ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 編集部温泉


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



編集部温泉


2014/11/04
【美深・音威子府・中川の旅5】北海道命名の地・音威子府★黒いそば&木工体験に天塩温泉!
音威子府(おといねっぷ)の名物「黒いそば」を食べたあとは
木遊館の木工体験で「木皿」の制作に挑戦!
 
「きたいっしょモニターツアー」ブログ・第5弾shine
 
高橋知事認定の碑もある「北海道命名の地」へsign01 
 
2014103131.JPG
北海道で1番小さな村が、「北海道命名の地」だというのも
なんだかおもしろいcatface
 
幕末の探検家・松浦武四郎が天塩川流域の調査の帰路、
音威子府村筬島(おさしま)で野営した際にアイヌ集落の古老から
「カイ」は「この国に生まれたもの」という意味を教わったのがきっかけで、
「北海道」の基となる「北加伊道」を発想したとのこと。
 
そのあとは、いよいよ昼食へ。
2014103132.JPG
楽しみにしていた「音威子府そば」heart04
 
音威子府といえば、名物・黒い蕎麦で人気の「一路食堂」shine
 
2014103133.JPG
蕎麦がらも挽くから黒いし香りもいい、との噂ですが
この黒さの理由は企業秘密。残念wobbly
 
でも風味豊かでおいしいお蕎麦happy01
お土産はコレに決めたsign01生そばをたっぷり購入note
 
2014103134.JPG
さて、昼食の後は「木遊館」で木工体験shine
 
この村には「おといねっぷ美術工芸高等学校」もあって、
全国各地から芸術家の卵が集まっています。
 
その高校の卒業生や先生が集い、いろいろ教えてもくれるのが
「木遊館」。木工設備が整っていて、基本的には自由に使わせてくれます。
中には長期で通ってテーブルセットを作っていく人もいるとか。
スゴイ施設ですsign01
 
2014103135.JPG
今日は、木のお皿を作るゾpunch
 
丸く刳り抜いた板の底をノミを使って削り取り、
自分の好きな厚みや曲線にしていきます。
 
2014103136.JPG
割れないように、慎重にsweat01
トンカントンカン、筋肉痛になるかも~coldsweats01
 
2014103137.JPG
先生のOKが出たら、次は機会にかけて
表面をこすって滑らかにします。
 
最後は手で紙やすりをかけて、なんと食用のオリーブオイルを
しみこませて、ヤッター、完成happy02 2時間ほどの楽しい作業でしたscissors
 
2014103138.JPG
こうしてみると、なかなか本格的なんじゃないsign02
手前が私で、奥がおかみさんのお皿。
杢目も厚さもまったく違って、味わい深い出来上がりshine
 
この「きたいっしょエリア」はアート体験がいっぱいup
しかも気軽にトライできるものばかり。
旅先でアートするって、楽しいワsign01思い出も形になるしねheart04
 
2014103139.JPG
森先生、ありがとう~happy01
 
体験後、もう一軒、お蕎麦を試食note
 
2014103140.JPG
音威子府産そば粉(キタワセ)100%使用の
食事処「咲来」(さっくる)shine
 
2014103141.JPG
「咲来」はこの地域の名前で、100%地元産にこだわり
そばの栽培から製粉まで手がけている「咲来そば」。
上品な甘さがひきたち、風味がまったく違いますsign01
 
2014103142.JPG
手作りのようかんも美味しかった~。疲れがとれる~。
このようかんもお土産にnote
 
2014103143.JPG
今夜は温泉泊まり。源泉100%かけ流しの「天塩川温泉」spa
 
老舗の良湯をゆったり堪能し、おかみさんと
お風呂前、お風呂あと、食事前、寝る前、何回もカンパイをして(笑)、
この日はぐっすり、眠ったのでした~confident
 
次のブログは、中川町へ。キノコ狩りとクビナガリュウですsign01
 
flair「木遊館」の詳細はコチラ
 
flair「一路食堂」の詳細はコチラ
 
flair「咲来」の詳細はコチラ
 
flair「天塩川温泉」の詳細はコチラ
 
flair「きたいっしょ(美深・音威子府・中川)」公式観光サイト

2014/11/04 04:34コメント(0)


2013/07/11[この記事のエリア] ニセコ・ルスツ
ニセコにカッパ現る★湯本温泉郷【紅葉音(あかはね)】で泥パックの露天風呂~♪
泥パックしまくりのニセコ紅葉音の濁り湯露天
楽しい&気持ちいい~★日帰り入浴はいかが?
 
20130711001.jpg
奥ニセコの露天風呂に、カッパ出現sign03
 
20130711002.jpg
ここはニセコ湯本温泉郷「月美の宿 紅葉音(あかはね)」shine
 
にごり湯露天で有名な「雪秩父」のすぐそば。
古い湯治場を改装した、わずか12室の隠れ宿ですが、
なんと、日帰り入浴もやっているんですspa
 
20130711006.jpg
にごり湯の硫黄泉は源泉100%のかけ流しnote
内湯も、木のぬくもりに溢れてて落ち着けますshine
 
ココの泥(クレイ)は本当にスゴイwobblysign03
湯船の底に「湯花」が分厚く積もっていて、思う存分、泥パックできますshine
 
20130711003.jpg
いや~、楽しいhappy02
一緒に行ったひらりん(左)&カニちゃん(右)。
 
セクシーショット(?)をブログにアップするのを、ノリノリで
了承してくれましたup ありがとうheart04さすが「ぐうたび」メンバーだわっhappy02
 
20130711004.jpg
ひとすくいで、こんなにいっぱいの湯花note
 
20130711005.jpg
美肌効果バツグンの噂に、せっせ、せっせと塗りまくりlovely
 
美白エステにしたら1万円はラクに超えそうな贅沢感が
わずか800円で楽しめますheart04
 
しかも、ニセコの山を眺め、風を感じての入浴。気持ちいい~note
 
長湯しすぎて、泥塗りすぎて
しばらく硫黄の香りがとれなかったくらいwink
 
20130711007.jpg
湯上りは、静かなロビーでの~んびりできますconfident
 
flair「月美の宿 紅葉音(あかはね)」の詳細はコチラ
 
日帰り入浴は10:00~17:00・大人800円・小人300円
 
20130711008.jpg
帰りは近くの湧き出し名水スポット「甘露水」に必立ち寄りpunch
 
かの昭和天皇がこの湧き水を「甘露である」と喜ばれたことから
「甘露水」(ニセコ昆布温泉郷・ニセコグランドホテル前)heart04
 
20130711009.jpg
ペットボトルを忘れないでね~sign01
 
帰りには、このジェラートやさんに立ち寄るのもいいよねhappy01
↓↓↓
flair前のブログ「ニセコ【ルヒエル】旬フルーツを使った絶品ジェラート!」
 
flairその前のブログ「【ニセコミルク工房】牧草ロールに乗って絶景写真!」
も見てくださいねwink
 
夏のニセコ旅★オススメですnote

2013/07/11 12:22ニセコ・ルスツコメント(0)


2010/07/27[この記事のエリア] 旭川
今週末、花まつり×旭山動物園×森の露天風呂はいかが?
今週末は旭山動物園と車で20分の森の露天風呂、
そして「花まつり」を楽しもう♪
 
今、花火大会やビアガーデンをはじめ、夏のイベント真っ盛りsign01
ぐうたびの特集でも、夏休みイベント、花火大会カレンダー、
明日7月28日には8月以降の花火と夏の夜イベントをアップと、
立て続けにご紹介していますshine
 
でも、特集から抜けちゃった地元で人気のお祭りもたくさんあるのですwobbly
そんな中のひとつが、今週末に開催される「ひがしかぐら花まつり」happy01
 
 20100726花まつり画像.jpg
YOSAKOIソーランや町びと楽芸会など、ほっこり楽しいイベントで、
花の市、花のプレゼント(2日間で計300鉢)、フラワーパレード(日曜13:30~)など、
花づくしのイベントが多彩に行われます。
 
そんな中で注目なのが歌謡ステージ(日曜19:00~21:00・無料)sign01
さくらまやちゃんの「ヤーレンソーラン、まっつりだよ~」の生声が聴けちゃいますnote
ほかにも神野美伽、小林幸子ものまねの斉藤京子などが登場wink
 
fullmoon日時/7月31日(土)13時~21時・8月1日(日)10時~21時
fullmoon会場/上川郡東神楽町南1条東1丁目 義経公園
fullmoon問い合わせ/ひがしかぐら花まつり実行委員会事務局 0166・83・2114
 
すぐそばには、私の大好きな「森のゆ ホテル花神楽」もあります。
旭岳を望む大露天風呂がすごく開放的で、気持ちイイんですheart04
 
20100726morinoyu.jpg
 
日帰り温泉もヨシ、格安のコテージでわいわいやるのも、
露天風呂付き客室でゆっくりするのもヨシheart02
旭山動物園から車で約20分ほどなので、ぜひ、お立ち寄りください~happy01
 
詳細はコチラshine
森のゆ 花神楽

2010/07/27 12:00旭川コメント(6)


2010/04/01
0泊2食の日帰り温泉、体験してみたい?
日帰り温泉に新たなブーム!
「0泊2食の日帰り温泉」

男女問わず人気の「日帰り温泉」ですが、
最近、0泊2食がブームだそうです。

<温泉+ランチ+夕食>の日帰りプラン、
体験したこと、ありますか?

残念ながら私はまだなんです。
温泉入浴に贅沢ランチと専用部屋がついた日帰りプランは
よく利用していました。
札幌から定山渓によく出かけていましたが、
気軽に温泉旅行気分が味わえてリラックスでき
料金もおトク感があって、「なぜもっと流行らないんだろう?」
と思っていました。

20100324-00.jpg

 

0泊2食の日帰り温泉プランは、その進化版なのでしょうね!
「たまには温泉でゆっくりしたいけど、1日しかお休みがなくて泊まれない」
という人には、嬉しいプランです。

今、道内の温泉宿に、0泊2食+専用客室付きの
「ぐうたび限定プラン」の作成をお願い中ですが、
みなさん、利用してみたいと思いますか?
その時、希望予算は大体どのくらいですか?

みんなが殺到するような、
ぐうたび限定「0泊2食の日帰り温泉プラン」が作れるといいな♪
私も「ぐうたび」が無事オープンし次第、初トライを決めています!

どんなプランが出来上がるか、楽しみにしていてくださいね☆
(編集長 むらさわのりこ)

 

happy01プレサイト期間のブログに、こんな コメントを頂きましたsign01

 

Re:0泊2食の日帰り温泉、体験してみたい?

いくら出すかって言われましても。
う〜ん。
宿の部屋と料理によるしなあ。
近頃ラブホも温泉があるし、部屋風呂は大きいし、
露天じゃなくても眺めはいいし、
休憩で高くて1万円だからなあ。
そこらと比較しちゃうと料理がついてもやっぱり1万5000円までがいいかも。

11時から20時までいたとしてお昼と夜が部屋出しなら
私にとっても贅沢宿、定山渓の「翠山亭」だったら1万2000円が限度かな。
1万円だと嬉しいけど。
支笏湖の水の歌なら眺めのいい部屋でバイキングとかなら5000円がいいところ。
でも時間は札幌近郊ならゆっくりしたいから22時まではいたいです。
それから昼も夜も豪華料理だと飽きるから
定山渓のエステ宿、翠蝶館みたいなヘルシー指向の昼食が嬉しいですね。

posted by Double star | 2010-03-24 19:20

 

Re:0泊2食の日帰り温泉、体験してみたい?

10時頃からチェックインして温泉入ってお昼食べて
お昼寝したり温泉街を回ったり、また温泉入って本を読んだりして
夕ご飯食べて、ちょっとゆっくりして帰る感じですよね。
1泊2食料金の半額くらいなら考えるかな。
でも5000円から1万円までですね。 これ以下だと検討します。
以前「十勝千年の森」でやっていた「1万円ランチ」で
ランチ+セグウェイ体験などがついていてとっても楽しかったので
0泊2食もエステが受けられたりなにか体験もセットだとひかれますね。
 

posted by incognito | 2010-03-25 08:25

2010/04/01 15:55コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する