ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG ワインなひととき > 2010年4月


ワインなひととき

ワインのおすすめ、ちょっと得するコネタ話。おいしいもの情報。ゴルフの反省話、など。



2010年4月


2010/04/26
早春。

DSCF2855.JPGDSCF2851.JPGのサムネール画像早春の支笏湖。

まばゆいばかりの 日差しがあふれています。 山菜てんぷらの苦みがおいしい、季節。

山菜てんぷらに 会うのは その苦みや 青みから ソービニオンブランというブドウからつくられる白ワインがあいます。 また、てんぷらの甘み、まろやかさ、から 中の山菜の青み、苦みをマイルドにしてくれているので、 シャンパンの白ブリュットタイプも とってもおすすめ、

ていうか、私やっぱり、好きなんです、シャンパン

2010/04/26 11:36コメント(0)


2010/04/08
春だ 桜だ シャンパンだ (^^)P

みなさま、はじめまして! 札幌ワインアカデミーの佐々木みつこです。 ワインラバー(ワインを愛するひと)みっちゃん と呼んでくださいね(笑)

 

春といえば ワインラバーみつことしては ロゼシャンパンでございます。(^^)b

梅や桜を思わせるピンク、桃色のほんのり 照れたような色づきの そして やわらかく、ちょっぴりほろ苦く甘くすっぱい シャンパンは とっても 春にぴったり、ロマンチックじゃあ、ありませんか?

 

幸せ色の シャンパンに、 イチゴちゃん、 または スモークサーモンのクリームチーズ和え、実はいくらのサワークリーム和えなんてのも、 とっても おすすめです。  ちょっと甘いクラッカーなんかも 本場シャンパーニュ地方でも合わせて食べていますよ。 シャンパンは 誰かの調べによると、 24億個の泡の粒が あとからあとから立ち上ってきます。 シャンパンの泡は ビンのなかで 生まれた二酸化炭素で、 ビンのなかで 平均2年から いいものになると10年も 閉じ籠もっていたので 開栓した途端、 ワインの香りを ひきつれて 飛び出してくるんですね。

 

グラスの中で立ち上る、ネックレスのような泡に、 耳に近づけると しゅわしゅわ、っと 心を癒す音が、はじけ、 イチゴとトーストのような ほんのり甘~い香りが うっとり 春の気持ちを盛り上げますよ。

 

ところで、シャンパンというのは フランスのシャンパーニュ地方で作られるものだけを シャンパンといいますよ。 アメリカ、スペインや オーストラリアや 日本などでも つくられている スパークリングワインは シャンパンではなく、スパークリングワインと、呼びます。

 

シャンパーニュ地方は 代々フランスの国王の戴冠式に 使われていたので 、そのうち、世界中で シャンパーニュ地方のワインが お祝いのお酒につかわれるようになったという いわれがあります。

 

いまは、世界各地でおいしいスパークリングができており、 どれも 個性があっておいしいし、値段もいろいろなので、 そんな お財布と気分と併せて選ぶのも楽しいですね。

 

シャンパンは 特別な日のお祝いには、もちろん、素敵な主役ですが、 いつも、でも。

だって、今日は 頑張った貴女の特別な日、ですもん(^^)/

 

さあ、新学期、 新しい門出、 そして、 もうすぐ ゴルフシーズンだし、 景気づけに、 

門出の 祝いシャンパンで 乾杯!

 

 

 

 

2010/04/08 09:56コメント(2)



佐々木 美津子

Profile

[ 名前 ]
佐々木 美津子

[ 得意ジャンル ]
ワイン

[ 職業 ]
札幌市議会議員 (株)札幌ワインアカデミー経営

[ 自己紹介 ]
25年前のミスさっぽろ(笑)。一部上場会社員20年だったのに、ワインに恋してその人生は大きく変化。頼まれてワインの講師をし、その後独立、ワインスクール経営、ワインバー経営。ソムリエ協会のワインエキスパート全国優勝、ワインアドバイザー北海道代表ほかコンクール優勝数々。
また根っからの食いしん坊で、ワインだけでなく、ラーメン、そばなど汁物好き、おすしや焼き肉、ソフトクリームも大好き。食べるもの全般に一家言ある。
信念はこの一食、このひとときに手抜きなし!資格はワインは日本ソムリエ協会認定ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル。米国ワイン協会認定ワインスペシャリスト、SSI認定ビアアドバイザー、日本酒アドバイザー、など
ゴルフはシングル、スノーボードハーフパイプも全国2,3位。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG