ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2012年1月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2012年1月


2012/01/29[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
大人のためのグルメリゾート。星野リゾート トマム♪<後編>

1月21日〜22日に行ってきた星野リゾート トマムのモニター宿泊レポートの後編!

ちょうどこの週末は中国の旧正月のタイミングだったので、トマムも海外からのお客様で大賑わい!

 

11lobby.jpg

たくさんのお客様で賑わうザ・タワーのロビー。やっぱリゾートには活気がないとね

 

さて後編は食&酒関連を中心としたレポートに。アイスビレッジから戻ってきて、いよいよお楽しみのディナーに。宿泊施設が点在するリゾート内にはいろんなレストランがあるんだけど、今回はザ・タワーにあるトマムトラットリア「ユックユック」で、イタリアンをいただくことに決定。

 

12kokuban.jpg

黒板のおすすめは、お料理だけじゃなくって、北海道産のワインも!

 

このお店の特徴は北海道産の食材を使ったイタリアンをワインと一緒に味わえること。十勝産マッシュルームのステーキ、和寒産越冬キャベツと厚岸のアサリのアンチョビのスパゲッティーニ、新得町のエゾ鹿肉のグリル、滝川産のカモ肉のローストと黒板のおすすめを全部注文することに。どれも美味しそうなんだもん!

 

14shika.jpg

なかなか絶妙の焼き加減のエゾ鹿肉。こりゃ、牛肉よりぜんぜんクセがないぞ!

 

特に美味しかったのが、トマムのある占冠村のお隣の新得町のエゾ鹿肉のロースト。やわらかくって、味わい深くって。欧米では鹿肉のステーキというのは牛肉よりも珍重されるご馳走なんだそうだけど、その気持がわかるような気が…。

 

13hakodatewine.jpg

エチケットもなかなかおしゃれで、北海道のワインじゃないみたい

 

エゾ鹿肉や鴨肉に合わせたワインがこれ。はこだてわいんの最高級ラインナップ「ガルトネル」シリーズのピノ・ノワール2006年。北海道産のピノ・ノワールのワインって、ちょっと酸味が強く感じることが多いんだけど、これは適度な酸味でなかなかの旨さ。こんな道産のピノってあったんだ〜って、ちょっと感動しました♪

さて「ユックユック」での食事を終えて、部屋に戻る前にちょっと売店を覗いてみたら…道産ワインなどがなかなかの品揃え。思わすいろいろ買っちゃった!

 

 

 

15bloom.jpg

これまで1回しか飲んだことないんだけど、すごく旨かった。手に入ってウレピ〜

 

まずは池田町の十勝ワインが作るスパークリングワイン「ブルーム」。あのシャンパンと同じ「瓶内2次発酵」っていう手間のかかる作り方をしている道内唯一のワインなのだ!数年前までは本当に生産量が少なくて幻のワインだったんだけど、最近は生産本数もずいぶん増えてきているみたい。でも札幌ではなかなか見かけないよね。もちろん、即買い!

 

16umeshu.jpg

こういうお酒をもっと出してくれるとうれしいね〜

 

お次も十勝ワイン。実はここはワインだけじゃなくブランデーも作っていて(原料はどっちもブドウだもんね)、それがまた美味しいんだわ!そのブランデーを使って作った梅酒なんだから、まあ間違いなく旨いでしょう(まだ飲んでない…w)。

 

17sake.jpg

大吟醸らしく華やかで、なおかつどっしりシッカリ感もあって、存在感ばっちり

 

アイスビレッジのBARでカクテルのベースになっていた大吟醸「一夜雫」は、小さい瓶をゲットして早速部屋で飲んでみたりして。ふわっと吟醸香がまずあがってきて、それだけでもう銘酒の貫禄十分。大変美味しいお酒でした〜。

トマムでの食の楽しみはまだまだ。翌朝の朝食はザ・タワーの和食バイキング「三角(みかく)」へ。普通のホテルの朝食バイキングよりもメニューが豊富なのにまず満足。で、ここの朝の名物がコレ!

 

18otyaduke.jpg

サーモンが口の中でとろけるよう!朝からこんなの喰っていいのかねぇ…。

 

ずばり「お茶漬け」。でメインの具が「づけ」になっているサーモンのお刺身。そこにみつばや海苔などお好みのトッピングを加えて、自分だけの一杯を味わえるって寸法。なんか贅沢だねぇ。前日飲み過ぎてる時には、特にいいかも。

この日は朝から4年ぶりのスキーを堪能。コースが15本と豊富で、いろいろと移動して滑っているだけで、時間があっという間に過ぎていく感じ。

 

 

19ski.jpg

スキー場から麓を一望。晴れてればもっときれいなんだろうけど…

 

あんまり無理をしちゃだめなので(笑)、スキーは3時間ぐらいで切り上げて、ゆっくりランチをすることに。で、選んだのはガレリア・タワーに入っている新中国料理「堺 SAKAI」さん。札幌では全日空ホテルの中華として有名だけど、なかなか行く機会がなくて…。頼んだのは、春節の特別ランチセット2100円。

 

21sakai1.jpg

22sakai2.jpg

 

こんな感じのお料理が、大皿じゃなくって銘々に出てくるのが「堺流」。どれも素材の味がしっかりと感じられる上品な味付けで、ホッとするような感じ。これ以外にも前菜やスープ、チャーハンやデザートがついてこのお値段はお値打ちだったね。(「堺」のランチ営業は期間限定かもしれないので、要確認を!)

 

美味しいものを食べて、美味しい道産のお酒を飲んで、おみやげにもお酒を買って、スキーとかアクティビティや体験も楽しんで…と満足度100%の大人の休日を過ごすことができた!今度はグループでわいわいしに行こうかな。

 

 

この宿の詳しい情報はコチラ

 

★★★

オレが編集長をしている食のエンタテインメントマガジンchoi-plus[ちょいぷら]冬号、北海道の主要書店やコンビニで好評発売中!http://www.choi-plus.com

2012/01/29 18:31富良野・美瑛・トマム


2012/01/28[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
大人のためのグルメリゾート。星野リゾート トマム♪<前編>

1月21日〜22日にぐうたび北海道のモニターとして、星野リゾート トマムに宿泊。

実は以前にも来たことがあったけど、もう何年も前だし、冬のスキーシーズンに来るのは初めてのこと。ワクワク。

 

1main.jpg

ガレリア・タワーから見たザ・タワー。カラフルな外観がなぜか周囲の自然とマッチする

 

札幌を昼の12時30分に出発して道央道に向かう。途中輪厚PAでランチ。ここの食堂は手作り感溢れるメニューが美味しくて好みで、あんかけラーメンを食べる。そのまま道東道へ進んで、トマムI.C.で降りて、リゾートへは15時に到着。2008年に外観をカラフルにリニューアルしたザ・タワーが今日の宿泊場所。ランチをとってなければ、正味札幌から2時間で着いたことに。こりゃ近い!やっぱり道東道の開通は大きいね。

 

2room.jpg

寝室スペースは板張りの床の上にマットレス。ベッド感覚で休める

 

案内されたお部屋は4人までの宿泊が可能な22階のフォースルーム。リビングスペースもしっかりとられていて、家族で宿泊しても余裕の広々感がいいね。

 

3windowsview.jpg

部屋の窓から道東道方面を眺めた風景。自然の中にいるのを実感

 

周囲に自然が広がる中のタワーホテルっていうのは、なかなか経験できないことだけに、やっぱりいい。ちょっと部屋で休んで、前から一度行ってみたかった「アイスヴィレッジ」のオープン(17時)を待つ。

 

4icevillege.jpg

ちょっと暗いけど手前にはスケートリンク、奥に氷のドームの村が。ライティングが幻想気分を演出

 

ザ・タワーからリゾート内を循環するバスに乗って、5〜10分ぐらいでアイスビレッジに到着。入口の門からして、ちょっと別世界に来た気分。とにかく寒い!ので、防寒はちゃんとしてないとね。

 

5domenai.jpg

氷のグラス制作体験に熱中する人が多数。このグラスはBARで使える

 

氷のドームの中は思ったよりも広々。ここアイスラボは、氷のグラスづくりなどの体験メニューを行なっているところ。ここで雪の結晶のレプリカ作り(要予約/1500円)をやろうっていうことに。

 

6kesshoutaiken.jpg

なかなか上手くとれないのがもどかしい!どんどん溶けてくるので、スピード勝負!

 

まずフェルトの布地を持ってドームの外へ。新雪に布をかぶせて、雪をくっつけて、それをそっとドームの中へ。布を開くと、そこここにキラキラと光る氷の結晶を発見!これを箸や筆などを道具を使って採取して、ボンドで固めて携帯ストラップにする!という体験なのだ。キレイな結晶はとろうとするとすぐに壊れたりして、なかなか大苦戦…。

 

7.jpg

監修は北大大学院環境科学院!ちゃんと参加賞も付くぞ。

 

あんまり多く欲張って採取すると壊れちゃうそう。なんとかバランス良くやって完成したのが、このストラップ〜。ポンドの黄色いのは、紫外線をあてるとだんだん透明になってくるんだってさ。これはホント、ここならではの体験でした!

 

8barcounter.jpg

この日のBARのお姉さん、話してみると言葉のはしばしに関西イントネーションが…w

 

さて次はおとなりのドームの一夜雫BARに。旭川の高砂酒造さんが作る大吟醸酒「一夜雫」のカクテルが味わえる!奥には自重で一滴一滴絞る一夜雫を作る様子が再現されたコーナーも。

 

9bar.jpg

右が一夜雫とさくらリキュールのカクテル。飲みやすくて、美味しい♪

 

当然出てくる飲み物は氷のグラスに入ってる!(カクテルは1杯1000円)他に甘酒なども。氷のテーブルの上の氷のグラスのカクテルを、氷のイスに座って楽しむなんていうのは、やっぱりなかなかできない体験だな。

後編では、味わったり買ったりしたグルメ&お酒の話をもっと詳しく書くね。

 

この宿の詳しい情報はコチラ

 

★★★

オレが編集長をしている食のエンタテインメントマガジンchoi-plus[ちょいぷら]冬号、北海道の主要書店やコンビニで好評発売中!http://www.choi-plus.com

2012/01/28 20:09富良野・美瑛・トマム


2012/01/19[この記事のエリア] 札幌
洞爺湖の風景がとっても美人!な映画「しあわせのパン」♪

 

いよいよ今週末1月21日(金曜日)に北海道先行公開となる映画「しあわせのパン」。

原田知世&大泉洋のダブル主演が話題の映画を、一足先に見てきたよ!

main.jpg

(C)2011『しあわせのパン』製作委員会

 

まず目についたのは、郵便屋さんの服装。そしてバスの行き先表示の「トーヤ村」。

 

夏のお客様の森カンナののったボートは漕がずとも進んでいき、地獄耳のオバサンは、頼まれもしないのに欲しいものを作ってくれて、近所には絵本に登場しそうな雰囲気の野菜を売るお店があって…

 

この辺で、この映画の世界観というものがわかってくる。

リアルというよりかは、ファンタジックな感じ。

ちょっとした理想郷という雰囲気かな。

 

映画はそんな中で暮らすパンカフェを経営する夫婦とお客様が織り成すエピソードが綴られていくもの。

 

世界はファンタジックなんだけど、お客様が抱えている問題は少しリアル。

彼氏に振られたり、母親がいなくて寂しかったり、長年の連れ合いを失いそうで失望していたり。

そんな人たちを癒してくれるのは、洞爺湖の美しい風景と美味しいパンと料理なのだ!

 

元々洞爺湖が大好きなオレとしては、湖とその周辺がとっても美人に映っていて、大満足。

真ん中に島があって、あれだけ風景が美しい湖って、そうそうないと思う。

 

それにパンとお料理。

ちゃんと美味しいものを食べることで心が落ち着くっていうのは、とっても共感できるメッセージだと思った。

 

原田知世さんの透明感っていうのは、もう全く他にはない国宝もん。

大泉洋さんは、「探偵はBARにいる」でも思ったんだけど、今一番三枚目から二枚目までシームレスに演じられる役者さん。でも、この作品ではかなり二枚目寄り(笑)。それでもやっぱ様になってるんだよね。

 

若いふたりにはちょっと刺激不足かもしれないけれど、アラサーとかアラフォーカップルやご夫婦なら、きっと楽しめる一本だと思うな。

 

『しあわせのパン』

配給:アスミック・エース

2012年1月21日(土)北海道先行ロードショー

   1月28日(土)全国ロードショー

ユナイテッド・シネマ札幌、札幌シネマフロンティアほか

 

 

<追加情報>

この映画の世界を彩る北海道のいいものを集めたコンセプトショップが期間限定でパルコにオープン。

映画を観たあとで、ちょっと覗いてみたら?

 

nord.jpg

 

nord 【ノルド 期間限定ショップ】

 

札幌パルコ B2F特設会場

1月19日(木)〜2月12日(日)

http://www.parco-sapporo.com/page/

 

渋谷パルコ B1F ワンスアマンス

1月25日(木)〜2月14日(火)

http://www.parco-shibuya.com/page/

 

福岡パルコ 1F ワンスアマンス

1月20日(金)〜2月19日(日)

http://www.parco-fukuoka.com/page/

2012/01/19 18:43札幌コメント(1)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG