ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典 > お節は大晦日から食べる?


シェフ貫田の北海道・うまうま大辞典

北海道のおいしい食べものや熱心な生産者を紹介する旅日記



2017/01/02[この記事のエリア] 札幌
お節は大晦日から食べる?
sun snow sun snow sun snow sun snow sun snow sun snow  
01年賀2017.jpg
         sun snow sun 
 
     みなさま、ことしも
 
     佳い一年となりますよう、
 
    お祈りいたしております。
 
         sun snow sun 

初日の出
02初日の出.JPG
 
今年は、朝8:20頃からお日様が
顔をのぞかせてくれました。
 
待ってましたとばかりに、
日頃のお見守りに感謝します。
 
           sun snow sun 
 
初詣
はじめて、札幌諏訪神社を詣でました。
03初詣.JPG
 
諏訪神社は、このところ、子宝・安産で
有名なパワースポットとして
お参りする人も多いようです。
 
赤ちゃんを抱えてお礼する人、
赤ちゃんが欲しくて願い事する人の
 
声も聞こえてきました。
 
もとは、
殖産・開運・厄除、勝負の神様なので
神社の作法に沿って
きちんと商売繁盛をお願いします。
 
 
帰りに、左側の狛犬をなでて帰ります。
04狛犬.JPG
職探しにご利益があるということで、
「今年も仕事がたくさん入りますように!」
 
お守り代わりに、こちらをどうぞ
05お守り.JPG
 
            sun snow sun 
 
おせち
 
北海道では、大晦日の夜から
おせちを食べますよね。
06おせち.JPG
 シェフの洋風おせち料理教室の料理
 
これは、「年取り膳」という、古いしきたりです。
 
旧暦では、12月31日の日没から「正月」となる
ので、夜から食べ始めたことが由来のようです。
 
明治までは、和暦
(太陰太陽暦、天保歴など)でしたから、
 
北海道や東北をはじめ、全国のところどころに、
古い風習として、お年取りが残ってきました。
 
今まで、本州の人から、
「北海道はかわっている」と
言われてきましたが、
 
じつは、北海道の方が
伝統を大切にしてきたようですね。
 
           sun snow sun 
 
ということで、今年も、
食べもののことを
いろいろ紹介してゆきますので、
 
ブログのご高覧も
お待ちいたしております。!

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/01/02 15:59札幌コメント(8)


コメント一覧

byharemi

あけましておめでとうございます。
今年はシェフにお会いできるかしら

2017/01/03 10:22

byシェフ貫田

haremiさん
 明けまして、おめでとうございます。
 今年は、なんとかお会いしたいですね!

 ところで、haremiさんのおうちは、大晦日からお年取をするのですか?

2017/01/04 10:36

byharemi

大晦日は豊田八幡神社にて
打ち上げ花火をやって
豚汁と焼きそばを無料奉仕するので
夜はぱぱっと蕎麦とお刺身とか
食べる感じです。
家で年越しするなら食べるかもですね

2017/01/04 16:24

byシェフ貫田

haremiさん

 神社で奉仕する側って、おもしろそうですね!
 「食べるかも」ですと、伝統的なタイプかもしれませんね。
 

2017/01/04 17:01

byさゆっぽ

あけましておめでとうございます!!
さゆっぽ夫の実家は31日に年取りっておせちやお寿司、オードブルと豪華な食事で・・・・
さゆっぽ実家では大みそかは質素に、元旦はおせち、キンキの煮漬け等のご馳走になるので、我が家は元旦正月と連日ご馳走三昧になります(笑)
今年もよろしくお願いしま~す!!

2017/01/09 16:04

byシェフ貫田

さゆっぽさん、
 明けまして、おめでとうございます!
 お年取り(大晦日)とお節(元旦)の饗宴で、すごいです!
 1日のきんきの煮付けは、北海道らしいけど、超高級魚ですね。 
 お粥は、お困りのようですね。塩加減が適塩だとおいしいので、ブログで紹介しないといけませんね。
 今年もよろしくお願いいたします。(^o^)/

 

2017/01/11 06:10

byモモンガ

いまさらながら・・・今年もよろしくお願いいたします。
年末にテレビで北海道のおせちの事が話題になっていましたが、「年取り膳」だったのですね。勉強になりました。
そうそう、報告が遅れましたが伊勢に行く時空港で北海道お魚弁当食べましたよ~

2017/01/13 21:33

byシェフ貫田

モモンガさん
 こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。
 そうです、「お年取り膳」なんです!
 お魚弁当、ありがとうございます。お伊勢さんの参拝途中に、うれしい限りです!

2017/01/14 10:25


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



シェフ貫田

Profile

[ 名前 ]
シェフ貫田

[ 得意ジャンル ]
料理

[ 職業 ]
フードディレクター(元シェフ)

[ 自己紹介 ]
札幌市在住で1960年生まれ。大阪の調理師学校を卒業し、札幌市内のホテルなどで修業。32歳でホテル料理長となり14年間勤めた後、早期退職して2007年、ヌキタ・ロフィスドを設立しました。現在は、講演や食に関する指導・演出をするフードディレクターとして活動中!
2008年北海道洞爺湖サミットで、ロシア政府代表団の料理指導を担当。2015年イタリア・ミラノ万博「北海道の日」で食の総合監修、農林水産省「地産地消の仕事人」、北海道食育コーディネーターなども務めています。著書に「北の料理人」IとII(晶文社)。
特製「コロッケde北海道」シリーズは、コープさっぽろトドックやどさんこプラザで人気です。専門は、ご当地メニュー&特産品の開発指導、食と観光を活かした地域づくりの助言、食育講習などで、「防災・ご当地グルメ」も研究中!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG