ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 2016年12月


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2016年12月


2016/12/26[この記事のエリア] 帯広・十勝
帯広で食育授業開催!
 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01 happy01 heart01
00表紙のシェフ.JPG
 
            happy01 heart01 happy01
 
2016年11月、
帯広の小学校に行ってきました。
 
これは、道教委が主催する、
道徳授業の一環で
命の大切さや郷土愛を学ぶものです。
 
帯広北栄小学校、3年生2組に
「ミラノ万博で十勝食材が大好評!」
と題して、2時間交流してきました。
 
            happy01 heart01 happy01
 
じつは、昨年、ミラノ万博の試食で、
小麦好きのイタリア人たちが、
パスタ風の十勝産小麦のうどんを
大絶賛してくれました。
 
そこで、今回、授業開始時に
そのうどんを試食してもらいました。
 
著名な地元企業・ヤマチュウさんの
「十勝さぬきうどん」をボイルして、
 
ゆで汁、粉チーズ、EVオリーブ油などで、
イタリア風に味をつけました。
 
小麦の風味が活きて、食感も心地よい、
おいしい麺料理になったのです。
 
給食前の試食とあって、
おおいに盛り上がり、
その後の授業も、のりのりでした!
 
            happy01 heart01 happy01
 
授業開始は、実演と試食!
こんな授業、めったにありませんよね!
01試食・実演.JPG
 
 
イタリア・ミラノで大人気、十勝うどんのパスタ風!
02試食.JPG
 
みんなが口にしている十勝産小麦の食べものは
 
世界的にも通用する、すばらしいもの、
と話すと、歓声が上がりました。
 
            happy01 heart01 happy01
 
また、脳のタイプにより、
将来、どんな職業が向いているかという話は、
けっこう、興味を持ってくれたようです。
06取り囲まれた.jpg
 休み時間に取り囲まれました!(笑)
 
後日、校長先生から、お手紙を頂き、
教委や保護者から、
大きな反響があったとのことです。
 
            happy01 heart01 happy01
 
道徳の「徳」という字は、
(生まれたままの)素直な心で行う」
という意味があるようです。
 
今年は、4回、各地の小中学校を訪ねて、
そのことを考えてもらいました。
 
            happy01 heart01 happy01
 
中でも、「いただきます。」という言葉は、
 
素直な心=道徳心を持って、口に出すと、
命の大切さを感じることだってあるようですよ。
 
それでは、食事の前には
「みなさんでどうぞ、頂きます!」
 
ご唱和、ありがとうございます。m(__)m
 
 

2016/12/26 19:48帯広・十勝コメント(0)


2016/12/22[この記事のエリア] 帯広・十勝
足寄学校給食が全国一!
sun shine sun shine sun shine sun shine sun shine sun shine sun  
 
 
   
    シェフが指導した

     「適塩」調理で

    みごと優勝!?
 
          sun shine sun
 
みなさん、うれしいニュースです。
 
学校給食の全国料理大会
北海道代表が優勝しました!
 
これは、地場産物を活かした学校給食の献立を
味や栄養、調理など、12のルールで競う、
第11回「全国学校給食甲子園」という大会です。
 
平成28年12月4日、東京都豊島区の
女子栄養大学で行われ、2004件が参加し
4次予選を通過した12件の学校などが
決勝に進出しました。
 
今回、みごと、栄冠に輝いたのは、
足寄町学校給食センター
 
栄養教諭 吉田美優さんと、
調理員 廣田裕美さんの
 
「ヨシ・ヒロ」ペアです。
 
このセンターでは、毎日、給食の献立
ネット上で公開しているのですよ!
 
 
          sun shine sun
 
メニューは、こちらです。
 
十勝産の食材がふんだんに使われており、
ふだんから、給食で出している献立のようです。
DSCN3181.jpg
 
     写真左下から、時計回りに
 
    ラワンぶきの繊維たっぷり飯
 
 
         足寄産物三色団子
いちご、長芋、かぼちゃをすりつぶし白玉粉に混ぜる
 
          道産子ホイル焼き
 
      マダラ、ブロッコリー、コーン、
 マッシュルーム、ひらたけを包み焼きしたもの
          味は味噌マヨ
 
                                  カブレーゼ
 (恐らくトマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ byシェフ)
 
          和・さんらーたん
  昆布、鰹、鰺でだしをとった和風の酸辣湯
 
 
            sun shine sun
 
じつは、出場前、吉田さんには、
「適塩」のご指導をしていました。
 
十勝音更町で開催された、わたくしが講師を
つとめる講演会に参加してくれたのです。
 
講話中、給食の塩分は、
主菜が塩分~%、副菜が~%と、
話しました。
 
さらに、吉田さんには、具体的に、
ホイル焼きのタラの身と副菜の
 
塩分濃度をそれぞれ何%とアドバイスしました。
 
 
何度も試作を繰り返して、本選に臨んだそうで、
本人のご努力が実を結びましたが、少しは
お役に立てたようでとてもうれしいです。
 
その吉田さん、大会前に
シェフの話しを聞けてよかったと話します。
 
恐らく、審査員にも、この「適塩」料理の
おいしさが伝わったのでしょう。
 
          sun shine sun
 
こんな熱心な栄養教諭がいらっしゃるなら、
私は、足寄の給食を食べたくなりました。
 
そして、いつか、足寄の子どもたちに、
私の料理も食べてもらいたいなあ、
とも、思い浮かべました。
 
これからも、おいしくて楽しい
給食づくりに期待しています。

2016/12/22 09:14帯広・十勝コメント(4)


2016/12/05[この記事のエリア] 帯広・十勝
便利!札幌帯広格安タクシー
happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01 sun happy01
CIMG2454.JPG
到着時にお見送りしてくれた乗務員の高橋さん。
姿勢がよくて、安全運転の上、親切な対応でした!
 
            sun happy01 sun
 
 
先日、札幌と帯広をタクシーで往復しました。
 
ふつうなら、片道5~6万円するところを
片道7,900円で行ってきました。
 
            sun happy01 sun
 
これは、こばとハイヤー(十勝中央観光タクシー)
催行する事前予約制の乗り合いタクシーで
 
こばとシャトル便」といいます。
 
札幌駅か大通りと帯広間が
 約4時間で7,900円
 
新千歳空港から、帯広間が
 約3時間で6,900円
 
 などです。
 
もちろん、高速料金と消費税込みです。
*22時以降の予約は、割り増しがあります。
 
            sun happy01 sun
 
このシャトル便、
使い勝手がいいのは、次のようなところです。
 
*希望の時刻に出発できる
*1名から利用可能
*帯広は、出発到着とも
 だいたい好きな場所を指定できる
 
 *詳しくはご確認くださいね
 
            sun happy01 sun
 
8月の台風被害により、現在もJRは
トマム・帯広間でバス乗り換えとなっていますが、
 
札幌・帯広の高速バスが
予約を取りにくいことなどから、
今年の11月から急きょ、運行を始めたそうです。
 
短い準備期間で始業したため、
現在も、試行錯誤しているとのことでした。
 
帯広市民にも、まだあまり知られておらず、
「タクシーで来た!」というと驚かれることが多いです。
 
前回は、1名なのに、
ジャンボタクシーが来て、恐縮しました。
 
            sun happy01 sun
 
経路は、札幌駅から札幌北インターに入り、
占冠インターを一度、降りて休憩タイムです。
 
再び、占冠に入り高速清水で降りて
38号線で帯広に向かいます。
 
 
乗務員さんも、
親切な方が多くて、運転も安心です。
 
到着は、道路事情がよければ、
3時間半くらいで着くこともあり、
時間に余裕が持てるのもうれしいです。
 
            sun happy01 sun
 
問い合わせは、コチラ↓です。
 
まだ、ネット環境が整っていないようなので、
チラシを送ってくれます。
 
こばと表紙.jpg
 
こばとハイヤー帯広営業所
(十勝中央観光タクシー内)
 
電話0155-33-7700
 
裏表紙はコチラ↓
こばと裏表紙.jpg
 
 
            sun happy01 sun
 
「こばとシャトル便」のご担当者をお呼び出しください。
親切でわかりやすい女性の方もいらっしゃいます。
 
JRより、片道1400円ほど高いですが、
十分に、お薦めできます!
 
*今回は主催事業社の承諾を得て掲載しています!
 
 

2016/12/05 19:41帯広・十勝コメント(0)



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG