ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > 2013年11月


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



2013年11月


2013/11/25[この記事のエリア] 札幌
エクストラコールドのお勉強 in アサヒビール工場

写真 1-1.JPG


 サッポロ生ビール黒ラベル部門のこだわり最優秀学士号を持ち、毎年、小樽ビールを造り、
 かつてはサントリーのライターで、昨年はキリンビールの広告に登場したわたくし‥…
 この度、なんとアサヒのエクストラの注ぎコールド体験をすること!


 というわけで、トミーに連れられてアサヒビール工場へ。

 

写真 5.JPG 写真 4.JPG


 まずはビール工場で製造過程の解説を聞く。
 私には新鮮味がはないけれど、タンクに3000キロキロリットル入っているとか、
 1分間で私の年間に必要なビールが作れるんだ!とか、その規模とスピードに、
 日本の技術はやっぱりすごいな!と思うのであった。
 
 

2013-11-23 14.15.37.jpg


  ー2℃から0までの間でビールを出すと、泡がきめ細かくなるんだそうで、
 これがビールを美味しくするのか!
 コックは注ぎ口と泡をだす口が違うんですか〜!?
 引くと出て、押すと泡になるコックじゃないのか〜!
 うーん、なるほど・・・・といいながら、なんとか少しでも多く入れようとして、
 こぼしてしまうオレって、せこいかい〜い?(笑)



2013-11-23 14.25.48.jpg


 黒ビールもいただき、計3杯。
 これからって感じ?(笑)
 

2013-11-23 14.44.43.jpg


 売店に、可愛い子がいたので記念写真。
 ニッカがアサヒの傘下に入って、アサヒを身近に感じるようになったのだが、
 これで一層、近い存在になってしまった。(笑)



1482086_542536895836522_1245150597_n.jpg

 
 ビールを飲んだあとはテクセル種の取材。
 サフォークとも違う顔の白い羊さんを食べることに。
 折角なので、解禁になったばからりのボジョレーヌーボーをいただくことにする。
 
 現地では1本300円台で、あまり売れずに困っていたワインを有り難がって飲む日本人に、
 あ〜あ、躍らされちゃって〜と思っているわたしだが、
 きちんと輸送されたボジョレーは悪くない・・・などと生意気なことを思うのであった。


2013-11-23 15.04.24.jpg


 テクセルを使ったジンギスカン! 
 美味しい! ただオレのような羊臭がしすぎるほうが好みの昭和の遺物人間にしてみると、
 「オレのジンギスカンじゃない! うまい焼肉だ!」となるのであった。


 アサヒビール 北海道工場

2013/11/25 18:53札幌コメント(0)


2013/11/15[この記事のエリア] 札幌
シシャモのカルパッチョ! トラットリア ズッカは10周年

柳葉魚.JPG

 

 例年は創業記念イベントをしていたズッカだが、なぜか十年の節目にはなんにもやらないというので、
 あえてその時期に、お祝いを持っていく……へそ曲がりな我々。(笑)

 そんな私たちにマスターから特別料理が!
 シシャモのカルパッチョ〜!!

 刺し身や握りは何度も経験しているけれど、カルパッチョは初体験。
 うーん、これアリです。っていうか、うまい!
 ビールを早くやっつけて、「グラスワイン! 白ね〜」と叫んでしまった。


柳葉魚2.JPG

 

 刺し身をとったあとの骨は唐揚げに。
 活アジのタタキを食べたあとなどにも、こういう空揚げをいただくことはあるけれど、
 身の残し方や揚げ方が絶妙なのだろう、こんなに旨い骨の空揚げは初めてだ。

 

鰊.JPG


 小樽産のニシンを使ったマリネとジャガイモ。
 観光大使ですから、小樽産といわれちゃ……というわけなのだが、これがまた旨い!

 やりますなあ。^^

 

ワイン.JPG バルベーラ (Barbera)

 
チーズ.jpg 生ハム.JPG


 チーズや生ハムを注文したので赤ワインへ。
 生ハムに添えてアル水牛のモッツァレラが・・・いい感じ。
 
 蜂の巣もなんとなく懐かしい風味で、プーさんはうれしいぞ。(笑) 

 

パン.JPG デザート.JPG
 
 ホントはカモのスモークとか、パスタとかほかにも食べたのだが、
 ガツガツ、ムシャムシャ、ワシワシと食べたので、写真を撮り忘れた。(笑)

 とっても美味しゅうございました。
 
 

2013/11/15 09:43札幌コメント(0)


2013/11/05[この記事のエリア] 札幌
枯れ葉舞う知事公館

R0021530.JPG


 戦後、GHQに接収され、昭和28年から知事公館として使われているこの建物は、
 昭和11年三井合名会社の別邸として建てられた。
 その前以前、この一帯は桑畑(それゆえ、この北側を桑園と呼ばれれているらしい)、
 そして、もっともっと以前……擦文のころには竪穴式住居があったエリアで、
 いまも竪穴式住居跡が一七ヶ所ある。

 そんな歴史を振り返るのも一興だが、
 散歩や犬の散歩、子供たちが走り回ったり、
 恋人たちがくつろいだり…‥…そんな素敵な場所なのだ。

 

R0021520.JPG

R0021537.JPG


 ときは紅葉のころ。
 青空の時間帯を見計らって、ちょっとでかけてみた。
 
 黄色と紅色に染まった木の葉。
 絨毯のように敷き詰められた枯れ葉。
 木漏れ日と、子供たちのはしゃぎ声。
 
 平和だ。

 なんでもないような時間だけれど、火の粉が降りかかることが多すぎるここ数年を思うと、
 こんな時間がとても大事に思えた。
 


R0021543.JPG


 ベストショットを狙うカメラマンが数人。
 ケータイやデジカメを構える人も………。

 イベントのときと違って、おいおい!と思うような人(撮影中に人の前に割り込んだり)はいないけれど、
 う〜ん、どうでしょう? と思うこともないではかなった。

 

R0021546.JPG


 ベンチにたたずむカップル入りで撮影しようとしているおじさんを激写。(笑)
 こっそり撮っているつもりでいたら、こっそり撮られているかも!?


 
 

2013/11/05 10:11札幌コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG