ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > こりゃ楽しい!旭川・さんろく街ではしご酒してみた!


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2016/11/30[この記事のエリア] 旭川
こりゃ楽しい!旭川・さんろく街ではしご酒してみた!

一気の冬の趣の札幌。けっこう家事に勤しむので、手荒れがすでに始まってきて、ギョっとしている田中です。ハンドクリーム、毎日つけなきゃ!

さて先日、念願叶って、初めて旭川ではしご酒をしてきました。さんろく街で飲むのが夢だったんですよね〜。しかも予想以上の楽しさでしたよ!

IMG_5102.jpg

さてまず向かったのは、知ってる人は皆しっている老舗居酒屋「独酌 三四郎」。どうです、この店構え!中はカウンターと小上がり、あと二階もあるよう。この雰囲気、なんかおばあちゃんの家に遊びにいったみたい(^o^)。

IMG_5108.jpg

まずお酒は、この店の女将が命名したという「風のささやき」を。これは夢民村(むうみんむらと読みます)という農場で収穫した北海道の酒造好適米「吟風」を、高砂酒造さんが醸造した純旭川産の純米酒。純米酒にしてはさらっとした呑み心地が好きなんですよね。以前は東光ストアにも並んでいて愛飲していたのですが、なぜか今ないので久しぶりのご対面です!

さて、これに合わせるおつまみは…。メニューの〆さんまの文字に思わず注文。脂のってます。

IMG_5103.jpg

北海道らしいところで、かすべの焼いたの。

IMG_5106.jpg

旭川といえば、新子焼きだそうで。鶏肉の甘辛タレ焼きです。炭焼きの香りがいい!

IMG_5105.jpg

すっかり寛いで、熱燗も飲んじゃいました。でも聞けばこの店は、焼き燗が名物だとか。あと料理も女将が作った旬の味が並ぶ「旬の盆」を頼む人が多かったような…。今度行った時は、その辺をクリアだ!

さて次に向かったのは「パリ街」。小さな店が並ぶ小径なのですが、ちゃんとこんな看板もあります。

 
IMG_5109.jpg
道の雰囲気がなかなかいいんですよ。ここでは「のらくら」という小洒落た今風の居酒屋と「ラ・ヴィンニュ」という老舗のワインバーへ。生ビール400円、ポテサラ220円など、のらくらはコスパ抜群!ラ・ヴィンニュはお薦めのグラスワインをしっとりと味わえるお店。大分酔ってきましたよ。
 
IMG_5110.jpg
〆に訪れたのは、カクテルの街・旭川らしくカクテルバー。「オー・ド・ヴィー」というお店です。カウンター席もテーブル席も、全て道産の木材で作られたデザイン性の高い旭川家具。そんな中、いかにも経験豊富そうなマスターが、カクテルを作ってくれます。で、オールド・ファッションドを注文。キレのよい味に大満足です。
IMG_5117.jpg
いや〜楽しかった。また旭川のはしご酒、やってみたいですね。
IMG_5115.jpg
ではまた!
 

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2016/11/30 21:05旭川コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG