少なくない。

IMG_0442.JPGのサムネール画像

IMG_0450.JPGのサムネール画像


IMG_0460.JPGのサムネール画像

 運河会場は平日の夜にも関わらず、天候に恵まれたこともあり、なかなかの人手。
 浮き玉キャンドルの輝きに、スノーキャンドル、ワックスボール…。
 オレンジ色の光が、わたしたちをやさしく包んでくれる。
 
 北海道に帰るべきか・・・・悩んでいたころをふと思い出すのであった。


IMG_0471.JPG


 運河会場から坂をあがり、旧手宮線会場へ。
 わたしが一番好きな会場である。
 ザ・オタル! という匂いがしてくるからだろうか。

IMG_0488.JPGのサムネール画像

IMG_0472.JPGのサムネール画像 IMG_0476.JPGのサムネール画像

IMG_0514.JPGのサムネール画像のサムネール画像


IMG_0525.JPG


 旧手宮線会場が好きな理由の大きな要因は、これ。
 おじちゃんやおばちゃんが、イモやモチを焼いてふるまってくれること。
 心温まるご好意に、「やっぱりオレの小樽は人情深いよなあ」と思うのだ。



IMG_0561.JPG


 今回は、
ダブルエムエンタテインメントの三田さんと一緒に回った。
 彼は360度パノラマ撮影をしたり、動画を撮ったり。
 そんなわけでわたしもつい。w

16463628_1205318522877346_4117345434295966377_o.jpgのサムネール画像


小樽雪あかりの路は2/12日(17:00〜21:00)まで。
ぜひ、お出かけを!

2017/02/11 15:05小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2017/01/25[この記事のエリア] 札幌
親びん&亜樹のEZOマリアージュに出演します!

病院のなかで、facebookのメッセージをチェックすると、北海道の酒を語らせたら随一の鎌田さんから、「お助けを!」というメッセージが届いていた。どうやら、番組出演予定のゲストがよんどころない事情でキャンセルになったらしい。親びんこと鎌田孝さんは、以前からずっと拙著をブログで紹介してくれている方で以前から、「近いうちに出てください!」といわれていたので、義を見てせざるは勇なきなり・・・というわけで、収録に向かったのである。

unspecified.jpg


もうひとりのパーソナリティ、小橋亜樹ちゃんともお酒を飲んだこともあったり・・・というわけで、
とても和やかな雰囲気でお話させていただいたこともあり、
鉄板の宜保愛子ネタイッシーネタをお話したり。
(※ちなみに、上記リンクの恐怖霊界大百科300の顔はわたしです。ww)

もちろん、物書きとして北海道の話も、お酒の話もしているのだが、3日はほび編集者時代の話!
まだまだ話足りないけれど・・・・これはいずれ、どこかの寄席で!?(笑)

 

2月3日と2月10日(金) 夜22時オンエア! 

親びん&亜樹のEZOマリアージュ」(HBCラジオ)



2017/01/25 10:27札幌コメント(0)


2017/01/05[この記事のエリア] 札幌
札幌祖霊神社に初詣で

15823607_1169814493094416_6775601733251651368_n.jpg


 北海道神宮、三吉神社と行くべき神社はいろいろあるのですが、ここ数年は、
 やはり家から一番近い神社に行くべきではないか?とか、
 開拓使黒田清隆の時代に創建された北海道開拓の歴史に密接に関係する神社だしとか、
 なんといっても、サッポロラガーの赤星と同じなので、ここしかないべや!
 という理由もあり、札幌祖霊神社を選んでいる。

 

IMG_0364.JPG
IMG_0365.JPG

 今年はめずらしく「大吉」。
 華丸な一年になってくれることを願いつつ、「目上の人の助言」を期待したり…。

 ただ、恋愛の欄だけが、ちょっと無理かも!?と思ったり。ww

 さて、どんな一年になることやら。


 皆様、あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします!

2017/01/05 15:05札幌コメント(0)


2016/12/22[この記事のエリア] ニセコ・ルスツ
EOS Mとニセコへ

IMG_0176.JPG


 冬のニセコは久しぶり。
 今回は、取材が目的だったのだが、天候がいまいちで、羊蹄山が見えないという不運に見舞われたが、
 峠も町内も降られて撮影できないとか、道路事情が悪いとうこともなく、
 まずまず、順調にスケジュールをこなし、夜へと。w 

IMG_0202.JPG


夜の居酒屋取材の前に、温泉に入るという暴挙に出たけれど、まだ仕事なので、
まずは、イルミネーション撮影。

というわけだが、それでも時間があまりそうなので、温泉の前に、
ラジオニセコにおじゃま・・・して、アポなしで撮影させていただき、仕事。
なーんていいながらも、お茶を出していただいてリラックス。

小樽、古平、ニセコ、蘭越・・・は、我が町な感じなのだ。
もちろん、札幌もだけど。
 

IMG_0254.JPG


居酒屋取材のあとは、プライベートで居酒屋へ。w
おいしいザンギのあとは、ゆり根!

揚物はやめよう!と思いつつ、うまいんだよなあ。こういうの。

 

というわけで、取材結果は来年のお楽しみ!

2016/12/22 11:26ニセコ・ルスツコメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG