ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 北海道の温泉&ホテル 編集部が泊まって来ました!!


北海道の温泉&ホテル 編集部が泊まって来ました!!

[担当エリア] 札幌
北海道専門の旅サイト「ぐうたび北海道」編集スタッフによる宿泊体験レポート



新着記事


2017/03/13
5年ぶりの札幌公演!ミュージカルの王者「ライオンキング」
 
劇団四季 ディズニーミュージカル「ライオンキング」公演中!
大人も子供も一緒にわくわくドキドキ夢中になる!
 
こんにちは!ぐうたび北海道・編集部のシーノです。

3月5日に開幕した劇団四季のディズニーミュージカルleo「ライオンキング」を
観てきましたsign01

「ライオンキング」はアフリカ・サバンナを舞台に展開する、
ライオンの王子・シンバの成長物語。
命の営み、親子の絆、心の成長を壮大に綴った作品です。
 
 
lionking1.jpg
 
日本公演通算10000回を超え、ロングランを更新し続けており、
ミュージカルの王者と言われています。
北海道では5年ぶりの上演。

出演者の中には北海道出身の方も多数sign01


lionking2.jpg
撮影:荒井健 (C)Disney
 
 
オープニングでは、力強い歌声とともに、キリン、シマウマ、チーターなど
次々と動物たちが登場。
(巨大なゾウの後にくっついている子ゾウが可愛かったheart04


人が動かしているとは思えないパペットのリアルな動きにびっくりsign03

 

lionking8.jpg
撮影:佐藤アキラ(C)Disney
 
音楽や照明、衣装、影絵を取り入れた舞台に感動 lovely
この大迫力は生の舞台でしか体験できませんsign03


また、見どころのひとつとして、
公演地の方言を話すミーアキャットのティモンと、
イボイノシシのプンバァが登場します。

ヤング・シンバが王国を離れて放浪の旅に出たことを表現するために、
放浪先で出会うティモンとプンバァは標準語以外で話すためとのこと。
札幌公演は当然北海道弁。

「なした~」
「すればいっしょ」

傷心のヤング・シンバを励ます二人に心が和みます catface
 
 
lionking3.jpg
撮影:山之上雅信  (C)Disney
 
幾多の苦難を乗り越え、たくましく成長したシンバ happy02
再会した幼馴染のナラとのロマンスも…heart01

やんちゃで元気いっぱいのヤング・シンバ&たくましくなったシンバはもちろん、
「ライオンキング」は魅力的なキャラクターがいっぱい。
ぜひ、生で観る舞台の迫力を体験してみてくださいsign01
 
 
lionking4.jpg
 
fullmoon北海道四季劇場(札幌市中央区大通東1丁目10)
 テレビ塔からすぐ。
 JR札幌駅からシャトルバスも運行。
 
 
lionking5.jpg
 
売店では関連グッズを販売。
公演プログラムをはじめ、トートバッグ、クッキーなど、
オリジナルグッズがいっぱいshine
クリアファイルやウォッシュタオルなど札幌限定グッズもありました。
 
 
lionking6.jpg
 
登場キャラクター組み立て人形。
愛嬌のある表情が愛らしい wink
 
 
lionking7.jpg
 
こちらはロビーの撮影スポット。
真っ赤な朝焼けをバッグに、シンバになったつもりでポーズup
記念の一枚を撮りましょう。
 
 
上演時間は約2時間50分(休憩を含む)。
「ライオンキング」の世界に引き込まれて、あっという間ですよhappy01
 
 
ただ今、5月31日(水)公演分までの前売り券を販売中。
※6月1日(木)~8月20日(日)公演分は3月18日(土)より一般発売開始。

お子様料金の設定があるファミリーゾーン席やウィークデー特別料金もあります。

 
fullmoon電話予約
劇団四季予約センター(午前10時~午後6時)
フリーダイヤル0120・489444(ヨヤクシヨーヨ)

fullmoonインターネット予約(24時間)
http://www.shiki.jp/tickets/

fullmoon直接購入
北海道四季劇場 窓口(午前11時~午後6時)
 



その他、観劇とともに楽しめるイベントも開催 happy01
 
oneサバンナ・ハッピーバースデー
two開幕記念!ファンミーティング/5月25日(木)
threeバックステージツアー/4月12日(水)、21日(金)、27日(木)
 
詳細は劇団四季HPをチェック!
 

2017/03/13 15:23コメント(0)


2016/09/02
【朝陽リゾートホテル】を拠点に、花と緑のガーデン観光へ!~層雲峡2日目編 その2~

季節の花々が咲き誇る、緑に包まれた北海道ガーデン
イチゴたっぷりnote フレッシュフルーツパフェで一休み
 
こんにちは!ぐうたび北海道・編集部のシーノです。
 
層雲峡2日目の大自然観光。
黒岳の雲海観光に続いて、「大雪森のガーデン」観光です。
朝陽リゾートホテルから車で約30分。
のどかな風景の中、ちょっとドライブ car 
 
resort_3_101.jpg
 
駐車場に着いたら、案内板に従って入口を目指します。
 
 
resort_3_102.jpg
 
沿道に咲くキレイな花に期待が高まりますheart04
 
 
resort_3_103.jpg
 
入口に着きましたsign01
 
resort_3_104.jpg
 
早速、受付を通って、中に入りましょう happy01
 
resort_3_105.jpg
 
花めぐりスタートsign03 wink
 
 
resort_3_106.jpg
 
季節の花と緑に囲まれながら、園内をお散歩 note
 
 
resort_3_108.jpg
 
たくさんの小花が集まって可愛い丸い形を作る「アリウム」。
実は玉ねぎやニンニクと同じ仲間。別名「ネギ坊主」と呼ばれることも。
 
 
resort_3_109.jpg
 
色とりどり、あちこちにキレイな花が咲いていて目を惹きます。
camera 写真もたくさん撮りましょう note 
 
 
resort_3_110.jpg
 
「ヒマラヤの青いケシ」と呼ばれる、気温が28度以上になると、
生きていけないという繊細なお花も咲いていました。
 
 
resort_3_107.jpg
 
遊歩道にはベンチもあるので、座ってゆっくりお花を眺めるのも良いかも。
 
 
resort_3_111.jpg
 
木陰のテラスで心地よい風を感じながら一休みするのも気持ち良さそう~ confident
 
 
resort_3_112.jpg
 
園内の最奥には、昨年の「北海道ガーデンショー」にて公開された「森の木琴」が
期間限定で再公開されていました(9/25まで)
 
 
resort_3_113.jpg
 
木の球(1個300円)を上から転がすと、カランnote コロンnote コロロンnote と
ステキな音色を奏でます。
落ちそうで落ちない木の球の動きにも注目です。
木の球は持ち帰りOKなので、観光の記念にぜひ。
 
 
resort_3_114.jpg
 
園内を散歩した後はガーデンカフェで一休み。
カレーやホットドック、ピザなど美味しそうなメニューが揃っています。
 
 
resort_3_115.jpg
 
上川町産のミルクを使ったジェラードも気になりましたが、
フレッシュフルーツパフェにしましたsign01650円)
イチゴがたっぷり heart04 ソフトクリームが美味しい~ delicious
 
 
resort_3_116.jpg
 
大雪森のガーデン観光の最後は、一旦ガーデンから出て、
丘の上にある「ドレスガーデン カンテ」を目指します。
「森の木琴」同様、昨年のガーデンショー作品の再公開です9/25まで)
 
 
resort_3_117.jpg
 
丘の途中、目の前に広がる風景。
大自然いっぱいsign01
 
 
resort_3_118.jpg
 
目的地までもうすぐ happy02
ジャンプの踏切り台を花でイメージした「ドレスガーデンカンテ」。
先に立つと、花のドレスを身に着けているかのような写真が取れます。
 
ここへ来るまでは日差しを避けるものないので、暑い日は歩くのが大変ですが、
ぜひ行ってみてください!
そして、そこから見える北海道の雄大な景色も楽しんでみてくださいsign03
 
「大雪森のガーデン」では、秋になると、夏とは違った花々が咲くので、
また見に来たくなります。
 
日本一早い黒岳の紅葉mapleと一緒に楽しみたいですね wink
 
 
 
 
flair「朝陽リゾートホテル」基本情報はこちら
 
flair「朝陽リゾートホテル」館内利用券1500円付のプラン一覧はこちら
  (大雪森のガーデンチケット付プランもありますよ)
 
flair温泉&館内レポート(前々回ブログ)はコチラ
 
flair層雲峡観光その1「黒岳雲海ウォッチング編」(前回ブログ)はコチラ

2016/09/02 11:15コメント(0)


2016/08/30
【朝陽リゾートホテル】を拠点に、黒岳の雲海観光へ!~層雲峡2日目編 その1~
早起きした人だけが見られる?!絶景の雲海ウォッチング
朝食はサラダや生ジュース、ヘルシーバイキング「野菜天国!」
 
こんにちは!ぐうたび北海道・編集部のシーノです。
 
層雲峡2日目は、大自然観光sign01
まずは朝5時起床で眠たい目をこすりながら gawk、雲海ウォッチングへ向かいます。
 
resort_2_001.jpg
 
雲海はいつでも見られるというものではなく、
1.よく晴れている 2.風が無い 3.気温が低い
この条件を満たしている時に発生するそうです。
ロープウェイ乗り場の情報案内には「雲海発生中」とあり、期待が高まりますup
 
resort_2_002.jpg
 
6時始発のロープウェイで黒岳5合目へ。
片道7分の空中散歩です。
 
resort_2_003.jpg
 
黒岳山頂は7月も残雪があります。
さぁ、いよいよ雲海観光!
今日はどうでしょうか……。
 
resort_2_004.jpg
 
見えました happy02
大雲海ではないですが、雲が広がっていますsign03
 
resort_2_005.jpg
 
しかし、どんどん風に乗って雲海が流されていきます coldsweats02
 
resort_2_006.jpg
 
なんと、10分も経たないうちに、雲海は見えなくなってしまいました bearing
 
あっという間な感じでしたが、早起きしてよかったです。
見えるかどうかは運まかせですが、これは見に行く価値はありますので、
早起きしてぜひ挑戦してみてください wink
 
resort_2_007.jpg
 
雲海観光の後は、黒岳散策。
今回、ネイチャーガイドさん付のツアーを申し込んだので、雲海の話はもちろん、
黒岳に咲く高山植物などの説明を聞きながら楽しむことできました。
 
resort_2_008.jpg
 
この時季、キレイな高山植物がたくさん咲いてます happy01
黄色いのは「チシマノキンバイソウ」。
 
resort_2_009.jpg
 
紫色の「ミヤマオダマキ」。
 
resort_2_010.jpg
 
本日の黒岳観光は五合目まで。
この先にはリフト乗り場があるので、リフトに乗ってさらに上を目指すのも良いですね。
 
resort_2_101.jpg
 
黒岳での雲海観光&散策後は、ホテルへ戻って朝食です。
宿泊時の朝食のテーマは「野菜天国!」。
 
resort_2_102.jpg
 
温野菜をはじめ、北海道産の大根やみずな、ミニトマト、ブロッコリー、
ポテトサラダ、ゴボウサラダなど、野菜メニューが充実していました。
 
resort_2_103.jpg
 
生野菜ジュースもありました。
野菜は好きなのですが、野菜ジュースはちょっと苦手。
でも、せっかくなので飲んでみると、飲みやすくて美味しいnote
 
resort_2_104.jpg
 
朝食はパン派なので、洋食メニューを中心に delicious
和食のおかずも豊富でしたし、北海道産米ななつぼしの白飯や中華粥もあるので、
和食派も満足でしょう。
 
resort_2_105.jpg
 
こちらは「夏のエゾシカ朝カレー」。
野口観光グループの「N-1コンテスト」で受賞したメニューです。
カレーだけど白飯ではないところが珍しいですね。
 
resort_2_201.jpg
 
朝食後、早朝の黒岳観光で体が冷えた感じが残っていたので、
サッと大浴場 spa へ行きました。
朝風呂は誰もいなくて、貸切状態 notes
チェックアウトは11時なので、朝もゆっくり寛げるのが良いですね。
 
大自然を感じられる層雲峡エリア。
日常を忘れてリフレッシュするにはぴったり。
 
秋は日本一の紅葉 maple が楽しめるのでおすすめですよ!
(秋のご宿泊希望の方は、混み合うので早めのご予約がおすすめですよ!)
 

次回、層雲峡2日目編その2では、季節の花と緑の癒し「大雪森のガーデン」観光編を紹介します!

 
 
flair「朝陽リゾートホテル」基本情報はこちら
 
flair「朝陽リゾートホテル」館内利用券1人500円付のプラン一覧はこちら
flair温泉&館内レポート(前回ブログ)はこちら
 

2016/08/30 13:30


2016/07/15
【朝陽リゾートホテル】白濁の美肌温泉を堪能してきました!~層雲峡1日目編~
緑広がる抜群の眺望!自然を間近に感じる山岳リゾート
夕食バイキングは刺激的な辛うまメニュー「スパイシー祭」!
 
 
こんにちは!ぐうたび北海道・編集部のシーノです。
 
札幌から車で約3時間。
大雪山国立公園に位置する層雲峡へやって来ましたsign01
 
 
resort_1_001.jpg
 
層雲峡といえば、巨大な断崖絶壁の岩壁が特徴。
7月の層雲峡は濃い緑に覆われ、とっても爽やか~ happy01
 
大函や銀河の滝・流星の滝などを観光し、ホテルへ向かいました。
 
 
resort_1_002.jpg
 
本日の宿泊先、層雲峡温泉 朝陽リゾートホテルです。
 
 
resort_1_003.jpg
 
resort_1_004.jpg
 
木のぬくもりを感じるゆったりとしたフロント&エントランスロビー。
 
 
resort_1_005.jpg
 
今回宿泊したのは、昨年5月にリニューアルされたツインルームです。
シンプルな造りで、峡谷側の大きな窓が特徴です。
 
 
resort_1_006.jpg
 
お部屋からの眺望がこちら!
大きな窓の向こうに、一面、緑が広がっていますshine
 
 
resort_1_007.jpg
 
眼下に流れるのは石狩川。
今回のお部屋はホテル2階に位置していますが、
視界が下方にも広がっている分、高さを感じます。
 
 
resort_1_008.jpg
 
お部屋に用意されているお茶菓子を食べつつ、ちょっと一休み。
2種類ともオリジナル商品で売店で購入でき、お土産にぴったりです。
 
 
resort_1_009.jpg
 
館内のご案内ファイルの表紙は、
ホテルオリジナルマスコットの鹿のぬいぐるみ「もみじちゃん」heart04
 
温泉バージョンでかわいい~note happy02
 
 
resort_1_010.jpg
 
こちらは館内着。
浴衣ではなく、上下に分かれた作務衣風なので、着心地がラクです。
 
 
resort_1_011.jpg
 
夕食までの時間は、ラウンジで寛いでみたり。
窓の向こうには餌台があり、野鳥が訪れることもあるそうです。
それにしても、緑がキレイ~ happy01
 
 
resort_1_012.jpg
 
ラウンジでは、コーヒーを自由に飲めます(無料)。
冷たい麦茶もありました。
 
 
resort_1_013.jpg
 
明るいうちに温泉spaにも行っちゃいましょう!
 
朝陽リゾートホテルには、白濁の湯と赤茶の湯の2種類の源泉を楽しむことができます。
男女入れ替え制で、この日の女性用は白濁の湯の方。
美肌に効果的な湯の花が浮かぶ温泉は、入った途端、お肌が潤っていくのを実感sign01
 
自然を眺めながら入る温泉に、お肌も心も癒されます~ confident
 
 
resort_1_101.jpg
 
さて、待ちに待った夕食ですsign01 happy01
 
朝陽リゾートホテルでは、7/22までいろいろなスパイスを使った辛うまメニューを
食べられる夏バイキング「スパイシー祭」を開催中。
 
 
resort_1_102.jpg
 
resort_1_103.jpg
 
コチュジャンや黒胡椒で味付けされたスパイシーな料理が並びます。
夏野菜のグリーンカレーには「DANGER」の表示がsign02
 
 
resort_1_104.jpg
 
実演コーナーでは舞茸とアスパラの揚げたて天麩羅も。
天つゆの他、抹茶・ゆず・山椒・紅塩の4種類の塩が用意されていました。
 
 
resort_1_105.jpg
 
スパイシーメニューの他、いろいろチョイスしたら、こんなに盛りだくさんsign01
 
 
resort_1_106.jpg
 
北海道の焼肉の定番ジンギスカンもあります。
自分のテーブルで焼くことができるので、
目の前でジュージューと焼きあがる音を聞くと食欲が増します delicious
 
 
resort_1_107.jpg
 
実演コーナーでは焼きたてのお肉も。
 
フレッシュトマトの香草ソースでいただきました。
ソースはバーベキューソースや和風おろしソース、マスタードもあるのでお好みで。
 
 
resort_1_108.jpg
 
さて、こちらが問題(?)のDANGERなグリーンカレー。
 
そのお味は……ホントにDANGERな辛さにびっくり wobblysweat01
 
『大変辛いため、ご飯よりもパンがおすすめ』とのこと。
確かに、パンとの方が相性良かったです。
 
辛い料理が得意な方でも要注意かも?と思うので、ぜひ挑戦してみてくださいsign01
 
 
resort_1_109.jpg
 
のぐち北湯沢ファーム産そば粉を使用した「冷やし辛味噌そば」。
こちらの辛さは控えめ、さっぱりと。
 
 
resort_1_110.jpg
 
最後はデザート。
 
ちょっと珍しい「にんじんのムース」、フルーツジュレ、杏仁豆腐、
バナナのロールケーキなどなど、よくばってたくさん取ってしまいました smile
 
ソフトクリームも冷たくて、辛いメニューを食べた後には嬉しいデザートでした。
 
 
resort_1_201.jpg
 
お腹いっぱい味わった後は、20:30よりビンゴゲーム大会ですnote
 
景品の一番人気が「もみじちゃん」 lovely
ビンゴ大会でしか入手できない非売品のぬいぐるみです。
手のひらサイズの「小(こ)もみじちゃん」も人気です。
 
もちろん、私も「もみじちゃん」狙いで張り切ってup参加しましたsign03
 
 
resort_1_202.jpg
 
つぶらの瞳のもみじちゃんが見守る中、次々に番号が発表されていきます。
 
そして、ドキドキしながら、二十数周目、キターーーーsign01 ビンゴsign03 
 heart01 happy02 heart01
 
と喜んだのもつかの間、同着の方との勝負に負け、
目の前で「小もみじちゃん」は連れ去られて行きました…。
 heart03 weep heart03
 
またいつかリベンジです!
 
 
resort_1_203.jpg
 
バイキング、ビンゴ大会と楽しんだ後は、再び癒しの温泉タイムspa
 
朝陽リゾートホテルでは、岩盤浴やエステも体験できます。
貸切風呂も源泉かけ流しなので、ファミリーやカップルで
ゆっくり温泉を楽しみたい時の利用に良いですね。
 
 
resort_1_204.jpg
 
それでは、1日の締めくくり。
お部屋にあったビニールバッグにMy入浴セットを入れて、大浴場へ向かいます。
 
ゆっくり温泉に入って、早めに寝てsleepy、明日に備えましょう!confident
 
 
2日目編では、「朝5時起き?! 黒岳へ雲海を見に行こう!」編、「野菜たっぷり朝食」編、「大雪森のガーデン」編をお届け予定ですshine
 
 
 
 
flair「朝陽リゾートホテル」基本情報はこちら
 
flair「朝陽リゾートホテル」館内利用券1人500円付のプラン一覧はこちら

2016/07/15 18:01コメント(0)


2016/04/27[この記事のエリア] 函館・湯の川
【HAKODATE 海峡(うみ)の風】湯の川温泉にオープン★早速、泊まってきました!~1日目編~

広さなんと66平米のレディースルームに贅沢ステイ!
噴火湾のマグロや平内産ホタテなど海鮮バイキングを満喫!


こんにちは!ぐうたび北海道・編集部の前野です。


北海道新幹線開業に湧く函館・湯の川温泉に
ついに 【
HAKODATE 海峡(うみ)の風】 がオープン!

早速行ってきました~
happy02

IMG_0216.jpg

「湯元啄木亭」の西館102室を全56室60㎡以上の広々とした間取りに改装し、

別館として誕生した「HAKODATE 海峡の風」。

お食事もバイキング・フレンチ・会席と3つのレストランで

函館ならではの新鮮な海鮮料理を楽しめます。

IMG_0101.jpg

まずはフロントでチェックイン。モノトーンカラーでシックな印象。
柱に飾られた月moon1のモチーフは、ひと時の安らぎを願った作品なのだそうshine

(彫刻家・國松明日香/作品名・Sea Breeze)

IMG_0100-(1).jpg

手続きを待っている間、ウェルカムドリンクと焼き菓子のおもてなしが。
青森県産のカシスピューレとりんご、菜の花のハチミツをブレンドしたドリンクが
さっぱりしていておいしい~heart04

IMG_0108.jpg

フロントから足を進めるとこちらは波をイメージしたガラスのデザイン。

IMG_0112.jpg

エレベーター前にはイタリアの芸術家ファビオ・ノヴァンブレの作品「AND」。


館内はシンプルながら芸術性の高い内装で至る所にオブジェが飾られており、
まるで美術館みたい~eye

IMG_0166.jpg

じゃじゃーん!shineshine

今回私が宿泊したのがこちら、6階女性専用フロアのレディースルームです。
3台のベッドが並ぶ室内はなんと66㎡の広さ!
広ーい!!coldsweats02

IMG_0169.jpg

逆側から見るとこーんな感じ。やっぱり広い・・・。

IMG_20160424_180904.jpg

お気に入りはこの大きなソファ。
人ひとりが横になれるほどのゆったりタイプで、お友達同士なら争奪必至・・・笑

「はー、今日は歩いたなぁ」と、このあと横になって、まったりタイムcatfaceheart04

IMG_0171.jpg

驚くのがこちらの洗面台upup
フロアのお手洗いじゃないですよ!レディースルームは全て洗面台が3つずつあるんです。

お休み前と朝、順番を待たずに自分のペースで準備ができるって
女性にはすごく嬉しいポイントですよねconfidentheart02

 さてさて、夕食の前にお風呂~notes

yume.jpg

大浴場は夜中に入れ替えを行うので、1泊で2つの大浴場どちらも楽しめます。
1日目の女湯は「夢乃湯」。

IMG_20160424_163630.jpg

タイルとステンドグラスの窓が大正ロマンの雰囲気を醸し出すレトロな空間。

IMG_20160424_163714.jpg

薬草風呂も発見!身体の芯までしっかりと温まるこの感じ、
そしてこの香り、な~んか好きなんですよねconfident

温泉は全て源泉かけ流し。贅沢ですねshine

お風呂も入ったところでお腹ぺこぺこ・・・wobbly さて待ちに待った夕食タイムnotes

IMG_0187.jpg

今夜の夕食会場は、夜市・朝市バイキング「青函市場」。
足を踏み入れるとスタッフの皆さんが笑顔で「こんにちは!」と声をかけてくれますhappy01

入り口から左手にバイキングコーナー、そして奥には炉端焼きコーナー。

本物の漁火を使用した照明と温もりある木の質感で、
なんとも雰囲気があるレストランです。

IMG_20160424_183718.jpg

バイキングメニューで目を引いたのがコレup
松皮カレイは、一般にはあまり流通しない、知る人ぞ知る高級魚shine

バイキングのメニューに並ぶなんてすごいですねsign03coldsweats02

IMG_20160424_183536.jpg

そして、函館ならではnotes
イカを使った中華メニューや・・・

IMG_20160424_184033.jpg

自社農場の野菜を使用したピクルスや、
新鮮魚介のマリネなど洋風メニューもeye

IMG_20160424_184209.jpg

バイキング1周目(笑)、私のチョイスはこちら

600-IMG_20160424_184216.jpg

ジュージュー!と音をたてる「噴火湾産マグロの鉄板焼きレアステーキ」lovely
臭みがなくて柔らかい!口のなかでスッと溶けるようになくなります。

にんにくとトマトの酸味がきいたソースがよく合っていて、
贅沢な厚切りカットも嬉しい♪

600 IMG_20160424_184233.jpg

そして先ほどの贅沢なミニちらし、盛り付けるとこんな感じ。

脂のりの良い深浦産マグロの中落ちと、
身が引き締まった松皮カレイの相性がぴったりhappy02

く~っ!贅沢!!

IMG_0183.jpg

こちらは炉端焼きコーナー。

IMG_20160424_183105.jpg

函館産本マス、噴火湾産生タコ、平内産ホタテ、奥尻産青つぶ、むかわ産ししゃも、
津軽郷土料理遺産しとぎ餅・・・、などなど豊富なラインナップeye

IMG_20160424_183112.jpg

注文してから炙ってテーブルまで持ってきてくれるので、
焼き立てアツアツを味わえます。

とにかく素材が新鮮なので、焼き上がりも身が大きく本当に美味しいdeliciousheart04

差し替え.jpg

ホールスタッフのイケメン傳野さん(写真・右)にオススメを伺ったところ、
北海道米を使った美味しい日本酒を教えてくれました。

海鮮尽くしの料理に、取材同行した弊社社長(三浦)のお酒も
グイグイすすむ~!!

傳野さんのお酒の知識には、三浦も感動sign03

食事も終盤にさしかかり、「おすすめのスイーツは何?」と聞いたところ・・・

IMG_20160424_195905.jpg

親切にもテーブルまで持ってきてくれました!
こちらが
野さんセレクトのプリンとフルーツタルトrestaurantshine
スイーツも全てホテルで手作りしているそうですよ。本格的~sign03

お腹いっぱいで幸せ・・・heart01
今日は良く眠れそうconfidentsleepy お休みなさい。


2日目編は朝から贅沢な海鮮丼や、今回特別に見せてもらったお部屋の情報も・・・notes
また近日中にアップしますので、ぜひご覧下さい!

flair「海峡の風」基本情報はこちら

flair「海峡の風」全てぐうたび特典付き!プラン一覧はこちら

2016/04/27 15:35函館・湯の川



ぐうたび北海道 編集スタッフ

Profile

[ 名前 ]
ぐうたび北海道 編集スタッフ

[ 得意ジャンル ]
旅行

[ 職業 ]
編集スタッフ

[ 自己紹介 ]
満足度の高い旅をするのに、どこに泊まるかって、とっても重要!食事や部屋、お風呂はもちろん、おもてなしやコストパフォーマンスも大切! それなのに、宿やプランの魅力を限られた文字数で伝えるのって、とっても難しい。できれば、もっともっと、いろんなことを伝えたい。そんな思いで、「ぐうたび北海道」編集スタッフが、泊まった先の「リアル」を詳しくお届けしていきます!


RSSを購読する


他のエリアBLOG