ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 2013年2月


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2013年2月


2013/02/22
【しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌】素材力を活かした旬会席&朝ブッフェ~お料理編
夕は食材の力を生かした和食会席でゆったり
朝は健康的に野菜&ご飯でパワーチャージ!
 
前回のブログの続き、【しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌】
体験レポートのお食事編です。
 
20130222001.jpg
この日の夕食は木の温もりが感じられる落ち着いた食事処、
料理茶屋「天の謌」にて。
 
20130222002.jpg
先付は「白糠産灯台つぶのみぞれ和え」
 
お料理もキレイですが、お皿もどっしりとして
「土」や「水」を感じさせてくれますshine
 
水紋のような模様もあって、聞けば
「水の謌」の設計を手がけた先生が作ったお皿なんですってsign01
だからコンセプトにピッタリなんですねhappy01
 
20130222003.jpg
前菜が、天の謌名物「十五の野菜の取り合わせ」
 
百合根や花豆、柿にヤーコンなど、ひとつずつ丁寧に仕上げてあって、
目にも美しいお料理heart04
 
ウドや菜の花で季節を先取り。
新しい季節の到来を告げるものは、どんどん取り込んで
お皿の上を変えていくのだそうです。
 
20130222004.jpg
お造りは道内各所の旬魚。羅臼のマツカワはオホーツクの自然塩で。
 
その後、肉・魚選べる焼物、温物、強肴と続いて、鰊の炊き込みご飯。
 
20130222007.jpg
最後は柚子のムースでしたlovely
 
どんどん旬をとりいれるので、メニューは変更されるとのこと。
それも楽しみですね。
 
20130222008.jpg
朝はガラッと雰囲気が変わって、ヘルシーブッフェ。
この景色、冬ならではの美しさですねhappy01
 
20130222009.jpg
「ネピュレ」という、野菜と果物をピューレにした
「飲む野菜」のジュースバーnote
 
201302220014.jpg
実演では、オムレツや玉子焼きのほかにフレンチトーストもdelicious
 
ここの自慢は新鮮でこだわった力強い野菜達とご飯とスイーツ。
 
201302220013.jpg
ご飯は「釜炊き」して席まで運んでくれます。
お米がピンとたってますsign01
 
201302220016.jpg
ご飯×ご飯になりますが、
「黒千石の炊き込みご飯」、これ、とてもオススメですwink
 
201302220012.jpg
スイーツはもちろん、隣接してスイーツショップがあるくらいなので、
専門のパティシエが作りますheart04
 
素材力を活かしたお料理をたっぷりいただき、なんだかキレイになった気分shine
 
201302220017.jpg
お土産は、黒大豆発酵エキスを中心に、
ガゴメエキスや白樺樹液、サケ皮コラーゲンなどを配合した
【水の謌】完全オリジナルのアメニティshine
 
部屋や大浴場でも使えるので、使い心地はもちろん
ノンシリコンやラベンダーの香りも確認済みnote
 
ザ・北海道で、さらにキレイになれそうじゃありませんかsign01
 
201302220018.jpg
ロビーでの生演奏を聴き逃したので、
すっかりキレイ気分で、優雅にハープを演奏する真似catface
 
【水の謌】には、美しい支笏湖を抱く、
この地でしか味わえない感動があります。
 
ぜひ一度、体感してみてくださいねhappy01
 
flair【水の謌】のプランはコチラ

2013/02/22 04:20コメント(0)


2013/02/21
【しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌】水の癒しがテーマのスパリゾートを体感!
「水の癒し力」というストーリー性の高さに脱帽
至れり尽くせりの心配りが楽しいリゾートホテル!
 
まず驚かされるのは、鶴雅リゾートらしい
その土地ならではの徹底したストーリー性の高さsign01
 
201302211000.jpg
透明度の高い清澄な水をたたえる支笏湖から
「水の癒し」をテーマに館全体を設計したとあって
アプローチから、もう別世界shine
水の流れに誘われるように、幻想的な水琴窟の音を聞きながら
エントランスへと向かいます。
 
201302212000.jpg
このドアの向こうは、癒しの世界~confident
 
201302213000.jpg
ウェルカムラウンジは、巨木に守られる森をイメージ。
 
201302214000.jpg
17時になるとこのラウンジでは、マシュマロサービスがあり
ゲストが自由に巨木の暖炉で、串にさしたマシュマロをあぶって
食べることができます。
 
それは子供の頃に憧れた1シーンheart04
自然と火の周りには、人が集まってきます。
 
201302215000.jpg
今回の宿泊は、細かな気泡が身体を包む
テラスに展望シルキーバス付きの「準特別室」。
 
実際に45平米以上と広いのに加えて
大きな2面の窓から大自然が望める角部屋で、かなり開放的note
冬は、木々の間から、支笏湖も見渡せます。
 
シルキ―バスはいつでもお湯がはってあるから
気軽に入れて、う~ん、気持ちいいhappy01
 
カラ―もどこか、森を感じられるものですね。
 
201302216000.jpg
大浴場の「しこつ美湯」では、露天風呂はもちろん、
多彩なスパが楽しめますspa
 
私が好きなのは、大浴場奥にある立ち湯。
すごい勢いの強めのジェットバスがお腹やお尻に効きそうで
マッサージ効果も高そうwink
 
そして女湯のアロマミストサウナ。
呼吸が一瞬でラクになるかのような豊富なアロマミストで、
すごいリフレッシュできるんですsign01
まさに「水の癒しパワー」を実感、というところでしょうかhappy01
 
とろり&しっとりの湯で美人度をあげたあとはマッサージshine
 
鶴雅のスゴイところは、至れり尽くせりのおもてなし。
 
2013022218000.jpg
マッサージチェアが脱衣所にも湯上りラウンジにも、
置かれているのです。
 
全室にあるのにcoldsweats01 
 
20130222111000.jpg
専門のトリートメントルームもあるのにcoldsweats01
でもおかげで、好きなところで、ゆっくり休めますねnote
 
2013022219000.jpg
そして「アクアバ―」。約30種のミネラルウォーターがあり、
支笏湖の天然水が売れているのかと思いきや、
これはお風呂上がりにもサービスで飲めるので売れず(笑)coldsweats01
 
フィネ600円。意外にもこんな高い水が、ボトルが可愛いので
売れているんですって。いい記念になりますもんね。
いろいろ話を聞いて好きな水を選ぶの、楽しいnote
 
建物から調度品、温泉に料理、そしてサービスまで、すべて
「水の癒し」のコンセプトが貫かれているのがスゴイpunch
 
その隣には「ピローギャラリー」。
材質や高さの違ういろんな枕をあててみて、
自分が試してみたい枕を選びますshine
 
20130222110000.jpg
私は前から気になっていた、ロフテーの高さ2センチ枕に決定scissors
オープン時からコンシェルジュデスクにいらっしゃるという
大塚さんは、的確なアドバイスをくださいます。
けっこう混むので、たくさんの枕から選ぶには、早めに行くのがおススメwink
 
お風呂で美肌の湯を堪能し、マッサージして
好きな水や枕を選んだら、もう日常のことはキレイに忘れています。
 
そしてお楽しみの食事へsign01
 

2013/02/21 23:48コメント(0)


2013/02/21
【支笏湖第一寶亭留 翠山亭】で季節の和食会席をゆったり~お料理編
個室で季節の旬味をいただく贅沢な時間
白子に鮟鱇、白老牛のしゃぶしゃぶ鍋など!
 
前回のブログの続き、【支笏湖第一寶亭留翠山亭】
体験レポートのお食事編です。
 
20130222014000.JPG
この日の夕食は、個室食事処「苔庵」でshine
 
20130219000.jpg
「苔庵」は囲炉裏もある、和モダンなレストラン。
私達はシックな個室で、やんわりと素敵なもてなしの中、
旬味あふれる冬の膳をいただきましたhappy01
 
20130222016000.JPG
まずは食前のみかん酒と突出しは
「鱈白子茶碗蒸し べっ甲餡掛け」
 
7品の酒菜もなんとも上品~heart04
嬉しくて、思わず、背筋を伸ばしていただきたくなりますconfident
 
雲丹や鮪、蝦夷螺貝など、新鮮なお造理が並んだら
もちろん日本酒~bottle
 
20130222017000.JPG
ココは道内にある15の蔵元から取り寄せた地酒が揃いますsign01
私は久しぶりに、辛口の「北の勝」を選んでみました。
定山渓の翠山亭が持つ窯で焼いた手作りの酒器ですshine
 
銀餡と柚子で仕立てた「目抜きかぶら蒸し」をいただいたら
メインは道産牛、海鮮、カニの3種から選べる「しゃぶしゃぶ鍋」delicious
 
20130222018000.JPG
キレイな白老牛~shine
 
カニしゃぶ鍋はズワイとタラバの2種盛り。
半生でいただく身の甘いことsign03
 
20130222019000.JPG
箸休めのシャーベットを挟んで、
「鮟鱇共揚げ 旨出汁 青唐」
 
20130222020000.JPG
酢物の「蟹錦巻き 土佐酢じゅれ」
 
食事は、自社ぶれんど米の釜炊き白ご飯、
味噌汁、漬けもの、白玉ぜんざい&フルーツと続きました。
 
なんて贅沢~wobbly
お料理が出てくるタイミングや和む会話も心地いいheart04
 
朝食も同様、選べる旬魚がついて、豪華でしたよhappy01
 
季節や仕入れ状況で中身は変わりますが、
本格会席を貫く上品で奥深い味わいは、
メニューが違えど、しっかりと堪能できると思います。
 
20130222022000.JPG
優雅な一日の締めに、重厚でクラシックな設えのバ―も
ぜひ体験してくださいねwine
 
お湯だけでなく、お食事にもうっとりconfident
和風旅館ならではのゆとり時間に酔いしれた2日間でしたshine
 
支笏湖第一寶亭留翠山亭の温泉&美食旅、いかがでしょうかhappy01
 
 

2013/02/21 18:04コメント(0)


2013/02/21
【支笏湖第一寶亭留翠山亭】で静かで贅沢な湯浴みを満喫してきました!
【支笏湖第一寶亭留翠山亭】は落ち着いた静けさがまさに大人宿。
トロッとしたお湯の良さに、じんわり疲れがほどけます…。
 
この冬、支笏湖温泉の【支笏湖第一寶亭留翠山亭】
行ってきましたsign01
 
201302200000.jpg
全29室のこの憧れ宿には静けさとゆとりが満ちています。
家具や調度品が醸し出す落ち着いた空間は、まさに大人の宿shine
 
201302202000.JPG
ここは支笏湖を望む2階のゲストサロンなのですが
広々して、ゆったり。
パノラマの大きな窓からは、四季折々の風景が見渡せますconfident
 
201302203000.JPG
冬はこんもり積もった雪景色の向こうに凛とした支笏湖
 
201302204000.jpg
春になると美しい桜が楽しめますheart04
 
この眺めのいいサロンで、セレクトされた中国茶をいただきながら
ゆっくりおしゃべり。ひとりで読書するのもいいなあ。。。confident
 
1階の開放的なラウンジでも、朝風呂のあと
新聞を読みながらコーヒーとクッキーをいただきました。
この館内全体に満ちている上質な寛ぎ感はスゴイsign01
 
201302206000.JPG
また、この宿の自慢は何と言ってもお湯の良さspa
誰もいなかったので、雪見の露天を寝湯に浸かりながらパチリwink
 
しっとりと肌にやさしい、トロトロのお湯です。
このお湯、大好きheart04
 
201302207000.JPG
大浴場の浴槽は、樹齢1000年ともいわれる直径2mもの古代檜を使用。
檜の香りが漂い、森林浴気分で癒されます~shine
 
温泉は客室にも引かれていて、
201302208000.JPG
この写真アングル、不思議でしょう?
今回、私が泊まったのは、
「スパリビング付ラグジュアリーツイン」54平米。
 
201302209000.JPG
大胆にも、リビング内に檜の浴槽をおいて、
温泉を楽しむために造られた客室なのですsign01
 
2013022011000.JPG
居間は湿気も気にならないし、もちろんテレビもあります。
 
2013022012000.JPG
寝室も別の2間続きなので、思いのほか快適。
 
2013022013000.JPG
お風呂の中からは、リビングがこ~んな風に見えますwink
 
温泉三昧ですっかりリラックスした後は、いよいよ夕ご飯~note
 
お料理は次のブログに続きますcatface
コチラを見てくださいねhappy01sign01
 
flair【支笏湖第一寶亭留翠山亭】のプランはコチラ

2013/02/21 17:05コメント(0)


2013/02/11[この記事のエリア] 札幌
たっぷり野菜に玄米パンケーキ★新しくなった「センチュリー」ランチブッフェを体験!
「センチュリーロイヤルホテル」に新登場♪
野菜盛りだくさんの60品ランチブッフェ!!
 
JR札幌駅直結のセンチュリーロイヤルホテルが昨年12月、
ランチの満足度をよりあげようと、ランチブッフェを
全面新装リニューアルオープンsign01
 
もともと、ディナーや朝食の美味しさが評判のホテルだけに
ランチブッフェをどうリニューアルしたのか、興味シンシンnote
先日、やっと体験してきました~happy01
 
2013021001.jpg
ランチブッフェは「野菜&玄米」がテーマshine
ヘルシーな洋食や中華、スイーツが、ズラリ60品、並びますsign01
 
2013021002.jpg
カラフルでキレイなサラダバーheart04
まずは、たっぷりと野菜が食べられるのが、すっごくうれしいhappy02happy02
 
 2013021003.jpg
「量」だけでなく「質」重視punch
 
手作りのバーニャカウダのソースは、この日、
なんと「カニみそ」でしたlovely
 
ソースが濃厚note
それに新鮮野菜、とくに人参の甘いことwobbly
 
2013021008.jpg
ヘルシーといっても、野菜料理やサラダばかりではなく
じっくり煮込んだカレーや肉料理、スープなど、しっかり並んでいますshine
 
2013021007.jpg
本日の実演は、アツアツの
「ルスツポークのシチュー・ポテトソース」sign01
 
2013021006.jpg
ところどころに置かれてある紹介ボードが、こだわり食材の
産地や生産者の顔・メッセージをしっかり伝えてくれて、
より安心して、よりおいしくいただけますconfident
 
そして、いよいよデザートタ~イムbell
 
2013021005.jpg
新設した「べーカーキッチン」では、焼きたてパンに加えて
専属パティシエがライブで、「特製玄米パンケーキ」を
目の前で焼き上げてくれますscissors
 
2013021010.jpg
「妹背牛産玄米入りパンケーキ・アイス添え」shine
焼きあがるのを待つのも、また楽しい~wink
 
焼印がしっかり入った焼きたて玄米パンケーキは
お米だけあって、外がサックリ、中もっちもちheart04
 
私は、生クリームに手作りジャムをトッピングnote
これ、ココの名物になると思うshine
ぜひ、味わってみてくださいdelicious
 
2013021004.jpg
ほかにも「かぼちゃと小松菜のケーキ」や
「ナスのコンポート・ワインゼリー」など
ついつい手が伸びちゃうミニケーキがズラリlovely
 
お腹はもういっぱいなのに、誘惑が大きいコーナーだわ。。。coldsweats01
 
新しいレストランの名前は
「YUUYOO TERRACE SAPPORO(ユーヨーテラス サッポロ)」
 
オプションで、プレミアムドリンクが90分飲み放題300円sign01
 
ごぼう茶、黒茶、ルイボス茶、
フレッシュミックスジュースにフルーツ酢などなど、
ヘルシードリンクがいっぱい試せて、コチラもオススメnote
 
YUUYOOは「悠揚」・・つまり「ゆったり落ち着いて
食事を楽しんでほしい」という気持ちをこめたのだそうです。
 
2013021009.jpg
私たちも、デザートにたどりつくまでに1時間以上sign01
だって60品もあるから、少しずつ、
いろいろ試してみたいんだもの、ね~wink
 
野菜がたっぷり摂れて、おいしくて、
コストパフォーマンス抜群のランチブッフェheart04
ぜひ、何度もおかわりにいって
ゆっくりと、ヘルシーランチを大満喫してくださいねhappy02
 
flair「YUUYOO TERRACE SAPPORO」
センチュリーロイヤルホテル2階
ランチブッフェ 11:30~15:00
大人1800円、子ども(4歳から小学生)900円、3歳以下無料

2013/02/11 16:16札幌コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する