ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 北海道・知内の「青の洞窟」を探検★道南の秘境・矢越岬の絶景クル―ズ「矢越海岸アドベンチャーズ」♪


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2014/07/31
北海道・知内の「青の洞窟」を探検★道南の秘境・矢越岬の絶景クル―ズ「矢越海岸アドベンチャーズ」♪
道南・知内にもあった「青の洞窟」!今年から見られるようになりました。
奇岩が続く絶景を進む「秘境クル―ズ」は感動モノ!!
 
路線バスと定期観光バスが3日間乗り放題の
「千年北海道手形」を使った旅ブログ、第5弾sign01
 
2014071801.JPG
いよいよ、知内の「青の洞窟」を目指すクル―ズに乗船shine
 
早朝、宿の朝食の前後に体験するのがおススメと聞き、
私は朝食後、7時45分~9時15分の体験を予約。
 
前のブログで紹介した新鮮魚介尽くしの美味しい宿「海峡の宿 然」から、
歩いて3分ほどの船着き場から出航ですhappy01
 
2014071802.JPG
この体験は、小型船で行く夏期間限定の秘境クルーズ
「矢越海岸アドベンチャーズ」ship
 
子供の頃に遊んだこの海の魅力をもっと知って欲しいと、
この会社・854(やごし)クルーズを立ち上げた熱き男・村田さんが、
この土地のこと、景色のこと、た~っぷり教えてくれますwink
 
2014071803.JPG
津軽海峡に道内で一番近い知内の岬は
荒々しい波が岩を削った奇岩が、絶景の海原を作り出していますshine
 
2014071804.JPG
気持ちい~いwobbly
同行者の荻ちゃんもハイテンションnote
 
2014071805.JPG
この日は、仙台のテレビ局の取材クルーも一緒でした。
道内でもまだ穴場なのに、全国的に有名になる日は近いsign02
 
2014071806.JPG
この岩の上には義経伝説のある矢越八幡宮があります。
 
「矢越岬」の名前は、荒波を鎮めようと、航海の難所だったこの岬に
義経が矢を射ったことに由来しているそうですよ。
 
・・安全と大漁を祈願して、「義経号」から合掌。
 
2014071808.JPG
突起した高い岩の上に、ワシの仲間のミサゴという鳥の巣sign01
双眼鏡を借りてのぞくと、赤ちゃん鳥がいる~lovely
 
2014071809.JPG
そしてクライマックスshine これが「青の洞窟」かsign02
と思いきや、ココはまだ違うんですってcoldsweats01
 
すでに水はきれいなブルーだけどなあ。
「矢越ブルー」ってどんな色? 洞窟おあずけで、高まる期待note
 
2014071810.JPG
キャンプでもしたくなるような三角洲の白浜も現れる。
ここにはよく、鹿が出てくるんですって。
 
2014071811.JPG
絶景に見惚れているうちに、おsign01
とうとう「青の洞窟」に到着~heart04
 
2014071812.JPG
いざ、スタンバイ。テレビの取材班にも緊張が走ります。
 
突入~sign03  
 
2014071813.JPG
・・あれ、意外と暗くて、想像と違う。
 
2014071814.jpg
と思いきや、洞窟内をUターンすると
降り注ぐ日を浴びて、エメラルドグリーンに輝く海shineshine
これが矢越ブルー。 幻想的で素敵~heart04
 
2014071815.JPG
ここはパワースポットらしく、小石に願い事を託して
沈めると叶う・・とのことconfident
 
2014071816.JPG
思う存分、願いをこめて、小石を海に投げ入れました。
願いよ、届けpunch

今年から見ることができるようになった「青の洞窟」shine
この洞窟へ入るには国の認可が必要で、国土交通省と約1年間、
粘り強く交渉を続け、遂に許可をもぎとったのだそうですsign01
 
2014071817.JPG
青の洞窟を離れても絶景は、まだまだ続きます。
 
2014071818.JPG
カモメが子供(写真右)を守っている姿に、感動lovely
 
2014071819.JPG
まさに道南の秘境。潮風が爽快な、大自然に触れられる絶景クル―ズ。
 
2014071820.JPG
ダイナミックな感動を共有して、TVレポーターさんたちとも
すっかり仲良くなりましたhappy01
 
2014071821.JPG
90分は、あっという間に終了。見応えあったな~note
 
このクル―ズは必体験もの。
運がよければ、イルカやクマにもあえるそうですよwink
 
是非一度、乗ってみてくださいhappy01
 
flair矢越海岸アドベンチャーズ(クルージング)
知内町字小谷石99-8 90分間・4000円
電080・5582・0855
 
このあと、私達は宿を大急ぎでチェックアウトして
9時45分発の路線バスに飛び乗り、
「千年北海道手形」を利用して、一路、函館へ。
 
この旅のブログは全部で5本。
ぜひ、前のブログも見てくださいねhappy01
 
flair「江差・松前 千年北海道手形」でイイトコどりの旅!
 
flair【千年北海道手形】江差~上ノ国~松前★歴史街道を行くバスの旅!
 
flair【千年北海道手形】知内に途中下車★「行き止まり」の港町をぶらり散策!
 
flair知内名産マコガレイの姿盛りに殻付きウニ、活アワビなど
 アットホームな「海峡の宿 然」で豪華・海鮮三昧!

2014/07/31 22:15コメント(2)


コメント一覧

by高橋ゆう

私も子供と去年に青の洞窟へ行きました。感動の連続で
知床よりも良かったです❗
近くに美味しいお魚を食べさせるお店があったらとおもいました。又機会があたったらいきたいてす。
外国迄は行けないので

2016/08/04 12:01

byNORIKO

私もこの奇岩と青い海は、北海道の穴場だと思います。かなりじっくり楽しめて、感動的ですよね!まだ始まって新しい体験なのでので、おいしいお魚もあわせ、これからもっともっと、地域ぐるみで魅力を増してほしいですね(^^)/

2016/08/05 14:43




村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する