ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG ぐうたび副編集長は今日も道内出張です > 「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.2 【駒ケ岳で乗馬編】




2016/02/23
「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.2 【駒ケ岳で乗馬編】
「はこだて旅するパスポート」で道南めぐりvol.2
【駒ケ岳で乗馬編】

「はこだて旅するパスポート&フリーパス」を使った
道南めぐり旅の続きです。
 
GR020900.jpg

森町でミシュラン一つ星の寿司店「鮨おおね田」で
鮨9貫と日本酒1杯をおいしくいただき、
その余韻を引きづりながら、
13:30発、函館行きの1両編成の列車に乗って
森町から駒ケ岳へ。
 
はこだて旅するパスポート020905-001.jpg

駒ケ岳での目的は乗馬である。
私の乗馬体験といえば、ニセコと日高で1回づつ。
いずれもガイドが綱を持って馬を引っ張ってくれる
いわゆる「曳き馬」しかない。

今回お世話になる「サニーズステーブル」のオーナーのカウボーイ
佐藤“Sonny”勇夫さんに話すと
「それは乗馬ではないですね」
「あ、そうですか・・・」

というわけで、乗馬です。

はこだて旅するパスポート020907-001.jpg
 
「サニーズステーブル」は、いま車窓からずっと眺めてきた
駒ケ岳の裾野を馬で散策するホーストレッキングが体験できる施設である。

先ほどオーナーの紹介をカウボーイと書いたが、
文字通りカウボーイハットとブーツを身につけた、
これぞカウボーイという格好!
 
はこだて旅するパスポート020908-001.jpg

 
写真、少しわかりにくいですね、ダウンも来てるし、
でも、ズボンのすそが広がってて、
ひらひらが付いている感じから、ご想像ください……
 
もちろん馬も、
牛を追うカウボーイの乗馬から生まれた馬の乗り方を
トレーニングされた馬に乗ることができるのが、
ここの特徴なんだそうです。
 
はこだて旅するパスポート020917-001.jpg
 
はこだて旅するパスポート020916-001.jpg

カウボーイハットとブーツも貸してくれるので、
駒ケ岳の背景も相まって、
自分が西部劇の世界に入り込んだような、
好きな人にとってはたまらない体験ができるのである。

さて、わたしが今回体験したのは90分のショートコース。
一番短くても90分、最長はスペシャル5時間コースというのがあるそうだが、
超初心者の私には90分でも大丈夫だろうかと不安になる。
 
 

さっそく場内で20分程度のレッスンを受ける。
場内を時計回りにグルグル回るだけだが、
これがなかなかに難しい。
手綱を強く引きすぎると曲がりすぎるし、
緩めると今度はどんどんスピードが上がってしまい、
コントロール不能になる。
馬とは手綱でつながっていて、手綱で意思を伝える。
さすがにきちんとトレーニングされた馬たちなので、
怖くはないのだが、
これほど繊細に手綱を捌かなくてはならないかと思うと
ちょっと驚いた。

不安ばかりが募る中でいよいよ出発である。
場内の通路はまだ安心だ。

15分もすると公道に出た。
(ドキドキ!)

あ、車が通る!
(心臓バクバク!!)

次は段差とアイスバーンを避けなくては
(ど、どうしたらいい???)

いよいよ腰まで埋まりそうな雪原をかき分けて進む
(操縦不能••••••)

さすがはトレーニングされた馬だ。
こっちが動揺しているのを察してか、
落ち着いた足取りで、カッポカッポと前へ進んでくれるのだ。

まあ、まったく馬を乗りこなしているという感覚はなく、
お馬様に乗せてもらっているという感じで、
少々情けない気分にもなるのだが、
次から次へと現れる絶景が、
そんな気分を一瞬で吹き飛ばしてくれるのだ。
 
はこだて旅するパスポート020913.jpg

いやぁ、たいへんだった!
うまく馬に乗れなくて、ちょっと悔しかった。
でも、なんだか楽しかった。
またチャレンジしたいと思った。
悔しいから。

「うちで初めて乗馬をした人は、
他より厳しいからたいへんって言うけど、
終わって戻ってくると、みんなそう言うんだよね」
 
とは、佐藤“Sonny”勇夫さん。
 
はこだて旅するパスポート020915.jpg
 
次は夏にリベンジします•••
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はこだて旅するパスポート020939-001.jpg
 
すっかり日も落ちて暗くなってきたので、
今晩の宿、JR森駅の目の前の「ルーストンホテル」へ。
戻って今日の締めの晩御飯。

 
森町にはハヤシライスならぬ「森ライス」というご当地グルメがあると
サニーズステーブルの佐藤さんに教えていただいたので、
晩ごはんは「森ライス」。
 
はこだて旅するパスポート020930-001.jpg

森ライスの定義は
(1)町オリジナルのハヤシライス
(2)森町産のホタテ、豚肉、トマトを使用
(3)一皿にルーとライスを盛る
(4)ルーはトマトがベース
(5)ライスを町の名所・駒ケ岳の形にする

なんだそうです。

ホテルから歩いて10分ほどの場所にある
「森のカフェ」さんでいただいてきました。

 
はこだて旅するパスポート020934-001.jpg
 
 
冬の森町をのんびり歩きながら、
今夜の宿「ホテルルーストン」へ戻って就寝。
 
1日目のツアーを終了しました。

2日目は朝から大沼だ!
レポートはまだまだ続く
 
 
「はこだて旅するパスポート」の
詳しい情報はこちらから
 

【「はこだて旅するパスポート」で道南めぐり バックナンバー】

vol.1 【森町 鮨おおね田 編】

2016/02/23 16:28コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



木村一哉

Profile

[ 名前 ]
木村一哉

[ 得意ジャンル ]
観光

[ 職業 ]
ぐうたび北海道 副編集長

[ 自己紹介 ]
札幌市在住の編集者。15年間雑誌で仕事をしていましたが、2010年からWEBの仕事に。現在は相棒のiPhone5、MacBook airとともに、新たな観光コンテンツを掘り起こしに、全道各地の市町村を駆け回る毎日を過ごしています。


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG