ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2010年12月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2010年12月


2010/12/27[この記事のエリア] 札幌
一生懸命な少年たちがとってもキュートな女子向け映画!

そろそろお正月休みって人も多い時期。

シネコンで大作映画もいいけれど、小品ながらもキラっと光っているこの「リトル・ランボーズ」もオススメ。

1980年代のイギリスの郊外が舞台。厳格な戒律の教会を信じる母子家庭に育った11歳のウィルは、映画もテレビも禁止。知り合った不良少年のリー・カーターのところであのスタローンの「ランボー」を観てすっかり夢中に!でもって、ふたりして、ランボーにインスパイアされた自主映画を作り始めて…ってストーリー。

main.JPG

 

ⓒHammer&Tongs,Celluloid Dream,Arte France,Network Movie,Reason Pictures

 
特に前半。
 
2人の少年のバックグラウンドの説明があって、さらにふとしたキッカケから仲良くなっていくところなんか、既視感バリバリ。なんか観たことある感じ。ほら、昔からイギリスものの、少年たちが活躍する映画って結構あるじゃない。まったくもって、その流れ。
 
 
それが徐々に変わってくるのは中盤以降。
スポーツとかいたずらならあったけど、自主映画を作るって話は初めて。しかも真似をするというか、手本にするのは映画「ランボー」。まあ、かわいいったら、ありゃしない!
 
この2人にフランスからの交換留学生がかららんで、結局友情にひびが入っちゃうんだけど、さて最後はどうなるのか…ってお話。
 
主人公にはお母さんしかいないんだけど、不良少年の方も片親で、しかも留守がちなもんで、お兄さんべったり。でもこの兄貴がまた弟につらくあたっていたりして…と家庭環境的にはちょっとシリアスなんだけど、作品全体は明るくって、ちりばめられたギャグも効果的なんだよね。
 
そして最後のハッピーエンディングを迎える流れも、けっこう素敵!(オレは気に入った!)
 
ふらっと観たら、掘り出しもの発見!って気分になるよ、きっと。
 
『リトル・ランボーズ』
2010年秋、シネクイントほか全国ロードショー配給/スタイルジャム
12月25日からシアターキノで公開中。
 
●●●●
 
お休みで時間のある時には、名店レシピの料理などいかが?食マガジンchoi-plus[ちょいぷら]冬号に出てるイタリア料理オリゾンテの「漁師風トマト煮」のレシピ、けっこう簡単なのにかなり旨かった….。http://www.choi-plus.com

2010/12/27 17:29札幌コメント(0)


2010/12/22[この記事のエリア] 札幌
バーでカクテルっていうのも、たまにはいいんじゃない?

 

昔、バーという場所によく行ってたことがあった。カウンターで女性とふたりっきりで…ってシチュエーションね、主に。

女子っていうのはバーテンさんに、「今日の気分に合ったものを」とか、「なんかピンクで甘いの!」とかの注文で済むもんなのだが(本当だよ!)、男子たるもの、ウンチクも語れなきゃというのがバブル世代なもんで、カクテルブックとか読んで勉強したもんだ。

5443164.jpg
(※写真はあくまでもイメージです)
 
で、一番参考になったのが、「バー・ラジオのカクテルブック」。東京の神宮前にあるバーのカクテルを撮影したキレイな写真と、お酒にまつわるウンチクが詰まった話が満載。大判で結構高い本だったんだけど、そのあと文庫版がでたので、それを購入。まだ本棚の奥にあるやもしれぬ。
 
一時期ハマったのは、アレキサンダーというヤツ。ブランデーにクレーム・ド・カカオって甘〜いリキュールが入ってるものなんだけど、まあデザートにはいいかなって、まず一杯。それからジン&ライムのギムレットとか、ジン&ベルモットのマティーニなんて、定番のドライ(辛口)なカクテルを飲むのがお決まりのコース。
 
「バー・ラジオのカクテルブック」の中のエッセイで、最後に頼むとかっこいいと書かれていたオールドファッションドもお気に入りの一杯。角砂糖にアロマティックビターズっていうちょっと苦いリキュールを一滴二滴しみ込ませて、ロックグラスに。そこに氷とウィスキーを注いで、レモンピールで香りづけをするというもの。普通のウィスキーのオン・ザ・ロックより、アクセントが効いていて、美味しいのだ!
 
札幌ではあんまりバーに行くこともなくなってたんだけど、この間紹介されて行ってみた円山公園駅の近くのルラーシュ円山っていうバーが、これまた居心地がいいのよ。
 
オーセンティック(正統派)バーと名乗るだけあって、きっちりとした身なりのバーテンさんが、美しいシェイカーさばきでお酒を作ってくれる。ギムレットとか頼んだけど、すっきりしてて旨かったぜ。
 
連れが「ざくろのリキュールが飲みたいけど…」とつぶやいただけで、「ざくろのリキュールは今はありませんが、それに近いものをお作りしますよ」って、出してくれたカクテルも美味しくって。こういうことができるバーテンさんだから、女子的にも安心だよね。
 
ひょっとしたら、これでまた往年のバー通いが復活する…かもしれぬ。むむむ。
 
ルラーシュ円山
北海道札幌市中央区南1条西25丁目1-10 TEL.011-614-0006
営業時間:7:00pm 〜2:00am(日・祝7:00pm〜0:00am)
定休日:月曜日 http://www.bar-relache.com/
 
■■■
 
食マガジンchoi-plus[ちょいぷら]冬号の鍋特集は、なかなか使える…という評判。書店やコンビニで。定価500円
毎日更新のブログはこっち。http://www.choi-plus.com

2010/12/22 11:08札幌コメント(2)


2010/12/20[この記事のエリア] 札幌
ステージシーンが大迫力の女子向け映画!

シェールとクリスティーナ・アギレラ。

この新旧ふたりのディーバのステージが見れるのが、先週末公開の映画「バーレスク」

田舎から出てきた女の子(これがアギレラね)が、シェールが経営するクラブのショーに魅せられて、

ウェイトレスとして潜り込み、ステージに立って、最後はスター(その店でだけだけど…)に!

さらにそこに、最初から主人公を意識しているイケメンバーテンや、クラブを買収しようとしている成金オヤジが絡んで…というお話。

Burlesque.jpg

特にアギレラ立つステージは、迫力満点!


バーレスクっていうのは、ちょっと女性っぽさを強調したショーのことらしいんだけど、ぎらぎらぶりが彼女にぴったりで、歌もすごくって、ミュージカル気分をたっぷり味わえる。まあ、歌はステージの上だけなので、正確にはミュージカル映画じゃないと思うけど。

で、

基本的にはこの映画はそのショーを楽しめればいいわけで、
ストーリーはいってみれば、お・ま・け。


作り手はそこんとこをよ〜くわかってるみたい。
だけどあまりの予定調和に、文句をいう人もいそうだなぁw

。

確かに筋だけを追っていけば、
単純な女の子のサクセスストーリー(しかもかなり甘め!)
ってことになるんだろうけど、それにしちゃあ、登場するキャラがたってて魅力的だったり、
ド最後の大逆転の伏線もしっかりはってあったりして。
上手く作ってるなぁ…って感じの方が強いんだよね。



ミュージカル系の映画が最近少なくて淋しいな…って人は必見。
そうじゃなくっても、アギレラも知らなくっても、
かなり多くの人が楽しめるじゃないの〜っていう感じに仕上がってる
エンタテインメントムービーだね。10点満点なら5.5点ぐらいかな。

札幌シネマフロンティアとユナイテッド・シネマ札幌で公開中。

 

P.S. 12月10日発行の食マガジンchoi-plusの冬号もなかなか好評!よろしくね。 http://www.choi-plus.com

2010/12/20 20:13札幌コメント(0)


2010/12/14[この記事のエリア] 札幌
簡単だけどめちゃ旨い葱の黒焼き。

久しぶりに東京に出張。

泊まったホテルが西麻布界隈。仕事が終わって、チェックインして、一息入れてまず向かったのは、やっぱり海老蔵事件の現場(笑)!あんなけ報道されれば、ちょっと見てみたくなるでしょ…。まあ、フツーのビルだったけど。

この辺りって、飲食店が多い。で、洋風でも和風でも、なんかこじゃれてるんだよね〜。ザ・和食ってしつらえに惹かれて入ったお店が「葱屋四分六」ってとこ。

名物の葱の黒焼きを注文。葱の種類を選べるのだが、おカミさんが、「今日は深谷と下仁田をかけたのが入ってますよ」とささやくもんだから、思わずそれに。で、出てきたのがコレ。

negi.JPG

いやあ、メニュー名まんま。これに味噌をちょっとつけて、食べる。でも太っとい葱をまんま炭火で焼いてあるから、中がとろとろのあまあまで、こりゃイケる!

キャンプでやったら、面白かろうな〜と思うけど、今は冬だしね。下仁田葱なら札幌でも売ってるから、オーブンで焼いたりすれば、再現できるかもしれぬ。今度やってみよ!

2010/12/14 14:45札幌コメント(0)


2010/12/10[この記事のエリア] 札幌
choi-plus[ちょいぷら]2010-11年冬号、発売です!

 

早いもので、もう4号目。今回は暖かくこんな表紙に!

表紙.jpg

この号一番の特集は海の幸。人気のお店の料理人さんから教えてもらった、オススメの冬のおさかな料理をいろいろ紹介しちゃっています。例えばこんなブイヤベース!

 

vol4dish.jpg

 

もちろんどのメニューもレシピ付き。行って食べるか、おウチで食べるか。

 

その他、札幌の絶品サンドイッチだったり、野菜たっぷりのお鍋だったり。

ふだんのゴハンをおいしくする食マガジン、choi-plus[ちょいぷら]vol.4 冬号は12月10日発売!

札幌や北海道なら、コンビニ、主要書店で、その他エリアならアマゾンで。定価たったの500円(税込)。

よろしくです!

 

ちょいぷら最新情報のブログはこっち→http://www.choi-plus.com

2010/12/10 10:37札幌コメント(0)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG