ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG *** yukihana 「出会えたことに、ありがとう!」日記 *** > 2012年9月


*** yukihana 「出会えたことに、ありがとう!」日記 ***

[担当エリア] 札幌
様々なスポットの季節により表情を見せる景色や、心躍る美味しいもの、そして素敵な人たち・・・
のんびりと紹介していきます。



2012年9月


2012/09/07[この記事のエリア] 千歳・支笏湖・苫小牧
大輪の蓮の花に、今年も出会えました~千歳 花工房あや~

先週、ムスメを幼稚園バスに乗り込ませてから~仲良し友人と千歳までびゅーん。

千歳東インターを降りて、国道337号線を長沼方面に左折。

このとおりは、通称ハーベストロード、広大な農園や牧場などが広がり、いくつかの直売場に出会えます。

いつも最初に向かうのは、2年前に取材をさせていただいた「花工房あや」さん。

こちらはドライフラワー専門の花を栽培されているのですが、この時期、見頃なのが・・・

P8300611.JPG

蓮の花。2年前に出会って以来、毎年、この季節になると大輪の花たちに会いにくるように。

P8300613.JPG

傘になりそうな大きな葉の合間に、美しく咲く蓮は、色鮮やかで、凛としていて・・・

つぼみの状態も、少しだけ開いた状態も、それぞれの良さがあって見とれます。

P8300604.JPGのサムネール画像

つぼみの上には、かなりの高確率で、トンボが止まっています(笑)

P8180353.JPGP8300606.JPG

それぞれの花に表情があり~すっかり魅了されてしまった私。去年は3回も会いに行ったっけ。

今年も、見頃のピークは終わってしまったようですが、先ほど、花工房あやさんのブログを見ると~

まだ美しいですね。蓮のほかにも、様々なお花が咲いていましたよ~週末ドライブ、いかがでしょう?

このエリアは、お花だけではなくて、直売場でピカピカな新鮮野菜にたくさん会えます。

花工房あやさんでも美味しいトマトやナス、ピーマン、ブルーベリーなどなど購入できます。

 

そして、ここから千歳中心部に向かって車を走らせると、いくつかの直売場が。

特に私のオススメは、このエリアの10以上もの契約農家&牧場の収穫物がたくさん並び、

美味しいお蕎麦まで食べることができる「ふれあいファームいずみ」さんと、

朝もぎトウモロコシ(恵味ゴールド)や、ここならではの祝梅すいかなどが名物の

みなみ農園」さん。

P8310631.JPG

この日の私のヒット商品(笑)「みなみ農園」さんにて購入。なんと、これだけあって350円!!

「招福」という品種で、そのまま食べても甘くてジューシー。たっぷりトマトソースができました。

そのほかにも、これからの収穫シーズン、まだまだ直売場が楽しい時期が続きます。

ハーベストロードで出会える大地の恵みとぜひ出会ってみませんか?

2012/09/07 11:29千歳・支笏湖・苫小牧コメント(0)


2012/09/02[この記事のエリア] 石狩・空知
アルテピアッツァ美唄での夢のような夕暮れ * 後篇 *

P8140148.JPG

P8140149.JPG

アルテピアッツァ美唄には、木造二階建ての旧小学校校舎があります。

現在はギャラリー、そして一部は市立幼稚園として使用されているそうです。

初めて訪れたとき、この懐かしい空気感に、じわーっと感動したっけ。

そして、このなかで出会える安田侃氏の世界にも。

P8140156.JPGのサムネール画像

妙夢、風、相響、天秘、4つの作品と、窓から差し込む光が対話をしているようで、しばらく見とれました。

 

P8140151.JPGP8140153.JPG

階段をのぼると、教室を覗くと、廊下を歩くと、突如現れる作品たち。でも、空間のなかに溶け込んでいて・・・

自然のなかでみる作品とは、また違った見方ができて、面白いです。そのときによって、様々な個展なども

開催されていますよ。

外に出ると、そろそろ夕暮れ。ギャラリーの「トリフォリオの広場」は、すっかり盆踊り会場に。

美唄の街の人たちが、ちらほらと集まってきました。P8140183.JPG

この「こども盆踊り」に参加するために(?)、高速走らせてきたのに、ムスメが食いついたのは、こちら。

 

P8140160.JPGP8140167.JPGのサムネール画像

さっき、ケーキ食べたばっかじゃん!買わないよって言ってたら、なんと無料!途端にいいよと言う母(笑)

その後も、遊具で遊びはじめたりしたけど、ようやく輪の中に入って踊り始めたムスメ~

P8140190.JPGP8140188.JPG

一度入ってしまえば、こっちのもの。若干、踊りが違ってるような気もしますが(笑)美唄っ子に交じって

楽しそうに踊り始めました。これが、かれこれ40分くらいだったかなぁ。私も懐かしくて、一緒に踊ったけど

3周くらいで見物のほうに。抜けては、入って踊って、輪も大きくなったり、小さくなったり~そんなユルイ

感じが、また何とも良かったです。やぐらの上の太鼓を叩く3人も、それぞれ素敵でしたよ~

P8140192.JPG

特に一番小さな体で叩いていた男の子。音が力強くて、格好良かった!

だんだんと日が落ちてきたところで、子ども盆踊りは終了。このあとは、大人の北海盆踊りへと変わります。

踊り終わった子どもたちには、ご褒美のお菓子が配られます。当然大喜びのムスメでした。

P8140177.JPG

さて、これでオシマイなのではないのです~実は、私のお目当ては、この後にあり・・・

先ほどまでムスメが夢中になって遊んでいた水辺の広場と流路に、子どもたちの手作りのキャンドルが

置かれます。そこに一斉に火が灯りました~

P8140210.JPGP8140197.JPGのサムネール画像P8140198.JPGのサムネール画像

P8140221.JPGのサムネール画像P8140208.JPG

暗くなるにつれて、その光は、だんだんと強さを増し~その光景は、涙が出そうになるほど、美しかったです。

一つひとつのキャンドルに、作った子どもたちのキモチがこもっているのを感じました。

P8140240.JPG

P8140244.JPG

灯りのなかを、浴衣姿で歩く子どもたち。それを見守るる大人たち。皆、何ともいえない良い表情でした。

一年に一度の幻想的な夜、ムスメと一緒に、この光景に立ち会えて本当に幸せな時間でした。

 

アルテピアッツァ美唄・・・誰と訪れても、そしてどの季節に訪れても、違った楽しみ方ができる世界。

(あ、でも、やっぱり今度は大人と一緒に、この世界に浸りに来たいんだけど(笑))

紅葉の季節も、雪のなかのカフェアルテも、春の世界も・・・全て感じてみたくなった私でした。

2012/09/02 08:09石狩・空知コメント(4)


2012/09/01[この記事のエリア] 石狩・空知
アルテピアッツァ美唄での夢のような夕暮れ * 前篇 *

はじめまして。新しい月のスタートとともに、こちらでもブログを打たせていただけることになったyukihanaといいます。

自宅が散らかってることなどにポンと蓋をしては外出して、びゅ~んと車を走らせたり、てくてく歩いては、

一人で、または「どっか連れてって」攻撃を仕掛けてくるムスメと一緒に、ときには大切な友人、そして家族3人で

出会った様々な風景や、美味しいもの、そして素敵な人たちを、ゆっくり紹介したいと思ってます。

拙い文章と写真ですが、お付き合いください。

 

さて、第一回目の記事を何にしようか迷ったのですが~先月のお盆に出会った素敵な場所のことを。

 P8140141.JPG

 こちらは、美唄市にある彫刻公園、「アルテピアッツア美唄」。3年前の秋に、家族で一度訪れたときに

すっかり魅了されたのですが、今度は一人でor友達とのんびり過ごしに来よう、なんて思ってたら

年数が経ってしまいました。

さて、ムスメの幼稚園の夏休みも、残すところ3日間となっていた8月14日、この日は、とても空がキレイな午後で~

ムスメだけではなく、私も「どこかに行きたい!」モードに。ホントは大人と行きたいところなんだけど・・・と

思っていたアルテピアッツァのホームページを見てみると「おっ!」という情報が。普段は、休館日の火曜日、

前日のお天気が悪かったので、予定していた盆踊り大会を14日の17時半から開催しますとのこと。

これなら、ムスメがいるからこそ楽しめるわっ!と車を走らせ、びゅーん。高速に乗ってしまえば、美唄は

1時間圏内なのですね。美唄ICを右折して5分ほどで、到着。お祭りの時間までは、少しあるので、カフェアルテの

近くの駐車場に停めました。

前回は1歳だったムスメは、当然、ここに来たことを覚えていなくて~でも、この広い世界を一瞬にして好きになりました。

P8140119.JPGアルテ 白い丸の彫刻

転々と、不思議なカタチの彫刻が、緑の芝生にあって、なんだろーって駆け回っては、のぼったり触れたり。

こちらには、国際的な彫刻家、安田侃氏の大理石やブロンズの作品40点以上が、こうやって屋外や

建物のなかに展示されています。この季節は、緑が眩しくて気持ち良かった。前回は秋でしたが、

また違った魅力があります。 さて、走り回ったあとは、こちらで休憩。 カフェアルテさん。

P8140121.JPG

P8140123.JPG

 お外の席もあったので、大丈夫・・・と思いきや、4歳児が、「ここに座りたい」と指さしたのは、カウンター。

そ、そんな常連さんが座りそうな場所に~と焦って、いや、外に・・・と連れ出そうと思ったけど、温かい笑顔で

「どうぞこちらへ」と言っていただけました。いやはや~でも、窓際で、ゆったりした時間を過ごしている方たちの

邪魔をしなくて良かったかも(苦笑)

P8140130.JPG

そう、私が過ごしたかったのは、まさにこんな時間・・・(笑)

P8140126.JPG

 ゆっくり味わいたかった美味しいケーキも・・・

 P8140129.JPG

 あっという間に、消えました(涙)まぁ、彼女のおかげで、スタッフの方との会話を楽しむことができました。

そして、彼女がちょろちょろしてたおかげで、こちらの空間も見せていただくことができました。

 P8140134.JPGのサムネール画像

 カフェの奥に広がる「工房ストゥデイオアルテ」。こちらでは、誰もが参加できる彫刻の授業を受けることが

できます。

P8140133.JPGP8140132.JPGのサムネール画像

大理石他の素材を選び、のみや金づち、やすりを使って「自分の心」を形にするんですって。

心をカタチ・・・ハート?(←単純)皆さんは、どんな形を思い浮かべますか?いつか習ってみたい!!

毎月第一土日に開催しているそうですよ。そして不定期で、安田侃氏が指導にあたってくれるそうです。

 

一休みしたあとは、安田侃氏の彫刻たちに会いに行くことに。ストゥディオアルテの空気に触れたからか

彼の世界をさらに魅力的に感じました。

P8140137.JPG

P8140142.JPG

こちらは、水の広場。子どもたちが、ぱしゃぱしゃと水遊びをしていて、とても幸せな光景でした。

そして、この2時間後くらいに、同じ場所にて、あんな幻想的な光景に出会えるとは・・・

奥にある建物は、木造2階建ての旧小学校校舎。水辺から離れないムスメと一旦別れて、

このなかの空間へと出会いに行きました。

P8140147.JPG

さぁ、このなかには、どんな世界が広がっているでしょう~ それは、後編にて紹介します。

2012/09/01 23:16石狩・空知コメント(2)



yukihana

Profile

[ 名前 ]
yukihana

[ 職業 ]
家事&育児 テキトウ主婦

[ 自己紹介 ]
札幌在住、旦那&娘&チビ犬の3人プラス1匹生活。 広告代理店や地域情報誌での企画営業を経て、2006年に〆切越えする 日々から脱走(笑)その後の生活のなかで、もともと好きだったカメラに はまる(当時はコンパクトデジカメでしたが)。翌年、妊娠→出産。娘が 2歳の頃に、縁により、札幌広域圏の魅力を子連れ目線で紹介する ブログレポーターに。 様々な出会いにより、自分が「伝える」ということが好きなことを実感。 こちらも更新中。http://sapporo.100miles.jp


RSSを購読する


他のエリアBLOG