ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 寿司屋のおかみさん 北海道の旅と宿


寿司屋のおかみさん 北海道の旅と宿

「寿司屋のおかみさん小話」ブログのおかみさんが書く北海道旅情記。ホテルや温泉のグルメと人情を語ります。



新着記事


2016/08/20[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
バスで行く北海道の旅 釧路でハシゴ酒

64000000000496.JPG

 

先日、ラクでお得な高速バスで釧路へ行ってきました~~~

釧路は車で行くのもちょっと遠いので、一度、高速バスで行ってみたかったのです。

 

1469681477721.jpg

こちらは携帯で撮影。

朝7時40分発のスターライト釧路号に乗って出発進行!釧路まで約5時間半の旅です。

長いかも・・・・と思いきや、結構あっというまに到着して思ったより快適でした。

 

1469681518737.jpg

バスの中は、ゆつたりシートで映画を見たり昼寝したりしながら。

途中の休憩地点でトイレと売店をぶらぶら。

1469681530033.jpg

バスの中は、トイレも完備。座りやすい座席でゆっくり寝ることができましたよ~~

 

1469681594738.jpg

昼の13時すぎには釧路駅に到着。

幣前橋に向かう途中にある、「佐藤紙店」へぶらりと立ち寄りました。

地元民にも有名な、こだわり文具のお店なのです。

1469681574334.jpg

佐藤紙店のオリジナル、付箋。

これはお土産にもいいと思う!!

1469681606899.jpg

幣前橋の近くにあるラビスタ釧路へチェックイン。

釧路飲みをする前にお風呂に入って、リラックスタイムです(笑)。

1469681650677.jpg

これはラビスタ釧路からの眺め。

お天気だったら夕日が綺麗なんだろうなぁ。

64000000000499.JPG

ラビスタから徒歩2分のところにある、岸壁炉端へ。

釧路といえば炉端なんですよね。

64000000000498.JPG

花咲ガニもその場で焼けるんですよ~~~

相席したのは、九州からの観光で来たというオジサン。

しばし一緒に飲みました(笑)。旅は道連れ♪

64000000000497.JPG

つづいて岸壁炉端の裏手にある、「炉端煉瓦」へ。

釧路に来たら、この夕日ハイボールは必須です。

飲みやすくてついつい2杯も飲んでしまう(笑)

64000000000501.JPG

釧路ザンギ発祥の店、鳥松へ。

 

64000000000500.JPG

骨付きザンギはジューシーでカリカリの食感。旨い!

お土産に注文していくお客様がひっきりなしに訪れます。

64000000000503.JPG

番外編で、こちらにも立ち寄りましてね。

これがほんとのハシゴ酒(笑)。

吉田類さんの訪れている「津軽」です。

64000000000502.JPG

名物女将の手料理は、いくら食べても1000円。すごいわ~~~

この気前の良さと温かい人柄が人気で、カウンターはお客様でいっぱいの「津軽」です。

 

64000000000572.JPG

次に向かったのは、釧路の地酒福司が充実している日本酒バー、「蔵人」。

64000000000504.JPG

見てください、このラインナップ。

このあたりで記憶がなくなりつつある(笑)。

64000000000569.JPG

福司の海底力。

見たことのない銘柄に出会えてうれしい~~~!

 

64000000000505.JPG

つまみも旨い。

蔵人の店の前に酒屋があったので、そこでたっぷり日本酒を仕入れました(笑)。

みんなへのお土産になったね!

 

64000000000506.JPG

ホテルへ戻り、幣前橋を眺めながらの就寝。

港町釧路の潮風を感じながら過ごす一日。

1469681509991.jpg

 

のんびり起きた朝。

自然を満喫しながら、食と酒を楽しむ。

そして、人との出会いも嬉しい北海道の魅力。

これだけ行っても、まだまだ行き足りません(笑)。

北海道って本当に広いのです。

 

釧路のみなさま、ありがとうございました~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/08/20 08:21釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(0)


2016/07/30[この記事のエリア] 離島(利尻/礼文/天売/焼尻)
利尻島の旅 ダイジェスト版 飛行機でひとっとび

64000000000394.JPG

 

7月の連休。

夏の利尻ウニを食べに行こうと、1泊2日の利尻旅行。

 

HAC飛行機で丘珠から利尻空港へ、所要時間約50分とあっという間に行けちゃいます。

ビアガーデン開催中でしたよ(笑)。大将がかぶっているのは利尻富士町のキャラクターリップちゃんのかぶりもの。

 

IMG_5801mini.JPG

利尻空港の2階展望デッキからの眺めは、利尻山の撮影スポットです。

 

64000000000403.JPG

みなとで開催していたビアガーデンが、最高です~~~

なんと、超特大サイズのムラサキウニを焼いていた!!!しかも、1個500円という破格の値段(笑)。

6400000000388.JPG

 

ペシ岬。

頂上まで15分で行けるので登ってみました。最高の景色が楽しめますよ~~~ヤッホー利尻!!

 

IMG_5471mini.JPG

フェリーターミナルの2階にある「TSUKI CAFE(月カフェ)」にて。

ウニとかじかと島海苔のクリームパスタをいただきましょう。

漁師もやっているというカフェのオーナーが朝獲ってきたばかりの海の幸。

島でしか消費されないという限定の島海苔は、すばらしい香り。

64000000000457.JPG

神居海岸パークのうにとり体験は、一人1500円でウニを2個とることができます。

自分で獲ったウニを洗ってすぐに食べる贅沢。子供たちにも体験してほしいね。

隣の売店で、具ナシの軍艦巻き(1貫100円)を買い、うにをのせて食べることもできちゃうのよ。

64000000000462.JPG

ウニのアイスクリーム、「愛す利尻山」500円。

ソフトクリームに、フリーズドライのウニをのせ利尻昆布をのせたアイス。驚きですが超旨い(笑)。

今年のオータムフェストにも出店するそうですよ!!!

 

64000000000464.JPG

昨年から観光スポットとして誕生した、白い恋人の丘。

石屋製菓の白い恋人の缶でお馴染みですね。

64000000000468.JPG

 

オタトマリ沼で、深呼吸~~~~

64000000000472.JPG

オタトマリ沼にあるお土産屋さん、「利尻亀一」さんへ。

ここにしか売っていない乾物がたくさんあるのでお土産はここでも物色しましょうね(笑)。

お店の奥にある寿司屋では、その日に獲れたウニを軍艦巻きで食べることができます。

64000000000483.JPG

利尻へ行ったら必ず食べたいものは、こちらのラーメン。

利尻ラーメン味楽さんの、焼き醤油ラーメンです。

利尻昆布がとんでもない量を入れてダシをとっているラーメンで、食べたことがない旨味を感じるほどです(笑)。

64000000000488.JPG

そして、誰もが知っている?利尻島の乳酸菌飲料。ミルピス。

利尻町のキャラクター、りしりんと一緒にね。

64000000000436.JPG

泊まったホテルは、ホテル利尻。

1469234344421.jpg

りしりんちゃんと一緒に、露天風呂です(^^)

 

64000000000489.JPG

 

1泊2日の利尻の旅。

飛行機なので、帰りもすぐに札幌に到着です。

夏のウニ旅は最高の思い出になりました。

また行くぞ~~~~!!!

 

2016/07/30 08:32離島(利尻/礼文/天売/焼尻)コメント(0)


2016/07/15[この記事のエリア] 帯広・十勝
帯広 北海道ホテルでエゾリスと遊ぶ

6400000000387.JPG

 

札幌からポテトライナーで帯広へ。

十勝観光バスで花めぐりの旅を満喫したあと、

一度行ってみたかった、帯広の北海道ホテルへ泊まりました。

 

6400000000373.JPG

 

お部屋は庭の見えるガーデンウイング。

ひろびろのダブルの部屋を予約してみたの。

これがすごくよかった~~~~

 

6400000000375.JPG

 

内装も素敵で、重厚感のある大人の空間。

6400000000376.JPG

 

シャワールームも大人の雰囲気でとてもリラックス!

ステキなので、女性には特に、この部屋をおすすめしますね。

 

6400000000377.JPG

 

アメニティもリーフ&ボタニクス。

日に焼けたお肌にやさしく、とても気に入りました。

6400000000378.JPG

ホテルに着いたのは夕方の5時を過ぎていたので、

まずは大浴場へ~~~~。

のんびりゆったり温泉を楽しみましょう。

帯広の温泉は、北海道遺産にも認定されている植物性モール温泉!!やった~~

 

6400000000379.JPG

食事はセゾンコース。

食材の良さを実感することができます、さすが十勝。どれも美味しい。

十勝産牛ロースステーキもテーブルの前でフランベしてくれる本格派です。

 

 

6400000000380.JPG

チーズのアイスクリームに、

北海道のハスカップのパウンドケーキ。

 

6400000000382.JPG

 

北海道ホテルのロビーの横には、こんなチャペルがあるんですね。

すごく綺麗で思わずシャッター。ここで何組の恋人が式を挙げたんでしょうね。

 

6400000000386.JPG

朝のテラス。

北海道ホテルのテラスはとても有名なのです。

帯広駅のすぐ近くなのに自然を楽しむことができる場所なのね。

6400000000383.JPG

 

最高でしょ?これ??(笑)。

ここで鳥の声をききながらいただく朝食は最高でしたね。空気が美味しいんだもの!!

 

6400000000385.JPG

ほらほら~~~~~

エゾリスが顔を出してくれました。

宿泊客には家族連れも多いので、みんなでわいわいとエゾリスを囲んで。

知らない人と一緒に盛り上がり、エゾリスのおかげで楽しい時間に。

朝からしあわせな一幕です。

 

 

ここに泊まって良かったな~~~~。

北海道のすべてを感じることができるホテルとして、また再訪したいと思います。

 

北海道ホテル

帯広市西7条南19丁目1

 

 

 

 

 

 

2016/07/15 15:07帯広・十勝コメント(0)


2016/04/01[この記事のエリア] 日高・えりも
春の日高を楽しむ旅 ナチュラルリゾートハイジア

guu18.jpg

 

雪解けの春。

北海道にもやっと春が来たようです。

春を感じる旅がしたくて、日高のハイジアへ行ってきました。

 

 

guu8.jpg

札幌から日高まで車で2時間ほど。

途中の新冠レコードの湯や、椿サロン夕焼け店などに立ち寄り、夜の6時にホテル到着。

いつも笑顔で迎えてくれるスタッフと、嬉しい再会。

 

 

guu2.jpg

お腹が空いているので、すぐに夕食。

以前よりも、さらに、日高の美味しさを堪能できるメニューになりました。

 

guu3.jpg

まずは、日高沖でとれたタチのフリット

甘くてプリプリのタチは最高。

 

guu4.jpg

近海産真タコのカルパッチョとチーズの盛り合わせ。

ハイジアの敷地内に自生している、春を感じるフキノトウ。

 

guu5.jpg

なめらかな口当たり、女神ハイジアの愛したスープ。

 

guu7.jpg

日高産赤カレイのポワレと真鱈のヴァプール

日高の海の恵みを感じる、優しい味わいのソース。

このあと、自家熟成えりも短角牛と日高産エゾシカ肉の塩釜焼き。

スペシャルなジビエの組み合わせに感嘆!

 

guu9.jpg

デザートは、蕎麦粉のガレット、苺入り。

guu12.jpg

私はハイジアが大好きなんです。もう何回訪れていることでしょう(笑)。

季節ごとに来ては、日高の美しさを感じているの。

静かで、のびのびした解放感。

 

 

guu13.jpg

時間を決めて入浴できるスパ。

ここで、のんびりゆっくり、骨休み。

 

hachi2.jpg

ちなみに、夏に来たときはこんなカンジだったのよ。素敵でしょ?

放たれている馬たちがカワイイのです。

 ときどき、近くに来てくれるの。

 

guu15aa.jpg

春から、日高ならではのエステ

「日高ナチュラルテラピー」がスタートするそうです。

よい機会なので、施術してもらうことに。

 

guu14.jpg

まずは、ハーブの香りを楽しみながら、足を温めて。

立ち仕事による、足のむくみが悩みどころ。

こりゃ気持ちいいわ~~~

 

guu15.jpg

日高に来ないと出来ない、個性的なエステを目指しているんだそうです。

日高のハーブを使ったハーブティーも、香りが良くて美味しい。

大自然の中で深呼吸しながら楽しむ、日高の素材を使ったエステは人気が出そうですね。

 

日高産はちみつのフェイスパックが気持ちいい!

日高昆布と白樺の樹液をつかった化粧水もポイント高い。

 

guu16.jpg

エステのあとは、朝食。

夏は自家菜園のものを使っているハイジアのサラダ。

 

guu17.jpg

 

ナイフで開けると、とろけるような卵が。

ハイジアの敷地内にある養蜂場のはちみつ、そして有精卵の卵。

北海道産の豚肉と自家製ベーコンにして出しているのです。旨い!

 

guu19.jpg

さわやかな朝です。

 

guu20.jpg

あ!!にゃんこ。

 

 

hachi1.jpg

ハイジアの敷地内にある養蜂場のはちみつ

左は9月採取、右は11月に採取したもの。

ハイジアだけの限定発売です。(残り50個ほどしかないそう)

 また来よう。

 

 

ナチュラルリゾートハイジア

日高郡新ひだか町静内東別383-59

電話0146-48-2800

 

ハイジアの宿泊プランはこちらをクリック

2016/04/01 12:10日高・えりもコメント(0)


2016/03/14[この記事のエリア] 函館・湯の川
スパ&カーサ函館へ

kasa3.jpg

 

もうすぐ函館新幹線開業!

ということで知人数人と一緒に

函館を応援に行ってきました!

 

宿泊したのは、天然温泉が人気のスパ&カーサ函館です。

 

1周年記念プランで、一泊2食付で7000円(税込)という嬉しいキャンペーンをやっているのです。

 

 

kasa1.jpg

JR函館駅から電車に乗り、松風町で降りて徒歩3分ほど。

スパ&カーサ函館は長期滞在も可能なコンドミニアム仕様の宿。

 

kasa2.jpg

すべての客室がツインのお部屋なので、シングルで泊まっても広~~い。

 

kasa5.jpg

インテリアも落ち着いた色調。

kasa4.jpg

 

浴室の窓から夜景が見渡せるのもポイント高い。

 

 

kasa6.jpg

 

設備が新しくて気持ちがいいです。

 

 

kasa7.jpg

 

洗濯機も備え付けられているから、1週間くらいの滞在でも便利。

 

 

kasa8.jpg

大きな冷蔵庫に、電子レンジ。グラスなども完備されていて、料理もできます。

 

 gallery_ph01.jpg

 

地下1階にある天然温泉「はこだて大森の湯」。

つるつるスベスベの美肌の湯でございました!

気持ちがよかった~~~(^^)

(温泉は撮影できませんので、許可を得てホームページ画像を使用しております)

 

kasa9.jpg

 

さてさて、5時からスタートするビュッフェ、

喰いどころ「はら田」へ行ってきました。

朝食や夕食はもちろんですが、日替わりでメイン料理が変わるランチバイキングもあるんですよ。

(ランチは別料金です)

kasa10.jpg

サクサクの天麩羅。

 

kasa11.jpg

 

kasa12.jpg

お寿司もあります。函館はやっぱりイカだね!

 

kasa19a.jpg

リゾットスープコロッケなんて美味しそうなものまであるんだわ~~~

 

 

kasa20.jpg

北海道に来たらやっぱり帆立もね。

 

kasa16.jpg

kasa17.jpg

抹茶やストロベリーのスイーツもたっぷりです。

 

kasa18.jpg

家族連れやビジネスユースのたくさんのお客様がこれを食べておりましたよ。

カレーのネーミングがいいでしょ(笑)。

 

kasa19.jpg

 

函館は海の幸に恵まれた街ですから、

朝市などでイカを購入して、キッチンでイカをさばいて刺身を楽しむのもアリですね(笑)。

なんといっても、お部屋にキッチンが備え付けられているんですから♪

 

 

kasa22.jpg

陽が沈むころ、14階にあるラウンジへ。

kasa23.jpg

ここから見える夜景も綺麗です。

 

 

kasa24.jpg

ホテルのバーで楽しむのも気軽でいいですよね。

 

kasa25.jpg

ラウンジでお話をしてくれるのは、ラウンジマネージャーの深田さんです。

神戸の震災で被災し、奥様の故郷である函館に移住してきたという深田さん。

 

kasa26.jpg

アイラモルトのスコッチウイスキー「アードベッグ」。

個性的な香りを楽しみたい方に。

 

 

まもなく、桜の季節がやってきますね~~~~。

今年の花見は、函館の五稜郭で楽しまれてはいかがでしょうか(^^)

 

  

 スパ&カーサ函館のプランはこちらです。

 

 

2016/03/14 16:08函館・湯の川コメント(0)



井出美香

Profile

[ 名前 ]
井出美香

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
寿司屋

[ 自己紹介 ]
札幌すすきのにある「鮨処いちい」の女将として奮闘中。大好きな北海道を応援するべく、グルメや旅のおすすめ情報を発信します。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG