ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG *** yukihana 「出会えたことに、ありがとう!」日記 *** > 2017年2月


*** yukihana 「出会えたことに、ありがとう!」日記 ***

[担当エリア] 札幌
様々なスポットの季節により表情を見せる景色や、心躍る美味しいもの、そして素敵な人たち・・・
のんびりと紹介していきます。



2017年2月


2017/02/10[この記事のエリア] 札幌
神秘的な氷の世界で寝転び、雪の世界で戯れる・・・非日常なICE STAR HOTELへ(後篇)

前篇から少し時間がたってしまいましたが(苦笑)、ICE STAR HOTEL 後篇です。
アクテビティを終えて、ホットドリンクで体を温めたあとは、センターハウスに入った瞬間から
気になっていたこちらを体験。

P1294616.JPG

 

P1294630.JPG

このゼリー状のキレイなかけら・・・ロウ(ジェルワックス)なんです。
透明な状態に、講師のキャンドル作家、折笠さんが色をつけたもの。
このカケラと、雪!を使って、スノーキャンドルを造ることができます。
まずはボールを渡され、お外に出て、キレイな雪を持ってくることからスタート。

そこから真ん中部分の雪を彫って、その場所に3種類の色のカケラを詰めていきます。

最後に芯を差し込んで、液体状のロウを先生に入れてもらって、更に冷やす・・・

 

P1294618.JPGP1294622.JPG

P1294619.JPGP1294624.JPG

作業的にはこれだけで、小さなお子さんでもできる工程なんだけど、透明、ブルー2種類の組み合わせ、
そしてカタチは、一つして同じものができないことに面白さを感じました。
更に、このスノーキャンドルの素敵なところは、ロウを固めるのに雪を使うこと。

P1294626.JPGのサムネール画像P1294633.JPG

キャンドルの表面の質感が、そのときの雪の状態によって全く変わるそうです。

その季節、その日、その時間、そしてその場所・・・一瞬をキャンドルのなかに閉じ込めることができる~
何てロマンティックなんでしょう~と思って見ていたら、「できたー!!」の声が。

P1294636.JPG

え、そのビヨ~ンってなってるのは何(笑)?
ダイジョウブ、折笠先生が、しっかりと修正してくださり、自立できるカタチに。

せっかくなので、ICE STAR HOTELのなかに連れて行ってみることに!

P1294646.JPGのサムネール画像

おぉ!思ってたよりもステキ☆雪遊び前よりも、薄暗くなってきた時間帯だったので
幻想的な雰囲気になっています。
 

さて、ここはICE BAR。全てが氷でできている世界。
せっかくなので、ここならではドリンクをぜひ飲んでみてください!と薦められて~
最初に覗いた時には「いやー、寒すぎる(笑)」と敬遠したドリンクを作っていただくことに。


P1294648.JPGのサムネール画像P1294650.JPGのサムネール画像

お分かりになられるかと思いますが~グラスは氷でできています・・・
オレンジジュースにマンゴーのシロップをちょっとだけ交ぜて~
よーくかき混ぜながら飲んでみてねって。

P1294654.JPG

わぁ、キレイな色!!と喜ぶ小学生。 ノンアルコールカクテルって感じ☆

P1294655.JPGのサムネール画像P1294663.JPG

最初は恐る恐る口をつけていたのに~思った以上にグラスの口当たりが優しく、飲んでみると美味!
ストローないの?なんて思ってゴメンなさい(良く言われるそうです)確かに、ここに来たら、この
アイスグラスを体験してみることをおススメします。

P1294668.JPG

P1294669.JPG

辺りが暗くなっていくうちに、折笠さんのキャンドルたちが、ますます幻想的に。
氷でできた建物たちも違う表情をみせることを実感。
P1294679.JPG

108本のにょろにょろ・・・ではなく氷柱たちも違う姿に。この丸み、1本1本削って作ってるんですって。


P1294682.JPG

我が家の小学生のキャンドルも下からライトアップされると、また違った表情に。
あと何時間か滞在して、その世界の変化を楽しみたいというキモチも湧きましたが~

このキャンドルと、オレンジジュースを飲んだあとの氷のグラスに雪をたっぷり詰めて~
思い出と一緒に大事なお土産として帰宅したのでした。(アイスグラスは冷凍庫に保管中!)

ICE STAR HOTEL、2月26日まで開催中です。
ぜひ、この素敵な世界を体感しに訪れてみてください。

 

2017/02/10 00:32札幌コメント(0)


2017/02/03[この記事のエリア] 札幌
神秘的な氷の世界で寝転び、雪の世界で戯れる・・・非日常なICE STAR HOTELへ(前篇)

P1294504.JPG

寒いのも、雪も、ホントは苦手な私だけど~ここ数年、あちこちで開催されている雪あかりのイベントや
様々なスポットのおかげで、冬だからこそ、北海道だからこそ楽しめる世界を満喫することの喜びを
実感しています。

そして、今日ご紹介するこの場所も、更にその想いを強くしてくれました!

HOKKAIDO ICE STAR HOTEL KOMAOKA 。

地下鉄真駒内駅~車で20分ほどの場所。たった20分ほどの道のりながら、木々の間を走り抜けているうちに
都会の喧騒からどんどん離れて、到着したときには、異国に来た気分に(笑)

P1294576.JPG

P1294502.JPG

う、うまが歩いてる・・・そう、駐車場を出てすぐに、馬そりに会えました(土日運行とのこと)
もう、これだけでワクワクしました(笑)

 

まずは早速、ICE STAR HOTELへ。
P1294505.JPG

扉を開けると・・・どーんと氷のベットが!

P1294523.JPG

P1294514.JPGP1294522.JPG

思い切ってムートンのうえに寝転んでみると、マットレスがふわっと柔らかくて、気持ち良い!
そう、ここは滞在型ホテル~しっかり泊まれちゃうらしいですよ(相当温かい寝袋があるそうです)
あまりの非日常な世界に、興奮気味だった私たち母娘(笑)

P1294526.JPG

滞在型ホテルのお部屋は3つあるのですが、それぞれ雰囲気が違って面白い!
また、こんなお部屋も!!


P1294528.JPG

カンディハウスのバルカ&nen-rinが展示されています。氷と木の作品をコラボさせると
これまた絵本のなかの一ページのような不思議な光景!

P1294538.JPG

煩悩の数である108本の氷柱が立っているニョロニョロの部屋(←勝手に命名)

P1294548.JPGのサムネール画像 らせん階段があり、上るとベットがあるお部屋。

P1294549.JPG

全てのお部屋で寝転び、ここで一晩過ごすことを想像・・・ 
一晩過ごすのは勇気がいるけど、朝昼晩と光によって全く違う表情をみせるだろうなぁと思いました。
この建築物を造った人たちは、スウェーデンにて修業して本場の技術をもってきている方たち。
だから札幌市内の雪を一気に融かした先日の雨にもビクともしなかったそうです。
 

・・・にしても、そんなに長く滞在できちゃうの??

ものすごく温かい寝袋に入って眠るそうで、
すっかり気に入ってリピーターで宿泊を繰り返していらっしゃる方もいるそうです。

さて、神秘的な世界を一旦出て、明るいうちに、P1294577.JPG

ここならではのアクテビティを楽しんでみることに!これはバナナボード。
P1294584.JPG

乗りながら必死に写真を撮ったけど(笑)スピード感、伝わりますか?

初めて乗ったバナナボード、思った以上に爽快感。ゴルフ場だけあって、起伏があるので、アップダウンが楽しい!
 

P1294590.JPG

そしてお次は、スノーチューブ。これまたスリル満点!当然、楽しかったー!を連発していました。

P1294597.JPG

P1294601.JPG ソリで遊べるコーナーもあります(無料)

さらに、期間限定で犬ゾりも登場するらしいですよ。冬ならではの醍醐味。しっかりスキーウェアで完全防備して
いくのがおススメです。せっかくなので大人も童心にかえって思う存分雪と戯れてください。P1294610.JPG

夢中で遊んでいるときには感じなかったけど、夕方になるにつれて気温が下がってきたので
急に寒くなったのを実感。センターハウスに行って体を温めることに。

P1294612.JPG

チョコレートドリンクとオリジナルチャイ。じーんと体が温まるのを感じました。
フードメニューも魅力的なものがいっぱいありましたよ。

さて、このあと、更に素敵な体験をして帰ってきたのですが、それは次のブログにて。

ICE STAR HOTEL、2月26日まで開催中です。

ぜひぜひ訪れてみてください!

2017/02/03 08:06札幌コメント(0)



yukihana

Profile

[ 名前 ]
yukihana

[ 職業 ]
家事&育児 テキトウ主婦

[ 自己紹介 ]
札幌在住、旦那&娘&チビ犬の3人プラス1匹生活。 広告代理店や地域情報誌での企画営業を経て、2006年に〆切越えする 日々から脱走(笑)その後の生活のなかで、もともと好きだったカメラに はまる(当時はコンパクトデジカメでしたが)。翌年、妊娠→出産。娘が 2歳の頃に、縁により、札幌広域圏の魅力を子連れ目線で紹介する ブログレポーターに。 様々な出会いにより、自分が「伝える」ということが好きなことを実感。 こちらも更新中。http://sapporo.100miles.jp


RSSを購読する


他のエリアBLOG