ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > 調理師学校で災害食授業


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2017/07/02[この記事のエリア] 札幌
調理師学校で災害食授業
club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club happy01 club 
CIMG4127.JPG
 根室さんまのトマトスープ
 豚汁の材料を豚肉の代わりにサンマの缶詰とトマトで
 つくりました。
 
           club happy01 club
 
前回ブログに続き、
6月30日に札幌市の
 
光塩学園調理製菓専門学校
災害食のメニューを実演しました。
 
こちらは、北海道庁が開催する
災害食レシピ・コンテストの
一連の事業して開催されました。
 
 コンテストの内容はコチラ
 災害食の参考レシピはコチラ
 
           club happy01 club
 
写真でみてゆきましょう。
 
生徒試食用の材料を準備
CIMG4071.JPG
学校の講師のみなさんは、動きが違います!
 
 
野菜の下準備
CIMG4073.JPG
緑黄色野菜は油で加熱すると
β-カロテンの吸収率が8倍になるとか
 
 
会場の視聴覚室のようす
CIMG4079.JPG
階段状になっていて、とても見やすいです
 
 
実演前のあいさつ
CIMG4086.JPG
 
 
生徒のみなさん、試食中
CIMG4091.JPG
 
 
アシスタントと実演の真っ最中
CIMG4109.JPG
ふだん、ガス会社の料理教室で
補助をしてくれる二人に来てもらいました。
 
           club happy01 club
 
今回も、
根室のさんま缶を使った
メニュー3品
CIMG4122 - コピー.JPG
左下から時計回りに
根室さんまのパエリヤ、
さんまのトマトスープ、
さんまのトマトリゾット
 
           club happy01 club
 
避難生活が長引いたときに、
なるべく日常食に近いように食べたい!
という心構えでつくりました。
 
光塩学園からは、
7/15のコンテスト締め切りまでに、
たくさんの応募がありそうで、楽しみです!
 
 

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/07/02 21:52札幌コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG