ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 2014年6月


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2014年6月


2014/06/21[この記事のエリア] 離島(利尻/礼文/天売/焼尻)
礼文はアクセサリー遺跡の島!?
shine heart shine heart shine heart shine heart shine heart shine heart shine heart shine
 
00ネックレス.JPG
貝や石のペンダント
 
          shine heart shine heart shine
 
今回、礼文島では、縄文遺跡を見学してきました。
ほかでは、見かけない島内で見つかった
縄文アクセサリーを紹介いたします。
 
          shine heart shine heart shine
 
 
時代は、3~4千年前頃、エジプトのピラミッド、
中国では漢字が使われ始めた頃と考えられます。
 
遺跡が見つかった、すぐそばの海岸には、
今でも貝殻が大量に打ち上げられています。
きっと、古い時代から、材料がたくさんあったのでしょう。
 
 
01服装・海岸.JPG
 
 
縄文時代に、貝殻を加工したアクセサリーがたくさんつくられました。
01服装.JPG
 
                      shine heart shine
 
貝の殻をつなげたリング (肉厚の殻のビノスガイ)
02首輪.JPG
 
 
黒い石を管状に加工した管玉 (蛇紋岩)
03石管.JPG
 
 
最下部には貝の垂飾 (交易品のイモガイ)
04垂飾.JPG
 
 
貝以外にもメノウやかんらん岩も!
04垂飾B.JPG
 
                      shine heart shine
 
ほかには、ブレスレット(アホウドリの骨と貝殻)やアンクレット(鳥の骨)など。
05各種.JPG
 
                  shine heart shine
 
 
つぎは、服の飾り
 
06服装.JPG
貝の殻を加工した装飾品を縫い合わせたもの
右端のものより、もう少し丸い形のものを縫い留めているようです。
08飾りのもと.JPG
 
                    shine heart shine
 
最後に、
ネックレスのつくり方
道具がこの一式
09飾り作製道具.JPG
 
 
流れはこんな感じ
 
原料を砕いて粗削りする
10工程1.JPG
 
 
きり状の石器で穴をあける
12工程3.JPG
整形して磨く
 
 
 
束ねてでき上がり
13上がり.JPG
 
             shine heart shine heart shine
 
礼文島の縄文人は、材料の貝が手に入ったことで
ずいぶん、おしゃれを楽しんでいたようですね。
 
その上、ネックレスなどは、交易で
北方に輸出(?)されていたのかもしれません。
 
時間と手間をかけた高い技術で、
縄文人には、頭が下がる思いでいっぱいです。
 
              shine heart shine heart shine

2014/06/21 20:59離島(利尻/礼文/天売/焼尻)コメント(2)


2014/06/16[この記事のエリア] 石狩・空知
長沼deオニオンスープ!
basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball happy01 basketball 
00長沼スープ.png
 
               basketball happy01 basketball
 
長沼町は
北海道初の「スローフード宣言」の町として、
食のブランド化を進めていて、
このたび、シェフ監修のオニオンスープ
試験販売されることになりました。
 
 
長沼町のコメは
以前、出荷量が全国一になったこともありますが、
生産調整のため、3分の1の面積に落ち込んでいました。
 
その後、多品目を生産してきたため、
農産物のブランド化も進んでいませんでした。
 
そこで、昨年度、役場内に「食のブランド推進室」
新設されると、さっそく、タマネギ生産組合から、
加工品の要望がありました。
 
 
長沼のタマネギは
小麦、米、大豆、そばに次いで作付の多い食材。
その原料を使い、地元産物を手軽においしく食べられるスープ
製品に仕立てました。
 
              basketball happy01 basketball
 
商品開発は
おいしいスープ製造で有名な
札幌本社のクレードル興農㈱に協力してもらい、
わたくしが、レシピと味を監修しました。
 
 
誠実な味わい
ということで、化学調味料などに頼らず、
スープの出しにコンブを使うことにしました。
コンブは、何度か試してみて、交流のある浜中町産
スープにも相性のよい、すっきりとした出しがとれる、
ネコアシコンブにしました。
 
06包装.JPG
 
 
スープの材料は
長沼産タマネギの薄切りをクレードル興農さんで
じっくりあめ色になるまで、2段階にソテーしてもらい、
チキンブイヨンや調味料を加えて、長沼町産の小麦粉
少しとろみをつけた、高級ホテル仕様です。
 
             
                  basketball happy01 basketball
 
 
食べ方は
濃縮タイプなので倍量の水で
薄めて加熱すると、おいしく召し上がることができます。
 
 
試食会では
02試食.JPG
 
長沼町民に好評だった、倍に伸ばしたスープ
03スープ.JPG
 
塩分がやや薄めだったのか、挙手アンケートでは
3.7ポイント(5点満点)と普通でした。
 
しかし、いっしょに試食してもらった、
スープとバターで炊き上げたピラフ
04ピラフA.JPG
なんと4.6ポイントの高得点!となり、参加者から、
早く買って食べてみたいとの声が上がりました。
 
 
05手伝い.JPG
役場のみなさんが手伝ってくれました!
 
                    basketball happy01 basketball
 
試験販売は
7月から、長沼町の道の駅やAコープのお店やイベントなどで
試験的に行い、秋に追加製造する予定です。
 
 
新作も予定しています (写真左は、戸川雅光・長沼町長)
 
07町長.JPG
 
            basketball happy01 basketball
 
今後も、基本的なつくり方の
ほんわかした味わいをお楽しみください!

2014/06/16 17:29石狩・空知コメント(2)


2014/06/16[この記事のエリア] 離島(利尻/礼文/天売/焼尻)
礼文で花めぐり!
capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus sun capricornus
 
00ご当地キャラ.JPG
 
希少植物とご当地キャラ
 
 
               capricornus sun capricornus
 
礼文訪問では、観光の時間を取れませんでしたが、
3時間だけ、学芸員の方に案内してもらいました。
 
6月上旬、運良く、レブンアツモリソウの最盛期でした。
 
これは、礼文島固有のラン科植物で
「種の保存法」による、特定国内希少種に指定されていて、
現在は、島内の保護区で見ることができます。
 
                capricornus sun capricornus
 
 
レブンアツモリソウの接写
01アツモリソウ.jpg
クリーム色(放牧牛乳のビンの上に付いているクリームの色です!?)

この花の紹介は、コチラ (礼文町役場HPれぶん花図鑑)
 
アツモリソウの群生
02アツモリ群落.JPG
 
                    capricornus sun capricornus
 
場所は島の北部 (写真では島の左側)
03地図.JPG
 
役場HPのガイドマップは、わかりやすいですよ!コチラ
 
 
拡大地図 
04詳細地図.JPG
 
 
礼文町マスコットキャラクターあつもんとシェフ
05キャラ.JPG
アツモリ感謝まつりでごいっしょしました!
 あつもんのプロフィールは、コチラ
 
あつもんは、のんびり屋さんの花の妖精で性別はありません。
妖精なので、話しかけてもノーリアクションだ、なっしー!
 
 
管理員の棒の先に注目
06監視員.JPG
よく見えませんが、双子のアツモリソウ。
 とても珍しいそうです。
 
 
群生地
08群生.JPG
 
 
群生地
09群生.JPG
 
 
咲いたばかりの(?)純白のアツモリソウ
10白い群生.JPG
 
 
マスキャラのあつもん
11キャラ.JPG
 
                  capricornus sun capricornus
 
レブンアツモリソウをはじめ、
礼文の花ばなは、太古の昔から、
島民の目や心を癒してくれていたと思います。
 
これからも、末永く楽しんでゆきたいと感じました。
 
                  capricornus sun capricornus

2014/06/16 13:40離島(利尻/礼文/天売/焼尻)コメント(2)


2014/06/14[この記事のエリア] 離島(利尻/礼文/天売/焼尻)
礼文は花の浮島!
club  fuji club shine club  fuji club shine club  fuji club shine club  fuji club 
00トド岩展望台 - コピー.JPG
 
 
礼文最北端に近い、トド岩展望台のタンポポ
 
利尻富士も見えますが、タンポポは、
島内のほかでは、あまりみかけませんでした。
 
            club  fuji club 
 
礼文島は、花の浮島と呼ばれ
住宅地のようなところでも、高山植物が見られます。
 
6月上旬の滞在中は、好天に恵まれ、
島全体が高山植物のお花畑のようにも感じられました。
 
中には、レブンソウやレブンウスユキソウなどのように
「レブン」の名がついた植物も10種類ほどあるようです。
 
今回は、人気のあるレブンアツモリソウを除く(次回のお楽しみです)
7~8種類を紹介します。
多くは、島内の散歩中に見かけた植物です。
 
 
            club  fuji club 
 
 
ミヤマオダマキ(キンポウゲ科)
01ミヤマオダマキ.JPG
街の中や住宅街でもたくさん生えています。
 
石の塀にも!
02オダマキ.JPG
 
 
白いものもあります。
03オダマキ.JPG
 
 
サクラソウの仲間でしょうか。(住宅街の庭先にて)
04?.JPG
 
 
ハクサンチドリ
 (ラン科)花のつくりが独特です(アツモリソウ群生地内)
05ハクサンチドリ.JPG
 
 
マイヅルソウ
 (ユリ科)葉っぱはユリ科系ですが、花がおもしろい形です!
 (アツモリソウ群生地内)
06マイヅルソウ.JPG
 
 
レブンウスユキソウ
 (キク科)綿毛がおしゃれな礼文島固有種
07レブンウスユキソウ.JPG
 
 
レブンキンバイソウ
 (キンポウゲ科)開花前の礼文固有種です。
08レブンキンバイソウ.JPG
 
 
レブンソウ
 (マメ科)礼文固有種、
 こちらのように、礼文島には赤や紫色をしている花がたくさんあります。
09レブンソウ.JPG
礼文島は、ふつうは溶けてしまう縄文時代の人骨も発掘されることから、
島全体の土壌がアルカリ性なのかとも推測できます。
 
           club  fuji club 
 
こちら以外にも、たくさん撮影しましたが、
名前のわからないものが多かったです。
 
礼文町役場の「れぶん花図鑑
礼文島観光協会のHP
などを参考にいたしました。
 
    club  fuji club 
 
次回は、
レブンアツモリソウ
をたっぷり紹介いたします。
 
お楽しみに!!

2014/06/14 21:43離島(利尻/礼文/天売/焼尻)コメント(0)


2014/06/10[この記事のエリア] 離島(利尻/礼文/天売/焼尻)
初夏の礼文を大満喫!
mist club shine club mist club shine club mist club shine club mist club shine club mist 
 
00A礼文地図.jpg
 
礼文島の地図 (写真は加工しています)
 礼文は、宗谷岬より、何キロか南にあるようです
 
    
    mist club shine club mist
 
  先日、料理教室の依頼で
   礼文町を訪問しました。
 
    mist club shine club mist
 
 
今回の目的は料理教室
00教室.JPG
若いお母さん向けに、洋食のワザを伝授しました
 
    mist club shine club mist
 
花たび、本格スタート!
01アツモリソウ.jpg
 
レブンアツモリソウが最盛期でした(シェフの撮影です!)
 
 
特別に群落地も見せてもらえました
02アツモリ群落.JPG
 
 
ご当地キャラのあつもん
03ご当地キャラ.JPG
(花の妖精なので話しかけても返事はしてくれませんよ)
 
  mist club shine club mist
 
食べものはお楽しみ!
 
ウニの刺し身と茶碗蒸し
04ウニ.JPG
 
 
漁協直営店でウニのろばた焼き
05ウニ.JPG
 
 
  mist club shine club mist  
 
ファンにはたまらない最北限の
重要文化財・縄文遺跡
06縄文.JPG
 
 
発掘品
 
07縄文.JPG
 
 
発掘場所の写真
08船泊.JPG
 
 
mist club shine club mist
 
 
礼文から見る利尻富士も格別
09利尻山.JPG
 
礼文小学校から見下ろす利尻山と香深漁港
10利尻山.JPG 
 
 
      mist club shine club mist
 
では、いくつかのテーマに分けて、
礼文のよいところをご紹介してゆきますので、
お楽しみに!

2014/06/10 18:10離島(利尻/礼文/天売/焼尻)コメント(2)



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG