ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG ぐうたび副編集長は今日も道内出張です > 「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.4 【函館 市電まち歩き編】




2016/02/25
「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.4 【函館 市電まち歩き編】
「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.4
【函館 市電まち歩き編】

はこだて旅するパスポート」を使った道南めぐり旅。
2日目。

大沼公園では、早朝のスノートレッキングで汗をかき、
氷上のワカサギ釣りではジッと忍耐の時間を過ごし、
お昼はアツアツのあんかけ焼きそばでお腹を満たした私は、
忘れてはならない名物の大沼だんごを買って、
JR大沼公園駅で、函館へ。
 
GR021034.jpg

車中でのお楽しみ。
食後のデザートは、もちろん大沼だんご。
 
 
大沼公園から函館駅までは8つの駅がある。
そのうちの3つ目の駅が北海道新幹線の終着駅
「新函館北斗駅」。

GR021037.jpg
 
車窓からは北海道新幹線が走る高架線路が見えます。
大沼公園から新函館北斗駅まではJRでわずか10分。
本州から新幹線で観光に来る人には、
宿泊地としては函館もいいけど大沼公園もオススメなのだ。
ちなみに新函館北斗駅には、
大沼プリンスホテルのウエルカムカウンターがあり、
荷物だけ預けて手ぶらで函館観光してから
大沼のホテルへ行くことも可能なのだそう。
 
GR021044.jpg

さて、函館到着後は駅前の市電に乗車。
 
GR021073.jpg
 
なんども函館には来ているが、
ついぞ来ることがなかった「北島三郎記念館」へ行ってきた。
 
GR021045.jpg

「はこだて旅するパスポート」のクーポンを使うと
入場料が100円引きになる。
 
GR021047.jpg

「北島三郎記念館」は、
最初から最後まで女性のガイドが付いて、
説明をしてくれるので、断然、楽しい。
 
GR021051.jpg
 
GR021052.jpg
 
GR021058.jpg

知内から函館に通っていた高校時代の駅舎や車両。
上京した時に乗った青函連絡船。
流しをしていた東京の修行時代のネオン街。
作曲家・船村徹と出会った喫茶店。
 
GR021062.jpg

与作、函館の女、風雪ながれ旅……
これまでリリースしたレコードがずらり。
 
GR021066.jpg

去年、菊花賞を獲ったキタサンブラック。
 
GR021067.jpg

そして最後は名作「まつり」のステージショー!
思っている以上にサブちゃんの動きがリアルで、
結構たのしめます。
 
GR021074.jpg

少し時間があったので、
「北島三郎記念館」からは徒歩で函館駅へ。
港に出ると「旧桟橋」がある。
基坂と八幡坂の間を通る日和坂を海に向かって下った先だ。
ここからは、港越しに函館の朝市から駅までの景色を見られる
 
GR021078.jpg

七財橋からの眺める赤レンガ倉庫と函館山。
定番の撮影スポットです。

ということで、函館市、森町、大沼町を巡る
道南1泊2日の旅はこれにて終了。

鉄道旅が旅情をそそる「はこだて旅するパスポート」の
詳しい情報はこちらから
http://www.gutabi.jp/pickup/detail/1737
 

【「はこだて旅するパスポート」で道南めぐり バックナンバー】

vol.1 【森町 鮨おおね田 編】

vol.2 【駒ケ岳で乗馬編】

vol.3 【大沼公園でトレッキング&ワカサギ釣り編】

2016/02/25 17:07コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



木村一哉

Profile

[ 名前 ]
木村一哉

[ 得意ジャンル ]
観光

[ 職業 ]
ぐうたび北海道 副編集長

[ 自己紹介 ]
札幌市在住の編集者。15年間雑誌で仕事をしていましたが、2010年からWEBの仕事に。現在は相棒のiPhone5、MacBook airとともに、新たな観光コンテンツを掘り起こしに、全道各地の市町村を駆け回る毎日を過ごしています。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG