ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 2014年1月


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2014年1月


2014/01/25
旭岳温泉「ラビスタ大雪山」★雪原を見渡す温泉&手作り朝食もたっぷり~♪
旭岳温泉「ラビスタ大雪山」で迎える爽やかな朝
雪原を見渡す温泉&和洋バイキングを満喫♪
 
前のブログからの続きは「朝食&朝風呂」編sign01
「ラビスタ大雪山」で迎えた朝は、まず温泉に直行~spa
 
2014012401.jpg
しんしんと静かな雪景色の中、温泉の中はあったかいcatface
う~、出たくないsign01
 
2014012402.JPG
寝湯から見上げると、こんな景色shine
今日も、キレイな新雪がこんもりnote
 
2014012403.JPG
誰が作ったのか、露天風呂の脇に雪ダルマもいましたheart04
 
実はこの子たち、昨夜からココにsign01
湯けむりスゴイのに、溶けないのね~wobbly
 
2014012404.JPG
木樽が2つ並んだ展望風呂もありますheart04
目の前は一面の雪景色shine
 
2014012405.JPG
やっぱり出たくな~いcoldsweats02
この展望風呂は脱衣所脇の、ちょっと目立たない所にあるので
お見逃しなくsign01
 
2014012406.JPG
十分あたたまってお風呂を出ると、ヤッタ~happy01
夜のサービスと違うのね(夜は内緒にしときます)note
 
こんな気遣いが嬉しいなあheart04
 
2014012407.JPG
気遣いはいろんな所で感じられて、例えばお風呂に行くときの籠とか、
すごく着やすい肌ざわりのいい部屋着だったり、
 
2014012408.JPG
豆から挽いて音や香りをゆっくり楽しむ珈琲ミルが部屋にあったり・・。
 
夕食ブログで紹介した飲み放題メニューや夜食サービスもそうだし、
お土産のタイムセールがあるのも、なんだか得した気分でうれしいcatface
 
無料送迎バスだけでもすごく便利なのに、帰り道、
旭山動物園で降りられるようになっているのも気遣いの一つshine
 
スタッフの方々も親切で、小さい嬉しいが重なると感激体験になりますhappy01
 
2014012409.jpg
朝食は和洋バイキングで、昨夜同様、野菜をたっぷり、いただきますhappy01
昨日は焦がしにんにくドレッシングにしたから、今日はオニオンドレッシングでnote
 
2014012410.JPG
十勝中札内の卵を使ったオムレツはその場で注文scissors
 
2014012411.JPG
バジル、トマト、チーズ3種類から選べるソースは
どれにするか迷ったけれど、チーズを選択heart04
 
2014012412.JPG
チーズやタコの燻製に
 
2014012414.JPG
炉端風の焼き魚も。
 
他にもハタハタの飯寿司や寿都の生炊きしらす、
道外の方が喜びそうな「ザンギ」や「スープカレー」もあって、
北海道色豊か。道内有数の米どころだけに、もちろん地元米ですsign01
 
2014012413.JPG
私は和で行くか、洋で行くか迷った末に、洋を選択。
 
東川町「北の太陽」トマトジュースと豊富牛乳を
たっぷり、飲みたかったんですもの~lovely
 
チーズオムレツにココット、スモークチーズに
豊富牧場のヨーグルトもあわせて、なぜか乳製品率高しhappy01
オススメされた大雪パンケーキも美味しかったです。
 
2014012415.JPG
宿の前にはクロスカントリー用のコースがあって
グッズ貸出しもあり、チェックアウトするのが名残惜しいbearing
 
近くには旭岳スキー場もあるし、できれば連泊したい温泉リゾートでしたshine
 
flair冬名物、幻想的な「アイスBAR」の様子はコチラですsign01
 
flairフレンチディナーやお部屋の様子はコチラを見てくださいネhappy01
 
flair基本情報はコチラ
 
flairプラン一覧はコチラ

2014/01/25 17:41コメント(0)


2014/01/25
旭岳温泉「ラビスタ大雪山」★ヨーロッパの山荘気分でフレンチディナーと貸切温泉♪
ラビスタ大雪山の楽しみは温泉と美食
フレンチ食べて、温泉入って、ラーメン食べて・・♪
 
2014012301.JPG
外は静かな雪景色。ロビーには暖炉と手掘りのフクロウshine
「アイスBAR」といい、このロビーといい、
なんだかヨーロッパの山岳リゾートに来ている気分ですconfident
(「アイスBAR」については前のブログを見てね)
 
今回の宿泊が「アイスBAR」目的とはいえ、
このホテルの特徴は、なんといっても温泉と美食sign01
 
2014012302.JPG
この夜のメインのひとつは「きんきのポワレ」。
雲丹ソース&キャビア添えです。
う~ん、贅沢~heart04
 
2014012303.JPG
フルコースは「ずわい蟹とライスサラダのメダイヨン」でスタート。
メダイヨンはメダル型。オリンピックを意識して、なのかな?!
パプリカやトビッコ、キュウリが入った洋風押し寿司のような一皿shine
 
2014012304.jpg
ロッジ風のレストランで、みんな部屋着。
好きなワインや日本酒が選べる飲み放題2500円(ソフトドリンク1500円)
もすごくうれしいし、気さくな雰囲気がリラックスできていいなあhappy01
 
2014012305.JPG
「和寒かぼちゃのクリームスープ」に小麦「北のかおり」で焼いたパン
 
2014012306.JPG
地酒のシャーベットで口直ししたあとは「イベリコ豚のグリエ」
 
2014012307.JPG
フレンチなのにサラダバーがあるのが面白く、
野菜は好きなだけ食べれますwink
 
2014012308.JPG
最後は苺のミルフィーユとコーヒーでお腹いっぱいlovely
 
2014012309.jpg
お部屋はこんな感じ(和洋室)shine
 
2014012310.JPG
ひろびろ56平米のラグジュアリールームは
家族やグループでも余裕の広さshine
暖炉やダイニングスペースもあって、落ち着けますgood
 
2014012311.JPG
大浴場はもちろん、貸切風呂も3種類sign01
しかも無料で、空いていれば入り放題happy01
 
2014012312.JPG
迫力あるツララを見ながらの温泉は、余計あったまるぅ~note
 
2014012313.JPG
シモンズベッドに加えて、ゲルマニウムやラベンダー、
テンピュールなど、好きな枕を貸してくれるのも嬉しいですねwink
 
2014012314.JPG
22時からは大雪の水で作ったオリジナル夜食ラーメン。
なんと無料サービス。意外とたっぷりでビックリ~wobbly
 
オススメに従って、夕飯を早めにしといてヨカッタcoldsweats01
 
またまた温泉行って腹ごなしして、この日はぐっすり眠りましたspa
 
そして、大自然を感じる朝風呂と朝食レポートは次のブログでご紹介sign01
 
大満喫「アイスBAR」体験は前のブログを見てねhappy01
 
flair基本情報はコチラ
 
flairプラン一覧はコチラ

2014/01/25 14:49コメント(0)


2014/01/24
幻想的な氷の世界「アイスBAR」を体験★旭岳温泉「ラビスタ大雪山」に行って来ました!
旭岳山麓に佇む温泉リゾート「ラビスタ大雪山」。
氷のドーム『アイスBAR』で温かいカクテルを♪♪
 
2014012001.JPG
ジャーーーンsign01これが『アイスBAR』ですsign03
 
今年の私の初温泉は、旭岳温泉「ラビスタ大雪山」shine
「アイスBAR」体験がしたくて、行って来ましたhappy01
 
2014012002.JPG
雪道の心配はしなくて大丈夫note
札幌、旭川発の無料送迎バスがあるのです。
これは気持ち的にも、交通費的にもウレシイwink
 
2014012003.JPG
札幌を11時30分に出て、15時半に到着~。
 
2014012004.JPG
エントランス前にアイスバーの外壁を発見snow
氷のドームに、雪もたっぷりwobbly
 
2014012005.JPG
大雪山は別名カムイミンタラ=神々の遊ぶ庭。
この時期は、雪に包まれたヨーロッパの瀟洒な山岳リゾート
といった感じの建物ですconfident
 
2014012006.JPG
夕食後、いよいよ目当ての「アイスBAR」体験note
 
2014012007.JPG
キレイ~sign01幻想的で、素敵な別世界ですheart04
 
2014012012.JPG
この「アイスBAR」は、全て自然物の『氷』だけで作っているんですってsign01
 
2014012013.JPG
一緒に行った藍ちゃんと、
バーカウンターには可愛い白クマさんheart04
 
2014012009.JPG
ニッカウィスキーも、よ~く冷えてます。
お得な利き酒3種飲み比べセットもありました。
 
もちろん、ホットワインなど温かいメニューも豊富shine
 
2014012008.JPG
この個室、いいでしょ~shine
私はホットチョコレートのカクテル、藍ちゃんはホットゆずをいただきましたcatface
 
2014012010.JPG2014012011.JPG
寒かったらすぐに部屋に戻ろうと思ったけど
意外に落ち着けて、私は電話で友人に実況レポートwink
白くまさんは、ポーズも決めてくれますlovely
 
いや~、楽しいnote
 
2014012015.jpg
「氷のドーム」に酔いしれたあとは、肌触りのよい温泉が待っていますspa
 
フレンチディナーやお部屋のことは、次のブログを見てくださいねsign01
 
大自然を満喫する温泉と朝食レポートはコチラですhappy01
 
flairラビスタ大雪山・基本情報はコチラ
 
flairプラン一覧はコチラ

2014/01/24 06:34コメント(0)


2014/01/15
冬の味覚「あんこう」に毛蟹1杯まるごと付き★ノルド小樽に泊まってきました♪
運河が目の前!ノスタルジックな「ホテルノルド小樽」
毛蟹1杯&あんこう鍋メインの満腹プランには和風ステーキも♪
 
201401151.JPG
この写真は、昨年クリスマスの小樽運河。うっとり~lovely
2月7日からは、いよいよ「小樽雪あかりの路」が始まりますねshine
 
この小樽運河を目の前に見渡す「ノルド小樽」
毛蟹と地元の「あんこう」が食べられるプランが出たと聞きつけ、
早速泊まって、食べて来ました~sign01
 
201401153.JPG
毛蟹はひとり、まるごと1杯sign03ミソもたっぷりで食べ応えあり。
ビールのあと、日本酒にしようかワインにしようか悩みます~note
 
201401154.JPG
そして地元の旬「あんこう」は鍋で登場shine
 
あんこうは、関東では「東のアンコウ、西のフグ」と称される冬の味覚。
東京にいた頃、毎年楽しみだっただけに、「あんこう」と聞くと、
あのプルプル感を思い出し、テンションがあがりますpunch
 
なのに道内ではあまり美味しさが知られておらず、もったいないwobbly
 
ノルドの「あんこう浜鍋」は蟹やつみれ入り。
醤油ベースの出汁であっさり仕上げてありましたhappy01
 
201401152.JPG
平目のこぶ締め薄造りにあわせて
ワインは地元・余市の匠シリーズを注文note
 
201401155.JPG
海鮮だけでなく、和風ステーキもあるのが嬉しいnote
 
201401156.JPG
いくら小丼やスイーツまでついてますhappy01
 
2014011513.JPG
朝食は昨年リニューアルしたばかりで
運河と倉庫群を見渡しながらいただける、和洋30品バイキングdelicious
 
ちなみに「ノルド小樽」は町の雰囲気に溶け込んだノスタルジーあふれるホテルshine
 
2014011570.jpg
吹き抜けのロビーには
 
2014011512.JPG
ガラスの街に似合う大きなステンドガラス
 
201401158.jpg
4月にパワーアップするプレミアムツインは
浴室とパウダールームが分かれていて、使いやすいconfident
 
2014011516.JPG
9時~11時30分まで無料開放される最上階の展望ラウンジからは
小樽港のダイナミックな眺め~heart04
 
朝・昼・夕・夜、表情がまったく違う港町・小樽fish
どうぞゆっくり泊まって、小樽の豊かな食を満喫してくださいねwink
 
flairプラン一覧はコチラ
 
flair基本情報はコチラ

2014/01/15 21:01コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する