ぐうたびTOP > ぐうブログ > 編集部BLOG ぐうたび編集長ブログ > 2014年5月


ぐうたび編集長ブログ

北海道には季節ごと、エリアごとの感動・発見がいっぱい!



2014年5月


2014/05/28
定山渓「翠蝶館」へ行ってきました★「29時間ステイ」~エステ&お習字編
定山渓温泉「翠蝶館」でオールハンドのエステを体験!
1日目は全身トリートメント、2日目はヘッドスパなど。
 
定山渓温泉「翠蝶館」の29時間ステイ・体験レポートの第3弾shine
「たっぷり温泉編」 「お食事編」の次は、「エステ&体験編」ですsign01
 
翠蝶館の正式名称は「Spa&Esthetique 翠蝶館」
ココは、宿名にも「エステ」を掲げるほどの専門施設なのですheart04
 
1エステ処.jpg
どことなくアジアンテイストの落ち着いた個室が並ぶ、
広くてキレイなエステコーナー。
 
2アプローチ.jpg
定山渓の緑の光に囲まれたサロンは、この廊下の向こうにあります。
 
私達は混雑する夕食前後をさけて、早めの予約sign01
「ゆっくりとお風呂に入ってからが効果的」とのコトspa
 
3メニュー選び.jpg
まずは、メニュー選びnote
 
100%ピュアオイル(精油)を使用したアロマセラピーコースや、
化粧品で初めて製法侍許を取得し、添加剤を一切使用していない
CAC化粧品コースなど、本格エステが種類豊富にそろっていますconfident
 
4カウンセリング.jpg
最初に体の状態やその日の気分を確認しながら、
プロがしっかりカウンセリングしてくれるのも安心punch
 
肩こり&腰痛持ちの私達は2人とも、1番人気だという
フルボディトリートメント60分(9500円・税別)を選択sign01
 
7極上エステ.jpg
足、背中、デコルテ、全身の深い筋肉へのアプローチ。
ううっ、効く~happy02
 
6極上エステ.jpg
アロマオイルも好きな香りが選べて、最高に気持ちいいheart04
 
7オ―ルハンド.jpg
器具を使わないハンドマッサージは、なんだか、ほっとするぅ~catface
 
 5極上エステ.jpg
気持ちよさを感じ続けたい、と思いつつ、思わず寝てしまう心地よさshine
 
8エステ後.jpg
ふ~、蘇った~sign03力と疲れが抜けて、全身が軽くなったエステあと。
 
私の顔はあまりにも蘇り過ぎてお見せできないので
同行した前野の蘇り顔、どうぞご覧くださいhappy01
 
9ハーブティ.jpg
ハーブティも6種類、いつでも飲めるように用意されていて、
香りや効能、好きなものが選べます。
あ~、リラックス~confident
 
10浅利さん.jpg
ゴッドハンドの浅利店長。ありがとうございましたsign01
エステ体験者にはお土産のバスソルトも。うれしいnote
 
11酸素バー.jpg
エステ後は、「温泉編」でも紹介した、
無料の「酸素バー」や「ナノイー」を、たっぷり利用lovely
 
29時間ステイに挑戦中の私達は、翌日も欲張って
チェックアウト後の「温泉&エステ・もう1回」にトライwink
 
とはいえ、エステはお財布とも相談。
 
12エステヘッド.jpg
追加のプチエステメニューから
前野は「ヘッドオイルマッサージ」1500円(税別)、
 
13エステハンド.jpg
私は「ハンドトリートメント」1500円(税別)をチョイス。
 
エステは当日だと希望時間に入れないことも多いし、
滞在全体の動きをイメージして、予約しておくのが絶対スムーズsign01
 
14更衣室.jpg
快適な更衣室&ロッカーがあるので、チェックイン・アウト前後の体験も安心confident
ピークを避けて、予約するのがベストですwink
 
10時~14時限定の「あさエステ」や、お試し価格の「日替りエステ」が
今後、登場予定とかshine コチラもお楽しみにhappy01
 
そして、エステ以外の嬉しい体験情報をひとつ、ご紹介sign01
 
16お習字体験.jpg
今、翠蝶館では、「心の美」をテーマに、
「お習字体験(美文字講座)」を検討中だとか。うれしい無料サービスですshine
 
私達はモニター体験をさせてもらったのですが、
あっという間に1時間が経過happy01
 
17お習字.jpg
最初は、筆使いと線の面白さを感じとる練習。
性格出ますね~」と長谷川先生coldsweats01
 
次に、偶然できた1本の線から文字を生み出す練習も。
これは、けっこう難しくって、面白い。
 
19長谷川先生.jpg
教えてくださる書家の長谷川悠貴先生は
若い先生なのに個展を3回も開催した実力の持ち主shine
 
姉妹館・全14室の隠れ宿「翠山亭倶楽部定山渓」には
24の季節にあわせて、先生が書いた大きな作品が飾られています。
 
お習字体験は「楽しく書こう」がテーマだけに、すっごく楽しかったhappy02
久しぶりの筆と墨でしたが、墨汁の香りって癒される~heart04
 
プログラムは、近日中に決定予定。
開催されたら是非、トライしてみてくださいねwink
 
そんなこんなで超リフレッシュできた「29時間」ステイshine
 
エステも温泉も、「もう1回」と欲張って、ああ、気持ちよかったheart04
身とココロが1度で2倍、軽~くなりましたsign01
 
翠蝶館の「温泉&施設」について「お食事編」について
ぜひ、前のブログを見てくださいねhappy01
 
flair「翠蝶館」基本情報はコチラ
 
flair「翠蝶館」プラン一覧はコチラ

2014/05/28 20:05コメント(0)


2014/05/22
定山渓「翠蝶館」へ行ってきました★「29時間ステイ」~お食事編
定山渓温泉「翠蝶館」の29時間ステイを体験!
いずれの食事も「カラダの中から美しく」がテーマ♪
 
定山渓温泉「翠蝶館」の29時間ステイ・体験レポートの第2弾shine
前のブログ「たっぷり温泉編」の続きは、気になる「お食事編」sign01
 
1レストラン.jpg
お食事は夕・朝・昼ともに、このスタイリッシュな空間でいただきますshine
 
翠蝶館・夕食new.jpg
夜は柔らかい灯りのムードある個室風スペースで落ち着けるし、
朝&昼は明るくて気持ちいいnote
 
4夕食前菜.jpg
夕食で、一番印象的だったのはコレsign01
ど~んsign03 「翠蝶風お造り」
 
真鯛、牡丹海老、ズワイ蟹、タコをカルパッチョ風にshine
キレイで嬉しくなりますよね~heart04
 
先付けが、はまぐりと蟹の洋風茶碗蒸し、鰊のマリネサラダ、
筍と鶏肉のハーブ煮、黄ニラとコンク貝の中華和え、本日のミニパスタ。
 
3夕食シーン.jpg
いい感じで食前酒のワインがまわってきたあたりで、この「お造り」。
一気にテンションがあがりますup
 
 
5夕食シーン.jpg
もちろんお酒も進みます。たくさんの種類の中から、
お料理と好みに合うおススメを、やさしく勧めてくれますwine
 
6びえい和牛.jpg
スープ、鰆の中華仕立てのあとはメインの肉料理。
契約農場ファームズ千代田の「びえい和牛」のグリエですshine
 
うん、赤身が美味しいsign01
「びえい和牛」はビタミンB群が多くて体の老廃物を代謝し
ストレスや疲労の回復にいいんですって。
 
こんな風に、手元のメニューに使用食材の効能が紹介されています。
栄養バランスにも配慮されているのだとか。
 
翠蝶館の食事のテーマ「カラダの中から美しく」を実感confident
食べながら、どんどんキレイになっていくような~note
 
7五穀米.jpg
ご飯は北海道産の発芽雑穀五穀米。
 
8夕食デザート.jpg
デザートはジャージーみるくのプリンにブルーベリーアイスにレアチーズケーキ。
コーヒーか中国茶か、選べますhappy01
 
デザートボリュームが多いのは、やはり「女性向け」だからでしょうかlovely
 
9ジュース.jpg
朝風呂のあとの朝食は、ビタミンカラーでスタートheart04
ザクロ酢にオレンジジュース、日高牛乳で、胃袋が元気よく動き出します。
 
10朝食サラダ.jpg
サラダも、もりもり。
 
12朝食.jpg
メインはサンドウィッチshine
 
具材はチェックインの時に好きなものを選ばせてくれます。
私が選んだのは生ハムと海老アボカド、スモークサーモン。
 
13朝食シーン.jpg
かぼちゃスープにスクランブルエッグ&焼きベーコン、
トマト、玉ねぎ、パプリカと、キレイメニューは朝食も健在delicious
 
14朝デザート.jpg
フルーツ入りのコラーゲンヨーグルトで、朝食終了。
 
15かっぽん.jpg
腹ごなしに温泉街を散歩していたら、
「かっぽん」に遭遇しましたsign01たまに出没するみたいwink
 
私達は、せっかく来たんだから、2日目も「あともう1回」
温泉やエステを楽しもうと、ゆっくりすることを計画spa
 
うれしいことに、2日目の朝食は、ランチに変更も可能happy01
思う存分、朝寝坊もできるっていうことですgood
 
ランチは「キーマカレーセット」(1296円・税込)、飲茶セット(2700円・税込)
などがあり、当日10時まで、ランチの追加・予約OKnote
 
私たちは「ランチ」も体験することにshine
「レディスセット」(1620円・税込)を予約しましたsign01
 
16ランチ.jpg
ランチは中華テイストで、温泉たまごに海老の翡翠蒸し、
ホタテのマリネに野菜サラダ、
 
17ランチスープ.jpg
やさしい味のオニオンスープに中華チマキ、鰈の紹興酒蒸しなど。
やっぱりどんどんキレイになりそうheart04
 
19ランチデザート.jpg
杏仁豆腐&チョコブラウニーも、しっかりいただいて完食!
食べ過ぎている気もしますが、クドイものがないので、意外にス~ッと入ります。
 
見た目もキレイで、満足・満腹note
朝食にするか、ランチにするか、このブログが参考になると嬉しいなhappy01
 
空間・食・エステ、3つの癒しにこだわる「翠蝶館」shine
次のブログでは、「エステ体験」を紹介しますsign01
 
「温泉&施設編」は、前のブログを見てくださいねhappy01
 
flair「翠蝶館」基本情報はコチラ
 
flair「翠蝶館」プラン一覧はコチラ

2014/05/22 14:29コメント(0)


2014/05/20
定山渓「翠蝶館」へ行ってきました★「29時間ステイ」~たっぷり温泉編
定山渓温泉で女性のための癒し宿「翠蝶館」で温泉三昧
別棟「森乃湯」も制覇!気配りサービスにうっとり~♪
 
GWに癒しを求めて、定山渓温泉の隠れ宿
「Spa&Esthetique 翠蝶館」に行ってきましたhappy01
 
1定山渓到着.jpg
私の大好きなリピート宿shine今回は「翠蝶館に行く時はぜひ連れてって~」
と言っていた編集部の前野と一緒。
 
なんといっても道内屈指の「エステ施設」充実の宿heart04
うふふ。エステのモデル、ゲットなのだscissors
 
2フロントロビー.jpg
フロントロビーでチェックイン。
広々と落ち着いた空間は、すっきりと清潔感にあふれています。
 
3ごろごろスペース.jpg
2階には、翠蝶館の大きな特徴でもある「ごろごろスペース」。
 
ふわふわの絨毯に可愛らしいクッション。
ココは温泉やエステのあと、思い思いに、
ゆったりと寛いでもらうための工夫のスペースなのですshine
 
4ゴロゴロタイム.jpg
ファッション雑誌を読んだり~
 
5ごろごろ.jpg
うとうと、昼寝もできますconfident
 
この温泉ホテルは「29時間のロングステイ」ができるのが特徴heart04
だから、たっぷりゴロゴロ~happy02
 
このスペースは日帰りでも利用できるから、便利ですよねsign01
 
6露天.jpg
お昼の露天風呂に早速、入浴spa
 
7大浴場.jpg
大浴場も、お湯がかけ流しで気持ちいいhappy01
 
定山渓は札幌からすぐだし、専用の更衣室が合って
チェックイン前やチェックイン後にも温泉に入ることができるので、
たっぷり楽しまなくっちゃソンpunch
 
8客室.jpg
客室も、和のテイストですごく落ち着きますshine
 
9客室.jpg
冷蔵庫にオリジナルの生チョコ、発見lovely
 
「女性のための宿」というだけあって、
女ゴコロをくすぐるポイントがいっぱいsign01
 
10スリッパ.jpg
たとえばマイスリッパは新品で、しかもこんな風に
脱衣所の中にもちこめて、ずっと自分のだから気持ちいいconfident
 
11水.jpg
湯上りの冷たいお水もひと手間かけて、
生レモン、生オレンジ、生ミントの3種類が置いてあるlovely
 
12アメニティ.jpg
そして、宿泊者には「こだわりアメニティ」をセットでプレゼントsign01
それだけでも嬉しいのに、なんと4種類から選べるんですwobbly
 
しかも試供品が置いてあり、香りとか使い心地とか
ゆっくり確かめて、チェックアウトまでにもらえばOKheart04
 
13アメニティ選び.jpg
かなり真剣に、時間をかけて選んでしまいます。
それが楽しいhappy01
 
14ナノイー.jpg
また、「酸素バー」や「ナノイー」が置いてあり、何回でも無料で使えますscissors
キレイな酸素を吸いこんで、しっとりお肌にしなくっちゃheart04
 
種類豊富なハーブティやマッサージチェアもあり、これらも無料。
かなり太っ腹でありますhappy01
 
15岩盤浴.jpg
夜ももちろん温泉に浸かり、岩盤浴(30分・750円・税別)で体の芯からポッカポカwink
 
16朝ラウンジ.jpg
朝はラウンジでコーヒーや紅茶のサービス。
 
17朝.jpg
朝日をたっぷり浴びての静かな時間は、かなり贅沢shine
 
18朝パソコン.jpg
備え付けパソコンでお天気やニュースを検索したりして、思い思いに過ごしますconfident
 
19森乃湯.jpg
食事やエステの様子は、次のブログでじっくり書くので飛ばしますが、
翠蝶館に来たなら、翠山亭本館・離れの湯小屋「森乃湯」もハズセナイsign01
 
フロントに声をかければ、すぐに車で送迎してくれます。
すぐ近くだから、散歩しながら行くのもアリwink
 
20森乃湯内湯.jpg
ここは源泉100%かけ流しの「湯」そのものを楽しむお風呂spa
 
21森乃湯露天.jpg
露天では春風の中、うぐいすの声が聞こえましたlovely
 
22森乃湯ラウンジ.jpg
そして湯上りは木の温もりに包まれたラウンジでドリンクタイム~。
 
23森乃湯ジュース.jpg
好きなドリンクを選べるので、私たちは健康的に
緑と赤の野菜&果物ジュースをオーダー。
 
ココは入浴料が540円かかるのですが、このジュースが飲める
温泉&カフェだと思えば、ぜんぜん高いと思わない。
むしろ絶対、体験するべしsign01
 
24森乃湯テラス.jpg
このテラスで風にあたるの、気持ちいい~confident
新緑の季節はもっと眺めがいいだろうな。
 
でもこの季節も、枝から枝へ移り飛ぶウグイスを探したりして
なんか、得した気分でしたよnote
 
25森乃湯眺め.jpg
そしてまた、ウグイスの鳴き声に春を感じて、うっとり~heart04
温泉三昧でカラダも軽く、ついつい長居してしまうのでした。
 
そして次のブログ「お食事編」、 「エステ&体験編」も見てくださいねhappy01
 
flair「翠蝶館」基本情報はコチラ
 
flair「翠蝶館」プラン一覧はコチラ

2014/05/20 10:51コメント(0)


2014/05/07
丸瀬布温泉「マウレ山荘」食事編★お刺身もおいしい和洋折衷コース料理&手作り朝食ブッフェ♪
丸瀬布温泉「マウレ山荘」ならではの手作り料理は
厳選された食材と、季節の味の和洋折衷コース♪
 
前のブログでは、「マウレ山荘」のトロトロ温泉の素晴らしさ
ご紹介しましたsign01
 
2014050531.JPG
今回は、温泉と同じくらい楽しみな「お料理」をご紹介しますhappy01
 
2014050532.JPG
まず夕食は、落ち着いたレストランでいただく、季節の和洋折衷コースですshine
 
この日の夕食は、春らしい「虹鱒のマリネ」、
「地元のうどと行者にんにくと帆立の酢味噌掛け」でスタートsign01
 
前菜には菜の花や筍、スープにはアスパラと
すでに旬の幸、満載で楽しいnote
 
2014050535.JPG
お造りは本鮪に釧路産の銀鰈と真つぶ、牡丹エビ。
ネコヤナギとエゾエンゴサクの「春」が添えられていますcherryblossom
 
2014050536.JPG
見てください、この中トロのぶ厚さheart04
使う魚は季節ごと、その時期に一番の魚を厳選しているとのこと。
 
森の中のホテルだから、海鮮には正直、
そんなに期待していなかったのに、この美味しさは嬉しいなshine
 
2014050537.JPG
お食事に合わせて白・赤のグラスワインをいただいたのですが、
道産ワインのラインナップはスゴイsign01
 
2014050538.JPG
道内ワイナリーの人気ワインが、ほぼ揃っていてビックリですwobbly
 
2014050539.JPG
メインの魚料理は「サクラマスと帆立のグリル」fish
 
2014050540.JPG
肉料理は「十勝牛ロースステーキ」ベリーソースに
遠軽産のグリーンアスパラ添えshine
 
2014050541.JPG
混ぜちらしに銀杏草のお味噌汁shine
 
2014050542.JPG
そして名物「手打ち蕎麦」lovely
全国有数の蕎麦処、幌加内(ほろかない)産の北わせそば粉ですsign01
 
ほぼお箸でいただける、ボリュームたっぷりのコースheart04
 
2014050543.JPG
今回の宿泊は、ぐうたび「春の大満足★1万円」のフルコースプランshine
デザートもしっかり、いただきましたdelicious
 
2014050544.JPG
朝は3月にリニューアルしたばかりの明るいブッフェ。
同じレストランなのに、陽の光が差し込んで、
夜とはまったく違う爽やかな雰囲気sun
 
2014050546.JPG
全部で和洋中50~60種類はあるメニュー。
緑を眺めながら、ゆったりといただきますconfident
 
2014050547.JPG
地元の養蜂場で採れた蜂蜜はマロニエとクローバー
 
2014050552.JPG
ヨーグルト&蜂蜜は大好きな組合せnote
焼きたてパンとともに、なんだか「高原の朝」って感じwink
 
コラージュ.jpg
洋食がメインかというとそんなことはなくて、
肉じゃがにきんぴら、出汁まき卵にこだわり納豆、きのこ汁と
むしろ和食の方が多かったなあcatface
 
行者ニンニクの卵とじは、やや中華風。
海鮮がゆなど、中華メニューも充実。
 
実は朝食ブッフェは中華のシェフが担当すると中華メニューが増え、
洋食のシェフの担当なら洋食が充実したりと、
連泊のお客様もいるので、毎日メニューを少しずつ変えているんですってsign01
 
地元感&手作り感満載の朝食は、しっかりと印象に残りますshine
 
夕食も併せ、このお料理&美容液のお湯は
満足感&コストパフォーマンス・大punch
できたら芝さくらの時期にでも・・と、チェックアウト前から
リピート計画を考えちゃうのでしたwink
 
「トロトロ温泉&施設編」は、前のブログを読んでくださいネhappy01sign01
 
flairマウレ山荘 基本情報はコチラ
 
flairマウレ山荘 プラン一覧はコチラ

2014/05/07 02:52コメント(0)


2014/05/05
丸瀬布温泉「マウレ山荘」施設編★美容液のようなトロトロ天然温泉と花の散歩道!
一度は体験してほしいツルツルトロトロの温泉!!
丸瀬布温泉「マウレ山荘」に行って来ました♪
 
仕事柄「良い温泉を教えて!」と言われることが多いのですが
その時、大好きな温泉として答えるのが丸瀬布温泉「マウレ山荘」shine
 
2014050500.JPG
なんといってもお湯の良さが抜群sign01
トロ~ッと肌にまとわりついて、まるで美容液に浸かっているようなのですheart04
 
2014050501.JPG
マウレ山荘は、三角屋根に白い壁の可愛らしいリゾートホテルshine
札幌から車で200分、旭川空港から車で約110分、
遠軽(えんがる)町丸瀬布(まるせっぷ)の静かな森の中にあります。
 
2014050502.JPG
ロビーは吹き抜けで、ヨーロッパの山小屋みたいconfident
 
2014050503.JPG
石造りの暖炉やロッキングチェアも非日常感アップでテンションアップup
 
2014050504.JPG
大浴場は「美粧の湯」と呼ばれるアルカリ性単純温泉spa
湯上りはお肌がツルツル、しっとり~heart04
 
私は今回、試しに化粧水をつけずに寝てみましたが、朝もイイ感じlovely
このお湯の良さは、ほんと、クセになりますnote
 
2014050505.JPG
すごく広~い開放的な露天風呂sign01
風が気持ちいいconfident
 
2014050506.JPG
明るいうちは広がる景色を眺めながら、
夜は満点の星空を仰ぎながら、ついつい長湯spa
 
マッサージ効果たっぷりの打たせ湯もあるんですよwink
 
2014050507.JPGのサムネール画像
ぐっすり眠った翌朝は、思わず早起き。
ロビーでゆっくり庭に来る小鳥を眺めるのもよしchick
 
2014050508.JPGのサムネール画像
でも、やっぱり外が気持ちいいsign01
一緒に行ったカネッコも、リフレッシュした顔してる~note
 
2014050509.JPGのサムネール画像
ホテル入口の散策路を行くと「マウレの庭」が広がります。
 
2014050510.JPGのサムネール画像
春が来たばかりの今は、雪どけ水と水芭蕉がキレイshine
 
2014050511春の庭.jpgのサムネール画像
もう少し春が進んだ庭はこんな感じになるんですってsign01
クロッカスとスイセンから始まるマウレの庭。
このように、季節の花々が咲き誇りますclover
 
2014050512.JPGのサムネール画像
私が泊まったのは柔らかな色使いが落ち着くツインのお部屋。
 
2014050513コテージ.jpgのサムネール画像
ほかに源泉掛け流しの温泉付の特別室や、気軽に別荘気分が味わえる
温泉付コテージもありますsign01コテージはワンちゃん連れにオススメdog
 
2014050514.JPGのサムネール画像
周辺には、のどかな風景がひろがりますhappy01
 
2014050515いこいの森.jpgのサムネール画像
北海道遺産にも認定された森林鉄道蒸気機関車「雨宮21号」が
汽笛を響かせて走る「森林公園いこいの森」もすぐそばgood
 
2014050516昆虫生体館.jpgのサムネール画像
環境省指定ふるさといきものの里100選に選ばれた「昆虫生態館」では
一年中、蝶が飛び交う姿が見られたり、
世界のいろいろなカブト・クワガタが観察できて子供たちは大喜びnote
 
2014050517ミュージアム.jpgのサムネール画像
散策路の先には、丸瀬布の廃校を再利用して作られた
「マウレ・メモリアル・ミュージアム」があり、絵画や世界の蝶の標本に加えて、
世界の化石や鉱物、そしてエドモンドザウルスまで楽しめますwobbly
 
2014050518山彦の滝.jpgのサムネール画像
また、穴場だと思うのがホテルから車で5分の「山彦の滝」shine
滝の裏側から観察することができ、別名「裏見の滝」とも呼ばれていますsign01
 
家族連れにもオススメhappy01
ぜひ、周辺散策もあわせて、ゆっくりとお過ごしくださいねnotes
 
しかも、しかも、この宿は美味しいsign03
気になる「食事編」は、次のブログに続きますhappy01
 
flairマウレ山荘 基本情報はコチラ

flairマウレ山荘 プラン一覧はコチラ


 

2014/05/05 18:09コメント(0)



村澤 規子

Profile

[ 名前 ]
村澤 規子

[ 職業 ]
ぐうたび編集長

[ 自己紹介 ]
北海道大好き!食べること大好き!
全道各地の新鮮なトピックスや季節のイベント情報をはじめ、
取材で出会った癒しスポットや穴場なお店の紹介など、
日頃の生活の中で気付いたこと、見つけたこと、
なんでも発信しちゃいます☆
北海道は楽しい&おいしい♪
「ぐうたび」で北海道ファンをたくさん増やしたいなあ!
一緒に北海道を楽しみましょう(^^)/


RSSを購読する