ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



新着記事


2017/07/09[この記事のエリア] 札幌
札幌で縄文イベント開催
leo sun leo sun leo sun leo sun leo sun leo sun leo
CIMG4277.JPG
 土面 千歳市ママチ遺跡 重文
 
 
           leo sun leo
 
 
女性の土偶ファンを
 「土偶女子」と呼ぶように、
 
このところ、縄文文化が
 ブームになっています。
 
そんな中、札幌市チカホで
 「縄文夏まつり」が開催されました。
 
CIMG4306.JPG
これは、北の縄文道民会議
 などが主催する催しで
 
北海道と北・東北の
 名品(複製品)が展示されました。
 
CIMG4308.JPG
 
           leo sun leo
 
さっそく、写真で見てゆきます。
 
主役は、国宝「中空土偶」函館市
CIMG4259.JPG
みなさま、ご存知の通り、カックウ」と
 いう愛称が付けられています。
 
 
北斗市の注ぎ口の付いた土器
CIMG4271.JPG
重要文化財「人型装飾付異形注口土器」
 
 
重要文化財
「動物形土製品」千歳市美々
CIMG4276.JPG
 
 
 
重要文化財「土面」千歳市ママチ
CIMG4278.JPG
 
 
           leo sun leo
 
興味のある方は、次もどうぞ!

私は、千歳市ママチで育ちました。
 
小学生の時、近所で土器掘りをしていた所が
ママチ遺跡となったのです。

調査団が来た時に、声をかけると、当時、
北海道大学の大場利夫・教授が
自宅まで来てくれました。

掘り当てた土器石器などを見てもらい、
持っていてよいと言われました。

それ以来、
焦げついた土器破片や黒曜石の矢じり、
アオトラ石の石斧などが家宝となり、

縄文に興味を持ち続け、
 
今では、機会があれば、
ご当地・縄文料理」も
披露したいと考えています。
 
ご希望の方にはご相談にのりますよ!(笑)
 
 
過去の縄文に関するシェフ・ブログはコチラ
 
           leo sun leo
 
 
国宝 青森県 合掌土偶
CIMG4266.JPG
 
 
世界遺産を目指してのパネル
CIMG4285.JPG
 
 
楽しそうな縄文ツアー!
CIMG4310.JPG
 
CIMG4312.JPG
道内の日帰りや宿泊、本州へも行きます。
 顔写真付きの専門家による案内も
  あるそうですよ。
 
           leo sun leo
 
最後になりますが、
 北海道・北 東北の縄文遺跡群
 
 
世界文化遺産に登録されることを
 楽しみにしています。
 
 道庁の関連ページはコチラ
 
           leo sun leo
 
土偶をつくった、
 3千年前の道民のご先祖様たちも、
 期待してくれるでしょうか。
CIMG4301.JPG
 

2017/07/09 17:12札幌コメント(0)


2017/07/08[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
網走市で夏の料理教室
sun club sun club sun club sun club sun club sun club sun 
CIMG4238.JPG
自動炊飯したターメリックライスと夏野菜のサラダ
 
           sun club sun
 
今年で7年目にとなる料理教室が
 6月7日に網走市で開催されました。
 
主催が(一社)北海道LPガス協会・
 網走支部網走分会ですので、
 
新しいガスコンロの紹介や災害時の
 LPガス利点についてもお話ししました。
 
           sun club sun
 
メニューは、
 インド料理をイメージした
 地元産ポークのカレーライス。
 
家庭でできる手づくりカレーソースと
 ターメリックライスなどをご指導しました。
 
           sun club sun
 
前日の材料準備
CIMG4168.JPG
 
 
前日のまかない
CIMG4192.JPG
網走ポークのトマトソースパスタ
 
オホーツク総合振興の根布谷・局長も
 同席されました。
 
 
調味料の計量
CIMG4201.JPG
フセンをつけて細かく計量します
 
           sun club sun
 
本番の調理実演
CIMG4214.JPG
 
 
専用・自動炊飯器の実演
CIMG4218.JPG
スイッチ2つで
 約25分後にご飯が炊きあがります
 
 
生徒の実習
CIMG4231.JPG
みなさん、きびきびと動いくださり、
 見ているだけで気持ちよかったです!
 
 
生徒・スタッフと試食
CIMG4250.JPG
 
 
           sun club sun
 
実演したメニュー (手前から右回り)
CIMG4229.JPG
 
ターメリックライス
夏野菜のサラダ、ヨーグルト・ドレッシング
 
とろっとやわらかポークのカレーソース
 
地元産小麦のナン
ヨーグルトデザート、イチゴソース
 
           sun club sun
 
 
道庁の「災害食レシピ」
コンテストの紹介をしました
CIMG4196.JPG
地元の備蓄品を使って応募してほしいと依頼!
 
           sun club sun
 
 
あってはならないと思いますが、
万が一、今回、参加されたみなさんが、
 
災害などにより
避難所生活を送ることを想定してみました。
 
限られた材料や人数でも、
きっと、その場をうまく仕切って、
 
明るい食事会に仕立てて
くれるのだろうなと想像できました。
 
まさに、「楽しい備え」になりそうです。
 
 
そう考えると、
おいしい食事が食べられるのなら、
防災訓練も楽しくなりそうですね。
 
 

2017/07/08 16:54網走・紋別・北見・知床コメント(0)


2017/07/02[この記事のエリア] 札幌
調理師学校で災害食授業
club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club 
CIMG4127.JPG
 根室さんまのトマトスープ
 豚汁の材料を豚肉の代わりにサンマの缶詰とトマトで
 つくりました。
 
           club happy01 club
 
前回ブログに続き、
6月30日に札幌市の
 
光塩学園調理製菓専門学校
災害食のメニューを実演しました。
 
こちらは、北海道庁が開催する
災害食レシピ・コンテストの
一連の事業して開催されました。
 
 コンテストの内容はコチラ
 災害食の参考レシピはコチラ
 
           club happy01 club
 
写真でみてゆきましょう。
 
生徒試食用の材料を準備
CIMG4071.JPG
学校の講師のみなさんは、動きが違います!
 
 
野菜の下準備
CIMG4073.JPG
緑黄色野菜は油で加熱すると
β-カロテンの吸収率が8倍になるとか
 
 
会場の視聴覚室のようす
CIMG4079.JPG
階段状になっていて、とても見やすいです
 
 
実演前のあいさつ
CIMG4086.JPG
 
 
生徒のみなさん、試食中
CIMG4091.JPG
 
 
アシスタントと実演の真っ最中
CIMG4109.JPG
ふだん、ガス会社の料理教室で
補助をしてくれる二人に来てもらいました。
 
           club happy01 club
 
今回も、
根室のさんま缶を使った
メニュー3品
CIMG4122 - コピー.JPG
左下から時計回りに
根室さんまのパエリヤ、
さんまのトマトスープ、
さんまのトマトリゾット
 
           club happy01 club
 
避難生活が長引いたときに、
なるべく日常食に近いように食べたい!
という心構えでつくりました。
 
光塩学園からは、
7/15のコンテスト締め切りまでに、
たくさんの応募がありそうで、楽しみです!
 
 

2017/07/02 21:52札幌コメント(0)


2017/06/30[この記事のエリア] 石狩・空知
江別で災害食の授業開催!
fish sun fish sun fish sun fish sun fish sun fish sun fish
00表紙リゾット.JPG
根室さんまのトマトリゾット
 
          fish sun fish
 
 
6月14日、江別市内で調理実演をしました
 
災害時の避難所生活で
食事の大切を知ってもらうためです。
 
缶詰やカセットコンロでも、
簡単に調理できる「災害食」の
3品を紹介しました。
CIMG3974.JPG
 
これは、道庁危機対策課の
「出前授業」として企画され、
 
江別高校の生活デザイン科の2年生と
普通科の3年生、約50名が出席してくれました。
 
CIMG3980.JPG
テレビ取材も受けながら、調理実演
 
          fish sun fish
 
実演では、道産サンマ缶のトマトスープと
それを活かして、
リゾットとパエリヤをつくりました。
CIMG4013.JPG
 
料理をたくさんつくる際に難しい塩加減も、
でき上がりの重量比で指導して大成功!
 
炊き上がったパエリヤは、
適性塩分でかなりの高評価でした。
CIMG4016.JPG
 
 
生徒からは、「避難時にこんな
おいしい料理が出たらうれしい」とか、
 
「冬場の寒い時期に温かい料理がよい」
などの声が聞かれました。
 
CIMG4005.JPG
 
          fish sun fish
 
避難所生活では、その長期化による
体調悪化の例が多いため、
少しでも早く日常食に近いものを
食べることが大事です。
 
災害時、子どもを含めたみんなで調理して、
おいしく食べられる工夫ができるよう、
食に携わる人に考えて欲しいと、
話しました。
 
          fish sun fish
 
ところで、みなさん、
道庁主催の「災害食レシピ」募集も
締め切りが近づいてきました。
 
たくさんのご応募をお待ちいたしています。
 
詳しい過去ブログはコチラです。
 

2017/06/30 10:50石狩・空知コメント(0)


2017/05/31[この記事のエリア] 札幌
災害食レシピの例はコレ!
club sun club sun club sun club sun club sun club sun 
  
災害食サケご飯A.jpg
          サケ缶のトマトご飯
 
           sun happy01 sun 
 
先日、紹介した
   
北の災害食」レシピの
 
イメージが浮かびにくいとの、
声がありました。
 
そこで、道庁危機対策課
みなさんと相談して、
参考となる料理を考えてみました。
 
 
    1、スープや汁物
 
    2、ご飯やお粥
 
    3、小麦粉料理
 
           sun happy01 sun 
 
      これらの料理を
    
     A 誰でもつくりやすく
 
   B 身近な食品を使い
 
   C 可能なら地域性を盛り込んで
 
      考えてください。
 
           sun happy01 sun 
 
具体的な参考レシピです。
 
    1、スープや汁物
 
 
基本材料
 
コンブ
食用油脂
 
基本野菜、キノコ、芋・豆類
基本の魚か肉類

*缶詰レトルト食品・可能
*常温保管が可能な食材をススメています
 
味噌、しょう油
塩(でき上がり量の0.51%
乾パン、でんぷん、小麦粉
 
ご当地食材
 
LL牛乳
トマト(ジュース)
 
緑黄色野菜、食用の山野草
ご当地の魚か肉類
 
*缶詰レトルト食品・可能
*常温保管が可能な食材をススメています
 
           sun happy01 sun 

      参考料理     
 
     臭みなし、
 
   サバ缶のミルクスープ  
 
 
災害食サバスープ.jpg
サバ缶 (缶の煮汁ごと牛乳に加える)
LL牛乳
乾パン
(叩くか卸して、仕上げに入れてとろみをつける)
塩 (でき上がりの0.50.75%
 
           sun happy01 sun 
 
         2、ご飯やお粥
 
 
基本材料
 
コメ
コンブ
食用油脂
 
基本野菜、キノコ、芋・豆類
基本の魚か肉類
 
*缶詰レトルト食品・可能
*常温保管が可能な食材をススメています
 
味噌、しょう油
塩(でき上がり量の11.5%
 
ご当地食材
 
LL牛乳
トマト(ジュース)
 
緑黄色野菜、食用の山野草
ご当地の魚か肉類
 
*缶詰レトルト食品・可能
*常温保管が可能な食材をススメています
 
           sun happy01 sun 
 
      参考料理      
 
煮汁で炊き込む!
 
    サケ缶のトマトご飯   
 
災害食サケご飯.jpgのサムネール画像
 
サケ缶    (煮汁ごと炊飯する)
トマトジュース(水の半分量くらい)
またはトマト水煮(いっしょに炊く)
コメ
塩(3合で小さじ1、いっしょに炊く)
 
 
災害食サケご飯A.jpg
 
           sun happy01 sun 
 
       3、小麦粉料理
 
 
基本のパン
 
小麦粉
水(小麦粉の)40%ほど
塩(小麦粉の)11.5
イースト(小麦粉の)1
 
*避難所では低温長時間発酵
*応募時は、加温短時間発酵
 
ご当地食材
 
LL牛乳
トマト(ジュース)
 
緑黄色野菜、食用の山野草
ご当地の魚か肉類
 
*缶詰レトルト食品・可能
*常温保管が可能な食材をススメています
 
           sun happy01 sun 
 
      参考料理       
 
     マヨさんまパン     
 
災害食さんまパン.jpg
 
マヨネーズと混ぜたサンマ缶を
生地で包んで焼きます。
 
 
     カレー焼きパン     
 
缶詰やレトルトのカレーを
生地で包んで焼きます。
 
ソースは多くしない方がうまく焼けます。
 
プレーンなパンから、おかずパンまで
道産小麦を活用して応用しましょう!
 
 
           sun happy01 sun 
 
 
防災のことは、難しいことではあります。
 
でも、避難後、1週間くらいたった状況を
思い浮かべて
料理を考えてみませんか。
 
小中学生の子どもがつくれたり、
支援物資、地域食材を使用するなら、
より、有効です。
 
この料理コンテストをきっかけにして、
家族や職場、地域などで、
日頃より、楽しみながら、
(災害に)備えてみませんか。
 
地域の食材を生かした
「ご当地・災害食」が広がってゆくことを
楽しみにしています。

2017/05/31 17:31札幌コメント(0)



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG