ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 迫力の肉料理が味わえるイタリアン!


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2017/05/31
迫力の肉料理が味わえるイタリアン!

さてまだ少々寒い日もありますが、ライラックまつりのワインガーデンも終了して、いよいよ札幌のハイシーズン到来!といったところ。胃のケアに余念がない田中です(^^)。

さて世の中肉ブームで、肉バルなぞがかなり増殖していますが、今日はちょっと変わった肉料理がメインのイタリアンのご紹介です。

IMG_5574.jpg

お店の名前は「アンティーカ トラットリーア フォルトゥーナ グランデ」。フォルトゥーナ グランデで覚えれば良いのかも知れませんが、これは大きな幸せという意味で、シェフの名前の「幸大」から来ているとか(porocoさんの「札幌の美食店厳選100」より)。

北イタリアや様々な飲食店で学んだシェフが作る肉料理は、ボリューム満点。まず上の写真は定番で味わいたいシャルキュトリーの盛り合わせ。豚、イノシシなどなどのお肉で作られた自家製の加工品はどれもイケます。

もちろん肉料理じゃないメニューやパスタも。メインのボリュームがすごそうなので、もう一品は可愛くホタルイカのクロスティーニ。

IMG_5573.jpg

ボトルワインは好みをお願いすると、いろいろと候補を持ってきてくれます。イタリアのピエモンテ州の赤ワインを。これ、かなりいいバランスでした。

 
IMG_5575.jpg
さていよいよメイン。牛サガリのローストです。じゃーん。
 
IMG_5576.jpg
サガリをこんなブロックでいただくなんて、初めて。絶妙の火の通し具合で超柔らかいお肉に、マスタードをつかった酸味あるソースが合います。また付け合せの野菜もボリューム満点!
 
2名だと、これでお腹いっぱい。パスタも食べたかった〜。とにかくポーションがっちりなので、3〜4名で来た方が楽しめそうなお店でした!
 
ではまた〜。
 
 
 

2017/05/31 20:26コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG