ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2015年9月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2015年9月


2015/09/30[この記事のエリア] 登別・虎杖浜
北海道で天国に一番近い!?海沿いのリゾート温泉ホテルに行ってきた!

直前に仕事が一段落したからか、シルバーウィークって意外といいもんだな〜と。ほらオータムフェストも行けましたしね〜と、お気楽気分満喫中の田中です。でも今日から後期の授業スタート。また忙しくなるぞ!…って、その前に、ひと遊び。ずっと行きたかった、あの海辺のリゾート温泉ホテルに行ってきました!

IMG_3897.jpg

そう、ここは白老町の虎杖浜温泉にある「心のリゾート 海の別邸 ふる川」。一昨年の12月に北海道Likersの記事で取材、その時は日帰りだったので、一度はちゃんと泊まってみたい!と思っていたのです。この週末、念願成就!

http://www.hokkaidolikers.com/articles/1758

高速道路を使えば、札幌から1時間30分で到着。近い!このホテルの三大特徴が。まず一つ目は、海辺にあって、180度の視界全部が海&水平線という眺めを、ウッドデッキだったり、部屋の窓(いい部屋じゃないと180度はないけど^^;)から楽しめるということ。
 
IMG_3929.jpg
IMG_3900.jpg
たまたま天気が良かったので、海の眺めが超気持ちいい!ウッドデッキには椅子の他にソファーやハンモックも。あと足湯もあるんですよ。
 
二つ目の特徴は、お部屋以外にも寛ぎのスペースがあること。フロントからすぐのラウンジは、広々とした空間にゆったりしたソファーがいくつもあって、コーヒーなどのドリンクが自由に飲めて。しかもこのコーヒー、マシンで入れるのですが、すっごく美味しい!
 
ホテルに到着したら、まず部屋着(ワンピース&パンツみたいなの。館内はどこでもこれでOK)に着替えて身軽になって。そしてこのラウンジで、大きな窓から海の景色を眺めたり、おしゃべりに興じたり、本を読んだりと自由自在。こんなにリラックスできるスペースがあるホテルって、かなり珍しいですね。
 
IMG_3920.jpg
基本全館禁煙なので、喫煙室があるのですが、そこにもゆったりソファーとコーヒーマシン、そしてこんなのも…。
 
IMG_3901.jpg
じゃ〜ん、浅草名物・神谷バーの電気ブラン(カクテルのボトル詰めなんです)を自由に飲めるんです。早速一杯。あ〜うめ〜。
 
そして三つ目の特徴は、料理が旨い!ってこと。お食事処で、地元の素材を活かした会席コースを味わうことができます。さて、今日はどんな料理が出るかな…っと、わくわく。
 
先付は南瓜の冷製スープ。南瓜の種がアクセントになってます。
IMG_3907.jpg
お造りは、前浜で穫れたカンパチにツブにホッキに、ヒラメとサーモン。新鮮!
IMG_3908.jpg
ここでお品書きにないメニューが!筋子の塩麹漬け。お酒のアテにはグー。
IMG_3909.jpg
焼き物は、揚げ出し茄子、しいたけの裏に魚のすり身を付けて煮込んであるもの、イカゲソの入った揚げいももちのようなものの三品の酒肴です。
IMG_3910.jpg
今回飲んだのは、虎杖浜にも近いといえば近い、洞爺のワインといえば、ご存知「月浦ワイン」。2013年のミュラー・トゥルガウをいただきました。すっきり辛口なのに、しっかり自分を主張する一本です。
 
冷鉢はチーズとトマトが入った冷たい茶碗蒸し。すだちの絞り汁を掛けていただきます。これがミュラー・トゥルガウにぴったりマリアージュ!
IMG_3913.jpg
さて、メイン?は「白老の恵み味くらべ」。海の幸と山の幸の競演です。まず、海の幸代表は毛がに!テーブルの上でせいろ蒸しになっています。
IMG_3911.jpg
で、手前のかにみそを、奥の甲羅の中の身と合わせて…。甲羅のかに身の下には、鱈の身が!いや〜珍味、珍味。
IMG_3912.jpg
山の幸代表は、最近知名度を上げてきた白老牛のしゃぶしゃぶ。サシの感じはこれぐらいが好きですね。
IMG_3914.jpg
食事は玉蜀黍ご飯。甘みある玉蜀黍と醤油味のご飯との相性は、やっぱいいっす。
IMG_3915.jpg
さて、このホテルに宿泊したら、早起きは必至。なぜなら、水平線からのぼる朝日を見なきゃ!だからです。ということで、翌朝は5時起きで、5時28分の日の出を待ち構える事に。天気が良かったので、こんな朝日が!
IMG_3924.jpg
あと、1日5皿限定の自家製燻製があったり、朝食も蒸し野菜やしいたけ焼きなど工夫いっぱいで、食いしん坊は最後まで大満足。あ、もちろん源泉掛け流し100%の浴槽もある温泉も、気持ちいい!いや〜、これだけゆっくり寛げるジャパニーズ・スタイルの温泉ホテルって、ちょっと他にないのでは?お土産はもちろん、虎杖浜のタラコです!
 
■心のリゾート 海の別邸 ふる川の予約はこちらから
 
ではまた!

2015/09/30 19:56登別・虎杖浜コメント(0)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG