ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 新着ガス台で初料理!


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2017/03/10[この記事のエリア] 札幌
新着ガス台で初料理!
bread note bread note bread note bread note bread note bread note bread
NEC_0037.JPGのサムネール画像
 
新しく到着したガスコンロを使って
さっそく、料理してみました。
 
          bread note bread
 
今回の料理は、
 
トマトソースのパスタ
 
道産小麦「春よ恋」の自家製パン
 
道産小麦のパウンドケーキとガトーショコラ
 
ハイビスカスのハーブティ
 
 
          bread note bread
 
ダッチオーブンに入れたパン生地
NEC_0026.JPG
前もって仕込んでおき、
ガス台が着いてから、ダッチオーブンで
二次発酵させます。
 
グリルで二次発酵
NEC_0027.JPG
 
グリルに入れて20分ほど
二次発酵が終わってから、焼きます。
 
強火で17分焼いて、火が消えたら
余熱で5分おきます。
 
*生地の厚さで時間は異なります。
 
焼き上がり
NEC_0035.JPG
 
          bread note bread
 
パスタの材料
NEC_0032.JPG
自家製ベーコン、キノコ、パスタ、
トマト水煮、オリーブ油など
 
          bread note bread
 
でき上がったパスタとパン
NEC_0037.JPG
 
 
デザートとハーブティ
NEC_0038 - コピー.JPG
 
みなさん、新しいガス台、いいですよ!
 
          bread note bread
 
   ダッチオープンは、これから、
   レシピ開発してゆきますので、
     ご期待くださいね!
 
    北ガスフレアスト西でも
 この記事をアップしてくださいました。
 
  掲載ページはコチラ(料理)
       とコチラ(ガス台)
 
   合わせてご高覧ください!
 
 
 
 

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/03/10 17:10札幌コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG