ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 道東撮影紀行 > 写真


道東撮影紀行

[担当エリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
根室管内在住フォトグラファーのフォトブログ。



写真


2016/12/01[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
中標津の空から見える、あんな文字こんな文字

今年は、5年ぶりに空の旅なんぞを楽しませていただいておりました。

中標津空港の滑走路横に「NAKASHIBETSU」の文字。

naka.jpg

 

こちらは地上でもおなじみの「モアン山の牛文字」。

ushi.jpg

 

こちらは「ANAの森」。

ana.jpg

 

また乗りたいなぁ…

2016/12/01 20:11釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(0)


2016/10/09[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
北海道を襲った台風10号の爪痕

2016年8月。北海道は4つの台風が上陸しました。

台風上陸第1号は、8月17日。
たまたま訪れていた札幌の大通駅で、緊急速報メールが一斉に鳴りました。次の日、帰ることができるのか不安になりました。
(その日JRで釧路に帰る予定だった人は、JRが止まって急遽1泊。次の日夜中にようやく着いたそうです。)

そして、甚大な被害となった30日の台風10号。1カ月経った今もあちこちで影響が出ています。

 

これは9月3日、道東自動車道から見た帯広付近の川の様子。

DSC_2491.jpg

 

 

土砂崩れで通行止めになった時には、札幌の大会へは道北を回って行くしかないと思っていました。1日朝に開通のメールが届いた時にはびっくり。きっと夜中も作業したのだろうなぁ…道路横はまだこんな状態でした。占冠―トマムが開通したのは2009年。もしまだこのあたりが開通していない頃だったら、何週間寸断されたままになっていたのか…とゾッとします。

DSC_2532.jpg

 

 

3週間後の様子。復旧作業が進んでいるのだなぁと思って見ていたものの

DSC_5571.jpg

 

まだまだこんな状態のところも。

DSC_5577.jpg

 

国道が通行止めの間、無料区間があります(その区間を通過する場合は有料)。最新の高速道路情報はこちらから。

ドラぷら(http://www.e-nexco.co.jp/)

 

被害の大きかった南富良野町へボランティアへ行って下さる方には、札幌からボランティアバスが出ています。

いのちをつなぐチャリティーマルシェ | Facebook(https://www.facebook.com/charity.marche/posts/1131781173577709)

 

オチもなにもつけられない、そんな今回のブログでした。

2016/10/09 20:44釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(0)


2016/01/11[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
スノーシューで行く摩周湖外輪山巡り!第1展望台~第3展望台

※今回は微妙に角度の違う摩周湖の写真が登場します。適宜飛ばしてお読み下さい。

 

DSC_0319

冬の摩周湖へ行って来ました。実は冬に訪れるのは初めてです。
冬の間は駐車料金が無料なのですねぇ。(共通駐車券のある硫黄山も無料だそうです)

 

 

DSC_0316

今までは第1展望台で見て終わりだったのですが

 

 

DSC_0155

今回はスノーシューで第3展望台まで歩いてきました。
(車両は通行止めですが、スノーシューやスキーでの歩行は可能です。地元ではツアーが組まれています。)
ツアーはこちら→☆

 

DSC_0301

最初は道路を歩いていたのですが、

 

a
ときどき湖へ向かう足あとがあります。辿ってみると…

 

 

DSC_0195
あの世とこの世の境界みたい。(まぁ、湖に落ちたらあの世行きだろうなぁ)

 

DSC_0221

何度か道路と湖を行き来していると、稜線づたいを歩くスノーシューの足あとが現れ始めました。よし!歩くぞ!

 

DSC_0198

ちょっと開けた場所がありました。昔あったという、幻の「第2展望台」はここなのだろうか。

 

DSC_0205

こんな写真を撮ってみました。

 

DSC_0239-003
「カメラマンの第2展望台」というところもあるらしい。ここかなぁ。どこも絶景。摩周湖(行った本人は)何度見ても、どの角度から見ても感動し続けたのです。
 

DSC_0226

かなりハードな斜面を移動したウサギの足あとを見つけたり

 

DSC_0250

キラッキラの雪の結晶を見たりしながら

DSC_0259

この稜線(雪をかぶっているところ)を歩いたわけです。
ようやく見えてきた、第3展望台。

DSC_0260

ここまで来ると、スノーシューの足あとも見えたり消えたり、だんだん歩きづらくなってきた…

 

DSC_0278

しかし、向こうには硫黄山と屈斜路湖が見えてきて、テンションはますます上がります。

 

 

DSC_0283

第3展望台へ到着。でも、木道は雪に埋まっています。

 

DSC_0284

一旦道路に降りると、動物の足あとしかない。

 

 

DSC_0288
到着!

 

DSC_0300

写真を撮りつつ2時間半。歩いたなぁ…

 

 

h

帰り道はさっさと歩いて1時間。

 

 

DSC_0308
足は疲れていたけれど、もうひと踏ん張り、第1展望台で撮影。
これで(たぶん)3つ(と非公認1つ)の展望台を制覇したのでした。

 


【摩周湖】
住所:北海道川上郡弟子屈町弟子屈原野
電話: 015-482-2200(社団法人摩周湖観光協会)

2016/01/11 23:35釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(0)


2015/11/25[この記事のエリア] 釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室
クリスマスが近づく雰囲気を「道立ゆめの森公園」で楽しもう!

今年は早い根雪になるのでしょうか。
中標津はたった1日で、すっかり雪に埋もれてしまいました。道立ゆめの森公園(ゆめ森)も雪景色。

蜀咏悄 2015-11-25 9 39 15

 

もうすぐ「アドベント」の期間が始まります。11月30日に一番近い日曜日から、クリスマス前の4週間を「待降節(アドベント)」といいます。キリスト教の「救い主」を待つ期間なのです。

 

道立ゆめの森公園にもツリーが飾られて

蜀咏悄 2015-11-25 9 40 46

 

アリーナには、一足早くサンタさんが来て、プレゼントを置いていってくれています。

蜀咏悄 2015-11-25 9 42 52

このサンタ、新人さんなのだそうです…

蜀咏悄 2015-11-25 9 42 26

 

季節で飾り付けが変わる事務所前は、いつも女性スタッフさんが手づくりしているもの。年々増えたり交換しているんですよ。

IMG_8782 (1)

 

このリースは、公園内で拾ったエゾノウワミズザクラやムラサキセンダイハギの実をアジサイに飾りつけたのだそうです。

IMG_8781

 

そんなスタッフさんが準備している12月のイベントは

IMG_8595

こんなふうに進んでいるようです。どうなるかは公園からの情報をお楽しみに。(リンクは記事最後にあります)

IMG_8597

 

 

先日、標茶町中虹別で行われていた作品展もやってきます。
「Tuna-Kai(トナカイ)と12人の作品展」12月2日(水)~1月31日(日)です。
100%天然素材で作ったトナカイさんのクレヨンや絵の具で描かれた作品展です。

20151123_1606386

 

寒くなって外出するのがおっくうになる季節ですが、お子さんを連れてぽかぽかのゆめ森ビジターセンターへ遊びに来てはいかがでしょうか。

 

 

【道立ゆめの森公園】

〒086-1145 北海道標津郡中標津町北中2番地5
TEL 0153-72-0471

開園時間
夏期間 (5月~11月) 6:00~19:00
冬期間 (12月~4月) 8:00~18:00
ビジターセンター開館時間 9:00~17:00

入園無料

Facebookページ https://www.facebook.com/yumenomori/

2015/11/25 11:14釧路・阿寒・川湯・屈斜路・根室コメント(0)


2015/11/08[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
和洋中80品目バイキング! 温泉とプールも楽しめる「知床第一ホテル」

週末、世界遺産・知床へ行ってきました♪ 知床峠では雪が降っていて寒い~!
それでも知床五湖では木道を歩いて一湖の間近まで近づくことができる、湖畔展望台(800m)まで歩いてきました。

DSC04635

 

 

斜里町ウトロ(知床半島)にある、「知床第一ホテル」東館へ泊まりました。

ホテル外観を撮り忘れたのでいきなり客室へ^^; 
DSC04672

 

窓からはオホーツク海とウトロの街並み。

DSC04696

 

そして、夕日を眺めることができます。チェックインは15時から、この日の日の入りは16時過ぎ。
季節によっては夕日が海に落ちます…

DSC04701

 

 

DSC04706

まずはお風呂お風呂♪
一階が男性浴場、二階が女性浴場です。(女性浴場へは別の場所にあるエレベーターで行くこともできます)

入浴時間は14:30から翌朝9:30まで。
女性浴場にはひろ~いパウダールームがあります。

DSC04722

 

 

ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉のお風呂は上がったあともポカポカ。
オホーツク海、冬には流氷を見ながらの露天風呂。
お風呂の種類はジャグジー、寝湯、打たせ湯、かぶり湯、電気風呂、水風呂、薬湯と豊富です。(こちらは沸かし湯)

 

家族風呂(予約制・有料)とプールもあります。

DSC04724

 

アクアランド「ソンテ」は12時から21時まで。年中プールで遊べます。
子どもたちが大好きな場所です。水着の貸出もあります(500円・21時半までに返却を)。水着は110cmくらいが一番多く、大人用は少ないのでお早めに。

DSC04725

 

温泉やプールを楽しんだあとはお土産屋さんへ。知床へ行ってきました系のお菓子や、北海道定番のお菓子、いろいろあります。(あっ、写真を撮っててお土産忘れてた!)
DSC04720

 

 

夕食は18時から。(チェックイン時に予約)

DSC04744

 

 

テレビCMでお馴染み、和洋中80品バイキング!
洋食バイキングはステーキやスパゲッティ、グラタン、鹿肉ハンバーグなど。

DSC04751

 

 

カニはもの凄い人気で、あとで写真を撮りに行ったらこんな感じに…

DSC04763

 

 

お刺身も充実しています。写真の他に、ホタテやタコ、サーモンなどがありました。

DSC04766

 

中華はシュウマイやエビチリ、チャーハン、あんかけ焼きそばなど。青い色の流氷カレーとナン、なんてのも。(カレー鍋の蓋を開けた人のどよめき声が聞こえていました)

DSC04755

 

子どもにはチョコレートファウンテンが人気です。
DSC04754

 

こちらはデザートパーラーの様子。クレープやワッフル、アイスやスムージーがあって、この他にもケーキやみたらし団子、北海道のおやつ、いも団子も…

DSC04790

 

大人のシメはラーメンで。(こちらは知床塩ラーメン)

DSC04767

 

今月から「冬祭り」が始まっていて、マルスコイの入口に屋台が出ています。
綿あめやかき氷、ヨーヨーや駄菓子…子どもたちはお土産に部屋へ戻りました。
DSC04775

 

ラクレットチーズもあります~

DSC04778

 

う~ん、満腹満腹!
私には80品制覇はできなかった…

DSC04784

 

(CMっぽく撮ってみました 笑)

DSC04796

 

 

お腹を休める場所は、お部屋のほかにもひろ~いラウンジだったり(コンサートを開催する日もあります)

DSC04732

 

玄関横にある「山口文庫」で、セルフサービスのお茶を飲みながら過ごすのもおすすめです。ここにはWi-Fiスポットもあります。

DSC04730

 

※大人情報
バイキング以外にも、夜営業のラーメン屋さんやスナックがあります。

 

 

翌朝もマルスコイでバイキング。こちらも和洋中で、なかには北海道産鮭やホタテ、イカなどのメニューも並んでいます。

DSC04804

 

北海道限定「カツゲン(乳酸菌飲料)」もこの通り!

DSC04813

 

パン食の方はこちらをどうぞ。

DSC04814

 

北海道産の高級じゃがいも「インカのめざめ」はホックホク!

DSC04821

 

私はうどんを…
DSC04820

 

”温泉卵・大根おろし・とろろ・しらす乗っけ”という、バイキングならではの「乗っけうどん」を楽しみました。
DSC04807

 

今回のヒットはホタテとアスパラのあんかけ!おかわり!おかわり!

DSC04832

 

 

チェックアウトは10時まで。
温泉とおいしい食事を満喫しました。



シカさんも待っている知床半島、どうぞお越しくださいませ。

DSC_0008

 

知床第一ホテル 宿泊プランはこちら!

 

《知床第一ホテル》

【所在地】北海道斜里郡斜里町ウトロ香川306
【TEL】 0152-24-2334

女満別空港から車で140分
JR網走駅より車で90~120分
JR知床斜里駅より車で50分
釧路本線知床斜里よりバス50分 ウトロ温泉より徒歩20分(ウトロバスターミナル-ホテルの送迎可)

2015/11/08 18:15網走・紋別・北見・知床コメント(0)



REIKO

Profile

[ 名前 ]
REIKO

[ 職業 ]
フォトライター

[ 自己紹介 ]
道東を中心に、撮影しながら訪れたお店やグルメ、おすすめの場所を発信します!


RSSを購読する


他のエリアBLOG