ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 > 2016年10月


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



2016年10月


2016/10/03[この記事のエリア] 札幌
「蕎麦 瑞祥庵」にて。

IMG_8477.JPG


 茨戸霊園に墓参りに行くご老体のお伴をしたあと、「さて、なにを食べようか」となり、 
 やはり大好きな蕎麦を食すことになったご老体一行。w

 当然だが、わたしはせいろ(大盛り)を頼んだわけだが、田舎か更科を選ぶシステム。
 わたしとしては、どっちでもなく、外一とか二八とかがいいのだが、 
 更科は基本的に食べない主義なので、田舎を注文。 出てきたのが、これである。
 世の中には、いろんな田舎蕎麦があるもので、これは永坂更科布屋太兵衛や更科堀井なんかでいうところの田舎とは
 ほど遠く、信州の上田とかにある蕎麦っぽい感じ。結構、好きなタイプ!

 つゆは江戸蕎麦っぽく、これもなかなか。
 ネギがこれでもか!というくらい多くて、小皿一面に敷かれていた。
 で、なにが凄いっていうと、そば湯が濃い!
 花粉(端粉)を混ぜているところは、結構あるけれど、これほど濃厚なのははじめて。
 どろっとしていて、これが旨いのだ。
 
 日常的に食べるなら、こういう蕎麦がいいなあ。値段もリーズナブルだし・・・
 と思うのだが、場所が場所だけに、またいつ行けるかはわからないのであった。
 

IMG_8479.JPG 
 

2016/10/03 18:06札幌コメント(0)



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG