ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 千石涼太郎の「道人紀行」 >  小樽雪あかりの路19 運河から旧手宮線へ


千石涼太郎の「道人紀行」

人生は長い旅。旅の途中で出会った人、風景、食について感じたままに語ります。



2017/02/11[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
小樽雪あかりの路19 運河から旧手宮線へ

IMG_0429.JPGのサムネール画像


 19回を数える小樽雪あかりの路は、いまや北海道の冬の風物詩。
 札幌の雪まつりが、企業がスポンサーとなった大雪像とグルメとイベント中心のイベントになったいま、
 「小樽の雪あかりは、心が温まっていいよねえ」という札幌市民も少なくない。

IMG_0442.JPGのサムネール画像

IMG_0450.JPGのサムネール画像


IMG_0460.JPGのサムネール画像

 運河会場は平日の夜にも関わらず、天候に恵まれたこともあり、なかなかの人手。
 浮き玉キャンドルの輝きに、スノーキャンドル、ワックスボール…。
 オレンジ色の光が、わたしたちをやさしく包んでくれる。
 
 北海道に帰るべきか・・・・悩んでいたころをふと思い出すのであった。


IMG_0471.JPG


 運河会場から坂をあがり、旧手宮線会場へ。
 わたしが一番好きな会場である。
 ザ・オタル! という匂いがしてくるからだろうか。

IMG_0488.JPGのサムネール画像

IMG_0472.JPGのサムネール画像 IMG_0476.JPGのサムネール画像

IMG_0514.JPGのサムネール画像のサムネール画像


IMG_0525.JPG


 旧手宮線会場が好きな理由の大きな要因は、これ。
 おじちゃんやおばちゃんが、イモやモチを焼いてふるまってくれること。
 心温まるご好意に、「やっぱりオレの小樽は人情深いよなあ」と思うのだ。



IMG_0561.JPG


 今回は、
ダブルエムエンタテインメントの三田さんと一緒に回った。
 彼は360度パノラマ撮影をしたり、動画を撮ったり。
 そんなわけでわたしもつい。w

16463628_1205318522877346_4117345434295966377_o.jpgのサムネール画像


小樽雪あかりの路は2/12日(17:00〜21:00)まで。
ぜひ、お出かけを!

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/02/11 15:05小樽・キロロ・積丹コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



千石涼太郎

Profile

[ 名前 ]
千石涼太郎

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
作家・エッセイスト

[ 自己紹介 ]
児童書の編集、アウトドア雑誌の編集長等を経て、地方文化や県民性を盛り込んだ紀行文やエッセイ等の執筆活動へ。人生相談や自己啓発、地域振興や教育の分野での活動にも邁進中。いまの悩みは4年前に愛する故郷・北海道にUターンしたことで「北海道に帰る楽しみ」がなくなったこと。小樽ふれあい観光大使のほか、最近はジンギスカン博士としても各地域で活躍中。「やっぱり北海道だべさ!!リターンズ」など著書多数。
執筆、講演のご依頼は、こちらからお願いします。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG