ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG この事に会わんがためなり


この事に会わんがためなり

[担当エリア] 札幌
日々の発見、出会い、感動をささやかに綴ってみたいと思います。



新着記事


2013/09/08
幸せのマトリョーシカ(オーダーメイド)

20130906.jpg

イラストレーターであり、マトリョーシカ職人の服部ともあきさんという方がいらっしゃいます。

その服部さんに。家内の誕生日に作っていただいたマトリョーシカです。^^

いろんなリクエストに答えていただけます。

http://www.ewok.jp

2013/09/08 22:35コメント(0)


2013/09/02
酒とラジオと芝居と女

DSC_0127.jpg

私事で恐縮ですが、宣伝をひとつ。

O.tone(オトン)という雑誌をご存知でしょうか?

札幌のおやじがナビゲーター。

ぐうたび同様、様々な情報が満載の雑誌ですが、

今月号から、私のエッセイが連載されております。

酒とラジオと芝居と女。

お時間に隙間ございましたら、ぜひご購読ください。

あるた出版

http://www.alter.co.jp

2013/09/02 00:10コメント(0)


2013/09/01
僕のうしろに道はできる

DSC_0128.jpg

先日、お世話になっているプロデューサーから、

これを見ると、何事もあきらめてはいけないと思えるぞ、ということで、

山本加津子さんの講演会&僕のうしろに道はできるの上映会に行ってきました。

山元さんは、養護学校の先生。

同僚の宮田俊也さん、通称宮ぷーさんが、ある日突然脳内出血で倒れ、植物状態に。

それでも山元さんは、すべての人に想いがあるという信念で、根気強く宮ぷーさんのリハビリを続け、

宮ぷーさんは、奇跡の回復を見せるという物語。

植物状態の人は、世界に何十万人いるといわれています。

ほとんどの人は回復をあきらめてしまいます。

それでも山元さんは、絶対にあきらめない。

まさに、映画のサブタイトル、奇跡が奇跡でなくなる日を目指しています。

意識障害に陥っても決してあきらめてはいけない。

人生も決してあきらめてはいけない。

また、札幌で上映会があるとか。

ぜひ、見ていただきたい映画のひとつです。

詳しくは、白雪姫プロジェクトという回復サイトをご覧ください。

白雪姫プロジェクト

http://shirayukihime-project.net/

2013/09/01 18:57コメント(0)


2013/08/08
蕎傳(そばでん)~日常を忘れさせてくれる空間

平和通りを、厚別から白石方面に車を走らせると、左手に古いお屋敷風の佇まいが。

130808_165949.jpg

外観は仰々しいくても、中はごく普通というお店は多いですが。。。。

なんということでしょうー(ビフォーアフターか!?)

中に入ってビックリです!!

そこには時間を忘れさせてくれるような空間が広がっていました。

DSC_0113.jpg

バーのカウンターみたいな席があったり。

DSC_0112.jpg

おしゃれな掛け軸がかかった和室。

DSC_0111.jpg

中庭が見えるテーブル席にはピアノも置いてあり。

DSC_0110.jpg

勿論お蕎麦も上質。

とてもコシがあり、つゆがなくても十分味わえるお蕎麦です。^^

DSC_0115.jpg

お店のこだわりもいろいろあるようです。

DSC_0114.jpg

〆は、蕎麦の実で作ったアイスで、まさに蕎麦づくし。

 

何よりも、静かな時間が流れる空間は、ささやかな贅沢ではあります。^^

 

蕎傳

札幌市白石区平和通り6丁目南3-14

862-2000

2013/08/08 17:41コメント(0)


2013/08/06
こんなホッケ見たことない!

 

昨日は、「和ごころ桜彩」さんというお店に行ってきました。

どさんこラジオの吉川典雄主催、絵本作家サトシンさんを囲む会です。

4,000円のコースでしたが、とにかく豪華!

刺身、牛ステーキ、てんぷら、そのほか盛りだくさん。

 

DSC_0109.jpg

 

 

中でも驚いたのは、このホッケ!

肉厚でとてつもなく大きい。

羅臼産のホッケ。特別メニューだそう。

 

DSC_0108.JPG

 

このお店、本州からのお客様のおもてなしには、最適なお店かもしれません。

もしかすると、ブログみたで、コースにこのホッケ、いれてもらえるかも。^^;

 

 

DSC_0107(1).jpg

ところで、サトシンさんといえば、「うんこ」や「あかねこ」などなど名作ぞろい。ぜひサトシンさんの絵本読んでくださいね!

 

南7西3 セブンビル4階

和ごころ桜彩

2013/08/06 23:35コメント(0)



MARU

Profile

[ 名前 ]
MARU

[ 職業 ]
FMドラマシティ放送局長

[ 自己紹介 ]
大阪芸術大学芸術学部放送学科卒業後、劇団関西芸術座付属研究所、大阪シナリオ学校を経て富良野塾入塾。脚本家倉本聰氏に師事。以後札幌にて放送作家として活動しながら、STVラジオアタックヤングパーソナリティを約6年務める。劇団32口径主宰。舞台「時間の隙間」は、NHKFMにて全国放送。日本放送作家協会会員。


RSSを購読する


他のエリアBLOG