ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 札幌でパリを感じる気軽なフランス料理店!


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2016/10/30[この記事のエリア] 札幌
札幌でパリを感じる気軽なフランス料理店!

仕事から論文まで、いろいろとお尻に火がついているような気がして、当分飲みに行くのを少々控えようと思っている田中です。今月中には目処つけて、早々に復活するぞ〜!

さて今日はオシャレに彼女or彼氏と…というよりは、気の置けない友達とか家族と一緒に楽しみたいビストロのお話です。

IMG_5052.jpg

お店の名前は、ビストロ・プティット・レジョン。FaceBookでお友達になっている食のプロの方々が、なんかよく行ってらっしゃる雰囲気なので、一度訪れてみたかったのです。

場所は地下鉄の菊水駅から東札幌へ向かって3分ほど歩いたところ。どっちかと言えば、こんなとこにお店が〜というエリアです。店構えからして、パリの気軽な食堂って感じ。

ざっくり前菜、メイン、デザートと分かれたメニューは、定番のフランス料理のオンパレード。魚のスープだったり、パテ・ド・カンパーニュだったり、牛肉の赤ワイン煮だったり、ビーフステーキだったり。うれしいのは3品コースっていうのがあって、前菜、メイン、デザートをメニューから好きに選んで(一部料金割増のメニューもあるけど)、さらにパンとカフェがついて、3240円っていうの。これは頻繁に来れるお値段ですよね。

さて前菜に頼んだのが上の写真の●●風サラダ(忘れた!)。豚足やソーセージとレンズ豆、赤かぶが乗った具だくさんのサラダです。こっちはタコのマリネ。セルクルで型どったクスクスの上にのってます。

14522118_1195423917195444_685679569_o.jpg

メインに選んだのは、骨付き子羊のロースト。これはコースでも+220円のメニュー。付け合せの野菜もたっぷりでボリューム満点!もちろんお肉もジューシー〜。

IMG_5053.jpg

クネルもメニューにありました!濃厚ソースにふわふわ白身魚のすり身がたまらない!バターライスもついています。

14456921_1195424387195397_1935946085_o.jpg

両刀使いなもんで、デザートもしっかりと。これはイル・フロッタントというメレンゲスフレにカスタードソースのデザートです。辛党さんは、デザートにチーズの盛り合わせを選ぶこともできますよ。

IMG_5054.jpg

いや〜、味もボリュームも、そしてコスパも満足満足。月に一回は行きたくなるようなお店でした!
 
■ビストロ・プティット・レジョン
札幌市白石区菊水5条3丁目5−11
電話011-595-7565
ランチ 11:30 - 13:30 LO ディナー 17:30 - 21:00 LO
月曜、第2火曜休み
 
ではまた!

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2016/10/30 16:09札幌コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG