ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



新着記事


2015/04/10[この記事のエリア] 札幌
4月18日、「北海道博物館」オープン★早速、行ってきました~!
2015年4月18日、「北海道博物館」がオープン!
北海道の自然やアイヌの文化を生き生きと紹介!
 
「北海道博物館~森のちゃれんが」が、北海道開拓の村に
来週末、遂にオープンしますsign01
 
ひと足お先に、マスコミ用の内覧会に行ってきましたshine
 
2015041001-001.JPG
入口にはどーーんと、北から来たマンモス象!
 
2015041002-001.JPG
骨格のレプリカは実物大。こ~んなに大きいんですhappy02
 
2015041020.JPG
向かい合っているのは、南から来たナウマン象!
本物の肩甲骨の化石も展示されています。
 
プロローグのテーマは「北と南の出会い」。掘り出された化石から、
同じ時代にココ、北海道にいたことが判っているんですってwobbly
 
2015041003-001.JPG
マンモス象の下をくぐって、お腹の下から見上げることもできます!
 
2015041000-002.JPG
海獣の骨の化石、触れます!重い~!!
 
この博物館は、北海道開拓記念館と
北海道アイヌ民族文化研究センターが統合して生まれ変わった
北海道の自然や歴史、文化を扱う総合博物館。
 
2015041004-001.JPG
それだけにアイヌ民族の暮らしや文化・歴史など、
展示・紹介がとても充実していますsign01
 
2015041005-001.JPG
これは、和人の米とアイヌの鮭を交換取引した歴史。
 
大きい米俵と小さい米俵が並んでいるのは、
カラザケ100本と交換する米の量を、松前藩が一方的に価格改定。
20升から7升へと変えたのですshock
 
それを引き金に、戦争へと歴史の歯車が動いていく。
そんな歴史を物語ったものです。
 
2015041006-001.JPG
アイヌの鎧や武器も、一緒に展示。
 
2015041007-001.JPG
遊びながらアイヌ語に楽しく触れたり、楽器を実際に
演奏してみたり、アイヌ文化がとても身近に感じられます。
 
2015041008-001.JPG
一番の特徴だと感じたのは、アイヌの「今」を紹介していることsign01
現在の社会とからめた展示なんて、今まで見たことがありませんshine
 
北海道の歴史については、海の底だった時代から現代まで。
 
2015041009-001.JPG
函館から出土した、道内唯一の国宝・中空土偶のレプリカ。
高度な縄文文化を実感させる、最大級に大きい土偶です。
 
2015041010-001.JPG
縄文時代の人って、こんなにお洒落だったの~?!
今のお団子ヘアに、アクセサリにバッグまで。イメージと違って、驚きですwobbly
 
2015041012-001.JPG
時代を現代まで、うんと飛ばして紹介しちゃうと
大正時代のストーブ列車もありました。
 
2015041013-001.JPG
私も乗車しているお客様に仲間入り。
だるまストーブの火にあたってみましたhappy01
 
自然と人の関わりも、この博物館の大きなテーマ。
 
2015041014-001.JPG
熊の巣穴に入り込んだり、落ちたドングリの行方を追ったり、
このコーナー、かなり楽しいnote
 
2015041015-001.JPG
巣穴から、顔を出してみました。
 
2015041016-001.JPG
リアクションは、同行者の編集部員ウッチャンの勝ちsign01
 
2015041017-001.JPG
クローズアップ展示という期間限定の特別展示が各所に数多くあり、
これは新撰組・永倉新八ゆかりの品々(5月末まで)。
 
今後、博物館の持つ多彩なコレクションから、さまざまな話題を
ピックアップして、紹介してくれるそうですpunch
 
2015041018-001.JPG
外国語表記やバリアフリーにも配慮。
 
2015041019-001.JPG
紹介できたのは、ほんの一部shine
北海道を楽しく知るには、必見のスポットとなりそうですflair
 
ぜひ、一度、足を運んでくださいねhappy01
 
北海道博物館
基本情報など、詳しい紹介はコチラをご覧ください。

2015/04/10 17:29札幌コメント(0)


2015/01/17[この記事のエリア] 札幌
劇団四季【キャッツ】が北海道に戻って来た!!個性あふれる札幌の猫たち★早速、観てきました~♪
劇団四季・札幌【キャッツ】★観てきました。
猫たちの素晴らしい世界を体感してください!
 
2015011700.JPG
劇団四季【キャッツ】、いよいよ明日からスタートshine
一足早く、取材してきましたので、ご報告しますね(役得happy01note
 
2015011701.JPG
札幌では、「キャッツシアター」「JRシアター」以降、3度目。
なんと、17年ぶりですwobbly
やっと、北の大地に戻ってきてくれました~sign01
 
2015011702.JPG
楽しみは、劇場に足を踏み入れた瞬間から始まります。
舞台セットの「都会のゴミ捨て場」が芸術的にスゴイsign03
 
舞台を埋め尽くす「ゴミのオブジェ」は、なんと
50トントラック3台分ですってsign01
 
2015011703.JPG
あ!木彫りの熊が捨てられているwobbly
 
2015011704.JPG
なんと、これはジンギスカン鍋・・coldsweats02
 
ほかにも、某TV局の某キャラクターグッズも発見scissors
発見できなかったけど、マリモやカツゲンも捨てられているそうwink
 
数千個のゴミの中から、はたしていくつ発見できるかsign02
上演開始までの待ち時間、
劇団四季名物「ご当地ゴミ」をぜひ、探してみましょうhappy01
 
2015011705.JPG
さて、いよいよミュージカル、スタートheart04
 
【キャッツ】は、都会の夜のゴミ捨て場を舞台に繰り広げられる、
24匹の個性あふれる猫たちの物語shine
 
2015011706.JPG
人間に飼いならされず、自由にしたたかに生き抜く
たくましい猫たち。
 
天上に上り、新しい人生を生きることを許される
ただ1匹の猫に選ばれるために、各々のキャラクターが
それぞれの人生を歌い、踊り、アピールします。
 
2015011707.JPG
このしなやかさ、力強さ、もう圧倒されますsign01
 
しかも、なんと美しい体のラインlovely
わが身を振り返り「同じ人間とは思えない・・」と何度も思いますsweat01
 
2015011708.JPG
お色気猫も出てくれば・・
 
2015011709.JPG
海賊猫も大立ち回りpunch
 
2015011710.JPG
年老いた娼婦猫は
「メ~モリー・・、仰ぎ見て月を~note
あの名曲を、切なく歌い上げますshine
 
歌い出しから一瞬にして空気感が変わる。胸に刺さる。鳥肌が立つ。
やっぱりライブはいいなあ~confident
 
2015011711.JPG
鉄道猫の、このシーンはダイナミックで大好きhappy01
 
2015011712.JPG
幻想的なラストシーン。舞台ならではの群舞の迫力に感動sign03
 
2015011713.JPG
楽しみを奪うようなので、ちょい見せですが、
アナタのすぐそばに、猫が現れるかもしれませんよ~wink
 
2015011714.JPG
キャストも変わるし、きっとまた、観に行っちゃうんだろうな~heart04
 
はじめての方はもちろん、過去に観たという方も、
2015年の進化した「キャッツ」、ぜひ、ご覧くださいねhappy01sign01
 
公演日程:1月18日(日)開幕~5月31日(日)分まで決定
会場:北海道四季劇場(札幌市中央区大通東1-10)
<通常料金>
S席9,800円(会員8,800円)A席7,800円 B席5,800円 サイドシート3,000円
(Sファミリーゾーン子ども 4,900円  Aファミリーゾーン子ども3,900円)
<平日夜公演のみ>
S席7,800円(会員6,800円)A席6,800円、B席5,000円 サイドシート3,000円
(Sファミリーゾーン子ども 3,900円  Aファミリーゾーン子ども3,400円)
 
予約方法:・SHIKI ON LINE TICKET http://489444.com (24時間受付)
・劇団四季予約センター 0120-489444 (午前10時~午後6時)
・北海道四季劇場 チケットボックス(午前11時~) 他
 
問合せ:劇団四季 北海道オフィス 011-200-6277

2015/01/17 20:54札幌コメント(0)


2014/11/27
絶景!支笏湖畔の隠れ宿★温泉オーベルジュ【翠明閣】今だけの特別ディナー&ランチを是非!
温泉オーベルジュ翠明閣の「azzurro(アズーロ)」
支笏湖の絶景レストランで北海道イタリアンはいかが?
 
2014112701.jpg
こんな絶景を独り占めできる贅沢な空間が、
支笏湖畔にあるのをご存知でしょうか?
 
支笏湖の「翠明閣」に今年オープンした『azzurro(アズーロ)』。
イタリア語で「青」という意味の名を持つレストランですshine
 
明け方や夕暮れは幻想的で、朝や昼は清々しく、
雪が降り積もった支笏湖は、白と青だけの凛とした美しさを誇りますconfident
 
2014112702.jpg
「翠明閣」は支笏湖畔に佇む温泉オーベルジュで、
2014年5月にレストランをリニューアルshine
 
刻一刻と表情を変える支笏湖を眺めながら、ゆったりと
ワインを傾けられる空間なんて、他にはありませんheart04
 
2014112700.JPG
しかも、1年間の特別ゲストシェフとして腕をふるっているのは、
北海道イタリアンの新時代を担う高尾シェフ。
 
高尾シェフは札幌・円山で大人気のイタリアンレストラン
「Oggi(オッジ)」のオーナーシェフ。
 
新店舗建築のためOggiを一時休業、「フラテッロ・ディ
・三國上海」のオープニングシェフとして上海へ。
その後、招かれて2014年4月から期間限定で翠明閣へ。
 
つまりこの冬だけ特別に、高尾シェフのお料理が、
支笏湖畔の優雅な空間でいただけるというワケwink
 
私が実際に泊まったのは初秋なのですが、
ディナーを一例として、ご紹介しますねhappy01
 
2014112703.JPG
まずは千歳産朝採り恵とうきびの冷製スープ
さすが朝どり!体中の細胞が一気に動き出しますsign01
 
2014112704.JPG
根室産サンマのカルパッチョ(最初のキレイな料理写真)、の中身。
なすのほろ苦さとフルーツトマトの甘味や酸味が絶妙ですheart04
サンマのなめらかさ×紅しぐれ大根のパリッとした食感も楽しいcatface
 
2014112705.JPG
積丹佐藤さんの海水ウニの冷製カペリーニ
ウニをたっぷり口の中に含むと、一気にとろけるlovely
贅沢だぁ~note
 
2014112706.JPG
支笏湖産川エビとワタリ蟹でだしをとったスパゲティー
やわらかい川エビの殻が香ばしく、だしが出まくりlovely
ワインが進みますwine
 
2014112707.JPG
キュウリとキウイのグラニータ
 
2014112708.JPG
白老牛の炭火焼
肉厚のしいたけにヤングコーンと焼き玉ねぎ、
バルサミコソースと塩が、肉の旨みをシンプルに引き出していますshine
 
2014112709.JPG
デザートはリンゴのロートロで。
そびえたつのは韃靼そば茶を使ったカリッとしたお菓子note
 
季節によって、日によってメニューは変わりますが
一品一品の存在感がスゴイsign01
 
記念日や、これからだとクリスマス、
スペシャルな忘年会&新年会にピッタリだと思いますheart04
 
2014112710.JPG
朝も夜も、とろとろの温泉で日頃の疲れを癒して~spa
 
2014112711.JPG
朝食が、和食なのもうれしい。
手作りのお豆腐のおいしさが、体にやさしく沁みていきますconfident
 
2014112712.jpg
ご飯もお釜で、炊き立てshine
 
2014112714.JPG
クリームチーズとハスカップジャムのデザートと珈琲を
いただきながら、旅の余韻にじっくり浸ります~confident
 
2014112713.jpg
帰りたくないな~と思いつつ、朝のキリッとした支笏湖を
目にしっかりと焼き付けて・・・(写真は冬に訪れた時に撮った朝風景)
 
2014112715.JPG
宿泊はもちろん、ランチのみでも気軽に利用できますscissors
 
北海道イタリアンの旗手が繊細に仕立てた地元の旬を囲み、
素敵な大人の時間をお過ごしくださいhappy01
 
flair「翠明閣」~温泉ステイ編~はコチラを見てくださいねwink
 
 
 
 
 

2014/11/27 16:13


2014/11/04
【美深・音威子府・中川の旅6】中川町でキノコ狩り★旅の最後はクビナガリュウとアンモナイト!
中川町では名人とキノコ狩り&キノコ三昧ランチ♪
締めくくりは古代ロマンを感じるクビナガリュウ
 
「きたいっしょモニターツアー」ブログ・第6弾shine
 
2014103150.JPG
旅も終盤。音威子府町「天塩川温泉」から中川町へ。
 
まずは移動中、天塩川流域にず~っと続く紅葉に感動sign01
 
2014103151.JPG
あまりにキレイなので、車を止めてもらって撮影タイム。
空気も清々しくて、気持ちいいhappy01
 
中川町では、カッパを着込んでキノコ狩り、スタートpunch
絶好のキノコ日和、地元の皆さんもワクワクしていますheart04
 
2014103152.JPG
この方がキノコ狩り名人の鎌田さん。本も書かれたキノコ博士とあって、
パッとみただけで食べられるキノコか、食べ頃のキノコか、
どんどんジャッジしていきます。
 
手に持っているのは、なんとポルチーニですよおlovely
 
2014103153.JPG
中川町「Ecoの会」の理事長・三箇さん。
こういう楽しみを、たくさんの人に体験してほしいと、
意欲的にイベントやツアー作りに取り組まれているお方です。
 
2014103154.JPGのサムネール画像
これ食べたら笑いが止まらないよ~、と冗談も言いながら
でも本当に慎重に、とっていきますhappy01
 
2014103155.jpg
キノコの山ァ~は食べ盛りっnote
場所はヒミツですが、ウホウホしちゃうくらい、
いろんなキノコがピョコピョコ生えていますshine
 
今回のようなガイド付きの体験や講習会の時には、地元の方が
ガイドさんの管理のもと、私有地内のとり切れないキノコを
こうしてとらせてくれるようです。さすが地元ならではconfident
 
2014103156.JPG
名人は裏側を見て、おいしいかどうか判断します。
このキノコはオレンジの汁が出るよ、と言って、
切ってみせてくれる。そんな説明にも心が躍りますshine
 
2014103157.JPG
この、絵にかいたような可愛いキノコは毒キノコ。
キレイなキノコは危ない、危ないcoldsweats02sweat01
 
2014103158.JPG
自分なりに、かなりの達成感ありscissors
 
2014103159.JPG
とれたてキノコは、用意してくださっていた
新鮮なエゾ鹿肉の横でバター焼きにnote
 
それぞれの食感や味の違いを感じながら、秋の味覚をいただきますhappy01
 
2014103160.JPG
そして十種類以上の具がたっぷり入ったキノコ汁。
当然、おかわりさせていただきましたcatface
 
2014103161.jpg
大きく切って七輪で炙った新鮮ポルチーニに、
特産やまべの塩焼きに煮つけ、名人の奥様手作りのヨモギ餅、
これまた特産ハスカップのワインやサイダー、shine
(お土産用サイダーのデザインは中川をデコっていて素敵)
 
2014103162.JPG
心のこもった温かなおもてなしに、時間があっという間に過ぎていきますconfident
 
2014103163.JPG
秋を体中で感じた素晴らしい時間をくださり、
みなさま本当にありがとうございましたhappy01
 
旅のラストを締めくくるのは、「エコミュージアムセンター」shine
 
廃校になった校舎を利用して、
展示室&宿泊可能な研修施設にしています。
 
2014103164.JPG
ココには巨大なアンモナイトや動物&植物の化石がいっぱいsign01
 
真珠光沢のある宝石の様なアンモナイトや、日本でのみ多く発掘される
「異常巻きアンモナイト」もザクザク。
 
ココ中川町に、ケタ間違いの、はるか、はるか昔・・
ウン千万年前の化石がごろごろしているなんて信じられないwobbly
 
2014103165.JPG
そして圧巻のクビナガリュウsign01
 
2014103166.JPG
見てください、この大きさcoldsweats02
実際に掘り出された骨から全体のレプリカを作っています。
 
クビナガリュウが生息していた、北海道が海の底だった時代を思うと、
生命と地球のつながりに身震いしてしまいますshine
 
古代ロマン・・子供を連れてきたりしたら、喜ぶだろうなあwink
 
今回の「美深町・音威子府村・中川町」をめぐる旅、
それぞれの町が味わい深く、興味深く楽しめましたsign01
 
温かく迎えてくださった各町の方々、同行してくれたおかみさん、
この3日間、本当にありがとうございましたconfident
 
次は、トロッコ乗車&天塩川でカヌー体験、と決めましたheart04
 
皆さん、1度このエリアに遊びに来て、
各町の知られざる宝物たちに触れてみてくださいhappy01
その個性的で魅力的な輝きに、きっと衝撃を受けるハズですshine
 
flair中川町エコミュージアムセンターはコチラ
 
flair「きたいっしょ(美深・音威子府・中川)」公式観光サイト

2014/11/04 22:04コメント(0)


2014/11/04
【美深・音威子府・中川の旅5】北海道命名の地・音威子府★黒いそば&木工体験に天塩温泉!
音威子府(おといねっぷ)の名物「黒いそば」を食べたあとは
木遊館の木工体験で「木皿」の制作に挑戦!
 
「きたいっしょモニターツアー」ブログ・第5弾shine
 
高橋知事認定の碑もある「北海道命名の地」へsign01 
 
2014103131.JPG
北海道で1番小さな村が、「北海道命名の地」だというのも
なんだかおもしろいcatface
 
幕末の探検家・松浦武四郎が天塩川流域の調査の帰路、
音威子府村筬島(おさしま)で野営した際にアイヌ集落の古老から
「カイ」は「この国に生まれたもの」という意味を教わったのがきっかけで、
「北海道」の基となる「北加伊道」を発想したとのこと。
 
そのあとは、いよいよ昼食へ。
2014103132.JPG
楽しみにしていた「音威子府そば」heart04
 
音威子府といえば、名物・黒い蕎麦で人気の「一路食堂」shine
 
2014103133.JPG
蕎麦がらも挽くから黒いし香りもいい、との噂ですが
この黒さの理由は企業秘密。残念wobbly
 
でも風味豊かでおいしいお蕎麦happy01
お土産はコレに決めたsign01生そばをたっぷり購入note
 
2014103134.JPG
さて、昼食の後は「木遊館」で木工体験shine
 
この村には「おといねっぷ美術工芸高等学校」もあって、
全国各地から芸術家の卵が集まっています。
 
その高校の卒業生や先生が集い、いろいろ教えてもくれるのが
「木遊館」。木工設備が整っていて、基本的には自由に使わせてくれます。
中には長期で通ってテーブルセットを作っていく人もいるとか。
スゴイ施設ですsign01
 
2014103135.JPG
今日は、木のお皿を作るゾpunch
 
丸く刳り抜いた板の底をノミを使って削り取り、
自分の好きな厚みや曲線にしていきます。
 
2014103136.JPG
割れないように、慎重にsweat01
トンカントンカン、筋肉痛になるかも~coldsweats01
 
2014103137.JPG
先生のOKが出たら、次は機会にかけて
表面をこすって滑らかにします。
 
最後は手で紙やすりをかけて、なんと食用のオリーブオイルを
しみこませて、ヤッター、完成happy02 2時間ほどの楽しい作業でしたscissors
 
2014103138.JPG
こうしてみると、なかなか本格的なんじゃないsign02
手前が私で、奥がおかみさんのお皿。
杢目も厚さもまったく違って、味わい深い出来上がりshine
 
この「きたいっしょエリア」はアート体験がいっぱいup
しかも気軽にトライできるものばかり。
旅先でアートするって、楽しいワsign01思い出も形になるしねheart04
 
2014103139.JPG
森先生、ありがとう~happy01
 
体験後、もう一軒、お蕎麦を試食note
 
2014103140.JPG
音威子府産そば粉(キタワセ)100%使用の
食事処「咲来」(さっくる)shine
 
2014103141.JPG
「咲来」はこの地域の名前で、100%地元産にこだわり
そばの栽培から製粉まで手がけている「咲来そば」。
上品な甘さがひきたち、風味がまったく違いますsign01
 
2014103142.JPG
手作りのようかんも美味しかった~。疲れがとれる~。
このようかんもお土産にnote
 
2014103143.JPG
今夜は温泉泊まり。源泉100%かけ流しの「天塩川温泉」spa
 
老舗の良湯をゆったり堪能し、おかみさんと
お風呂前、お風呂あと、食事前、寝る前、何回もカンパイをして(笑)、
この日はぐっすり、眠ったのでした~confident
 
次のブログは、中川町へ。キノコ狩りとクビナガリュウですsign01
 
flair「木遊館」の詳細はコチラ
 
flair「一路食堂」の詳細はコチラ
 
flair「咲来」の詳細はコチラ
 
flair「天塩川温泉」の詳細はコチラ
 
flair「きたいっしょ(美深・音威子府・中川)」公式観光サイト

2014/11/04 04:34コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する