ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 2013年12月


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2013年12月


2013/12/13[この記事のエリア] 札幌
新店、期間限定店続々。厳しい冬も、「食」の楽しみいっぱいだぁ!

一年ぶりによしながふみ「きのう何食べた?」の最新刊(8巻)が!このお料理レシピ満載のマンガですが、これ参考に作ったことは一回もなし。ストーリーが好きで読んでるんですよね〜っていう田中です。こんにちは。

さて今週の11日は試食会祭り(!)。ランチはニセコ、夜はススキノで、新しいお店のお料理をいただいてきましたぁ。

まずはJRにのって倶知安へ。スキーシーズンを迎えたニセコHANAZONOリゾートに、なんと美瑛町のフレンチレストラン「アスペルジュ」が期間限定のお引っ越し!12月20日〜2014年3月10日まで営業するというのです。

建てたけど、これまで使ってなかったというレストランスペースは、天井が高くて、ラグジュアリーな雰囲気。そりゃあそうで、今ニセコはオーストラリアからだけじゃなく、シンガポール、香港からタイ、マレーシアまで、海外からリッチな観光客が集まるエリアですから!

IMG_1320.jpg

「アスペルジュ」は札幌の三ツ星フレンチ「モリエール」の姉妹店。なのでヘッドシェフはもちろん中道博さん!今回の冬季限定営業のいきさつを説明してくれました。このバックのゲレンデの景色を見ながら食事ができる…というところに惹かれて、オープンを決めたとか。

IMG_1321.jpg
ランチとディナーの営業で、ランチは厚岸生ガキが味わえるオイスターバーメニュー、ディナーは旬の素材のお任せコースと、コンセプトがかなり明確。今回はランチのオイスターバーメニューの試食です。金髪のシェフが一生懸命、カキの準備しているところ。カウンターも立派!
 
IMG_1324.jpg
まずは野菜のミネストローネ。これパンと野菜を全部スープに落としていただきます。野菜の味が濃くて、ホッとするお味。スキー後のカラダを温めるにはぴったり。
 
IMG_1325.jpg
次がある意味メインの厚岸産生ガキ。ゲレンデを眺めながら、スパークリングワインとカキというのが、中道さんがイメージしたスノーリゾートの過ごし方なのです。
 
IMG_1326.jpg
中道さんおすすめの食べ方は、先日パリに行って覚えたというコショウを振るっていう方法。確かにカキの甘みは増すような感じ。でもオレはライムで食べるのがやっぱり好きかなw。
 
IMG_1327.jpg
カキと一緒に出されるパンは、蘭島の名店「エグ・ヴィヴ」のものになるそう。それもまた贅沢な。
 
やっぱりお肉もないと…ということで、牛頬肉の赤ワイン煮込みもメニューに加えたそう。上にのってるのは、山わさびを削ったもの。これはね〜、無茶苦茶旨かった。ソースが絶品。
 
IMG_1328.jpg
ここにあとからマッシュポテトをつけ合わせとしてのせてくれるのが、モリエールっぽくって。
 
デザートはミニトマトとなすびのコンポート。なすがワインで甘く煮てあって、トマトの酸味との相性がなかなか。
 
IMG_1329.jpg
 
ちょっと異様な物体ですが、これは小菓子のマシュマロ。テーブルでカットして出してくれます。
 
IMG_1330.jpg
さてこれでお値段4500円。ちなみにグラスシャンパンは1500円〜。札幌のフレンチランチからすれば相当なお値段ですが、海外からのリッチなリゾート客からすれば、逆にこれくらい払わなきゃ…という感じかも。ちなみにディナーのコースは1万5000円です。
 
確かにゲレンデでこれだけ本格的なフレンチを味わえるっていうのは、今までなかったことなので、どんな発展を見せるのか、ちょっと見守ってみたいなというところでした。
 
■レストラン「アスペルジュHANAZONO」
北海道虻田郡倶知安町字岩尾別328-1
TEL 0136-55-5632
営業期間 2013年12月20日〜2014年3月10日
営業時間 12:00〜16:00 18:00〜22:00
定休日 木曜日
 
 
さて札幌に戻って、夜はススキノへ。東京では昔から高級焼肉店の代名詞となっている「叙々苑」が、ようやく札幌に進出。ススキノ交差点のすぐそばにできたビルの9、10階の2フロアがお店になっています。
 
窓の外はススキノのきれいなネオン。店内は写真じゃ伝わりにくいかもですが、さすが高級焼肉店という雰囲気。2フロアで100席近く。テーブル席の他にお座敷個室もあります。
 
IMG_1332.jpg
いただいたのはオープン記念の特別なコース、「すすきのコース」(6000円)です。
 
まずはオードブルにチャプチェにキムチが次々と。あとナムルもありました。
 
IMG_1334.jpg
IMG_1335.jpg
IMG_1336.jpg
名物のサラダ。これはさすがに旨い!
 
IMG_1337.jpg
で、真打ちの焼き物盛り合わせです。タン塩、カルビ、ロース、ミノ、ホルモンに、隠れてますがエビ。
 
IMG_1338.jpg
ま、大人なので、いっぱい並べずに、一枚ずつ焼いて、お酒も楽しんでw。さすがに良い肉で、特にタン塩は絶品。カルビもとろけるような美味しさ。
 
IMG_1339.jpg
あとこれに、お食事として冷麺orあわび粥、デザートがついてます。6000円のお値段の価値は十分にあるかな〜。
 
アラカルトで頼むとカルビが2300円、タン塩が2100円、上レバーが1100円と、ちょい高ですがバカ高出はない感じ。眺めも雰囲気も良いので、大人の食事会なんかには、いいじゃないでしょうか。ランチも2200円〜。こっちの方を頻繁に利用しちゃうかも。今日(13日)オープンです。
 
■叙々苑 札幌すすきの店

北海道札幌市中央区南四条西3丁目6-2 キタコーS4ビル 9・10階

TEL 011-241-0089

営業時間 11:30〜翌2:00(日祝22:30)

定休日 無
 
ちょっと体重が増えた気が。週末減量しなきゃ。
 
ではまた〜!

2013/12/13 18:51札幌コメント(0)



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG