ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > イベント


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



イベント


2017/02/16[この記事のエリア] 札幌
逍遙館の雪あかり

IMG_0573.JPG

 

 建築後、30年や40年で取り壊しになる日本の住居。
 欧米なら、ちゃんと修理して100年単位でつかい続けるというのに、なにをやってるの、日本は!
 ということで、無帽にも賃貸で100年住宅を目指した逍遙館プロジェクト。
 いろんなことがあったけれど、素晴らしい住人の方々と、心温まる交流をしながら、もうすぐ7年目。
 
 今年は久しぶりに、ちょっとだけ雪あかりを。



IMG_0583.JPG
 

 オレンジ色の雪あかり。
 小樽の雪あかりの路には、到底かなわないけれど、逍遙館に帰ってきた住人の方々が、
 ちょっとでも、いいなあと思ってくれたら、それでいい。
 
 
 

2017/02/16 17:43札幌コメント(0)


2017/02/11[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
小樽雪あかりの路19 運河から旧手宮線へ

IMG_0429.JPGのサムネール画像


 19回を数える小樽雪あかりの路は、いまや北海道の冬の風物詩。
 札幌の雪まつりが、企業がスポンサーとなった大雪像とグルメとイベント中心のイベントになったいま、
 「小樽の雪あかりは、心が温まっていいよねえ」という札幌市民も少なくない。

IMG_0442.JPGのサムネール画像

IMG_0450.JPGのサムネール画像


IMG_0460.JPGのサムネール画像

 運河会場は平日の夜にも関わらず、天候に恵まれたこともあり、なかなかの人手。
 浮き玉キャンドルの輝きに、スノーキャンドル、ワックスボール…。
 オレンジ色の光が、わたしたちをやさしく包んでくれる。
 
 北海道に帰るべきか・・・・悩んでいたころをふと思い出すのであった。


IMG_0471.JPG


 運河会場から坂をあがり、旧手宮線会場へ。
 わたしが一番好きな会場である。
 ザ・オタル! という匂いがしてくるからだろうか。

IMG_0488.JPGのサムネール画像

IMG_0472.JPGのサムネール画像 IMG_0476.JPGのサムネール画像

IMG_0514.JPGのサムネール画像のサムネール画像


IMG_0525.JPG


 旧手宮線会場が好きな理由の大きな要因は、これ。
 おじちゃんやおばちゃんが、イモやモチを焼いてふるまってくれること。
 心温まるご好意に、「やっぱりオレの小樽は人情深いよなあ」と思うのだ。



IMG_0561.JPG


 今回は、
ダブルエムエンタテインメントの三田さんと一緒に回った。
 彼は360度パノラマ撮影をしたり、動画を撮ったり。
 そんなわけでわたしもつい。w

16463628_1205318522877346_4117345434295966377_o.jpgのサムネール画像


小樽雪あかりの路は2/12日(17:00〜21:00)まで。
ぜひ、お出かけを!

2017/02/11 15:05小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2016/11/27[この記事のエリア] 札幌
ホワイトイルミネーションのプロジェクションマッピング

IMG_9251.JPG

大通公園のホワイトイルミネーション。

今年から、ちょっとパワーアップしたというので、ジンギスカンクエストのあと、

ちょっとだけのぞいてみた。

 

IMG_9261.JPG

IMG_9318.JPGのサムネール画像

 

IMG_9286.JPG

IMG_9292.JPG

 

8丁目のプロジェクションマッピング、万華鏡のようで、すばらしい!

 

 

 

2016/11/27 08:50札幌コメント(0)


2016/11/17[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
古平へ講演の旅‥...の前に新家寿司

 昨日は古平町文化会館で講演があった。
 小樽まで主催者の方が迎えに来てくださるということで、西11丁目の自転車置き場から、
 教文館の前まで歩き、高速おたる号に乗って小樽へ。
 ヨドバシ&ワイヤレスゲートの480simからDTIの5GBSMSプランにSIMを入れ替えたばかり。
 ついついバスのなかで繋いで楽しむという子供のような時間を過す。w
 

IMG_9027.JPG

予定より1本早く乗れたので、待ち合わせの小樽駅を散策。
小樽ゆき物語がはじまり、ガラスの街らしい駅になっていた。
まだ時間があるということでタルシェを除きにいったら、なんと迎えにきている渡邊さんと遭遇!
なにかお腹に入れるものを買おうかなあとも思っていたのだけれど、
すっかり忘れて、いざ古平へ!


IMG_9030.JPG

 道路には雪が残っていたり、忍路のあたりから、雪がチラついていたのだけれど、
 夕方でも混むこともなく、古平に早く入れたので、新家寿司に顔を出す。
 40分ほどあったので、ちょっとお話して・・・・と思ったら、 
「コーヒーでも飲んでいってください」
 といわれ、飲んでいると、あれれ? いつの間にか、お寿司が。w


IMG_9031.JPG    IMG_9034.JPG

IMG_9036.JPGのサムネール画像    IMG_9037.JPG

IMG_9039.JPG


 今回の講演は「子育てからはじまる町づくり」というテーマで、主に子育ての話をしたのだが、
 いま古平で懸案事項になっているらしいご当地グルメに関しても、
 町づくりに多いに関係しているので、お話させていただいた。

 講演の前に、新家寿司で話をしたり、聴いたりしたことも、とても参考になったことがある。
 消化しきれていないので、講演では話せないこともあったけれど、
 今後の古平には可能性があるなあ!と思うのだった。

 なんせ、古平には「たらこ」「ウニ」「ヒメマス」という飛び道具があるし、
 大きな漁港は札幌から一番近い一級の釣り場なのだから。

 ああ、それにしても、アワビのあぶり・・・・うまかったなあ。
 火の入れ方が絶妙で、コリコリ感がしっかりあって、周りが火を入れたことで甘味があって‥…。
 講演前じゃなかったら、絶対に「酒をくれ〜!」と言っていたはず。w


 新家寿司のご紹介‥…千石が書いた記事です。


IMG_9045.JPG

 小樽までおくっていただく途中、余市ゆき物語のイルミネーションを見学。
 「竹鶴とリタの夢」を執筆するために、何度も通った余市だけれど、暗くなってくるのははじめてかも?
 というわけで、家についたら、ニッカで一杯なのであった。

2016/11/17 10:27小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2016/08/02[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
おたる潮まつり

IMG_6918.JPG


 以前ほど頻繁に帰らなくなっている小樽だが、
 この時期になると行かないわけにはいかなくなる。
 どんどこザブン!

IMG_6932.JPG

IMG_6969.JPG


 メイン会場んは、たくさんのお店が並び、あまとうのアイスクリームはもちろん、
 小樽あんかけ焼そば、なよろ煮込みジンギスカンといったご当地グルメも!


IMG_7003.JPG


 とても暑い一日でしたが、これが終わると、あと夏も2週間かあ・・・と思うのは、
 わたしだけでしょうか。w

 残暑が大好きだ〜!!ww

2016/08/02 11:40小樽・キロロ・積丹コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG