ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。 > 2011年12月


格安、贅沢どっちも大事!三十路OLの味手帳。

[担当エリア] 札幌
庶民派からプチ贅沢まで。道内外、海外で出会った感動の味や風景を伝えます!



2011年12月


2011/12/12[この記事のエリア] 旭川
穴場でした!コストパフォーマンス、マル!な「ホテルレオパレス旭川」

先日、「ホテルレオパレス旭川」に試泊してきました!
旭川市内のホテルの中でも、2003年オープンと、比較的新しいホテルです。

 gaikan.jpgのサムネール画像

 場所は、旭川中心部(買い物公園~歓楽街であるサンロク)のほぼ中心でありながら、通り1つビジネス街側なので、静かに過ごせるエリアですheart04

旭川駅から徒歩で10分もかからず、通年歩行者天国である買い物公園からも徒歩1分、サンロクまでも徒歩数分、市民文化会館まで徒歩数分、大きな催事に利用される大雪アリーナでさえ車で10分程度と、どこに行くのにも便利です。

 douro.jpgのサムネール画像

▲ホテル前の道路は、今時期はイルミネーションが美しいです!

今回泊まったのは「レオパレス流『ゆったり出張』朝食付!今だけ客室グレードUP!マッサージチェア付」プラン。

☆宿泊プラン詳細はコチラ

☆宿の基本情報はコチラ

room.jpgのサムネール画像

期間限定で、お部屋をグレードアップ!。
気になるお部屋は・・・

加湿&空気清浄機が付いてます!
マッサージチェア
で気持ちも身体も癒されますgood
●24時間映画を楽しめちゃいます
●ビジネスには嬉しい~何と、お部屋に備え付けのズボンプレッサーもあり!
●無料で新聞サービス!浦島太郎になりません。
●ベットは高級ベット、1人でダブルベットを占領!
●枕は、調整枕です。
水道水が、磁気イオン水なのでそのまま飲めるって凄くないですか!?lovely
●使いやすい電気ポット。ピッチャー式?でそれだけ外れるので組みやすいし注ぎやすいし。清潔感満点です。
マイナスイオンドライヤーで、旅先でも気合入ります。
●トイレがシャワートイレです!ビジネスで珍しい・・
●アメニティがボトルで設置されてるので、気にせず使えます。
ホテル備え付けって、大抵髪とかパッサパサになりがちですが、ロイヤルゼリー入り!?のアメニティでバッチリ。今度泊まるときは荷物が減りそうshine


mado.jpgのサムネール画像

▲旭川市内の幹線道路が交差する交差点近く。最寄のコンビ二も交差点渡ったらすぐで便利。

夕方チェックインし、用事を済ませ、そのままサンロク街へ。
(出かける際、「旭川は冷えるから」とカイロを頂きました。あったかい!)

女性1人で行けるお店も色々ありますが、どうしてもラーメンが食べたかったので、今回はこのお店へ。「一蔵」というお店です。
ホテルから徒歩5~10分以内に、人気店が多数あり、
ホテル入り口に、スタッフおすすめラーメンマップも置いてありました。
私は旭川出身なので、勿論マップにもお気に入りのお店がいくつも載っているのですが・・・たまたま今回はこのお店をセレクト。
話が長くなるので、ラーメンや、ホテル周辺のお店については「グルメ編」をチェック!

 

話を戻して・・・
夜遅くホテルに戻りましたが、勿論このまま寝るには勿体無い!
コンビ二でちょっと買い込んで、プチ宴会~!

まずは、楽しみにしていたマッサージチェアをトライ!。
すっかりセレブ気分!心地よいマッサージで癒されながら、片手にはワイン(笑)night
そのまま見逃していた話題作の映画をチェックです。
約200本も収録されているので、見たいものが沢山~!でも全部は無理・・・

ホテルに宿泊する際、旭川を楽しむのも大事ですが、ホテルで過ごす時間も
多く見ておくほうが良いかもです。

 

朝食は1階のレストランでバイキングが味わえます。
和洋食、品数は30以上ありますrestaurant

 food1.jpgのサムネール画像


パンの種類が5種類ほどあるので、パン主体に・・と思っていたのですが
何と!とろろ芋や明太子、私の好物があるではありませんか!
正直、お値段を考えると軽食程度・・・と思っていたのですが
こんなに色々あるとはびっくりです。欲張り・食べすぎ注意です。

外観は派手ではないし、入り口はレオパレスの窓口だったりするので、
ごめんなさい、最初はあんまり期待していなかったのですが(笑)、
機能性が高くってびっくり!女性も安心なこのホテル、かなり穴場でした~!

2011/12/12 23:40旭川コメント(0)



りこ

Profile

[ 名前 ]
りこ

[ 職業 ]
マスコミ系イチOL

[ 自己紹介 ]
不味いものは「不味い!」の一言だけで伝わりやすいけれど、「美味しい」という言葉はもっともっと幅がある。
もし同じものを家族が作ったら美味しい!と評価する味、普段自分一人で食すには十分な好みの味、 人におすすめできる味、カルチャーショックを受けるような自分の記憶に残る味、 食べ慣れていないため認知できない高級な味・・・。 あくまでも私が感じた、様々な出会いや感動の記録帳。
格安狙い・庶民的なものから、プチ贅沢なものまで、何でもござれ!値段よりコストパフォーマンス重視! 旅やお出かけの参考になれば嬉しいなあ・・・。


RSSを購読する


他のエリアBLOG