ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



新着記事


2014/08/25
鶴雅ビュッフェダイニング札幌★札幌三井JPビルディング「赤れんがテラス」にオープン!
8月28日、「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」遂にオープン!
あの「鶴雅のビュッフェ」をひと足早く、味わってきました♪
 
北海道の人気宿を代表する鶴雅グループが手がける
初めてのレストラン専門店「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」が
2014年8月28日、待望のオープンsign01
 
2014082501.jpgのサムネール画像
私は今、お披露目レセプションから帰って来たところ。
新店は期待通り、いや期待以上のとっても素敵な空間でしたshine
 
2014082502.jpgのサムネール画像2014082503.jpgのサムネール画像
2014082504.jpg2014082505.jpgのサムネール画像
『北の和食』をテーマに、個性的なメニューが約80点wobbly
 
2014082506.jpgのサムネール画像
「鶴雅ビュッフェ」が誕生するのは、札幌駅前エリア、ビル全体が
同時オープンとなる札幌三井JPビルディングの「赤れんがテラス」2階。
 
鶴雅といえば全道・各宿、地元らしさと
旬の幸を活かした食に定評があり、定山渓「森の謌」、
支笏湖「水の謌」などのビュッフェが大人気で有名shine
 
そんな、わざわざドライブに出かけてでも食べたかったビュッフェが、
すぐそばに来てくれたのは、とっても嬉しいことですhappy01
 
2014082500.jpgのサムネール画像
私が案内された席は、道庁赤れんが庁舎と
北3条広場を見渡す「ザ・札幌市」のコーナー席。
 
道外からの友人を連れてきたら、喜ぶだろうなあnote
 
2014082507.jpg
一番驚いたのは、「実演」の豪華さwobbly
 
全て目の前で調理してくれるオープンキッチンで、寿司は握りたて、
 
2014082508.jpgのサムネール画像
天ぷらは揚げたて、
 
2014082509.jpgのサムネール画像
ほかにも焼きたてのステーキ&ピザなど、
 「おいしい」「たのしい」「できたて」が、ライブ感たっぷりに味わえますheart04
 
2014082510.jpg
また、厳選した食材を最も美味しく提供できるよう
鮮度と熟成に、とことんこだわったとのこと。
 
2014082511.jpg
たとえばお刺身の氷は「シルクアイス」という
鮮度を保持するのに適温の氷を使ったり、
 
2014082512.jpg
肉は熟成保冷庫でしっかり保存された食べごろのものを
藁(わら)でいぶして、そのあとステーキに。
 
2014082514.jpg
こだわりの釜炊きご飯は、今、もっとも味の良い北海道米を厳選し、
なんと、毎朝精米shine
 
“北海道の食の個性と郷土力を新しいスタイルで”
 
さすが鶴雅が「私たちの美味しさの集大成」と誇るだけあり、
一品一品、丁寧に手作りされた「北の食」の数々ですsign01
 
2014082513.jpgのサムネール画像
ビュッフェでは見逃すことのできないスイーツもズラリlovely
しかも鮮やかで、どれもおいしそう~note
 
こちらはスイーツの専門店を営む「水の謌」が作っているそうです。
 
2014082515.jpg
ビュッフェは昼と夜があり、これは夜ビュッフェのアミューズのひと皿shine
 
酒かすと豆乳のすり流しに甘いマイクロトマト、
ブラックペッパーを土に見立てた小さなラディッシュが
なんとも可愛らしく、嬉しくなりますhappy01
 
これだけ豪華で、昼は大人2400円、4歳~小学生が1200円。
夜が大人4200円、4歳~小学生が2100円。
いずれも、税込。3歳以下は無料。
 
コスパすごくて、大満足~heart04
 
もっと贅沢に堪能するなら「短角牛のステーキ」80g・1400円や
「きんきの炙り焼き」半身・1000円など
特別な素材で作る注文料理も用意されているそうです。
 
店内は全客席数193席と広く、通常テーブルのほか、
明るいカウンター席に落ち着く個室、33名まで収容できる
パーティルームまであり、多彩な用途で使えそう。
 
個室は1室ずつ、「鄙の座」「杢の抄」「北天の丘」など
全道各地の宿名がついていて、装飾も宿コンセプトどおり。
「鶴雅ファン」には、たまらない設えになっています。
個室はおひとり様、4歳以上500円。
 
話題になること必至のこのブッフェheart04ぜひ、お出かけくださいねhappy01
 
flair「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」
札幌市中央区北2条西4丁目1番地
札幌三井JPビルディング「赤れんがテラス」2階
 
sunランチ
11時~15時(最終入場14時、ラストオーダー14時30分)、
大人2400円、4歳~小学生が1200円。※個室のみ3名~予約可能(前日まで)。
 
moon3ディナー
17~22時(最終入場21時、ラストオーダー21時30分)、
大人4200円、4歳~小学生が2100円。※すべての席が予約可能
 
flairいずれも、税込。3歳以下は無料。個室はおひとり様、4歳以上500円。
 
flair予約・問合せは
【8月27日まで】開店準備室(鶴雅グループ札幌事務所内)
 電011-206-0577[10:00から20:00]
 
【8月28日から】鶴雅ビュッフェダイニング札幌
 電 011-200-0166 [10:00から22:00]
 
 全宿・全プラン「館内利用券」付き!
 
 

2014/08/25 17:40


2014/08/20[この記事のエリア] 札幌
札幌駅前3ホテル競演「ランチブッフェ」スタンプラリー★スイートルーム・ペア宿泊券など当たります!
センチュリーロイヤルホテル、京王プラザホテル札幌
JRタワーホテル日航札幌など札幌駅前の3ホテルが共同開催!
お得な割引もあり♪豪華プレゼントが当たるかも♪
「ランチブッフェスタンプラリー」スタート!!
 
札幌駅前にある「センチュリーロイヤルホテル」、
「京王プラザホテル札幌」、「JRタワーホテル日航札幌」といえば、
美味しい&豪華な「ランチブッフェ」が大人気の3ホテルshine
 
北海道新幹線開業と札幌延伸を盛り上げようと
「ランチブッフェスタンプラリー」を開催しますsign01(8/19~9/30迄)
 
JR実演.jpgのサムネール画像センチュリー実演.jpgのサムネール画像
特別企画として、ブッフェの中で各ホテル、
周辺エリアの食材を取り入れた「実演」オリジナルパスタが登場heart04
 
センチュリー8月.jpg
この写真はセンチュリーロイヤルホテル、8/19~30の期間限定パスタlovely
 
プリプリの帆立と肉厚しいたけの香りが楽しめる
「八雲産帆立と札幌米里産原木しいたけのペペロンチーノスパゲティ」
 
センチュリーロイヤルホテルは31日以降、
週替わりでオリジナルパスタが提供されますsign01
 
センチュリー9月.jpg
例えば、このパスタは、9/7~13に食べられる「八雲産ホタテと
札幌米里産原木しいたけのカルボナーラ ほうれん草のタリアッテッレ」
 
楽しみ~note
 
京王パスタ.jpg
京王プラザホテル札幌
「青森産黒にんにくと札幌産玉ネギの黒パスタ」
 
JRパスタ.jpg
JRタワーホテル日航札幌は、
「小樽沖真イカと札幌丘珠産メークインのカラフルコンキリエ
グラナパダーノの香り」
 
この実演パスタが、盛りだくさんブッフェの中の1メニューだってところが
贅沢ですよね~happy01
 
スタンプカードがお得な割引クーポンになって、
2軒目からは、カード提示で5%オフsign01
 
そして豪華プレゼントもwobbly
 
flair3ホテル制覇で【3ホテル満喫パック】・ペア1組2名様shine
 
sun京王プラザホテル札幌 スイートルームご宿泊券
sunJRタワーホテル日航札幌 スカイリゾートスパ「プラウブラン」のスパ入浴
 &スパ内カフェ利用券
sunセンチュリーロイヤルホテル「スカイレストラン ロンド」のペアディナー券
 
flair2ホテル制覇で【ペアランチ券】・ペア3組6名様shine
 
ランチブッフェを楽しみつつ、
このプレゼントも当ててくださいねsign01
 
各ホテルの料金、時間等、「ランチブッフェスタンプラリー」
詳細はコチラをご覧くださhappy01

2014/08/20 15:59札幌コメント(0)


2014/07/31
北海道・知内の「青の洞窟」を探検★道南の秘境・矢越岬の絶景クル―ズ「矢越海岸アドベンチャーズ」♪
道南・知内にもあった「青の洞窟」!今年から見られるようになりました。
奇岩が続く絶景を進む「秘境クル―ズ」は感動モノ!!
 
路線バスと定期観光バスが3日間乗り放題の
「千年北海道手形」を使った旅ブログ、第5弾sign01
 
2014071801.JPG
いよいよ、知内の「青の洞窟」を目指すクル―ズに乗船shine
 
早朝、宿の朝食の前後に体験するのがおススメと聞き、
私は朝食後、7時45分~9時15分の体験を予約。
 
前のブログで紹介した新鮮魚介尽くしの美味しい宿「海峡の宿 然」から、
歩いて3分ほどの船着き場から出航ですhappy01
 
2014071802.JPG
この体験は、小型船で行く夏期間限定の秘境クルーズ
「矢越海岸アドベンチャーズ」ship
 
子供の頃に遊んだこの海の魅力をもっと知って欲しいと、
この会社・854(やごし)クルーズを立ち上げた熱き男・村田さんが、
この土地のこと、景色のこと、た~っぷり教えてくれますwink
 
2014071803.JPG
津軽海峡に道内で一番近い知内の岬は
荒々しい波が岩を削った奇岩が、絶景の海原を作り出していますshine
 
2014071804.JPG
気持ちい~いwobbly
同行者の荻ちゃんもハイテンションnote
 
2014071805.JPG
この日は、仙台のテレビ局の取材クルーも一緒でした。
道内でもまだ穴場なのに、全国的に有名になる日は近いsign02
 
2014071806.JPG
この岩の上には義経伝説のある矢越八幡宮があります。
 
「矢越岬」の名前は、荒波を鎮めようと、航海の難所だったこの岬に
義経が矢を射ったことに由来しているそうですよ。
 
・・安全と大漁を祈願して、「義経号」から合掌。
 
2014071808.JPG
突起した高い岩の上に、ワシの仲間のミサゴという鳥の巣sign01
双眼鏡を借りてのぞくと、赤ちゃん鳥がいる~lovely
 
2014071809.JPG
そしてクライマックスshine これが「青の洞窟」かsign02
と思いきや、ココはまだ違うんですってcoldsweats01
 
すでに水はきれいなブルーだけどなあ。
「矢越ブルー」ってどんな色? 洞窟おあずけで、高まる期待note
 
2014071810.JPG
キャンプでもしたくなるような三角洲の白浜も現れる。
ここにはよく、鹿が出てくるんですって。
 
2014071811.JPG
絶景に見惚れているうちに、おsign01
とうとう「青の洞窟」に到着~heart04
 
2014071812.JPG
いざ、スタンバイ。テレビの取材班にも緊張が走ります。
 
突入~sign03  
 
2014071813.JPG
・・あれ、意外と暗くて、想像と違う。
 
2014071814.jpg
と思いきや、洞窟内をUターンすると
降り注ぐ日を浴びて、エメラルドグリーンに輝く海shineshine
これが矢越ブルー。 幻想的で素敵~heart04
 
2014071815.JPG
ここはパワースポットらしく、小石に願い事を託して
沈めると叶う・・とのことconfident
 
2014071816.JPG
思う存分、願いをこめて、小石を海に投げ入れました。
願いよ、届けpunch

今年から見ることができるようになった「青の洞窟」shine
この洞窟へ入るには国の認可が必要で、国土交通省と約1年間、
粘り強く交渉を続け、遂に許可をもぎとったのだそうですsign01
 
2014071817.JPG
青の洞窟を離れても絶景は、まだまだ続きます。
 
2014071818.JPG
カモメが子供(写真右)を守っている姿に、感動lovely
 
2014071819.JPG
まさに道南の秘境。潮風が爽快な、大自然に触れられる絶景クル―ズ。
 
2014071820.JPG
ダイナミックな感動を共有して、TVレポーターさんたちとも
すっかり仲良くなりましたhappy01
 
2014071821.JPG
90分は、あっという間に終了。見応えあったな~note
 
このクル―ズは必体験もの。
運がよければ、イルカやクマにもあえるそうですよwink
 
是非一度、乗ってみてくださいhappy01
 
flair矢越海岸アドベンチャーズ(クルージング)
知内町字小谷石99-8 90分間・4000円
電080・5582・0855
 
このあと、私達は宿を大急ぎでチェックアウトして
9時45分発の路線バスに飛び乗り、
「千年北海道手形」を利用して、一路、函館へ。
 
この旅のブログは全部で5本。
ぜひ、前のブログも見てくださいねhappy01
 
flair「江差・松前 千年北海道手形」でイイトコどりの旅!
 
flair【千年北海道手形】江差~上ノ国~松前★歴史街道を行くバスの旅!
 
flair【千年北海道手形】知内に途中下車★「行き止まり」の港町をぶらり散策!
 
flair知内名産マコガレイの姿盛りに殻付きウニ、活アワビなど
 アットホームな「海峡の宿 然」で豪華・海鮮三昧!

2014/07/31 22:15コメント(0)


2014/07/27
豪華姿盛り&活魚尽くしの愛情料理に思わず興奮★知内「海峡の宿 然(ぜん)」に泊まってきました!
知内名産マコガレイの姿盛りに殻付きウニ、活アワビなど
アットホームな「海峡の宿 然」で豪華・海鮮三昧!
 
路線バスと定期観光バスが3日間乗り放題の
「千年北海道手形」を使った旅ブログ、第4弾sign01
 
全国に多くのファンを持つ豪華海鮮の宿があると聞き、
松前から函館に向かう途中の「知内」で下車bus
 
2014071773.JPG
「海峡の宿 然(ぜん)」は、創業してまだ7年の一軒宿。
チェックインして、まずは夕食前に付近を散策fish
 
のどかな漁師町の風情は前のブログを、ぜひ見てくださいhappy01
 
2014071774.JPG
この宿の魅力は何といっても海鮮尽くしの食事sign03
スゴイとは聞いていたものの、お膳を目にした途端、
その豪華さに思わず声をあげてしまいましたheart04
 
2014071759.jpg
中央には知内名物・マコガレイの姿盛りshine
 
2014071760.JPG
肉厚の刺身を、活〆してすぐしか作ることができない、
コクのある肝醤油でいただきますdelicious
 
2014071762.JPG
その脇には大きなアワビshine
 
2014071761.jpg
殻がまだ動いているウニshine
 
2014071763.JPG
知内名産のカキ。そして活イカの刺身にタコ、ホタテ、ナマコ。
 
旬はもちろんのこと、何よりも新鮮さにこだわり、
生簀を作って食事のスタート時間から逆算して活〆したりと、
一番美味しい状態で提供してくれているのですconfidentshine
 
2014071764.JPG
活魚以外にも、オリジナルの手作り料理がいっぱいsign01
これは自家製のウニ豆腐。ウニがない時期にも、ウニの風味を
味わってもらいたいとの思いから生まれたお料理だとのことdelicious
 
2014071765.JPG
こちらは、地元ホウレン草のパイ包み。他にもカキの陶板焼きや
知内米のウニご飯など、食べきれないくらいsign01
 
2014071766.JPG
デザートも知内産にこだわり、この日はぶどうのゼリー。
 
地元の海の幸&農産物たっぷりの、贅沢な美味しい夕食ですheart04
 
2014071767.JPG
目の前が海の一軒宿。ぐっすり寝て、波の音で目覚めた朝sun
 
2014071768.JPG
朝食もやっぱりスゴかったhappy02   焼いたマコガレイに布海苔の味噌汁、
自家製の練りウニや生の昆布、地元ほうれん草のおひたしなどズラリshine
 
2014071769.JPG
自家製のおからは、やさしい味で胃袋に沁みる~catface
 
2014071770.JPG
通常は冬しか食べられない貴重な寒海苔で、豪華な海苔ご飯note
海苔をのせすぎて、ご飯が見えなくなっちまったぜいlovely
 
こんな愛情たっぷりの感動ご飯shine
これで1泊2食・8100円だから驚きですwobblywobbly
 
「ここまで、ふらっと来る人なんていない。
わざわざ来てくれるんだもの。お客さんには絶対に感動を与えたいsign01
美味しいって言葉で、こっちも感動をもらえるの」と女将さん。
 
2014071771.JPG
気さくな女将さんの人柄もまた、大きな魅力のひとつheart04
アットホームで、居心地満点。私もファンになりましたhappy01
 
食事、女将さんに加えて、第3の魅力がクルーズ体験sign01
目の前の海沿いを歩いて3分の船着き場から、奇岩に迫る
「絶景クル―ズ」が楽しめますshine
 
2014071772.JPG
潮風が爽快で、天気がよければ「青の洞窟」にも入れますlovely
朝食の前後で、ぜひ体験してくださいね。
 
秘境クルーズ」は次のブログで紹介sign01見てくださいねwink
 
flair海峡の宿 然(ぜん)
知内町字小谷石37-1 1泊2食・8100円
電01392・5・7343

2014/07/27 22:38


2014/07/27
【千年北海道手形】知内に途中下車★「行き止まり」の小谷石地区に豪華海鮮と秘境クルーズあり!
路線バスと定期観光バスが3日間乗り放題の
「千年北海道手形」を使った旅ブログ、第3弾!
 
江差から松前で「歴史ロマン」に浸った旅の続き。
松前から函館に向かう途中の「知内町」で下車。狙いは2つscissors
 
2014071750.JPG
ど~んsign01ウワサに聞いてずっと来てみたかった
こんな豪華な海鮮尽くしが食べられる宿に泊まることheart04
 
2014071780.jpg
そして、ど~んsign01こんなにきれいな
「青の洞窟」に行ける絶景クルーズに乗ることheart04
 
この2つを目的に知内に来たワケですが、
すご~く素敵だったので、先に「知内」の町そのものをご案内shine
 
2014071751.JPG
知内町は、手つかずの自然にあふれた、のどかで静かな漁師町。
 
2014071753.JPG
小谷石地区の宿から海沿いを歩いてすぐに現れるのが、
このダイナミックな風景shine
 
2014071754.JPG
知内の岬は津軽海峡に道内で一番近く、
荒々しい波が岩を削り、奇岩が続く絶景を作りだしています。
 
海はキレイで、たくさんの昆布が揺らめき、小魚が泳いでいるのが見えましたhappy01
 
2014071755.JPG
磯の香りのなか、昆布を乾かしている漁家が並んでいます。
 
2014071756.JPG
ぶらぶら歩いていると「行き止まり」の看板wobbly
この先は、道南の秘境と言われる矢越岬です。
 
2014071757.JPG
川のそばに、冷泉が湧き出しているのを発見sign01
硫黄の香が漂う「薬師の湯」。どういう使い方をするのかなあ。
 
2014071758.JPG
赤いポストも、この町によく似合ってる~lovely
同行者の荻ちゃん、思わず激写good
 
タイムスリップして昔の町に迷い込んだような感覚。
「知~らないまあぁ~ちを、歩いてみ~たぁ~い~」の曲が、
頭をよぎりますconfidentnote
 
気づくと1時間以上、たっぷり散歩してるwobblysign01
 
さあ、これからお楽しみの夕食catface次のブログでたっぷり紹介しますwink
 
前のブログも見てくださいねhappy01
 
flair江差・松前 千年北海道手形」でイイトコどりの旅!
 
flair【千年北海道手形】江差~上ノ国~松前★歴史街道を行くバスの旅!

2014/07/27 17:45コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する