ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2012年9月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2012年9月


2012/09/07[この記事のエリア] 札幌
一人で観るべき!な映画、「夢売るふたり」

女性映画監督として最も注目を集める西川美和監督の最新作は、松たか子と阿部サダヲが夫婦で結婚詐欺!?っていうセンセーショナルな内容の一本。テレビとか女性誌とかに、監督や主演の2人は出まくり!それに釣られてうっかり観に行くと、鑑賞後の感想は賛否両論真っ二つっていう、なかなかクセのある作品なのだ!

main.jpg

 

(C)2012「夢売るふたり」製作委員会

腕のいい板前の貫也と気が利く里子が営む居酒屋は、常連さんで大繁盛。そんな店がある日火事に!すっかりヤル気を無くした貫也を励ましながら、なんとか新しくお店を開く資金を貯めようとする里子。ある夜、訳ありの昔の常連さんと浮気をしちゃった貫也は、訳ありの大金までもらってくる。浮気がバレて激怒した里子の中で、何かがぷっつりと切れてしまう。里子の指南で貫也が次々と女をゲット、夫婦ぐるみの結婚詐欺で新店資金を貯めようとするふたり。しかしふたりの間がやっぱり、何かが少しずつ狂ってきて…。

貫也に騙される女たちは、両親と同居のハイミス(これって死語?)だったり、男運の悪い風俗嬢だったり、ナイーブなウェイトリフティングの選手だったり。心に隙を持っているそんないろんな女性たちの生々しい姿が、この映画のひとつの見どころ。今の女性って、そうだよね〜と共感を覚える人も多いはず。

一方、きっと観た女性が一番共感しないのが、松たか子演じるところの里子だって思うのよ。旦那の貫也を他の女性と深い仲にして…。開店資金を稼ぐのはいいけれど、それでいいのかって。

でもこの映画って、基本的には夫婦愛のものがたりなだよね。
ちょっと難しいけど。

sab.jpg

(C)2012「夢売るふたり」製作委員会



お互い気遣いながら、新しい店を開く!って目標を目指してがんばるんだけど、
性的な関係がない(それを飛び越しちゃってる?)っていうのは、
まさに今の日本のちょっと年数が経過した夫婦像を映し出してるよう。



しかし超越してると思ったら、最後にはやっぱり嫉妬があって、修羅場があって…というのは、
月並みと評価する人もいるかもしれないけど、
とても真っ当な登場人物の動きだと思うのだよね。



さて、ラスト。オレは結構深い夫婦愛を感じたんだけど、全然そうは思わない人もいたりして。

いろんな女性の赤裸々な姿や里子というある意味女性らしさのエッセンスを集めたような存在に、こんなの観るんじゃなかったと思う人と、いや〜大傑作と思う人とはっきりと分かれるような気がする。男性に至っては、たぶん90%の人が「つまんない」っていうだろうなぁ。

いろんな宣伝やこのブログを読んで観てみたい!と思った人は、必ず一人で観ること。彼氏や旦那を誘ったら、後で文句を言われるのは必至。女友達と観て、感想が異なったらまたこれはこれで気まずいからね〜。観た人はぜひここのコメント欄に感想を書いて欲しいもんだ。

 

 

『夢売るふたり』

9月8日(土)札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全道ロードショー

配給:アスミック・エース

 

★★★

お詫びとご報告

食のエンタテインメントマガジン choi-plus[ちょいぷら]は、発行スケジュールを変更。これまでの季刊から、年2回+特別号を年1〜2回という形に変更になりました!ということで、9月発行はお休み(予告と異なって申し訳ありません…)。次の号は12月10日に発売になります!特集は予定通りの「麺料理大特集」。乞うご期待!

2012/09/07 20:18札幌コメント(0)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG