ぐうたびTOP > ぐうブログ > スペシャルBLOG 酒とごはんと映画の日々 > 昨年オープンの札幌の日本料理の新鋭店に行ってきた!


酒とごはんと映画の日々

食のエンタテインメントマガジン・choi-plus[ちょいぷら]発行人兼編集長の家飲み&映画試写に明け暮れる毎日を、ぱらぱらと綴る。



2017/02/28[この記事のエリア] 札幌
昨年オープンの札幌の日本料理の新鋭店に行ってきた!

2月は遊んで暮らそうと思っていたのですが、やっぱりそうはいかず、なにかと細かく仕事をしている田中です〜。う〜ん、せめて本は読みたい…。

さてそんな中でも夜の予定は着々と。ワインのBLANCやバル クロ、中華料理のyinzuのグループに、昨年7月、日本料理のお店ができたということで行ってきましたよ!

IMG_5329.jpg

お店の名前は「日本料理 朱 shu」。やっぱり色なんですね(^^)。場所はご存知Gダイニング。某ミシュラン三つ星の「温味」が入っていた場所です。初めてのお店なので、一番安い7000円のコースでお願いしてみました。

最初の一品が、上の写真。タケノコと菜の花の上におみそと海苔がのってます。春を感じますね〜。お椀は、海老真丈をお餅で覆ったもの。出汁が非常に洗練されていました。漆のお椀も美し〜。

IMG_5330.jpg

最初の一杯はビールだったのですが、次は日本酒に。新政の瑠璃 -Lapis Lazuli-。美山錦を使った生もとの純米酒なんですが、ちょっと従来の日本酒とは一線を画する、爽やかな甘みと後味。これはびっくりでした。

IMG_5331.JPG
さてお造りは、ふぐ。札幌ではポン酢に慣れていないこともあって、なかなか根付かなかったふぐ料理も、皆さん随分慣れたよう。
 
IMG_5333.jpg
次はいろいろと盛り込んだ一皿。定番で旨いのは鯖の棒寿司。あん肝も酒が進みます。
 
IMG_5335.jpg
結構大きな茶碗蒸しが登場。で、中身は…すっぽん!結構身が入っているんですよね。「元気になったらどうしよう」など、不必要な心配を皆口にしながら、ぺろっと平らげました(^^)。
IMG_5336.jpg
ご飯も秀逸。ふきが表面にいっぱいだったのですが、細かいホタテの貝柱も混ざってます。これは本当に美味しかったなぁ。
IMG_5337.JPG
デザートはぜんざい。あったかい甘みはホッとしますね。
IMG_5338.jpg
ゆったり個室でお食事できる雰囲気。このグループですからソムリエールさんもいて、ワインなどを頼んでも、面白いかも。満足、満足でした!
 
ではまた!
 
 
 

この記事のエリアの宿を探す・予約する

2017/02/28 19:49札幌コメント(0)


コメントする


※必須入力

※任意

※任意

※必須入力



田中勲

Profile

[ 名前 ]
田中勲

[ 得意ジャンル ]
グルメ

[ 職業 ]
エディター兼ライター兼出版社経営

[ 自己紹介 ]
大学時代。隣のヤツが常に転がり込むほど、自炊好きで名を馳せる。サラリーマン独身時代。電気コンロ一個のワンルームマンションでも料理。それをネタに女の子を部屋に呼び込む(たいてい不成功)。サラリーマン既婚時代。DINKSを良いことに、毎晩外食で収入を使い果たす。独立時代。自宅をオフィスにしたため3食自分で作ることもしばしば。たまにはkartan's bar(kartanはあだ名)と称して、ホームパーティを開催…てなことをしているうちに、choi-plus[ちょいぷら]という、普段の食生活を楽しくするための「食のエンタテインメントマガジン」をはじめる。また仕事には全然関係なく、豊平のコミュニティFM・FMアップルの映画紹介を担当。業務試写で年間100本程度の映画を鑑賞、ブログに紹介を書き続けて、早5年以上!


RSSを購読する


他のスペシャルBLOG