ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > 2013年7月


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



2013年7月


2013/07/29[この記事のエリア] 札幌
小規模になって復活! 西屯田通りの夏祭り

R0020382.JPG

 

 一昨年で長い歴史に終止符を打ってしまった……と残念に思っていた西屯田通り祭りが、
 今年、狭い範囲になったとはいえ、復活した。
 昔はたくさんの商店が軒を連ねた商店街だったらしいが、
 いまではすっかりまばらに……。
 町内会も高齢化が進んで、どうにもならないのだろう。
 
 そんななか、復活してくれた人々がいて、本当のうれしい!

 

R0020383.JPG


 というわけで、小雨のなか、出かけたのだ。
 狸小路とは違うけれど、それなり人が集まってなかなか盛況。
 いい臭いが漂っているのだ。

 

R0020386.JPG

 

 ステージでは子供たちがサイコロを投げたりして、
 なにかプレゼントをもらっていた。

 もう少しあとになると親爺バンドの演奏がはじまるのだ。
 数年前まで、よくわからない演歌歌手が歌ったり、カラオケ大会やったしてたっけ。
 

 

R0020385.JPG R0020387.JPG


 ま、私は当然ながら、食い気に走る。
 ビール300円。
 手ごろでいい価格。
 
 久しぶりの味噌おでん! 銭函の海を思い出すなあ。


 

2013/07/29 09:17札幌コメント(0)


2013/07/28[この記事のエリア] 札幌
狸小路は ぽんぽんこシャンゼリゼ~

R0020360.JPG


 おたる潮まつりから札幌に戻り、狸小路まつりへ向かう。
 今年はいつになくにぎわっている。
 ビール100円、ワイン200円!? 行列が長いので、挫折。

 


R0020363.JPG


 カレーの大食いをするらしいアンジェラ佐藤さんが、自ら呼び込み中。(笑)
 二日酔いじゃなかったら、オレも!というところだった。

 高円寺や阿佐ヶ谷にいたころも、商店街が仕切ったお祭りがあった。
 商店街の店が売ると、値段が良心的でいいな。

 露天商がかもし出す雰囲気もいいけれどね。

 

2013/07/28 08:44札幌コメント(0)


2013/07/27[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
おたる潮まつり 前夜とねりこみ

R0020231kawa.jpg R0020226.JPG

 

 夏といえば「おたる潮まつり」で、どんどこざぶ〜ん! と来たもんだ!
 というわけで、小樽ふれあい観光大使の千石は、行かねばならぬ、行って飲まねばならぬのだ。(笑)

 というわけで、まだ開店準備中のカワセ酒店(酒場です)に、ダンディ柴田師匠と突撃。
 柴田さんの友達の店だと聞いていたので、ピンとこなかったのだが、
 私もacebookで友達になっている川瀬さんだったのだ、

 シャリキンソーダとハムカツ…‥…などいただき、大笑いしたのであった。

 

R0020230M.jpg


 飲んでいる途中に山車がきたので、店を飛び出してちょっと見物。 
 しかし、長々のんでしまい、潮ふれこみを見逃すのであった。(笑)
 


R0020234.JPG

 

 ダンディさんと別れ、C嬢と合流。
 星野さんのお店、風の色の開店時間に突撃!
 当然だが、ホッピーを注文。
 ホッピー初体験のC嬢のために、三冷の話をするように促すのであった。



R0020237.JPG R0020238.JPG


 お燗する道具からしていかしてるじゃん。(星野さんは横浜育ちなので。笑)
 カッパのお皿が乾かないように、どんどんお酌しないといけないがぶ飲みを選んでしまう私。
 アハハハハ……。


 

R0020245.JPG


 湯豆腐も粋なだしかた。
 湯船のように、蓋をあけると、湯気がふわ〜っと。
 昆布とほのかに柚子の香りが……。

 

R0020249.JPG


 いい気分で飲んでいたら、そとで太鼓の音が!
 これも潮ふれこみの一環なのか?

 楽しいぜよ!
 と飲んでいたら、花火の時間がとっくに終わっていたのであった。(笑)

 


R0020259L.jpg


R0020257.JPG

 

 湯豆腐で食欲のスイッチが入ってしまった私。
 低カロリーでリーズナブルで美味しい……あった! 
 というわけで、小樽でもっと落ち着くお店、はつ花へ。

 いやあ、小樽にはたくさんいい店があるけれど、
 今回の三軒はそれぞれの良さがあるなあ・・・と思うのであった。


R0020269.JPG

R0020268.JPG

 

 一夜明けて、午前中はアルコールを抜く作業に没頭。(爆)
 胃や食道を取り出して洗いたい気分なのに、朝食を食べてしまい、さらに気持ち悪くなる。○| ̄|_

 飲み物をがぶ飲みして、シャワーで流し、なんとか立ち上がり、
 旧手宮線で行われているガラス市へ。
 風鈴の音色が心地よか〜!

 


R0020285.JPG

R0020308.JPG


 13時をすぎて潮ねりこみ、花園からスタート。
 寿司屋通り近くまでやってきた。

 先頭はミス小樽。

 おじさんたち、シャッター押しまくり。(笑)


 

R0020310.JPG


 どんどこざぶーん どんざぶ〜ん! 
 今夜は耳について離れないぞ〜というくらい馴染んでくる。

 いいなあ、潮音頭。

 浴衣っていいなあ。
 

R0020331.JPG

R0020339S.jpg

 
 おっと! 観光協会会長と、小樽あんかけ焼そば親衛隊隊長が!
 小樽にくると、いろんな知りあいに会うので面白い。

 ま、行動を監視されているような気がしないでもないけれど。(笑)


 

R0020296.JPG

  

 志佐カメラマンを激写。
 いつ観ても渋くてカッコいいのだ。

 もう一日、頑張ってください!

 


 というわけで、この土日は、小樽へどうぞ!
 

2013/07/27 16:46小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2013/07/25[この記事のエリア] 札幌
大通のビアガーデンは日中から盛況です!

写真 4.JPG


 札幌の夏といえば、サッポロの夏。(笑)
 仕事以外ではであるけない3ヶ月を過ごしてきた私だが、ちょっとした隙に、
 大通まで行き、1杯だけ飲むことに。



写真 3.JPG

 

 それにしても、まだ平日の4時だというのに、大勢飲んでますなあ。
 みなさん、どんなお仕事しているんでしょうか?(笑)
 どう見ても仕事中にしか見えない服装の方々も大勢いらっしゃいますが。w


 今日は雨。
 行っておいてよかった〜!

2013/07/25 08:00札幌コメント(0)


2013/07/17[この記事のエリア] 稚内・留萌
東洋肉店探訪記&東洋肉まつり

R0020167.JPG

 

 今回の名寄煮込みジンギスカンツアーは、「仁義あり戦い」出演のためではあったけれど、
 もうひとつ楽しい目的があった。

 東京時代にお取り寄せしていた東洋肉店に伺うことと、肉祭りをすること。(笑)
 名寄出身の肉友(笑)が日程を合わせて帰省中・・・といわけで、楽しい祭り間違いなし!なのだ。

 

R0020095.JPG R0020175.JPG

R0020169.JPGのサムネール画像 R0020168.JPG

R0020174.JPG R0020093.JPG

R0020178.JPGのサムネール画像


 名寄駅前にある東洋肉店。
 さすが、羊肉とオーストラリアワインのスペシャリストのお店だけあって、
 肉屋なのにワインが豊富。
 ジンギスカン鍋もたーくさん!
 やっぱりキティちゃん鍋が売れるらしい。

 
 それにしても旨そうな肉の塊が並んでおる。
 たまらんぜよ!

 

R0020121.JPG


 イベントが終わり、ホテルでシャワー! 
 facebookにアップしたり、メールを書いたりして一休み。
 
 いよいよ、東洋肉祭りなのだ。
 まずは、スモークー千石、サラミー千石となり、ジャーキー千石となった(笑)

 

 

R0020127.JPG R0020126.JPG

R0020132.JPG

R0020128600.jpg


 ビール、スパークリング、白、赤、日本酒……たーくさんいただきました!
 ありがとうございます。
 こういうおもてなし、とってもうれしいです!

 あんまりご機嫌だったので、写真ブレブレで、どーもすみません!(笑)
 

 途中で、ドラえもん艦隊(笑)の乱入があり、ひとしきり盛り上がり、
 帰ったあとは嵐のあとの静けさのような穏やかな時間。
 いい時間を過ごさせていただいた。

 と同時に、いい友を得た気がするのであった。 

 

R0020182600.jpgのサムネール画像


 というわけで、翌朝、二日酔いもなくぱっちり起きて、
 また東洋肉店へ。

 お土産にお肉を買ったら、またおまけしてもらっちゃったのだ。
 ありがとうございました!


 

2013/07/17 10:30稚内・留萌コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG