ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > 旅


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。




2017/04/26
尾道三部作の舞台へ その1

IMG_0738 1.JPG

 今回の旅の目的は、「ロケ地観光」の視察と取材。
 大林宣彦監督の尾道三部作をはじめ、数多くの映画やドラマの舞台になっている町を見るためである。
 そして同時に、編集者時代の後輩で、互いにフリーランスになってから一緒に仕事をし、
 飲み、語り合った親しい友人の墓参りをするために今治にわたるので、本場の「せんざんき」を食べるためだ。

  というわけで、快速エアポートで三越で仕入れたカニめしを食べつつ、千歳空港へ向かうのだった。

IMG_0671.JPG


 まずは今治を目指し、しまなみ街道へ。
 向島、因島などなど、いまや自転車野郎たちの聖地となった島々をレンタカーでひたはしる。
 
IMG_0699.JPG

IMG_0717.JPGのサムネール画像

島々の名所にちょっとずつたちよりながら、まずは今治で、墓参。
ご両親にお会いして、故人の話をして、涙が溢れそうになるのをぐっとこらえる。
わたしを超え、文壇に華々しく輝くはずだった彼。
息子に先立たれた老夫妻の悲しみを思った。

IMG_0780 1.JPGのサムネール画像

 今治名物、せんざんき(北海道のザンギとなんら変わらないんですけどね)を食べて、
 再び、しまなみ街道を逆走。
 

IMG_0799 1.JPGのサムネール画像

 なんでも、超有名らしいジェラードだというので、しまなみドルチェによると、
 外国から来ている女性たちが半袖で外に。
 先週、札幌は雪が積もったんだけどねえ。w

IMG_0810 1.JPG

尾道に帰ると「さびしんぼう」で、富田靖子が向島に帰るときに使っていた渡船の乗り場へ。
それから、しばし商店街を散策。

IMG_0843 1.JPG

 森光子の舞台で有名な『放浪記』の林芙美子の像。
 物書きなら、銅像ができるくらいの存在になりたいものだと昔は思っていたっけ。w
 いまは、そんなことは考えもしないけれど、故郷の人や住んでいた地域のい人が、
 長く語げる作家というのはいいものだと思うのであった。

IMG_0851 1.JPG

IMG_0859 1.JPG

IMG_0866 1.JPG

IMG_0875 1.JPG


 歴史的建造物をうまく生かしている。
 小樽にもたくさん歴史的建造物があるけれど、どこまでいかしきれているだろうか。
 いろいろ考えながら歩いた。

IMG_0824.JPG


IMG_0897 1.JPG

そして、まだ明るい時間に「魚信」にチェックイン! 
「明日」という映画で、多岐川裕美さんの部屋として登場する「須磨の間」。
窓をあけると潮風が・・・幸せ。^^

というわけで、まだまだつづく。

2017/04/26 16:52コメント(0)


2017/03/30[この記事のエリア] 千歳・支笏湖・苫小牧
JALファーストクラスに乗ってしまった!

 自腹でファーストクラスを選ぶなどという贅沢をするとは、人生とはわからないものだ。
 身内に不幸があり、どうしても早い便にのる必要があったのだが、
 もうファーストクラスしか空いていない!それが理由。なんとも寂しい消極的理由ではあったのだが、後悔はない。
 これも神のご意思とやらかもしれないし。w


JAL.jpg

 うまれてはじめて、自分の力で優先搭乗!ww
 サファイアメンバー以上でないと、優先されないと思っていたけど、ファーストクラスもなのか!と知り、
 「世の中、金だよなあ」と、うれしいような悲しいような気分。

IMG_0540.JPG


 離陸してGがかかると、ひろーい座席が勝手にリクライニング! 
 おおっ! もうすっかりおのぼりさんなわたくし。w

IMG_0541.JPG IMG_0545.JPG

 ファーストクラスにはバッテリーまである。 
 タブレットは充電できなかったよう(確認してません)だけど、これは便利だ。 
 アルコールも頼めるし、軽食もでる。

IMG_0543.JPGのサムネール画像

 わたくしは、なんといっても現地についたら、通夜や告別式の打ち合わせをして、 
 翌日には喪主をつとめる立場。長男だから、といっても長子ではないので、姉があれこれやってくれて、
 大助かりではあるが・・・さすがに飲むわけにはいかず、ペリエを注文。

 笑顔をしっかりつくったベテランCAに見守られながら、食べるのであった。


 そんな旅の帰りは・・・というと、これがまた・・・。

IMG_0571.JPG


 笑ってしまうくらい、待遇の違うLCCでありましたとさ。
 どっちも自分らしくない。 
 ちょっと贅沢なクラスJに、超早割で乗りたいのであった。w

2017/03/30 17:16千歳・支笏湖・苫小牧コメント(0)


2017/03/19[この記事のエリア] 千歳・支笏湖・苫小牧
ほぼ弾丸、伊丹イン関空アウト 

IMG_0240.JPG


 会議のため、大阪に出張。
 こう書くと、ビジネスマンのようで、カッコいい。できる男、ビジネスマンwithB。ww
 というわけで、久しぶりにUシートに乗ったら、520円もするのね〜310円とかじゃなかったっけ?
 
IMG_0243.JPG IMG_0245.JPG

 千歳空港でまずは腹ごしらえ。
 佐藤水産の海鮮おにぎりがなくなったので、変わりになんかないか!と物色したら、ちょっと小さくなって、
 高くなって2個セットのおにぎり発見。なかなかの美味!
 佐藤水産は安くはないけれど、はずさないのだ。

IMG_0250.JPG


 1000円払ってクラスJに。wi-fiが無料キャンペーン中なので、facebookなどやりつつ、
 ドキュメンタリーを見て、過す。
 iPadminiは軽くていいのだ。

IMG_0273.JPG

IMG_0253 1.JPG

IMG_0258.JPGのサムネール画像 IMG_0255.JPG

会議と懇談会が終わってホテルへ。
大阪もアジア系の観光客が多く、混んでいるのだろう。
久しぶりににシングルのリーズナブルなタイプのビジネスホテルに泊まった。
最近、仕事で泊まるときはツインのシングルユースだったので、ちょっと新鮮。

ちょっと狭いなあと感じるものの、wi-fiだけでなく、有線LANもケーブル付で、それなりに机もあり、
ビジネスマンにはなかなかよさそう。
朝食もなかなか悪くなかったけれど、塩分とカロリー制限で、我慢我慢のビュッフェ。

IMG_0268.JPG

大阪まで行って、なーんも大阪らしいことをしなかったので、関空で、お好み焼き!
やっぱりのまずにはいられないのであった。


 

2017/03/19 17:19千歳・支笏湖・苫小牧コメント(0)


2016/12/22[この記事のエリア] ニセコ・ルスツ
EOS Mとニセコへ

IMG_0176.JPG


 冬のニセコは久しぶり。
 今回は、取材が目的だったのだが、天候がいまいちで、羊蹄山が見えないという不運に見舞われたが、
 峠も町内も降られて撮影できないとか、道路事情が悪いとうこともなく、
 まずまず、順調にスケジュールをこなし、夜へと。w 

IMG_0202.JPG


夜の居酒屋取材の前に、温泉に入るという暴挙に出たけれど、まだ仕事なので、
まずは、イルミネーション撮影。

というわけだが、それでも時間があまりそうなので、温泉の前に、
ラジオニセコにおじゃま・・・して、アポなしで撮影させていただき、仕事。
なーんていいながらも、お茶を出していただいてリラックス。

小樽、古平、ニセコ、蘭越・・・は、我が町な感じなのだ。
もちろん、札幌もだけど。
 

IMG_0254.JPG


居酒屋取材のあとは、プライベートで居酒屋へ。w
おいしいザンギのあとは、ゆり根!

揚物はやめよう!と思いつつ、うまいんだよなあ。こういうの。

 

というわけで、取材結果は来年のお楽しみ!

2016/12/22 11:26ニセコ・ルスツコメント(0)


2016/11/17[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
古平へ講演の旅‥...の前に新家寿司

 昨日は古平町文化会館で講演があった。
 小樽まで主催者の方が迎えに来てくださるということで、西11丁目の自転車置き場から、
 教文館の前まで歩き、高速おたる号に乗って小樽へ。
 ヨドバシ&ワイヤレスゲートの480simからDTIの5GBSMSプランにSIMを入れ替えたばかり。
 ついついバスのなかで繋いで楽しむという子供のような時間を過す。w
 

IMG_9027.JPG

予定より1本早く乗れたので、待ち合わせの小樽駅を散策。
小樽ゆき物語がはじまり、ガラスの街らしい駅になっていた。
まだ時間があるということでタルシェを除きにいったら、なんと迎えにきている渡邊さんと遭遇!
なにかお腹に入れるものを買おうかなあとも思っていたのだけれど、
すっかり忘れて、いざ古平へ!


IMG_9030.JPG

 道路には雪が残っていたり、忍路のあたりから、雪がチラついていたのだけれど、
 夕方でも混むこともなく、古平に早く入れたので、新家寿司に顔を出す。
 40分ほどあったので、ちょっとお話して・・・・と思ったら、 
「コーヒーでも飲んでいってください」
 といわれ、飲んでいると、あれれ? いつの間にか、お寿司が。w


IMG_9031.JPG    IMG_9034.JPG

IMG_9036.JPGのサムネール画像    IMG_9037.JPG

IMG_9039.JPG


 今回の講演は「子育てからはじまる町づくり」というテーマで、主に子育ての話をしたのだが、
 いま古平で懸案事項になっているらしいご当地グルメに関しても、
 町づくりに多いに関係しているので、お話させていただいた。

 講演の前に、新家寿司で話をしたり、聴いたりしたことも、とても参考になったことがある。
 消化しきれていないので、講演では話せないこともあったけれど、
 今後の古平には可能性があるなあ!と思うのだった。

 なんせ、古平には「たらこ」「ウニ」「ヒメマス」という飛び道具があるし、
 大きな漁港は札幌から一番近い一級の釣り場なのだから。

 ああ、それにしても、アワビのあぶり・・・・うまかったなあ。
 火の入れ方が絶妙で、コリコリ感がしっかりあって、周りが火を入れたことで甘味があって‥…。
 講演前じゃなかったら、絶対に「酒をくれ〜!」と言っていたはず。w


 新家寿司のご紹介‥…千石が書いた記事です。


IMG_9045.JPG

 小樽までおくっていただく途中、余市ゆき物語のイルミネーションを見学。
 「竹鶴とリタの夢」を執筆するために、何度も通った余市だけれど、暗くなってくるのははじめてかも?
 というわけで、家についたら、ニッカで一杯なのであった。

2016/11/17 10:27小樽・キロロ・積丹コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG