ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 寿司屋のおかみさん 北海道の旅と宿 > 2012年4月


寿司屋のおかみさん 北海道の旅と宿

「寿司屋のおかみさん小話」ブログのおかみさんが書く北海道旅情記。ホテルや温泉のグルメと人情を語ります。



2012年4月


2012/04/17[この記事のエリア] 函館・湯の川
望楼NOGUCHI函館 竹林の食事処でディナーと朝食を

寿司屋のおかみ、井出美香です。

続いて、望楼函館のディナーと朝食を御紹介。

 chikurin1.jpg

食事処には、ドライアイスと竹の演出が。

chikurin2.jpg

すべて個室になっていてプライベートが保たれます。

chikurin4.jpg

春を感じる一皿です~~(^^)

 

食前酒・函館オバラの白梅サイダーと青森の地酒豊盃のカクテル(後ろに見えるピンクのカクテル)。

前菜・七飯産の桜豆富、恵山産きんきんきらず焼き、函館産えぞ鮑とたまふくら豆大船煮、北斗産たらの芽文化寄せ、

春のユリ根寿し(南茅部産甘海老と共に)、鹿部産鱒木の芽味噌、Qちゃんファームの長芋と蓮の菜種焼き、子持ち昆布。

chikurin5.jpg

函館産たまふくら大豆の特製うぐいすスープ。まるで桜が散っているような演出がすてき。

 

chikurin8.jpg

表面をサッと湯引きして氷水につけてある、生のたらばかに。旨い!

 

chikurin9.jpg

「渡島半島幽玄盛り」

おお!ドライアイスの演出でお刺身がやってきます。南茅部産ボタンエビの鮮度のいいこと!

白身は、函館産の真ぞい。そして、上の国産の帆立、津軽海峡のマグロ。うまいなぁ

 

chikurin6.jpg

chikurin10.jpg

出た!塩辛じゃがいも!じゃがいもとバターと塩辛。イカが美味しい函館の美味しさを楽しめます。

 

chikurin11.jpg

 

鹿部産ほんだ鰈のグリエ。 菜の花ソースです。

chikurin12.jpg

大沼牛のポアレ。メープルソース。 道南野菜を添えて。

chikurin3.jpg 食事処から見える夜のライトアップ。ちらっと見えるのがイイ。

chikurin13.jpg 知内産青つぶと戸井産タコの酒蒸し 上磯の山独活と南茅部の求肥昆布

chikurin14.jpg

「函館五稜郭盛り」と題した、漬物盛り合わせです。 地元ならではのこだわり、嬉しいです。

chikurin15.jpg

ホワイトフォンダンショコラ。デザートも春らしいですね。

(※ほかにもいろいろな品が出ましたが、抜粋して掲載しています)


朝です。おはようございます!

13階展望露天風呂の横にあるラウンジで、函館の朝を眺めます。

 

asafuro2.jpg

asafuro1.jpg

朝の展望風呂。

函館空港の滑走路が見えるのが、わかるかなぁ???

さて、朝食です。

asameshi1.jpg

朝食もフルコースです!洋食と和食のどちらかを選べます。わたしは洋食にしてみました。

これじゃあ、ダイエットは当分無理そう(笑)

asameshi3.jpg

北斗市みやこさん生産の濃厚トマトジュースか、七飯産大沼山川牧場の自然牛乳のどちらかを選べます。

asameshi4.jpg

道南産米ふっくりんこを使った、パンです。

もちもちして美味しい!こりゃ、パン好きにはたまりません。函館も美味しい街だなぁ。

 

asameshi2.jpg

パンに付けるジャムラインナップ。

江差産イチゴの手作りジャム・大野産マルメロジャム・北斗産柚子ジャム。

asameshi5.jpg

厚沢部町の新鮮ハーブサラダ、自家製グレープフルーツドレッシングが最高。

フルーツグラノーラと函館産のヨーグルトも。

asameshi6.jpg

和食も充実!朝から、イクラが楽しめる。大好きな、たまふくら納豆が食べられることも嬉しいですね。

asameshi8.jpg

函館カールレイモンのソーセージと、森産豚肩ロースの自家製スモークステーキ、スクランブルエッグもね。

このあと、デザートも珈琲もいただきました。

 

望楼の登別と函館の両方に取材にいかせていただきました。

それぞれの宿で、「おもてなしの心」を感じます。一日だけ豪邸に住むような感覚を楽しめました。

望楼は、大人の時間がゆっくり流れる、そんな場所でした。

人生の節目に、また来たいと思っています。 ありがとうの記念日にね。

どちらの望楼がいいかって? それはやはり好みの問題です。できればどちらも泊まってみましょう(笑)

ちなみに、わたしは、札幌に近くて玄関にインパクトのある登別望楼が好きですが、

大将は、自分好みの部屋の雰囲気と飛行機の見える函館望楼に一票でした(笑)。

 

 

302.JPG 帰りのJR、汽車の中で、ゆっくりのんびり。

 

 

 

あなたも、是非、望楼へ。

 

 

望楼NOGUCHI函館の、特別期間限定プランはこちら。←ちょっと安くお得になります。

 

 

 

 

2012/04/17 16:47函館・湯の川コメント(0)


2012/04/17[この記事のエリア] 函館・湯の川
望楼NOGUCHI函館 露天風呂から滑走路が見える宿

みなさま、こんにちは。

寿司屋のおかみ井出美香です。

 

北海道の宿を紹介するレポートも7回目となりました。

春風を感じると旅に出たくなるものです。すこし遠出してJRに乗り、ポカポカ陽気の函館へ。

なんと、先日の望楼NOGUCHI登別に引き続き、望楼函館に行かせていただけることに。あああ~なんて、贅沢。

みなさんゴメンナサイ!わたしばっかり許して(笑)。

JR北海道スーパー北斗にて3時間。 こんにちは~~~函館のみなさま。

hakodate10.jpg

JR函館駅からタクシーで10分くらい。望楼函館に到着。 

水面に反射して映るインテリアに、ゆったりした解放感を感じます。なんて美しいのでしょう。

hakodate3.jpg

まずは、ウェルカム和菓子です。湯の川では有名な和菓子屋「銀月」の団子が出てきます。おいし~~い。

旅の疲れを癒してくれるのは、やっぱりスイーツ。

hakodate4.jpg わたしは、小豆をいただきます。大将はみたらし。

hakodate6.jpg

このスペースは、「のぐち文庫」です。本とDVDを楽しむスペースです。間接照明のぼんやりが心地よく、時がたつのを忘れそう。

hakodate5.jpg

ふかふかの椅子が嬉しい、オシャレなバーもあります。夜8時からだというので、あとで来てみましょう。

 

hakodate7.jpg

 

おっと!!ビリヤードもあるわよ。やっているフリをしてみました(笑)

そういえば、大将と結婚する前によくビリヤードやったなぁ。

hakodate11.jpg

 

さて、お部屋に行ってみましょう。メゾネットタイプのスイートルームです。

広いスペース、黒と白のシックなデザインが落ち着きます。そのまま住んでみたいと思う場所だわ(笑)。

 

hakodate12.jpg

珈琲もミルで挽いて飲むことができます。冷蔵庫の飲み物もフリー。

hakodate15.jpg

 

源泉かけ流し、客室展望露天風呂だ!!これがいいんだよね~~(笑) いつでも何度でも入れちゃう。夜景も抜群!

hakodate14.jpg

ロキシタンのアメニティも完備でございます。これだけあれば十分です。

hakodate16.jpg

このタオル、ふかふかだったわ。

hakodate20.jpg

この部屋の両側にある開口の大きな窓。そのどちらからも陽が差し込むようになっています。それがなんともステキ。

hakodate21.jpg

部屋に階段があるのです。これ、メゾネットっていうんだよね。荷物を運ぶには重いかな。

上り下りは、御高齢の方にはちょっとつらいかもしれませんが、わたしはこの特質感が好きだったりします。

階段に使われている木に、ぬくもりを感じます。

hakodate22.jpg

本当に、家の中みたいです(笑)

 

hakodate24.jpg

売店に奥尻ワインが置いてありました。現品のみの販売。奥尻が近いこともあって、仲良くしているんだそう。1本買いました。

yoruhakodate2.jpg

さて、美味しいディナーはこのあと紹介することにして、その前に、バーのこと。

 

yoruhakodate4.jpg

バーに行くと、かわいいバーテンダーさんがお迎えしてくれます。一生懸命お酒の勉強をしているそうで応援するよ~~。

yoruhakodate5.jpg

望楼函館スペシャルのカクテルがあるんです。もちろん、いただきましょう。

赤いのは、ISARIBI・漁火という名前のカクテル。手前には、SHIOSAI潮騒というブルーのカクテル。

yoruhakodate6.jpg

 

夜も更けていきます・・・・

yoruhakodate7.jpg

こちらは、夜のラウンジです。

 

yoruhakodate3.jpg

新聞を読んでいる大将です。

DSC_0157.JPG

13階の展望風呂。

お風呂の温度の好みは個人差があるものですが、備え付けの電話で温度の好みを伝えると希望を聞いてくれますよ。

ここのスゴイのは、函館空港の滑走路がよく見えること、

飛行機がホテルの頭上を通過することなんです。夜はライトアップされた滑走路が綺麗です。

一日に何度も飛行機が見えるので、是非、お孫さんを連れて見せてあげてほしいです(^^)

 

 

 

次は、竹林のなかでいただくディナーと朝食を御紹介。

 

この宿のプランはこちらです。今だけ限定2週間の特別価格販売です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/04/17 14:38函館・湯の川コメント(0)


2012/04/04[この記事のエリア] 登別・虎杖浜
望楼NOGUCHI登別 最高のおもてなし 食事編

望楼のすごさを、写真に収めています。

言葉では言い表せないからです。

次は、ディナーを紹介しましょう。

 

de1a.jpg

春の献立。

長~~く書かれた献立のお品書き。 丁寧に作られています。

 

de1.jpg 花霞。日本酒ベースの桃酒とリキュールのコラボ。

de1b.jpg 望楼で特注したという醤油差し。スポイトのように使うのです。

 

de3.jpg

先付   春の山菜と魚介のカクテル。

de4.jpg

見た目にも鮮やかな、前菜。 まるでお花見ですな~~(^^)

de5.jpg

de6.jpg

登別特産の本わさび。

藤崎わさび農園でつくられています。

 

de7a.jpg

生のホッケ刺身です。鮮度がよくないと食べることができません。

海老の鮮度が良すぎて、殻から外れないほどでした!

de8.jpg

羅臼産のきんき。

 

de9.jpg

ちらし寿司です。

de10.jpg

白老産ヒレ白胡麻ステーキです。

 

de11.jpg

 

アツアツ和風ブイヤベースを堪能。このあとも、美味しいデザートで締めくくりです。

心のこもった料理をありがとうございました。


朝食です。

 

basa1.jpg

basa2.jpg

この言葉にちょっと感動しています。

 

basa7.jpg

わたしは洋食を。大将は和食を選びました。和食も、器から楽しませてもらいましたよ~~

basa5.jpg

焼き立てほくほくのパンです。

basa6.jpg

オムレツとハンバーグなんて、朝からすごいです(笑)

 

basa8.jpg

 

これが超VIPの暮らしというやつかも(笑)。

そんな経験が出来て最高!!

短いですがとっても内容の濃い、1日でした。

 

この宿に泊まって、この食事とこのお部屋、それでこの値段なら、安いと思います。

あえて欠点を言うなら、温泉の成分のためか風呂の縁が滑りやすいことくらいかなぁ・・・・

それもたいした問題ではありませんけどね。

 

望楼NOGUCHI登別のスタッフのみなさま、そして、野口社長、ありがとうございました。

人生の想い出に残る良い旅になりました。

 

みなさまも、家族の記念日にぜひ。

想い出の旅をつくるためなら、この宿は本当におススメです。

また、行きたい!!(笑)

 

 

↓なんと!このブログ公開を喜んでいただき、特別プランをつくってくださいました。是非、お得なこの機会に!! 

 ■【平日1日1室限定】スペシャルブログUP!特別プラン☆アップグレードで憧れのSUITE STAY
http://www.gutabi.jp/hotel/base/235/plan/index/42714


 

望楼NOGUCHI登別の宿情報はこちらです!

 

2012/04/04 21:15登別・虎杖浜コメント(0)


2012/04/04[この記事のエリア] 登別・虎杖浜
望楼NOGUCHI登別 超VIPラグジュアリースイートルーム

みなさま、こんにちは。

寿司屋のおかみ、井出美香です。

 

北海道の旅を応援するレポートも、これで6回目となります。

なんと今回は、あの、あの、誰もがうらやむ 望楼NOGUCHI登別 へ宿泊してきました。

北海道洞爺湖サミットのときに、中国の国家主席が宿泊されたという宿。

さて、その全容とは!???

bou1a.jpg

 

こちら、普通の宿のように見えますが・・・・・入ってビックリ。その建築デザインの素晴らしいことといったら!

入口が小さいのです。まるで隠れ家のようなワクワク感。

 

bou21.jpg

入ってすぐ目に入るのは、五十嵐威暢(彫刻家)の作品「木漏れ日」。まるで、別世界に来たような気になります。
 

 

bou1.jpg

 

ステキなグラスに入ったゆず酒で、ウエルカムドリンク。

 

bou12.jpg

部屋は、ラグジュアリースイートルーム。 一泊ひとり43050円。広くて静かな癒しの空間。

聴こえるのは雪解け水の音だけ。

bou2.jpg

 

部屋の床材は、ナラ。  足がひんやり気持ちいいです。

 

bou8.jpg

 

和室を備えたタイプの部屋です。

 

bou9.jpg

ベットがあるのに、和室には布団も。 こちらでもいいのですね。

 

bou10.jpg

 

客室には、源泉かけながしのお風呂。そして、素敵なパウダールーム。

 

bou4.jpg

砂湯かと思うほど湯の花がたっぷりな、客室貸切風呂。

 

bou13.jpg

客室の玄関もうつくしいです。

 

bou14.jpg

さて、エレベーターで館内を探索します。

 

bou16.jpg

のぐち文庫。 すごい数の本とDVDがズラリ。

bou15.jpg

こちらは、バーZERO。

bou17.jpg

そして、ソフトドリンクを無料で利用できるLounge ~ラウンジ KOMOREBI~
いつでもゆったりティータイムです。

朗報!!4月1日より望楼NOGUCHI登別では1階ラウンジ『KOMOREBI』にて

生ビール・フレッシュジュースサービス!

ビールが無料なのはスゴイですね。15:30から17:30迄の2時間限定です。(珈琲やジュースは常時無料です)

bou18.jpg

 

ビール飲みます(笑)。

 

bou19.jpg

このラウンジの間接照明が、癒されますね。こころ、ゆったり~~~~!

 

bou24.jpg

いよいよ温泉へ。

静かで落ち着く、大人のお風呂でした。

bou25.jpg

露天風呂。 入ってみると、浴槽の下に湯の花がたっぷり沈んでいます。

エステの泥パックみたいに、お肌がツルツルに。

bou26.jpg

 

静かな夜です。

 

bou27.jpg

大将も出演で~~~す(笑)。

 

この宿は、別格ですね。 

まるで俗世間と隔離したような、時と空間をタイムスリップしたような不思議な場所。

自分がここにいることが不思議に思えるほど、高貴な空気が漂っていました。

 

そしてつぎは、この宿のディナー をご紹介します。

 

 

■【平日1日1室限定】スペシャルブログUP!特別プラン☆アップグレードで憧れのSUITE STAY

望楼NOGUCHI登別の宿情報はこちらです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012/04/04 20:08登別・虎杖浜コメント(0)



井出美香

Profile

[ 名前 ]
井出美香

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
寿司屋

[ 自己紹介 ]
札幌すすきのにある「鮨処いちい」の女将として奮闘中。大好きな北海道を応援するべく、グルメや旅のおすすめ情報を発信します。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG