ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 2016年10月


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2016年10月


2016/10/01[この記事のエリア] 千歳・支笏湖・苫小牧
新千歳の空弁販売所
happy01 note happy01 note happy01 note happy01 note happy01 note happy01 note happy01
表紙弁当&店舗A.JPG
北海道庁の事業である
北海道地産地消お弁当キャンペーン第二弾、
 
貫田シェフの北海道お魚弁当
 →道庁HP専用HP
 
10月1日から31日までの期間限定
 *年末年始と雪まつり期間中も予定されています
 
新千歳空港で発売されています。
 
発売の経緯コチラ
 
 道庁の動画はコチラ(道庁での発表会)
 
弁当の中身コチラ
 
          happy01 note happy01
 
わたくしは、初日と2日目に、
   コック服で販売店前で呼び込み    
CIMG2070.JPG
 
道民のみなさんは、振り返ったり、
お話ししてくださったりしました。
 
もちろん、空港内で召し上がり、食後に、
おいしかった!と、声を掛けられたりもしました。
 
たまたま、ミラノ万博のステージで
ごいっしょしたトンコリ演奏者の方も
通りがかって、購入してくれました。
 
          happy01 note happy01
 
      お店は、こちらです     
CIMG2062.JPG
新千歳空港の2Fにあります。*マップはこちら
 
手前の
 
美食千歳(びしょくせんさい)魚料理、
奥のBISHOKU SENSAIが肉料理系の
 
弁当を販売しています。
 
          happy01 note happy01

   今回の弁当「北海道お魚弁当」   
CIMG2065.JPG
 
保存料などをほとんど使っていないので
表示がシンプルで、消費期限が短いです。
CIMG2033.JPG
 
 
場所はマップを参考にしてください
CIMG2086.JPG
新千歳空港駅からは、ANA方向の
エスカレーターで上がるとすぐです。
 
          happy01 note happy01
 
       ワゴンでの販売      
CIMG2072.JPG
 
          happy01 note happy01
 
   イケメン店長・三浦和樹さんと    
CIMG2075.JPG
ジャニーズ系の爽やかな笑顔が印象的です。
 
空港内の売店の人たちからも人気のようですよ。

          happy01 note happy01
 
 同じフロアに手づくり惣菜のお店もあります 
CIMG2082.JPG
ここの毛ガニコロッケ440円は
かなりのおいしさです。
 
弁当をつくってくれている、
札幌バルナバフーズ社の
厨房で仕込んでいるそうです。
 
          happy01 note happy01
 
ということで、みなさん、
期間限定のお弁当、ご利用くださいね!
 
 
 

2016/10/01 20:08千歳・支笏湖・苫小牧コメント(0)



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG