ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 2013年4月


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2013年4月


2013/04/11
白金温泉【森の旅亭びえい】★旬の美食&エステ&絶景に癒される~♪
味の濃い健康野菜の美味しさにビックリ!
和食会席を堪能し、リンパマッサージでぐっすり♪
 
前回のブログの続き、「森の旅亭びえい」
体験レポートの「お食事+エステ+絶景編」ですsign01
 
201304111.jpg
すっかり日も暮れて、夕食タイム。
離れの露天付き客室から、本館の食事処「森の坊」へ。
 
201304112.jpg
今回は「四季彩膳」全10品のコースにしましたshine
 
201304113.jpg
早速、同行のガーナちゃんと、湯上りビールをカンパ~イnote
 
テーブルには、私の名前が入った献立表。
細やかな気遣いが、嬉しいですよねwink
 
201304114.jpg
和食会席は、先付の「生うに湯葉」でスタートdelicious
 
「タラの芽胡麻和え」や「つぶ貝唐揚げ」など5品の前菜をいただき
 
201304115.jpg
お吸い物は「甘海老葛打ち 卵豆腐・三葉」
上品なお出汁に、つるんと口あたりのいい卵豆腐
 
この後は、羽幌の牡丹海老や積丹平目などのお造り、
「塩麹鶏と越冬メークインの豆乳煮」、太い「焼きズワイ蟹」、と続きますshine
 
201304116.jpg
メインは、やわらかな「十勝牛フィレロースト」heart04
 
東川町のインカのめざめ(じゃが芋)や、珍しいスティックセニョール
(茎ブロッコリ―)、ベータカロチンの多いベータークィーン(人参)など
付け合わせにもこだわり・大catface
 
ほかに、海鮮と富良野野菜の味噌バター仕立ての小鍋や
びえい産五色豆の炊き込みご飯と、ボリュームたっぷりhappy01
 
中富良野町で百年以上続く野菜農家「天心農場」の人参や玉ねぎは、
味の強さにビックリsign01
「細胞密度が濃い」という玉ねぎは、糖度が13度ですってwobbly
 
201304117.jpg
最後は、桜アイス求肥巻きに苺、安倍川白玉。
春らしい、締めのデザートですねconfident
 
道内各地の四季を取り入れたお料理は、
旬にあわせて、メニューがどんどん変更になります。
 
あたたかくなるにつれて新鮮な地場モノが増えていくし
とれたてのアスパラやトウキビ、トマトなどは、
産地ならではの甘さとのこと。お楽しみに~sign01
 
この日は寝る前にエステを体験しちゃいましたheart04
 
ガーナちゃんはデコルテから上のフェイスマッサージ50分、
私は全身マッサージ50分。
本格エステでどちらも4200円と、かなりお得note
 
201304118.jpg
オイルでリンパの流れを促すリンパマッサージなので
残念ながら撮影できず、お借りしたイメージ写真ですhappy01
 
ローズマリーの香りに包まれ、全身に血が
ぐんぐんめぐっていく感じが、気持ちい~いlovely
 
別々の個室で、2人同時に受けられるのですが、
終わった後はふたりとも、ポーーーッと放心してましたwobbly
 
すぐに就寝。ぐっすり朝まで。
 
エステは、ぜひ体験すべしpunch
夕食の前後ではなく、早めにご飯を食べて、
寝る前の時間に予約することをおススメしますwink
 
201304119.jpg
朝は健康的な和食膳。
 
美瑛町の牛乳や自家製の蒸し豆腐、
ご飯は美瑛町で自慢の地域限定米ななつぼし「あさひ娘」shine
 
きれいに完食!ご飯はおかわりもしちゃいました。
 
2013041110.jpg2013041111.jpg
食後は、和食にあう「大豆コーヒー」
ほうじ茶のような後味すっきり感があっておいしいlovely
 
個人的に、この大豆コーヒーと
オリジナル菓子「黒豆ゼリー」は、お土産に必買いでしょうsign01
 
2013041112.jpg
「青い川」、ブルーリバー橋から眺める「白ひげの滝」は徒歩3分。
 
2013041113.jpg
グリーンシーズンは、こんな絶景になりますよhappy01
 
2013041114.jpg
雪深い冬は行けませんが、世界的に話題になっている
「青い池」も車で約5分shine
 
美瑛・白金の森で、絶景&かけ流しの源泉、
そして美食に癒されてください~heart04
 
「館内&温泉編」は、前のブログを見てくださいねhappy01
 
 
「森の旅亭びえい」のプランはコチラflair

2013/04/11 21:50コメント(4)


2013/04/11
美瑛・白金温泉の隠れ宿【森の旅亭びえい】★露天付き離れ客室に泊まってきました!
北海道に珍しい数寄屋造り★純和風の温泉宿
露天付き離れ客室は白樺の森に抱かれ別荘気分!
 
北海道で、絶景のドライブコースと言えば
必ず名前があがる美瑛エリアshine
 
豊かな大地が創り出す日本有数の美しい風景のなか、
十勝岳の麓・白金温泉に「森の旅亭びえい」がありますnote
 
201304101.jpg
入口の扉が開くと広がる純和風の空間。
畳敷きのロビーが、落ち着いた雰囲気を醸し出していますshine
 
201304102.jpg
ウエルカムスイーツは手作りの桜餅。
木で作られた素朴な置物も、自然あふれる「美瑛」にピッタリhappy01
 
201304103.jpg
今回、私が泊まったのは本館ではなく、離れの客室。
 
201304104.jpg
大きな窓に、高い天井。木肌のぬくもりがあたたかく、
まるで一軒の別荘に滞在しているみたいconfident
 
201304105.jpg
今、窓の外は雪に覆われた白樺の森ですが、
緑の季節は、こ~んなに爽やかな景色が見渡せますsign01
 
201304106.jpg
青ヒバでできた露天風呂は、もちろん源泉かけ流しspa
目の前のすだれを上げると、そのまま森に出られそうですwink
 
お部屋には地元の名水「美郷不動尊」の湧水があるし、
冷蔵庫の中のドリンクも無料sign01うれし~いhappy01
 
201304107.jpg
館内に飾られているのは、野花や美瑛の風景画。
この素朴な感じが、すごく落ち着くし、心地いいheart04
 
201304108.jpg
白金の森からは、いろんな動物達が遊びに来るようですlovely
 
201304109.jpg
看板犬のレッド(女の子)も庭先で迎えてくれます。
大人しくて、とってもイイ子happy01
 
2013041010.jpg
夕食前に大浴場へ。白金温泉は「杖忘れの湯」という別名を持つ、
湯治場として歴史のある温泉郷spa
 
鉄分を多く含むため空気に触れて褐色になる、
肌がつるつる、キュッキュとなるタイプのお湯ですwink
 
しっとりとした木肌に囲まれた大浴場で体を温めたら
 
2013041011.jpg
白金の森を眺める露天風呂へshine
 
雪見の露天で、空気が洗われた清々しい風を感じながらの長湯note
新緑シーズンになると、森の香りが気持ちいいだろうな~heart04
 
ポカポカが長続き。
もちろん源泉100%かけ流し、ですsign01
 
部屋でひと休みしてたら、もう、お楽しみの夕食タイムcatface
 
2013041012.jpg
離れの客室から、いそいそと本館へ。
 
「お食事+エステ+絶景編」は、次のブログを見てくださいねhappy01
 
「森の旅亭びえい」の基本情報はコチラflair
 
「森の旅亭びえい」のプランはコチラflair

2013/04/11 17:58コメント(0)


2013/04/10[この記事のエリア] 小樽・キロロ・積丹
4月12日オープン!北海道×京都が生み出す美味★小樽【しゅんさい割烹 幹】に行ってきました~!
「しゅんさい割烹 幹」★4月12日オープン!
小樽生まれの料理人が「京都×北海道」のコラボに挑戦!
 
201304051.jpg
4月12日に小樽にオープンする新店のお披露目会があり
行ってまいりましたsign01
 
201304052.jpg
小樽駅から、小樽商大に向かう坂の途中にある「しゅんさい割烹 幹」shine
 看板もピッカピカですshineshine
 
この日いただいたのは夜の会席料理、その名も「小樽」全11品lovely
 
201304053.jpg
まずは、先付けの胡麻豆腐。キレイで、上品。
これから先に、期待がふくらみます~delicious
 
201304054.jpg
 
 
 
 
店主の札場(ふだば)幹敏さんは
小樽のご出身で
調理師学校を出て10年間、
京都で修行をした経歴の持ち主。
 
「京都の伝統の味や、季節の色の
豊かさなどを、北海道の豊かな食、
港町・小樽の海の幸と併せて、
自分なりの料理を表現していきたい」
とのことpunch
 
北海道で、京料理の繊細さに
こだわったお店って、
あんまりないかも・・wobbly
 
 
201304055.jpg
前菜は、筍の芽味噌和え、ほうれん草のおひたし、
塩辛、茶巾麩、ホタテの干物ゼリー寄せ、福豆。
 
生麩は大好きなんです~heart04
 
続いて、お造りにお椀、箸休め(鴨ロース!)、
焼き物、焚合せ、酢の物、蒸し物、ご飯、甘味の全11品。
 
201304056.jpg
とくに印象的だったのは、甘鯛の桜蒸し。
お出汁がやさしくて、桜の香りがふんわりして、今の季節&気分にピッタリnote
 
201304057.jpg
小樽らしさでいえば、焼き物のにしんの柚庵漬けが
おいしかったな~catface
 
201304058.jpg
締めのデザートは、蕨もち、苺、小倉あん、
りんごシャーベットに丸十(さつまいも)と盛りだくさんheart04
 
筍ご飯もたっぷりだったし、このボリュームは、どさんこ風happy01
この質&量で、4800円はおトクですnote
 
会席は7品・2800円~。おばんざい、京出し巻き玉子、鯛茶漬けなど、
気になる単品も、ランチもあります。
 
京抹茶パフェなる素敵なデザートも、登場するようですよwink
 
201304059.jpg
店内はこんな雰囲気shine
 
レセプションは、ぐうたび北海道のスペシャルブロガーでもある
作家の千石先生、フリーアナウンサーの安達さん、ちょいぷら編集長田中さんも
同席の、とっても楽しい会でしたhappy01
 
オープンまで秒読みsign01
小樽「しゅんさい割烹 幹」さんのコレカラをお楽しみにsign03
 
flair「しゅんさい割烹 幹」
小樽市緑1丁目5-22 電話 0134・33・3666
詳しくはコチラ

2013/04/10 20:57小樽・キロロ・積丹コメント(0)


2013/04/05
【翠山亭倶楽部定山渓】大間マグロに短角牛★翡翠色の卵?! リピーターの多さも納得の美味しさと寛ぎ感!
大間マグロに短角牛★翡翠色の卵に有機野菜
旬を凝縮した和食懐石に、フリードリンクのバーラウンジも!
 
前回のブログの続き、「翠山亭倶楽部定山渓」
体験レポートのお食事編ですsign01
 
定山渓の森の温泉にとっぷり浸かったあとは、いよいよ夕食タイムshine
 
アーリーチェックインで温泉ハシゴをし、
お腹すいてます。何が食べられるのか、楽しみ~happy01
 
2013040519.jpg
「翠山亭倶楽部定山渓」は、和食懐石のほか、鉄板焼きの味わえる
グリルダイニングもあるのですが、今回は自慢の「懐石ダイニング」を選択note
 
シックな個室でいただくお料理は、器も素敵な
北海道の旬を集めた全11品の懐石御膳(1万2000円コース)shine
 
201304051.JPG
「冬の膳」1品目は、突き出しの「帆立貝のふらん」。
雲丹と百合根が添えられていますheart04
食前酒は、小樽の純米大吟醸「鰊御殿」。
 
小樽に噴火湾、サロマ、オホーツク、十勝、日高、羽幌、苫小牧etc.
「札幌の奥座敷・定山渓」の地の利を活かし、
全道各地から、旬の美味しいモノを取り寄せていますpunch
 
201304052.JPG
前菜は、「合鴨胸肉の土佐酢煮、豆腐の味噌漬けちーず見立て、
かすべの煮凍り、彩り野菜と翠山亭おりじなるそーす」
 
ビーツのソースや蜂蜜マスタード、野菜とオリーブオイルのソースなど、
すごく手の込んだひと皿ですconfident
 
このあと、タラバ蟹の湯葉巻きを添えた「湯葉のぽたーじゅ」をはさみ、
待ってましたのお造りへsign01
 
201304053.JPG
お部屋も食事も担当してくれた、いつも素敵笑顔の樫村さんが
もっとニコニコしながら運んで来てくれましたheart04
 
201304054.JPG
ド――ンshine
大間の本鮪、羽幌の真だちや牡丹海老、岩内の活平目など豪華sign01
う~ん、日本酒が進んでしまう。。confidentbottle
 
コースのメインは、十勝産短角牛か道内産黒毛和牛をチョイスhappy01
 
201304055.JPG
私は、赤身がおいしい「十勝産短角牛」にしました。
しっかりした歯応えが好きだわ~lovely
 
有機野菜と、ニンニク醤油や山ワサビで。
シンプルだけど味わい深く、これも一番好きな食べ方ですcatface
 
ここで赤・白、好きな方の北海道産ワインも出してくれます。うれしいwine
 
201304056.JPG
北寄貝も一緒にいただいたあとは「鮑の炊き込みご飯」と、
まさに北海道尽くしsign01
 
かなりお腹はキツイのですが、時間がまだ早いからと
お夜食をお部屋に届けてくれるサプライズありwobbly
 
201304057.JPG
これは寝る前にお部屋のお風呂に入った後、お部屋のビールといただくことにnote
太りそうな気もするけど、今日は許すcoldsweats01
 
バ―ラウンジの雰囲気にも酔いしれたくて
カクテル一杯だけいただこうかな、と立ち寄りましたwink
 
2013040520.jpg
高い吹き抜けに、座り心地のいい皮張りのソファshine
地元作家の作品に囲まれたギャラリースペースshine
ココはうっとり、落ち着きますconfident
 
しかも!よっぽどのプレミアム酒でない限りフリードリンクsign01
アルコールもソフトドリンクも、無料ですwink
 
201304059.JPG
そして!JAZZ好きバーテンダー・成田さんのおしゃべりが楽しいnote
好きなホテルや家庭菜園の話をしながら、
気づくと1時間半以上も、長居してしまいましたhappy01
 
2013040510.JPG
記念に、バーボンのコルクをもらっちゃったnote
1本、1本、馬や騎手の形が違うんですってwobbly いい思い出だぁheart04
 
ぐっすり寝たら、さあて・・
2013040512.JPG
朝ご飯も、もりもり食べるぞうsun
 
2013040511.JPG
朝は健康的に、3色のドリンクでスタートsign01
 
余市の倉島牧場産牛乳に士別産トマトジュース、オリジナルの野菜ジュース。
朝風呂あがりの体に沁み渡る~heart04
 
2013040513.JPG
ほかにも、新鮮なお魚に季節の有機野菜、
地元豆腐店の豆乳湯豆腐など、やさしいメニューばかりですshine
 
2013040514.JPG
ビックリなのが、写真奥にある「日高産翡翠卵」sign01
だって、緑色なんだもの~sign03
 
薬剤や添加物は一切使用していないんですって。
殻がしっかり固く、ビタミンBが通常卵の10~20倍、ビタミンEが約11倍の、
とっても珍しい貴重な卵ですshine
 
ほかにも十勝本別町産の黒豆納豆など、こだわり食材だらけ。
旬や季節で献立は変わりますが、朝からしっかり、元気をいただきましたhappy01
 
201304058.JPG
滞在の締めに、バ―ラウンジで好きなカップを選び、ゆっくりと珈琲タイムconfident
 
帰りたくない~sign01また来たい~sign01
 
ちょっと贅沢な値段だと思ったけれど、泊まってみると納得の寛ぎ感shine
リピーター7割も、わかる気がしますconfident
 
自分へ、そして大切な人へのご褒美にオススメの隠れ宿ですheart04
 
「館内&温泉編」は、前のブログを見てくださいネhappy01
 
「翠山亭倶楽部定山渓」の基本情報はコチラflair
 
「翠山亭倶楽部定山渓」のプランはコチラflair

2013/04/05 01:44コメント(0)


2013/04/04
大人の隠れ宿★源泉100%かけ流し【翠山亭倶楽部定山渓】に泊まって来ました!
札幌の奥座敷・定山渓の森の隠れ宿で
源泉かけ流しの湯&大人の休日を静かに満喫!
 
201304031.JPG
定山渓にはよく来るけれど、ず~っと気になっていたこのドアの向こうshine
 
3月15日、全14室の静かな隠れ宿
「翠山亭倶楽部定山渓」に行ってきましたsign01
 
脇に黒塗りのクラシックカーが止まるエントランスの重厚な木の扉が開くと・・・
 
201304032.jpg
そこに広がるのは、静けさに満ちた非日常空間shine
白樺木材が印象的な、アート感覚のロビーラウンジですlovely
 
201304033.JPG
今回、泊まったお部屋は1階「柴雪(しばのゆき)」。
客室名は「初萩」「照葉」など、季節感を表現する
日本の伝統的なお菓子である「和菓子」の名前がついています。
 
201304034.jpg
格調高い、上質な設えの和洋室は
ベッドルームと琉球畳の和室に分かれていて、落ち着けますconfident
 
201304035.jpg
テーブルの上には、支配人直筆のお手紙shine
 
アーリーチェックイン14時&レイトチェックアウト12時。
これからの滞在、22時間をどう過ごそうか、
お菓子をゆったりいただきながら、計画をたてなくちゃwink
 
201304036.jpg
お部屋には、源泉が注ぐ内湯もありsign01
総檜造りの内風呂は、木の香りに癒されます~happy01
 
客室の冷蔵庫内、そしてバーラウンジがすべて、フリードリンクなのも嬉しいheart04
 
私は、夕食前に温泉めぐりをしてみることに決め、まずは大浴場へspa
 
201304037.JPG
ココのお湯は、定山渓を流れる豊平川沿いに湧く
3種類の自家源泉を贅沢にブレンドsign01
濃い~お湯を、どんどん、かけ流していますheart04
 
201304038.JPG
露天風呂も気持ちいい~happy02
 
2013040310.JPG
宿泊者は、姉妹館「定山渓第一寳亭留翠山亭」にある離れの湯屋
「森乃湯」を利用することもできるんですsign01
 
ほんのちょっとの距離ですが、黒塗り専用車で無料送迎もしてくれるから気軽~note
便利なだけでなく、ちょっとしたVIP気分ですconfident
 
201304039.jpg
森を眺めるゲストラウンジでは、皆が思い思いに寛いでいますshine
 
2013040311.JPG
もちろん、加水もしてない源泉100%かけ流しsign01
 
冬の名残、雪見の露天が楽しめるのも今だけ。
もうすぐココは、新緑の露天風呂になりますhappy01
 
2013040312.jpg
ゆっくり湯浴みを楽しんでいたら、あっという間に日が暮れて
ラウンジは、先程とは随分違う雰囲気になっていましたwobbly
 
2013040313.jpg
生ビールやウーロン茶など、選べるフリードリンクの中から
私は健康的に「赤のジュース」を注文note
 
りんご、ぶどう、レモン、にんじん、赤ピーマン、ラディッシュなど
野菜と果物たっぷりのジュースで喉をうるおし、
ひと休みしたら、いよいよ倶楽部に戻って夕食タイムheart04
 
続きは、次のブログ(お食事編)を見てねhappy01
 
「翠山亭倶楽部定山渓」の基本情報はコチラflair
 
「翠山亭倶楽部定山渓」のプランはコチラflair

2013/04/04 15:09コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する