ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。 > 奥芝商店実家、6月21日オープン!


格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。

[担当エリア] 札幌
庶民派からプチ贅沢まで。道内外、海外で出会った感動の味や風景を伝えます!



2017/06/20[この記事のエリア] 札幌
奥芝商店実家、6月21日オープン!

 

スープカレーのあの人気店が、パセオウエストに登場!621日午前11時グランドオープン「奥芝商店 実家」

0C7690C8-4384-41F3-B7AF-B3B15F0FA00E.jpg

 

ちょっとご縁があって、ひと足先に注目のお店に行ってきました。

スープカレーの人気店「奥芝商店」の新店です!

店舗デザインのコンセプトは、「懐しい実家」。

 

IMG_1535.JPG

 

 

1歩店内に入ると「おかえりなさい!」と温かく声掛けされほっとする雰囲気。

日本家屋風の店内で、昭和の時代に実際に使われていた家具やグッズが至る所に置かれております。

 

昭和を象徴する「アレ」の本物が!生まれて初めて見ました!手を触れちゃダメですよ!(詳しくは店舗でご確認ください)

プレミアムものです!

時折見る昭和チックなお店ではなく、本気でリアルを目指した昭和の世界が広がっています。

 

天井を見上げると、風情ある提灯とともにズラッと並べられた風鈴には11つメッセージが書かれています。なんか思いやりのある言葉・・。

 

IMG_1534.JPGのサムネール画像 IMG_1528.JPG

 

気分を盛り上げる仕掛けの1つに、店内に流れる懐かしのメロディーも。

お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんも連れて来たらとっても喜びそう!思わず涙が出そうになりました。いいですね。昭和。人情たっぷりです。

 

メニューは約11種類、スープは海老スープのみ。

具材でかなり内容が変わります。

さらにトッピングも色々あり、中には愛別町矢部さんが作るきのこ類、黒松内町の三浦豆腐がつくる厚揚げ、由仁町中道の「原木しいたけ」など生産農家にこだわって仕入れたものも。

 

私は「トロトロ角煮ソーキカリーの巻+アボガドトッピング」を頂きました。

エビの旨味と甘みがたっぷり、さらっとしているけど濃厚です。普段選ぶ辛さの、もう一段階上の辛さが丁度いいかも。。

具材のメインは、豚の骨付きあばら肉をじっくり煮込んだ軟骨ソーキ。ぷるぷるコラーゲンたっぷりで女性は嬉しい、あのお肉です。

 

IMG_1525.JPG

 

器、でっか~い!!正直、スープカレーやライスが小さく見えた気もしましたが、食べ進めるとなかなか減らない・・。

実際は結構たっぷりな量が盛られています。

最後まで食べた人だけ読むことができる、謎のメッセージが器の底に描かれているので完食を目指しましょう。

 

辛さを抑える効果の高いラッシーもバリエーション豊か。夕張メロン、柚子、抹茶など7種類もありました。

 

カウンターもあるので、1人でも入りやすいお店です。

 

【奥芝商店 実家】

【場所】札幌駅直結パセオウエスト1

【電話】011-213-5660

 

【営業時間】11002200

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/06/20 20:08札幌コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



りこ

Profile

[ 名前 ]
りこ

[ 職業 ]
マスコミ系イチOL

[ 自己紹介 ]
不味いものは「不味い!」の一言だけで伝わりやすいけれど、「美味しい」という言葉はもっともっと幅がある。
もし同じものを家族が作ったら美味しい!と評価する味、普段自分一人で食すには十分な好みの味、 人におすすめできる味、カルチャーショックを受けるような自分の記憶に残る味、 食べ慣れていないため認知できない高級な味・・・。 あくまでも私が感じた、様々な出会いや感動の記録帳。
格安狙い・庶民的なものから、プチ贅沢なものまで、何でもござれ!値段よりコストパフォーマンス重視! 旅やお出かけの参考になれば嬉しいなあ・・・。


RSSを購読する


他のエリアBLOG