ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > トピックス


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



トピックス


2017/06/21[この記事のエリア] 札幌
北海道くらし百貨店★札幌ノルベサにオープン!サツドラが「北海道」を世界に発信!
「北海道くらし百貨店」が6月22日、札幌ノルべサにオープン!
「食」を中心に、北海道ならではの「いいもの」が各地から大集合!!
 
 
1北海道と.JPG
北海道のお土産がほしい人に限らず、地元の私でも
何度も足を運びたくなるような、わくわくスポットが誕生しましたsign03
 
コンセプトは「北海道と、暮らそう。」
 
約190坪という広い店内には、地元目線でセレクトされた
美味しそうなものがズラリshine
 
2新鮮野菜.JPG
野菜や果物などの生鮮から、
 
3納豆.JPG
納豆やお豆腐など加工品、
 
4地ビール.JPG
地酒や地ビール、お菓子、乳製品など、なんと1500アイテム
これは長居しちゃうわね~happy01
 
北海道で活躍する各分野の著名人・専門家がセレクターとなり、
「目利き」として、オススメ品を紹介しているのも気になりますsign01
 
5チーズ.JPG
やさしい味が大好きで、取り寄せしている白糠酪恵舎のチーズも
オススメされていましたlovely
 
6井ノ口さん.JPG
この方が絶品チーズを作っている酪恵舎の井ノ口さん。
お披露目会でバッタリ遭遇したので、セレクターのおひとり、
フードライターの小西さんと一緒に記念撮影。
 
7有機かぼちゃ.JPG
小西さんが紹介していたのは、驚きの甘さだという
有機かぼちゃのペースト。私も早速、買ってみましたheart04
 
8イートイン.JPG
うれしいことに、広い空間のイートインもあります。
 
9いももちのグラタン.JPG
試食させてもらった「道産ジャガイモとイモもちのグラタン」
美味しかった~note
 
10デリカテッセン.JPG
デリカテッセンスタイルなので、旬の野菜や肉・魚がたっぷりの
12種のデリから、好きなメニューをチョイスできますshine
 
11ランチに.JPG
3種類選べるランチプレートが、ライスかパン&スープ付きで
918円~ですって!夜はお酒も進みそうwink
 
12道産酒.JPG
道産ワインや地酒が、気軽に、いろいろ飲めるんですってwine
 
13ソフト.JPG
Hayakawa Coffeeと共同開発したオリジナルブレンドや
北海道産生ミルクソフト&夕張メロンソフトもありましたheart04
 
イベントも続々と企画されているとかsun
 
14十勝若牛.JPG
オープンを飾るのは、JA十勝清水町による
「十勝若牛」を使用したオリジナル商品の販売(7月18日まで)shine
 
このイベントにあわせて、「もりもと」とコラボした
「十勝若牛バーガー」や「牛肉ゴロッとカレーパン」も登場していますnote
 
15雑貨.JPG
食品だけでなく、雑貨や工芸品もあって楽しい。
白樺林をイメージした空間には
可愛い&素敵がいっぱいで、テンションあがります~up
 
北海道のものって、どうしても
デザイン性に欠けるように言われちゃうけど
こんな素敵な作家さんがいるのよ~って、胸を張りたい気分sign01
 
16北海道くらし百貨店.JPG
運営は地元密着「サツドラ」を運営するサツドラホールディングス。
従来のドラッグストアの枠を超えて、北海道ならではの商品を、
日本中、世界中に広めようとする事業をスタートさせたものshine
 
リアル店舗のオープンと同時にネット販売も開始。
試しに買ってみて、気に入ったら取り寄せしたり、
友人に送ったりできるのは、すごく便利ねflair
 
ココが本拠地1号店で、今後、沖縄や首都圏、世界にも出店予定だとか。
品数ももっと増やす予定ということで、これからが楽しみsign01
 
17来てください.JPG
すすきの駅から徒歩3分で、なんと夜24時まで営業。
「こんなものが欲しいと、どんどん声かけてください」とのこと。
 
注目の「北海道くらし百貨店」、
ぜひ皆さん、一度のぞいてみてくださいねhappy01shine
 
北海道くらし百貨店 札幌ノルベサ
札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルベサ1階
電話011-223-3566
営業時間 :10:00~24:00 年中無休
 
お取り寄せサイトはコチラ
https://www.kurashistore-hokkaido.jp/

2017/06/21 21:55札幌コメント(4)


2016/05/19[この記事のエリア] 旭川
高砂酒造から「国士無双 利尻昆布梅酒」誕生★日本初!日本酒の昆布梅酒です!!
日本初!旭川・高砂酒造で日本酒の昆布梅酒が誕生
「国士無双  利尻昆布梅酒」、6月1日、新発売!!

1高砂酒造.JPG
北海の灘=旭川の「高砂酒造」は創業から百余年、大雪山の雪清水で
こだわりの酒を地道に育み続けている、北海道を代表する酒蔵です。
 
2高砂酒造.jpg
高砂の酒造りをささえているのは、男女9人の蔵人達。
 
精米に始まり、製麹から上槽、火入れ、瓶詰めに至るまで、
できるだけ機械に頼らず、蔵人一人一人の専門性に磨きをかけながら
官能重視の酒造りを続けています。
 
代表銘柄は、昭和50年に誕生した「国士無双(こくしむそう)」。
地元で親しまれているだけでなく、数々の受賞もあって、
日本全国に根強いファンを持つ淡麗辛口酒です。
 
3利尻昆布梅酒.jpg
そんな高砂酒造で、
夢のコラボが実現sign01
2016年6月1日、新発売の
「国士無双 利尻昆布梅酒」
 
おそらく日本酒では
初めての「昆布梅酒」ですsign03
 
まず、この「国士無双 梅酒」が
タダモノではない。
2014年に水戸の梅酒大会・
醸造梅酒部門で
金賞を受賞していますshine
 
 
 
 
 
 
その「国士無双 梅酒」に、利尻で加工した日本の宝物「利尻昆布」を
丁寧に漬け込み、梅酒の酸味とのバランスが極上の逸品を生み出しましたhappy01
 
柔らかな旨みと上品な塩加減は、この、夢のコラボならではのものsign01
 
ロック・ストレート・炭酸割がオススメで
クリームチーズ系やポテトグラタンなどの料理によく合いますheart04
 
この6月は利尻昆布の確保が十分できなかったため、
1800本限定×地域限定のテスト販売なのですが、
秋に向けて利尻昆布を調達し、本格販売を目指すとのこと。
 
「国士無双 利尻昆布梅酒」 720ml 、1,550円(税別)
※当面は利尻・礼文・稚内を中心とした道北エリア直売店のみの限定販売。
 
4利尻昆布梅酒仕掛け人.jpg
さて、ここで突然、2人のアニキが登場shine
 
高砂酒造の企画部部長・廣野さん(左)と
利尻富士町「TSUKI CAFE」の代表・尾形さん(右)。
 
実はこのふたりの出合いがあってこそ、この昆布梅酒が誕生しましたsign01
 
2人の出合いは、私も運営をお手伝いした北海道主催の「フード塾」。
 
食の絶品づくりを目的に、マーケティング戦略を身につけるべく実施された、
みっちり7日間の熱~い研修を、同期生として、共に受講したのがきっかけです。
 
5フード塾.jpg
3年続いた「フード塾」修了生は、全道各地に63名。
 
絶品づくりという同じ大志のもと、知恵と力を貸しあい、
励まし合い、何かにつけて飲んだくれあうという、強い絆の仲間たちですhappy01
 
6フード塾.jpg
この「フード塾」でアイデアを出し合い、意気投合して、共同開発がスタートpunch
 
旭川と利尻島の間を行ったり、来たりsweat01
 
7利尻昆布梅酒試作.jpg
納得がいくまで何度も試作を繰り返して、
やっと完成した「国士無双 利尻昆布梅酒」shineshine
 
廣野さん&尾形さんの努力の結晶ともいえる、まさに情熱の酒なのですsign01
 
だから、尾形さんが代表をつとめる「やきとり もつ鍋 地酒のお店 月」と
「TSUKI CAFE」では、在庫がある限り、飲むことができるんですよnote
 
利尻島の星空を眺めつつ、
じんわり味わう「北の梅酒」は最高ですwinkheart04
 
たぶん日本初sign01
夢のコラボの「国士無双 利尻昆布梅酒」shine
 
ぜひ、一度、飲んでみてくださいねhappy01
 
高砂酒造
http://www.takasagoshuzo.com/

やきとり もつ鍋 地酒のお店 月
TSUKI CAFE
http://tsukirishiri.wix.com/tsuki

2016/05/19 19:44旭川コメント(2)


2015/10/16
【ホテルエミシア札幌】通常4万円が驚きの1万円★絶景スイート・体験レポート〜朝食編!
どこまでも広がる青空が爽快で贅沢な朝
朝食も北海道ならではの和洋メニューがたっぷり♪
 
ホテルエミシア札幌の絶景スイートルーム1万円プラン
体験レポート・第3弾shine
 
1朝.JPG
ジャーーンsign01
昨夜の夜景から一転、大きな窓に広がる青空。爽快な朝の眺めですheart04
 
2記念塔.JPG
反対方向の空。遠くに百年記念塔も見渡せますshine
 
こんな風景を眺めながら、ゆったりと朝支度。
この日は平日で、ココから会社に出勤noteなんて気持ちのいい朝なのでしょう~happy01
 
3朝食入口.JPG
さあ、楽しみな朝食タイムheart04ブッフェは1階のカフェ・ドムですsun
 
4カフェ・ドム.jpg
雰囲気は洋風で、料理の並ぶカウンターと食事スペースが
完全に分かれているので、ゆっくりと落ち着いて朝食が楽しめますconfident
 
5チーズサラダ.JPG
北海道ならではの食材や名物料理を盛り込んだ和洋ブッフェshine
 
洋食中心と思いきや、和食メニューも豊富fish どちらを選ぼうか迷って、
結局、両方ともいただく食べ過ぎパターンに要注意・・coldsweats01
 
6実演.JPG
ホテルの朝に欠かせない卵料理は、目の前で
目玉焼きやオムレツを焼いてくれますscissors
 
7オムレツ.JPG
具材をチョイスしてオーダーできるオムレツ。
中がトロッとしていて、やっぱりプロは違うなあheart04
 
8ジャガ.JPG
おかわりしちゃったジャガイモは、甘みの強い「インカのめざめ」lovely
 
9塩辛.JPG
ジャガイモには、自家製の塩辛をたっぷり乗せていただくのが、
どさんこ流~note
 
10パン.JPG
専門のベーカリーショップがあるホテルだけに、丁寧に焼き上げたパンは
本格的でオススメshine
 
11バター.JPG
ふわふわ食感のラベンダーバターに自家製ミルクジャム、
スープカレー風味のバターなど、オリジナルが多くて楽しいhappy01
 
12フレンチトースト.JPG
カリふわのフレンチトーストもありshine
 
13ラーメンサラダ.JPG
札幌ならではの名物・ラーメンサラダもあれば
 
14和食.JPG
鰊(にしん)の昆布醤油漬け焼きに、鮭のチャンチャン焼き、
イカソーメンなど、「北の味覚」がたくさん並んでいます。
 
ご飯も、もちろん北海道米shine
 
15おかゆ.JPG
「もうひと口・・」と欲張ったこのお粥も、やさしい味で美味しいなぁ~delicious
 
スイートルームに泊まって、絶景やスパをゆったり楽しんだ1泊2日shine
 
この非日常的な贅沢プラン、通常ひとり4万円相当が1万円だなんて、
1周年記念にしても、破格ですwobblysign01
 
記念日やお祝いなど、特別な時間を過ごすのにピ~ッタリheart04
 
カップル利用はもちろんですが、季節柄、
クリスマスや忘&新年会を計画するのも楽しそうnote
 
日本新三大夜景にも選ばれた「札幌の夜景」を、
スイートルームで、優雅に楽しめるチャンスですshine
 
室数に限りがあるので、ぜひお早めにご予約くださいねhappy01
 
diamond宿泊体験レポート第1弾〜豪華スイートルーム編
 
diamond宿泊体験レポート第2弾〜絶景ディナー&スパ編
 
diamondホテルエミシア札幌
基本情報はコチラ
 
宿泊プランはコチラ

2015/10/16 12:27コメント(0)


2015/06/22
【緑の風リゾートきたゆざわ】オープン★露天風呂パラダイスに、早速、泊まってきました♪
北湯沢温泉に「緑の風リゾート」本日オープン!
大浴場&森の散歩湯は露天風呂パラダイス♪
 
2015062201.JPG
日本最大級の大露天風呂が大人気だった
「北湯沢温泉 湯元 名水亭」が全面リニューアルsign01
 
ぐんとグレードアップして、ついに本日、
「緑の風リゾートきたゆざわ」が誕生しましたsign03
 
取材という役得で、オープン前に泊まってきましたshine
 
2015062202.JPG
まず驚いたのは「緑の風」の超・目玉「森の散歩湯」spa
 
2015062203.JPG
新たになんと20個もの露天風呂を新設sign01
男女10個ずつ、夜朝入れ替え制~happy01
 
2015062204.JPG
ウッドデッキの回廊でつながれた「ハッカの湯」「柚子の湯」
「ヒアルロン酸の湯」「源泉の湯」など、個性豊かな露天の数々。
 
開放感あふれる、ダイナミックな“湯めぐり散歩”が楽しめるのですheart04
 
2015062205.JPG
もちろん、150坪ある大露天の魅力はそのままです。
まさに「露天風呂パラダイス」、これは楽しいワ~happy02heart01
 
2015062206.JPG
大浴場もパワーアップnote
 
豊富な湯量が自慢の名水亭時代の大浴場に加えて、
立ち湯・座湯・季節の湯・薬湯がセットになった新浴場も誕生して、
まさに温泉三昧。
 
一日じゃ、まわり切れません~coldsweats01
 
気になる食事は、実演の多いバイキング、個室でいただく和食会席、
旬の道産食材たっぷりのフレンチ&イタリアンと、
3つのレストランから、好きなプランを選択wink
 
2015062207.JPG
私はバイキングにしてみたのですが、
広々としたオープンキッチンは活気にあふれていて、
目の前で調理してくれる実演や食べ比べメニューが豊富shine
 
2015062208.JPG
自社農場や近隣農家のとれたて野菜でできた、
食べる「ミニ畑」など、楽しい工夫がいっぱいlovely
これはメニューのほんの一例で、朝は「飲む畑」もありましたheart04
 
2015062209.JPG
朝・夕ともにワゴンサービスがあり、ライブ感に溢れていて、
おしゃべりも盛り上がるぅ~note
 
2015062210.JPG
新しいロビーは落ち着いていてシックshine
 
2015062211.JPG
「緑の風」の支配人は、半田さん。同じ野口観光のハイグレード館、
望楼NOGUCHI登別の元支配人が腕を振るいましたpunch
 
2015062212.JPG
館内には、お風呂上がりに読書のできるスペースや音楽を聴くスペース、
 
2015062213.JPG
パソコンが使える個室風「書斎・夢追い人」など、かなりゆったりできますねconfident
 
客室も、もちろんピッカピカshine
 
2015062214.JPG
私が泊まったのは、レディース・プレミアム。
 
2015062215.JPG
3人一緒に泊まれるトリプルルームを体験させてもらったのですが、
こういう部屋があるって、嬉しいですよねhappy01
 
1日じゃ足りない。連泊したい~happy02sign01
 
「道民が何回も泊まりたくなる
温泉&食のエンターテイメントリゾートホテル」
 
このコンセプトどおり、「緑の風リゾートきたゆざわ」は、
クセになってしまいそうですconfidentheart04
 
ここまでは、まずは速報版。このあと温泉編、食事編など、
詳しくご紹介していきますので、ブログの続きをお楽しみに~happy01note
 
flair緑の風リゾートきたゆざわ
基本情報はコチラ
 
ぐうたび限定・特別プランはコチラ

2015/06/22 16:44コメント(4)


2015/04/10[この記事のエリア] 札幌
4月18日、「北海道博物館」オープン★早速、行ってきました~!
2015年4月18日、「北海道博物館」がオープン!
北海道の自然やアイヌの文化を生き生きと紹介!
 
「北海道博物館~森のちゃれんが」が、北海道開拓の村に
来週末、遂にオープンしますsign01
 
ひと足お先に、マスコミ用の内覧会に行ってきましたshine
 
2015041001-001.JPG
入口にはどーーんと、北から来たマンモス象!
 
2015041002-001.JPG
骨格のレプリカは実物大。こ~んなに大きいんですhappy02
 
2015041020.JPG
向かい合っているのは、南から来たナウマン象!
本物の肩甲骨の化石も展示されています。
 
プロローグのテーマは「北と南の出会い」。掘り出された化石から、
同じ時代にココ、北海道にいたことが判っているんですってwobbly
 
2015041003-001.JPG
マンモス象の下をくぐって、お腹の下から見上げることもできます!
 
2015041000-002.JPG
海獣の骨の化石、触れます!重い~!!
 
この博物館は、北海道開拓記念館と
北海道アイヌ民族文化研究センターが統合して生まれ変わった
北海道の自然や歴史、文化を扱う総合博物館。
 
2015041004-001.JPG
それだけにアイヌ民族の暮らしや文化・歴史など、
展示・紹介がとても充実していますsign01
 
2015041005-001.JPG
これは、和人の米とアイヌの鮭を交換取引した歴史。
 
大きい米俵と小さい米俵が並んでいるのは、
カラザケ100本と交換する米の量を、松前藩が一方的に価格改定。
20升から7升へと変えたのですshock
 
それを引き金に、戦争へと歴史の歯車が動いていく。
そんな歴史を物語ったものです。
 
2015041006-001.JPG
アイヌの鎧や武器も、一緒に展示。
 
2015041007-001.JPG
遊びながらアイヌ語に楽しく触れたり、楽器を実際に
演奏してみたり、アイヌ文化がとても身近に感じられます。
 
2015041008-001.JPG
一番の特徴だと感じたのは、アイヌの「今」を紹介していることsign01
現在の社会とからめた展示なんて、今まで見たことがありませんshine
 
北海道の歴史については、海の底だった時代から現代まで。
 
2015041009-001.JPG
函館から出土した、道内唯一の国宝・中空土偶のレプリカ。
高度な縄文文化を実感させる、最大級に大きい土偶です。
 
2015041010-001.JPG
縄文時代の人って、こんなにお洒落だったの~?!
今のお団子ヘアに、アクセサリにバッグまで。イメージと違って、驚きですwobbly
 
2015041012-001.JPG
時代を現代まで、うんと飛ばして紹介しちゃうと
大正時代のストーブ列車もありました。
 
2015041013-001.JPG
私も乗車しているお客様に仲間入り。
だるまストーブの火にあたってみましたhappy01
 
自然と人の関わりも、この博物館の大きなテーマ。
 
2015041014-001.JPG
熊の巣穴に入り込んだり、落ちたドングリの行方を追ったり、
このコーナー、かなり楽しいnote
 
2015041015-001.JPG
巣穴から、顔を出してみました。
 
2015041016-001.JPG
リアクションは、同行者の編集部員ウッチャンの勝ちsign01
 
2015041017-001.JPG
クローズアップ展示という期間限定の特別展示が各所に数多くあり、
これは新撰組・永倉新八ゆかりの品々(5月末まで)。
 
今後、博物館の持つ多彩なコレクションから、さまざまな話題を
ピックアップして、紹介してくれるそうですpunch
 
2015041018-001.JPG
外国語表記やバリアフリーにも配慮。
 
2015041019-001.JPG
紹介できたのは、ほんの一部shine
北海道を楽しく知るには、必見のスポットとなりそうですflair
 
ぜひ、一度、足を運んでくださいねhappy01
 
北海道博物館
基本情報など、詳しい紹介はコチラをご覧ください。

2015/04/10 17:29札幌コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する