ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2013年9月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2013年9月


2013/09/10[この記事のエリア] 札幌
一人ひとりに釜炊きご飯が出るシティホテルの朝ごはん。

 

朝ごはんを食べない人も多いらしいが、オレは毎朝食べずにはおれないたちだ。
何か理由があって食べられなかった時には、11時ぐらいで「燃料切れ」になり、動けなくなる。

オレにとっては非常に大事な朝ごはんなのだが、最近ホテルや旅館がすごく力を入れているといううれしい話。家から近いということもあって、京王プラザホテル札幌に確かめにきた。

普段朝ごはん=和食党なんもんで、いただく場所は和食の「みやま」に決定。

IMG_0978.jpg
22階にあるので、窓からの眺めもなかなか。お天気が良ければ、もっといいんだろうけどね。

IMG_0972.jpg

ここ「みやま」では和食はもちろん、洋食のアメリカンブレックファーストもいただけるそう。今日はもちろん和朝食セット「海山定食」を選択。

しかし選ぶのはそれだけじゃな〜い。

まず白いご飯か雑穀米か。白いご飯と答えると、もう炊きあがっているご飯か、15分かけて個別に釜炊きしたご飯かをチョイス。せっかくなんだからと釜炊きをお願いする。そしてお魚を紅鮭にするか、白身魚(今日はアブラコ)にするかを選ぶ。ふ〜。さすが接客はとても丁寧だ。

運ばれてきた牛乳とほうじ茶、さらにコーヒーを飲みながら、しばしご飯が炊けるのを待つ。お米は「ふっくりんこ」だそう。この間調べていたら、結構多くのホテルや旅館で、「ふっくりんこ」が使われているよう。あの「ふっくらさ」がお客様に評判がいいのだろうか。オレは個人的には「ななつぼし」のバランス感覚(?)好きなのだが。

さて注文からだいたい18分ぐらい経過したところで、朝食の御膳が到着。並べるとこんな感じ。


IMG_0979.jpg
ば〜ん、これが炊き立ての釜炊きご飯だ!ちょっと固めなのが、オレ好み。

IMG_0976.jpg
お魚の他に煮物が一品。今日はかぼちゃのあんかけ。かぼちゃが甘くて、ほくほく。

IMG_0977.jpg

さらに松前漬け、いくら、わさび昆布の珍味三品。なんか朝から飲みたくなるじゃん…と思っていたら、お隣の紳士はエビスビールの中瓶を注文している…。う、うらやましい。(平日なので自粛したのよ!ああ、土日だったら…)

IMG_0975.jpg

美味しいご飯と美味しいおかずを、ぺろりと完食。なるほどね。仕事の前とかにこういう朝ごはんを食べられれば、なんか午前中がんばれそう…ってな気がしてくる。もっと他のホテルの朝食も探索してくるかな?

 

●ホテルの基本情報はコチラ

 

●プラン一覧はコチラ

 

 

2013/09/10 15:53札幌コメント(0)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG