ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。 > 2015年6月


格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。

[担当エリア] 札幌
庶民派からプチ贅沢まで。道内外、海外で出会った感動の味や風景を伝えます!



2015年6月


2015/06/12[この記事のエリア] 旭川
北欧チックなお洒落な夏至祭~北の住まい設計社~

 

サンセットパーティ&夏至の音楽会が、6月20日(土)、東川町の北の住まい設計社にて開催されます。
ここは家具工房&北欧雑貨、そして普段はパン工房とカフェレストランも併設している、
素敵な空間です。


その前庭にて、昼間はマルシェ、夕方からサンセットパーティーが行われるのです。
参加するには・・・1名につき1品お料理持寄り+100円の基金を払うと。
参加PASSとキャンドルが貰え、パーティに参加できます。
各家庭の自慢の味や、素敵パーティー料理が野外テーブルに並べられ
夏至祭のシンボルタワーや飾り付けが施されていて、とってもお洒落です。


ステージでは次々とアーティストによる演奏が流れる中、
空はだんだん日が暮れて・・・・こんな素敵なパーティーは道内でもかなり稀かも。

時間:17:00~19:30頃
場所:ショールーム前庭
詳しくはここ!
http://www.kitanosumaisekkeisha.com/shop/event/midsummer/

 

kita.JPGkita2.JPG

2015/06/12 18:43旭川コメント(0)


2015/06/05[この記事のエリア] 層雲峡・天人峡・旭岳
はじまりました!「北海道ガーデンショー2015」

この夏おすすめのイベント「北海道ガーデンショー」。
いよいよ始まりました!
10月4日(日)までのロングラン開催です!

1.jpg

メイン会場である大雪・森のガーデン、大人気の上野ファーム、そして大雪山国立公園さえも会場になってるそうです!。
早速、オープン直後に森のガーデンへ行ってきました!

今年は暖かくなるのが早いから、5月末でもお花の咲き具合はどうかしら?と思っていましたが、心配ご無用!たくさん咲いていました!

見逃せないポイントをいくつか。

①まず、大雪山系の山々が美しく見える、絶景ポイント「ドレスガーデン」。
花のドレスをまとっているような写真が撮れます!夏になるとあたり一面はひまわり畑になるそう。

②国際的なガーデナーによる体感型のガーデン、起伏をいかし自然に溶け込む作品が並ぶ「森の迎賓館」エリア。木の球を上部から転がすとバッハの旋律が奏でられる「森の木琴」はとても心が癒されます。子供も喜びそうなPOPな作品も!

入り口.JPG 花.jpg
ドレス.jpg

テラス.jpg

銀玉.jpg あばら.jpg

 

石狩川.jpg

2.jpg
山1.jpg  山2.jpg

▲(右上)石狩川をイメージし、網で作られた鮭が白樺の海で泳いでる風。(下)山の神々が歌ったり討論してる?作品。

③カフェレストラン前方に広がる「森の花園」では、色とりどりの花がたくさん!

3.jpg

④「ミクニ・ジェラード」や、上川産黒牛を使ったカレー、各種ドッグも味わえるカフェレストランのほか期間限定で変わるグルメテナントが並ぶ「ガーデンマルシェ」もあります。上川ラーメンや焼き物類の屋台メニューもありました。お土産ショップでは虫除けや帽子もあったので忘れた方はここでゲット!

4.jpg

 

 

5.jpg

テラス2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤森の中で癒しスポットはいろいろ!木陰のリラクシングチェアや野原に寝そべってのんびりも心地よい空間です。
6.jpg

有料ではありますが、常駐するガーデナーさんによるガイドツアーがおすすめです。
園内はとにかく広い!ので、うっかり見逃したり、お話を聞いてより理解が深まり楽しめる所がたくさんあります。

 

 

ガーデンなので郊外に位置していますが、交通の不安を解消する1つに・・・
JR上川駅から会場までシャトルバスが運行されています。
自家用車で来る方は、上川層雲峡ICから車で10分程度、案内が出ています。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
http://hgs.co.jp/ja/

※おまけですが、6/20(土)は、園内でフルートカルテットによる演奏もあります。
 

2015/06/05 20:16層雲峡・天人峡・旭岳コメント(0)



りこ

Profile

[ 名前 ]
りこ

[ 職業 ]
マスコミ系イチOL

[ 自己紹介 ]
不味いものは「不味い!」の一言だけで伝わりやすいけれど、「美味しい」という言葉はもっともっと幅がある。
もし同じものを家族が作ったら美味しい!と評価する味、普段自分一人で食すには十分な好みの味、 人におすすめできる味、カルチャーショックを受けるような自分の記憶に残る味、 食べ慣れていないため認知できない高級な味・・・。 あくまでも私が感じた、様々な出会いや感動の記録帳。
格安狙い・庶民的なものから、プチ贅沢なものまで、何でもござれ!値段よりコストパフォーマンス重視! 旅やお出かけの参考になれば嬉しいなあ・・・。


RSSを購読する


他のエリアBLOG