ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 道南へGO!2


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2013/12/31[この記事のエリア] 大沼・鹿部・松前・江差
道南へGO!2
 
00森アナゴ.JPG
 森町1つ星寿司店のアナゴ握り
 
パート2は、
道南の福島町、江差町、森町です。
 
 
福島町では
居酒屋・留(る)で地元周辺の魚介類を楽しみました。

経営者のご夫妻とシェフ(左)
 01福島店.JPG
 
 
前浜マグロの刺し身
 02福島マグロ.JPG
 
お店の壁にイラストを描きました。
 お店のOKをもらって、かなりの大きさです!
03福島署名.JPG
 
 お手伝いは、福島町役場の阿部さんです。
 奥の個室なので、見たい方は、お店で聞いてください。m(__)m
 
 
続いて
福島町のいかめし
04福島いかめし.JPG
 
北海道産のイカを使ってつくっていて
本州でもかなりの人気があります。
 
 
札幌の物産展で北福水産・西村社長とシェフ(左)
05福島業者.JPG
 
今度、コラボで新しい食品も生まれそうですよ!お楽しみに!!
 
 
次に
 江差町のそば
そば蔵やまげん 
06江差そば店.JPG

ミシュランガイドの「安くておいしい店」に選ばれています。
地元産の玄ソバを仕入れて石臼で挽いているそう。
07江差そば.JPG
 
 
最後は、
森町(もりまち)の
鮨おおね田
ミシュランガイド1つ星を獲得しています。
 
お店の外観
08森町すし店.JPG
 
 
冷蔵庫ではなく、ネタケースがこちら
09森ネタケース.JPG
手前がカウンターでみごとな織部焼の平皿にのせてくれます。

千円ちょっとの安いセットを頼んだ後、いくつかお好みで
注文しましたが、かなり良心的でした。
 
 
今回、涙がにじんでくるおいしさだった、前浜アナゴ
10森アナゴ.JPG
やわらかく煮込んだ大ぶりのアナゴを、
塩と卸したてのワサビで頂きました。
 
 
店主の
大根田茂樹さん
11森すし主人.JPG

以前、函館市柏木町の
梅乃寿司にいらっしゃる頃からの知り合いです。
 
 
というように、
函館以外の道南も、かなり楽しめます。

魚介類がおいしくて、混雑しない冬場がお勧めですよ!

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2013/12/31 15:56大沼・鹿部・松前・江差コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG