ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > 2014年5月


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



2014年5月


2014/05/24
京の都でハモにグジ

きさいち.jpg


 仕事の関係で京都駅前に泊まることになり、どこかで一杯やることに。 
 狭い路地を進むと、一軒の知る人ぞ知る店へ。
 コの字型のカウンターのなかには、頑固そうな親爺と優しそう美人女将。
 
 実は見た目もまんまだったのだが、親爺は話をするとなかなか楽しく、女性にはとても優しいのであった。

 

R0023539.JPG


 京都といえば、ハモ。
 なので、まずはオトシ。そして北海道ではなかなかお目にかからないので、赤貝を注文。 
 タコは明石じゃなくて、下津井だったかな?
 久しぶりにタコがうまいと思うのであった。
 

R0023541.JPG


 親爺さんがハモのフライがお薦めだというので、フライなんかにしたらもったいねえべや!と思いつつ、
 注文してみた。
 なるほど、こ、これがおいしゅうございます……だ。
 冷めたらもったいないので、ふたり以上で注文することをオススメしたい。

 

R0023540.JPG


 つれにどうしても食べさせたかったひと塩したグジ。(オーソドックスなアカアマダイでした)
 北海道では高級料理店でないと食べられない代物。
 程度はともかく食べさせたいと思ったのだが、これがまたうまし!
 身があまり厚くないので、見たときは「こんなもんか」とちょっと思ったのだが、
 塩梅がばっちりで、干し方もよく、焼き過ぎず、満足!
 翌朝、早くから取材だったのでゆっくりできなかったが、とてもいい夜だった。
 
 ちなみに、レジの打ち間違いで1000円ほど余計に支払ったらしく、
 あとで気付いた女将さんが、払い過ぎた分をホテルまで届けてくださった。
 いわれなきゃわからないので、実に誠実なお店であった。

 教えたくない店なので、店名はご勘弁を!
 ヒントは京都駅中央口を出て左……下京区役所近く。

 

2014/05/24 09:38コメント(0)


2014/05/24
瀬戸内海沿岸で見た風景

10397274_629808697095001_3546982195001843469_o.jpg


 バスで移動中、あまりにも面白い民宿の看板に目が点に。
 ビジネス民宿ってなんじゃろ? 
 看板の前に踏みきりの「とまれ」の文字がうまいこと重なってるの〜。(笑)
 どうやら「危険」らしい。(爆)

 なに? ビジネスの文字、おかしいぞ?
 「ジ」じゃないな、「✓」か「∨」に「〝」か?(笑)
 「ネ」は、「え」に見えるけれど、間違って先に「ス」を書いてしまったのを無理矢理直したに違いない!w

 のどかだ。 

 

busstop.jpg


 そんなのどかな地域のバス停には、
 どこから持ってきたのか、不思議なイスが置かれているのであった。(爆)

 
 

2014/05/24 09:18コメント(0)


2014/05/07[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
憧れのマッサン ニッカ余市蒸留所

R0022636.JPG

R0022653.JPG R0022652.JPG


 男が憧れる男。私にとっては本田宗一郎さんと竹鶴政孝さんが、その人である。
 作家なら、漱石や鴎外といった文豪を口にするべきなのかもしれないけれど、
 男のロマン、壮大な夢を努力とセンス、才能や運を味方につけて成し遂げたこのふたりに、
 憧れてしまうのだ。

 とくに竹鶴さんは北海道を愛してくれた郷土の誇り。
 なんどとなく拙著にも彼の話を書いてきたけれど、いよいよ思う存分書くチャンス!
 というわけで、余市詣での日々を送っている。

 

R0022662.JPG

 

R0022728.JPG R0022732.JPG


 はじめて、ガイドによる案内というのを体験した。
 わかい女性の案内……若くなくても男性でももちろんいいけれど、
 やっぱり若い女性が話をしてくれたほうが熱心に聴けるいうか、
 耳に入ってくるのでいいですな。

 

R0022754.JPG


 ニッカは今年80周年。竹鶴生誕120周年。
 たくさんのボトルが並んでいるのを見て、自分の人生を振り返るのであった。

 

R0022759.JPG R0022761.JPG


 無料試飲。
 3種類、つまり3杯まで飲めるのだが、アップルワインは、若いころ射的で落して(爆)、
 散々飲んだので、余市と鶴をいただいた。
 
 水割りの美味しい作り方など教えていただいたけれど、
 ストレートでいただいてから、ちょっとだけ割った。
 そして、チェイサーに炭酸水。

 口のなかで炭酸がはじけて、ウイスキー香りがスッと鼻に抜け、
 後口もさっぱり。こういう飲み方も悪くないしょ? 竹鶴さん。

 

 

R0022829.JPG

 

 竹鶴さんに挨拶してから、ニッカウヰスキー余市工場をあとにするのであった。
 それにしても、ここは記念写真が撮れるように、三脚があちこちに置いてあるし、
 受付のお姉さんも感じいいし、ホスピタリティ・マインドを感じるなあ。
 きっとリタさんのマインドを受け継いでいるに違いない!

 

2014/05/07 09:07小樽・キロロ・積丹コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG