ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 2013年9月


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2013年9月


2013/09/19
【望楼 NOGUCHI 登別】~朝食編★朝からご馳走!地元牧場の恵みに旬の彩り野菜がたっぷり~!!
朝食は和食・洋食から好きな方をチョイス
海や牧場の恵み、そして野菜たっぷり山盛りサラダ!
 
「望楼 NOGUCHI 登別」朝食編です。
 
まずはのんびり、望楼の朝を楽しみましょうsun
 
2013091730.JPG
朝の客室露天は気持ちいいshine
 
浴槽の縁の黒い部分は、源泉かけ流しのにごり湯を楽しみながら、
手のひらで湯の花をふき取った跡・・・confident
 
2013091731.JPG
「ラウンジKOMOREBI」に立ち寄り、
白で囲まれた非日常空間で、オレンジジュースをいただきました。
 
2013091732.JPG
個室食事処は、自然に包まれた感じが
季節の移ろいも感じられて素敵ですconfident
 
さあて、楽しみな朝ごはんnote
 
ドリンクは全7種類から好きなものを。
私は「蜂蜜入り自家製黒酢ドリンク」をいただきました。
 
朝食は、和食・洋食、好きな方を選択sign01
あまりにも悩ましいので、二人でどっちも、とるのがオススメwink
 
2013091733.JPG
そして和食は、ご飯のお供がいっぱいlovely
根室産いくらの醤油漬け、虎杖浜産タラコ、函館のイカ三升漬けなど。
 
卵かけごはんをちょっと楽しむのに、うずらの卵はイイですねsign01
室蘭うずら園の卵ですって。
 
釜炊きご飯のおかわり、必須punch
 
2013091734.JPG
これ、和食のサラダ。
旬の彩り野菜に、道内酪農家が作った生ハム添え。
2人分じゃなくて、ひとり分です。たっぷり~wobbly
 
2013091735.JPG
釧路産大助の塩焼きなど、焼魚や煮物もいただけます。
 
2013091737.JPG
洋食は、こんな風に、カラフルキレイheart04
 
真狩産かぼちゃの特製パンプキンスープや
日高のフレッシュヨーグルト、美味しかった~delicious
 
2013091736.JPG
和食に負けず、サラダも山盛りsign01
コチラは生ハムに加え、チーズ入りですshine
 
これだけで充分なのに、なんと~sign03
 
2013091738.JPG
メインプレートには、白老ウエムラ牧場のハンバーグに
北広島の放牧豚ベーコン、伊達ホエー豚のソーセージshine
 
そして白老マザーズ(たまごの里)の健康卵を使った
スクランブルエッグに温野菜添えshine
 
2013091739.JPG
パンも焼き立てで、ほんのり甘く・・・
食べ過ぎる~coldsweats01
 
2013091740.JPG
と言いながら、季節の果物・盛り合わせも、しっかりいただきましたhappy01
 
食後のコーヒーの香りを楽しみながら
チェックアウトは12時なので、ゆっくりとconfident
 
温泉と美食に癒される、心地よい大人の贅沢時間shine
 
これからは紅葉が美しい季節。
大切な方との記念日や、ご両親への親孝行旅行などに
ぜひ、選んでほしいお宿ですhappy01
 
前々回の「お部屋&温泉編」も、読んでくださいねsign01
 

 

2013/09/19 05:15コメント(0)


2013/09/19
【望楼 NOGUCHI 登別】~夕食編★松前産メジマグロに登別和牛!目にもおいしい秋の和会席
フレンチシェフを支配人に迎え、この秋からメニュー一新!
地元の幸たっぷりの和会席を個室食事処でゆったりと
 
前回のブログ(お部屋&温泉編)の続き、
待ちに待ったお食事ですshine
 
2013091700.JPG
「望楼 NOGUCHI 登別」は、フレンチの半田勝也シェフを支配人に迎え、
この秋からメニューを一新sign01
 
半田さんは、フランスの三ツ星レストランや東京の名店で修業を積み、
道内の有名ホテルやオーベルジュで料理長を務めていた方。
 
秋のお献立は~山の里 登別にて~
長谷川調理長が腕を振るう本格和会席に、フレンチの技が
どう活かされるのか、楽しみ~happy01note
 
2013091701.JPG
食前酒は「夕ざりの山さと」柿と紅茶のリキュール、
先付は「十勝産秋ごぼうのヴルーテ白胡麻風味 望楼スタイル 
白ごまの香ばしいチュイルと伊達産若鳥胸肉のマリナード」
 
すでに「和のフレンチ」といった滑り出しで、期待が高まりますhappy01sign01
 
2013091702.JPG
前菜は「秋のよそほひ」maple
根室の秋刀魚と秋茄子の山椒風味、洞爺産渋皮栗の雲丹焼き、
虻田産帆立のワイン蒸しなど、秋を彩った華やかなメニューの数々shine
 
2013091703.JPG
これが「真狩産 百合根のブランマンジェ いくら添え」
 
2013091704.JPG
「余市産小さなトマトと根室産タラバ蟹のファルス
アボガドのエマルジョンソース」
 
う~ん、ひと口でいくのが、もったいないlovely
 
20130917061.JPG
ポワロー葱と小芋の滋味スープ仕立て
すっごくやさしい味のスープに銀杏やぼりぼりがうれしいお椀
 
2013091705.JPG
お造里は、釧路隆宝丸のサメかれい、松前産メジマグロなど、
登別産の本わさびと宗谷の塩でいただきます。
 
生簀にいた活ボタンは透明で上品な甘さ。身が締まってる~heart04
 
2013091706.JPG
野付産の生うにもたっぷりshine
 
「北の誉 純米原酒侍」がより美味しく、クイクイ進みますwink
 
2013091707.JPG
そしてコレ!「焼いた秋キノコのテリーヌ仕立て
阿寒湖のウチダザリガニとそのソースで 
のぐち北湯沢ファームのお野菜ラタトゥイユ」
 
ウチダザリガニのソースが濃厚~~sign01
 
2013091708.JPG
落葉おろし蕎麦の凌ぎのあと、メインは
登別和牛フィレ肉、または魚料理をチョイスshine
 
2013091709.JPG
この日の魚料理は白老産のドナルドソンのミキュイ
 
ちなみにドナルドソンはニジマス、
ミキュイは、食材をパサパサにしないよう、刺身と炙りの中間ぐらい、
中まで微妙に火を通した調理法のことですって。
 
2013091710.JPG
長芋と穴子と菊花の酢鉢のあと、望楼名物・釜炊きのご飯
もちろん北海道米、空知産の「ゆめぴりか」。つやつや~shine
 
2013091711.JPG
北見出身の和田さんがお献立ガイドさんとして、
お料理の説明を丁寧にしてくれたのが、とっても印象的shine
ありがとうございましたconfident
 
2013091712.JPG
デザートは日高のフレッシュチーズを使ったフロマージュブランと
自家製南瓜のアイスクリーム
 
お腹いっぱい。目にも舌にも贅沢な和のフルコースに大満足ですsign01
 
2013091713.JPG
最後はやっぱり、バーに寄らなくっちゃねwink
 
「望楼」という名のオリジナルカクテル。
幻想的な仕掛けがあるのですが、それはお楽しみでhappy01
 
おやすみなさい~confidentconfidentconfident
 
そして、次のブログ「朝食編」へと続きますsign01
 
前のブログ「客室&温泉編」も読んでくださいネ。
 
 

2013/09/19 03:35コメント(0)


2013/09/18
【望楼 NOGUCHI 登別】100平米スイートに宿泊!源泉かけ流しの展望風呂付き!!
憧れの【望楼 NOGUCHI 登別】ラグジュアリースイートに宿泊!
源泉かけ流しの客室展望風呂にゆったり寛ぐ贅沢な休日・・・
 
日本の名湯・登別温泉spa
 
2013091601.JPG
今日は憧れの「望楼 NOGUCHI 登別」に泊まりますsign01
 
2013091602.JPG
最初に目にするのは、印象的なロゴマーク。
 
デザインは彫刻家の五十嵐威暢氏shine
館全体のテーマは「静寂、謙虚、繊細、品格のある贅沢」
 
2013091603.JPG
建築は中山眞琴氏shine。目指したのは
「洗練された様式の中に落ち着いた和の趣が融合した空間」
 
なるほど・・と思わず納得のロビーで、チェックイン。
 
2013091604.JPG
客室は全てスイート仕様で、
私が今回泊まったのは、ラグジュアリースイート(ツイン)shine
 
この開放感は、さすが100平米sign01
 
20130916041.JPG
すべての客室に、登別の源泉をひいた展望風呂付きhappy01
窓の外には大自然~shine
 
2013091606.JPG
ツインタイプには、マッサージチェアがあるのも嬉しいナconfident
 
2013091607.JPG
ラグジュアリースイートの和洋室タイプも見せてもらいました。
同じ100平米でも、こちらはリビングが存在しているような雰囲気。
 
2013091608.JPG
せっかくなので、反対からも撮影note
 
2013091609.JPG
こんな和室があるのですwink
 
部屋着は、作務衣、浴衣、パジャマと3種類。
早速、着替えて温泉へscissors
 
2013091611.JPG
冷蔵庫内のドリンクはすべてフリーですが、
1階のバーは15:30~17:30限定で
生ビール、フレッシュジュースをサービスしてくれますlovely
 
20130916012.JPG
自由に読める本もたくさん。
北海道にゆかりのある作品が並び、眺めているだけでも楽しいcatface
 
20130916013.JPG
大浴場前にもマッサージチェアありsign01
 
20130916014.JPG
脱衣室の洗面台をみても
デザイン性の高さにうっとりしちゃうshine
 
20130916015.JPG
湯は乳白色の単純硫化水素泉。
この濁り湯は「温泉らしい温泉」という気がして、私は大好き。
 
20130916016.JPG
誰もいないので、露天もパチリ
 
20130916017.JPG
浴槽の中からもパチリ
かけ流しでたっぷりと溢れだしているお湯を伝えたかったのだけれど
わかりますか~sign02
 
さすが、温泉天国・登別sign01
 
そして楽しみな食事は、
次のブログ「夕食編」へ続くのでありましたhappy01
 
「望楼 NOGUCHI 登別」基本情報はコチラ
 
「望楼 NOGUCHI 登別」プラン一覧はコチラ

2013/09/18 03:23コメント(0)


2013/09/08
【おいしい朝食】ホテルクラビーサッポロ★とっても贅沢なタマゴかけご飯~!
健康タマゴ&専用醤油の「タマゴかけご飯」はいかが♪
「ホテルクラビーサッポロ」で北海道の贅沢な朝ご飯を!
 
最近、札幌ホテルの朝食が進化している!というので
リサーチを兼ねて、食べ歩き中shine
 
2013090701.jpg
「ホテルクラビーサッポロ」は「サッポロファクトリー」に直結し、
落ち着いたクラシカルで上質な雰囲気が人気のホテル。
 
2013090702.jpg
料理長自ら直接生産地へ足を運び、
選びぬいた食材を使った、自慢の朝食がいただけますsign01
 
2013090703.jpg
例えば、それぞれの甘味や酸味の味比べが楽しかった
三笠市 野見山さんの「カラフルトマト」shine
 
2013090704.jpg
シンプルで素材勝負の「じっくりと焼き上げた
甘みがたっぷり北海道産 有機玉ねぎのロースト」shine
 
メニュー名のとおり、甘さにビックリwobbly
 
じっくり煮込んだオニオンスープも、たっぷりいただきましたhappy01
 
クラビーは洋食イメージだったのですが、意外にも
朝食ブッフェは和食が充実sign01
 
 2013090705.jpg
イチオシがコレsign03
知る人ぞ知る、長沼の「村田さんちの生タマゴ」shine
 
北海道産の麦や米ぬかなどの自家製飼料を与え、
平飼いで育てた安心・安全の健康タマゴですpunch
 
2013090706.jpg
色の違いは一目瞭然sign01レモンイエローの盛り上がった黄身は、
自然な餌だからこその賜heart04
 
この生タマゴを使ったTKG(タマゴかけご飯)が朝食ブッフェの目玉ですflair
 
2013090707.JPG2013090708.JPG
タマゴとご飯に特製のTKG専用醤油、海苔やハサミを揃えたら、
清水料理長直伝の「一番おいしい食べ方レシピ」に沿って、
「TKG」作り、スタートnote
 
2013090709.jpg
お~、美しいheart04
お米は新篠津村の「おぼろづき」shine
 
2013090710.JPG
レシピによると、料理長がつくった専用醤油は
黄身に5滴、周りのご飯に5滴がベストバランスなのだそうwink
 
濃いのではなく、驚くほどやさしい味のTKGlovely
必ず、食べてみてくださいねsign01
 
2013090711.jpg
低温殺菌でしっとりお肌に導いてくれる牧場牛乳もうれしいtaurus
 
2013090713.jpg
芦別名物の「ガタタン(含多湯)」もありましたshine
 
炭鉱夫達が愛した懐かしい味は、北海道民でも
食べたことのない人が多いんじゃないかな。
このレアなご当地グルメは、コラーゲン入りのオリジナルnote
 
2013090714.jpg
ほかに必食メニューは
「黒豆納豆」や
国産有機大豆で作った
「よせ豆腐」shine
 
黒豆納豆は、驚異の粘りを伝える
インパクトある写真と
「血液サラサラ・お肌ツヤツヤ」の
キャッチコピーに
思わず引き寄せられますlovely
 
よせ豆腐は最初のひと口、
何もつけずにいただいて、
「豆」の甘味と旨味をしっかり確認~confident
  
 
 
 
中澤農園の「だるまいも」も美味しかったsign01
 
2013090716.jpg
ミネラルたっぷり、ビタミン&酵素の働きを活性化させた土の
エネルギーを吸収した「だるまいも」shine
 
今日の朝食で、なんだかキレイになれそうheart04
 
2013090715.jpg
いろんな食材の魅力を、こんなパネルでしっかり伝えてくれるので
ついつい、食べ過ぎてしまうのですcoldsweats01
 
洋食派には、ホテルで毎朝焼き上げるクロワッサンや
アップルパイもありましたwink
 
朝食はホテル選びの重要な要素shine
 
優雅な雰囲気のなかで、ゆっくり味わう
クラビーの贅沢な朝ご飯、ぜひ、食べてみてくださいねhappy01sign01
 
flairクラビーの基本情報はコチラ
 
flairプラン一覧はコチラ

2013/09/08 10:34コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する