ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 道東撮影紀行 > グルメ


道東撮影紀行

[担当エリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
根室管内在住フォトグラファーのフォトブログ。



グルメ


2016/06/27[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
シェフ貫田による「道東素材の料理教室」

IMG_0033

シェフ貫田がスーパーの食材で料理を作ると…こんなになっちゃいました!

 

IMG_0015

…お仕事で再び中標津を訪れた、「シェフ貫田」ことフードディレクター 貫田桂一さん。シェフのご好意で料理教室を開いて、その料理で夕食会をすることになりました。

 

IMG_0018[3]

料理教室は午後1時半集合。午後6時までに15人分の料理を作ります。
まずは料理教室参加者で、まかないのパスタを作りました。

「Spaghetti con fungo al pomodoro」キノコとトマトのスパゲッティ。キノコはヒラタケを使用しました。


到着してすぐに作れるようにと材料を教わっていたので試作してみたのですが、材料は同じでも、手順が違うとソースと具の絡み方が段違いです。ヒラタケも手順をきちんと踏むと、味が引き立ちました。

 

お腹が満たされたら、町内のスーパーへ。
今回のテーマは

「町内で普段手に入る食材を利用してシェフが料理するとどうなるか?」

IMG_0020
町内の2店を巡り、厚岸町の塩時鮭やかみふらのポーク、前の週に漁が始まったばかりのホッカイシマエビなどを購入しました。シェフおすすめの塩もありました^^

 

IMG_0026
会場へ戻って調理開始!料理教室には大人5人と小学生4人が参加しました。15人分の料理をレシピと工程表で確認しながら作っていきます。小学生も包丁や業務用ガスコンロの前に立って調理に挑戦しました。

 

IMG_0022
参加者に作り方と調理のコツを伝えながら、シェフも調理。炎の料理人!

 

IMG_0033
夕食会の時間になると、日中さまざまなイベントをこなした人たちも到着!ワイワイと料理を仕上げました。チーズやワインの持ち込みも加わって、いつも買い物をしているスーパーの食材がこんな華やかなメニューになりました!

 

IMG_0052
まずは「道東産・魚介類のオードブル・サラダ」6品。写真は花咲ガニとジャガイモを合わせたものです。ホッカイシマエビやカニをジャガイモと和えて食べるという贅沢な料理ですが、ジャガイモにもかなりの手間をかけています。生のタマネギは辛味が消え、マリネは酢の強さがなく、優しい味。甘みがあるのに砂糖を加えていないのです。不思議~。小学生が炒めたニンジンのマリネも、シャキシャキして美味しいと大人から褒められていました。

 

IMG_0053
途中で焼き上がったのは「道産ポークのひと皿、スペアリブのローストとジャガイモのフリット」。3時間の下準備で中は柔らかくなり、外はフライパンとオーブンの合わせ技でカリカリ!肉嫌いと聞いていた子も食べていましたよ!
中標津産小麦「春よ恋」のパンも登場。生産者さんのお話を直接聞くことができました。

 

IMG_0054
デザートには、今回来ることができなかった奥様「まさちゃん」お手製のパウンドケーキ。一口一口がギュッと満たさせる味。次はまた一緒におしゃべりしたいなぁ…

 

IMG_0049

大人は異業種交流会の様相で盛り上がり、子どもたちは自分たちが手をかけた料理を「おいしい」と連発しながらおかわりしていました^^


貫田桂一さんという方は、「道産食材の魅力を引き出す」料理人としてはもちろん、美味しい料理の作り方を「わかりやすく教える」技術、「食に興味を持ってもらう話術」を持ち合わせていて、しかも大人数でも少人数でも、子どもも大人も引き込む魅力を持っているのですよねぇ。

 

夢のような時間があっという間に過ぎたのでした。

シェフ、料理と楽しいおしゃべり、ごちそうさまでした!

 

シェフ貫田のブログ「シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典」はこちら!

2016/06/27 15:19釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(2)


2015/12/06[この記事のエリア] 札幌
札幌でリゾートするなら!「シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート」

待っていました!「シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート」のお得なプランがぐうたびに登場♪
2015年7月に宿泊してきました。とても素敵なホテルでしたので、その時の様子をご紹介します!

 

DSC01548
札幌市北区茨戸にある「シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート」。札幌で育った私には「札幌テルメ」で遊んだ懐かしい記憶が…こうやって、今は子どもたちとともに訪れることができて嬉しいです。

 

IMG_5877
チェックインの手続きをしている間に全員のテンションがあがったのが、「シャトレーゼ」のお菓子!山梨県甲府市に本社があり、和・洋菓子やアイスクリーム、パン、飲み物などを製造・販売しているそうです。他にもワイナリーやゴルフ場もあるとか…

 

IMG_5878_1.jpg 
今回は6名での宿泊です。和洋室は、ツインベッドと畳9畳のお部屋。
着いたとたん、みんな窓にくぎ付けです。

 

DSC01446
窓からは、1階アトリウムが見られます。アトリウムは朝食・夕食バイキングレストランの会場で、11階まで吹き抜けになっています。はぁ~、いい景色~!

 

DSC01545
向かったのはプール。右側にはシャトレーゼのお店があります。種類が豊富なので、お土産を買うならここ!ホテル内にもショップがあり、ホテルメイドのお菓子を買うことができます。

 

DSC01502
宿泊プランには、プールと温泉施設の入場券が付いています!
すっかり遊んでしまって写真はありませんが、ウォータースライダーや流れるプールなど屋内・屋外のたくさんの種類の温水プールで遊びました。その後はそのまま温泉へ移動、歩行浴や薬湯風呂、露天風呂などさまざまなお風呂に浸かりながら、遊び疲れた身体を温めました。

 


IMG_5884
夜のアトリウムはこんな雰囲気。今回は夕食は外のお店でとりましたが、こんな素敵な場所での夕食もいいですね~。

 

プールで遊んでクタクタになったので、夜更かしすることもなく翌朝まで熟睡!

 

DSC01538
さてさて、いよいよ翌朝、1階アトリウムにあるレストラン ヴィーニュへ!

 

 

DSC01449_4.jpg 
朝食ビュッフェのテーマは「元気が出る朝食」!?

 

 

DSC01462
一見普通のバイキングなのですが…

 

DSC01463
この日は北広島産のミニトマトと静内産のキュウリなど、北海道産の野菜が並んでいました。

 

DSC01469
注文してからシェフが焼き上げるオムレツ。

 

DSC01461
ベーコンとチーズをトッピングしてもらいました。

 

DSC01471
20種類の野菜がたっぷり入ったトマトスープや

 

DSC01464
朝からラーメン!しかも疲れた体を整えるという薬膳!

 

 

DSC01465
たくさん食べても、胃にもたれたりすることがないのです。

 

DSC01452
こどもの食器・メニューもバッチリでした。シャトレーゼで販売しているお菓子も食べられます^^

 

 

DSC01493
前日のプール疲れもどこへやら。驚いたことに、朝食前より元気になりました!

 

DSC01445
家族全員「また行きたい!」というホテルがひとつ増えました。チェックイン前やチェックアウト後も遊べますので、1泊すると24時間遊べますよ!

 

期間限定、お得な宿泊プランはこちら

シャトレーゼガトーキングダムサッポロホテル&スパリゾート

2015/12/06 21:31札幌コメント(0)


2015/12/04[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
シェフ貫田、地元の食材メニューを実演! ~シェフin中標津 その4~

中標津町へ来たシェフ、貫田桂一さん。
前日に2講演をこなしたシェフ、この日も2講演です^^;
午前は今回メインの教育委員講演会でした。


15年11月30日143930-026
そして午後は、中標津町計根別にある「中標津町交流センター」が会場です。
※特別に許可をいただいて撮影しています



15年11月30日144225-004
昨日と同じレシピなのですが、会場が調理室なのでシェフのワザを至近距離で見ることができました。

 

15年11月30日144655-008

ピックファーム大山の「中標津ミルキーポーク 」を、この計根別地区にある「畜産食品加工研修センター」でポークソーセージとフライシュケーゼに加工していただいたのです。

 

「サラダは中標津のゴーダチーズが決め手」
「いもサラダは練るといも◯◯◯になっちゃいます」

 

素材が喜ぶ塩の黄金比率や身体の内側から健康になる食材、そして、この地元中標津産ポークソーセージは、つい先日まで生きていた命をいただいたもの。「年1回でも家族でそんな話をする日を。いのちを感じる食事を」と語っておられました。

 

15年11月29日182835-010
「中標津チーズパンケーキ」と「中標津ポテトとソーセージのミルキーサラダ」の2品。今日は他の方たちがお手伝いされていたので、ゆっくりと味わうことができました。

 

 

15年11月30日160405-018
前日夜同様、試食のあと質問タイム。ここでもシェフの「適正配置」が、皆さんを笑顔にしていました。

 

 

IMG_8831
シェフ貫田、奥様のまさちゃん、ありがとうございました!また中標津へ来て下さいね!


 

取材・撮影協力:一般財団法人 中標津町文化スポーツ振興財団

 

☆今回のシェフ貫田の旅一覧

  1. シェフ貫田、地元の食材メニューを実演! ~シェフin中標津 その4~
  2. シェフが伝える「才能を伸ばす食べ方」とは!? ~シェフin中標津その3~
  3. シェフ貫田と「オステリア フェリーチェ」へ ~シェフin中標津 その2~
  4. シェフ貫田と栄養教諭の座談会! ~シェフin中標津 その1~

2015/12/04 17:58釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(2)


2015/12/02[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
シェフ貫田と「オステリア フェリーチェ」へ ~シェフin中標津 その2~

貫田シェフin中標津、座談会のあとはランチ。

15年11月29日122659-001

このブログではもう何度も紹介しているお店、イタリアンの「Osteria Felice(オステリア フェリーチェ)」。「シェフと食べるならこのお店!」と思って、シェフ来町が決まったときから予約していました。

 

15年11月29日123738-002
待っている間に、貫田シェフからフォークとナイフのテーブルマナーを教わりました。テーブルの端から~とか、フォークの置き方とか、そんな細かいルールがあったのかと、この歳になって教わるのはちと恥ずかしい。けれど、これでキチンとこどもに教えられます。

 

15年11月29日124449-004

前菜はソプレサータとサラダ。「ソプレサータ」って?どうやら一般的な豚肉の部位ではないようですね(検索するとわかりました)。シェフの話では随分と手間のかかるものだそうで、調理が見事だとおっしゃっていました。

 

15年11月29日130524-005

メインのパスタ。本来はゴルゴンゾーラとじゃがいものニョッキのところを、シェフのリクエストに便乗してペンネに変更。ゴルゴンゾーラの香りが心地よい。適度な塩加減とゴルゴンゾーラチーズのコクがたまりません。撮り忘れましたが、パン・ド・カンパーニュも美味しくておかわり。他の方のニョッキをいただいたら、今までに食べたことのない劇的な美味しさのニョッキでした。しかし、5人揃ってゴルゴンゾーラを頼む人たちはまずいないでしょうねぇ、なんて言いながら美味しくいただきました。

 

15年11月29日134345-009

デザートと一緒にコーヒーをいただきました。シェフは「エスプレッソォ!(イタリア語の発音で)」をリクエスト。午前の座談会が盛り上がって遅れてしまい、夜の講演会準備があるのでデザートは駆け足で。

 

15年11月29日134259-008

一日お付き合いしてくださった方たちと一緒にランチ。シェフのお隣は奥様です。シェフを見事にサポート、おしどり夫婦とはこんな方たちなのでしょうかね。

 

 

15年11月29日140226-010


最後は両角さんとパチリ。ごちそうさまでした!

 

このあとは、4時間にわたる講演会準備が始まります。ついに、「シェフの姿」を見るのです。つづく。

 

Osteria Felice
オステリア フェリーチェ

北海道中標津町東6条北2丁目
電話番号:0153-73-2828
営業時間:11:30 - 14:30、17:30 - 22:00
定休日:月曜日・第2火曜日(定休日が祝日のときは翌日が定休日)

 

☆今回のシェフ貫田の旅一覧

  1. シェフ貫田、地元の食材メニューを実演! ~シェフin中標津 その4~
  2. シェフが伝える「才能を伸ばす食べ方」とは!? ~シェフin中標津その3~
  3. シェフ貫田と「オステリア フェリーチェ」へ ~シェフin中標津 その2~
  4. シェフ貫田と栄養教諭の座談会! ~シェフin中標津 その1~

2015/12/02 17:39釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(2)


2015/12/01[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
シェフ貫田と栄養教諭の座談会! ~シェフin中標津 その1~

ぐうたび「ぐうブログ」スペシャルブロガーのフードディレクター 貫田桂一さん。
00画像顔写真○

 

2011年3月、ぐうたび1周年記念パーティで初めてお会いしました。(過去記事はコチラ

中標津にいらしたことがあるとおっしゃるので「今度いらした時はうちのお店(その頃は喫茶店)で料理教室してください~」…な~んて、今思えば図々しいお願いをその時のノリで話していたのです。

 

それがですね。

 

15年11月29日110520-021
中標津で講演会が入ったとのことで、ホントに来てくださいました!よく4年前のことを、そしてこの小さな店のことを覚えていて、連絡を下さったものです…

 

15年11月29日105234-019
小さな場所ですので、おひとりで一年に何百人、何千人の食に携わっている方たちをお誘いしました。数々スケジュールを縫って、中標津町と別海町、標津町から、給食センターの栄養教諭の先生や最近給食が始まった幼稚園の栄養士さん、食育インストラクターが来てくださいました!

 

15年11月29日120201-022

テーマは「こどもの知力・体力・徳力を育てる食のチカラ」。農林水産省の「地産地消コーディネーター」、北海道の「北海道食育コーディネーター」として学校給食現場に派遣されているシェフに、子どもが伸びる食べ方、教育における食の位置づけ、将来の地域リーダーとして子どもを育むための食の重要性をお話していただきました。

 

より栄養素を吸収できる調理方法を、給食の調理でどこまで実現できるか、子どもたちにいのちの大切さを伝える話題、計算によいと言われる調味料や、テストの点数が良くなる朝食とその理由など…時間が足りないほど濃い時間でした。

 

このあと、シェフと奥様、そして座談会のメンバーと一緒にイタリアンへ。
つづく。(シリーズでお伝えします)

 

☆今回のシェフ貫田の旅一覧

  1. シェフ貫田、地元の食材メニューを実演! ~シェフin中標津 その4~
  2. シェフが伝える「才能を伸ばす食べ方」とは!? ~シェフin中標津その3~
  3. シェフ貫田と「オステリア フェリーチェ」へ ~シェフin中標津 その2~
  4. シェフ貫田と栄養教諭の座談会! ~シェフin中標津 その1~

2015/12/01 11:22釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(2)



REIKO

Profile

[ 名前 ]
REIKO

[ 職業 ]
フォトライター

[ 自己紹介 ]
道東を中心に、撮影しながら訪れたお店やグルメ、おすすめの場所を発信します!


RSSを購読する


他のエリアBLOG